スポンサーリンク

トップページ我那覇響 > 響「ハム蔵が英語をしゃべってるぞ!」



2代行ありがとうございます:2012/02/19(日) 21:47:08.61 ID:4QmeO9wyO


響「ハム蔵が英語をしゃべってるぞ!」



ハム蔵「Choose」



やよい「えー?いつものハム蔵だと思いますけど…」



響「そんなことないさー!ほら、ハム蔵なんか言ってみてよ」



ハム蔵「Chose」



やよい「わわ!ハム蔵が外国の人になっちゃいました!」



響「ハム蔵も遂に異文化コミュニケーションだぞ!」



やよい「でも私、英語は全然駄目で…ううー何言ってるかわからないです…」



響「実は自分も何言ってるかさっぱりさー…」



やよい「えっ?響さんもですか?」



響「うっ…でも心が通じ合えばなんくるないさー」



ハム蔵「Choosen」



伊織「Chosenよ」



スポンサーリンク



3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 21:47:09.76 ID:sgmuItOc0



      ___ /ヽ/ ̄`>‐-、_,
       `ヽ、  ヽ::::i;;/-‐' ̄ ヘ
         />-┴┴- _ /:::::::::::ヽ
         ./l: l: :|:__ |: : |:\::::::::::::::ヽ
        /;;::レ'/ヒハレ/ヒハl::;ヽ:::::::::::::::::ヘ
        |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;| :::::::::::::::::::::',
        |;;::        ::;;|::::::::::::::::::::::::::i
        |;;::   c{ っ  ::;;|::::::::::::::::::::::::::::i
        |;;:::  __  :::;;;|:::::::::::::::::::::::::::::|
        ヽ;;:::  ー  :::/::::::::::::::::::::::::::::::|     I can't speak English.
      /:::::::::\;;::  ::;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト::l
    , ィ´::::::::::::::::::: |;;::  ::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヾヽ <
_, - ', -/:::::::::/::::::: |;;::  ::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⊥
    / ̄|| ̄ ̄      ̄ ̄||\ハ::::::::::::::::::::::|l::}.
    |;:  ||..G A N A H || ;;|イ::::::::ノ |::::::,ハ:}.
    |;;  ||..          || :;|L::r<、 |:::::ノ j






7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 21:50:18.85 ID:4QmeO9wyO


やよい「あ、伊織!おはよう」



伊織「おはよう。一体ハム蔵はどうしちゃったのよ」



響「ふふふ…、実はハム蔵が英語を喋れるようになったんだ!」



やよい「外国人さんですー」



伊織「あんたたちねぇ…さっきから聞いてるけど全然会話になって無いわよ」



やよい「ええ!?これでも異文化こみにゅけーしょん出来ないの!?」



伊織「フンッ、こんなんじゃ何の役にも立たないわよ」



ハム蔵「forehead(おでこ)」



伊織「なんですって!?」





9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 21:52:21.57 ID:cDHjaxYYO


この発想は新しいな





10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 21:53:40.22 ID:4QmeO9wyO


響「じゃあ伊織は喋れるのか?」



伊織「フフン、このスーパーアイドル伊織ちゃんに出来ないことなんてないわよ!」



やよい「伊織ちゃんすごーい!」



響「ねぇねぇ伊織、一回ハム蔵と喋ってみて欲しいぞ」ワクワク



伊織「ハム蔵と?ロクな会話にならないと思うけど…まぁいいわよ」



やよい「楽しみですー!」ワクワク





11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 21:56:28.82 ID:4QmeO9wyO


伊織「ハロー、ハム蔵?」ペラペラ



ハム蔵「Hello」



伊織「ハゥアーユートゥディ?」ペラペラ



ハム蔵「Shut up」



伊織「キイイィィィー!!!!」



やよい「伊織ちゃん!落ち着いて!」



響「何言ってるかわからないけど、早まっちゃ駄目だー!」



伊織「離しなさい!二人とも!」バタバタ



ハム蔵「Choose」





12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 21:59:10.59 ID:4QmeO9wyO


千早「おはよう、みんな」ガチャ



ハム蔵「Wall」



やよい「あ!千早さん、おはようございまーす!」



千早「あらハム蔵。英語を喋れるようになったのね」



ハム蔵「Seedy(貧相)」



千早「ちょっとその単語は難しいわ、ごめんね」



響「ハム蔵は英語マスターだぞ!」



伊織「千早もちょっとは疑問に思いなさいよ」





15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:01:43.57 ID:I+LAuQG+0


ワロタ





16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:02:03.67 ID:4QmeO9wyO


千早「英語でもハム蔵と会話できるのはいいことだわ」



やよい「これでみーんな、もっともっと仲良しですね!」



ハム蔵「Yeah」





『ひいいいいいいいいいいい!!!!来ないでええええええ!!!!!!!』





千早「外か騒がしいわね、何かしら?」



やよい「あの声は…」



伊織「雪歩!?」





17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:04:14.30 ID:vUnmluFC0


最近響SS多いな。

いい傾向です。





18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:04:41.52 ID:4QmeO9wyO


響「雪歩!どうしたんだ!?」バタンッ



いぬ美「One」



雪歩「ひいいいいいいい!!響ちゃん助けてええええ!!!!」



やよい「あ、いぬ美が雪歩さんの上に乗ってますー!」



響「こらいぬ美!雪歩から離れるんだぞ!」



いぬ美「Sure」



スッ…



千早「あら!いぬ美も英語を喋れるのね」



響「自分のペットは完璧さー!」



伊織「一体なんなのよ…」





20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/02/19(日) 22:06:20.84 ID:VdLLCvQD0


鬼才あらわる





21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:06:50.58 ID:4QmeO9wyO


ハム蔵「Now」



やよい「でも、なんでここにいぬ美がきたんでしょう?」



いぬ美「One」



響「うーん、英語じゃわからないぞ…」



伊織「今のは日本語でもわからないわよ」



雪歩「怖かったよぉ…千早ちゃん…」グスッ



千早「よしよし」



雪歩「うぅ……」



ハム蔵「Angel」





22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:07:29.85 ID:72NQbIr/O


スレタイの時点でやられた





23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:08:23.38 ID:4QmeO9wyO


春香「おはようみんなー。何やってるの?」



いぬ美「One」



春香「あ、いぬ美。どうしたの…ってええええええ!?」



やよい「そうなんですよ、春香さん!なんと英語が喋れるんです!」



千早「でも春香、この時勢英語くらい話せて普通とは思わない?」





25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:10:39.59 ID:4QmeO9wyO


春香「そうじゃなくて…そのしっぽについてるのは、なな何!?」



雪歩「え?」



へび香「Snaaaaaaaaaaaaaaaaaaake!!!!!!!!!!」シュルシュル



雪歩「いやああああああああああああああああああ!!!!!!」ザクザクザクザクザクッ!



響「へび香!いぬ美のしっぽがへび香になってるぞー!」



やよい「わわ!いぬ美が怪物みたいになっちゃいましたー!」



千早「これじゃまるで…」



ハム蔵「N」



伊織「ヌエね」





27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:16:01.21 ID:4QmeO9wyO


響「へび香!ほらカロリーメイトだぞ!」ヒョイ



へび香「Delicious!!!!」バクバク



千早「でもご飯はキチンと食べるみたいね」



響「安心したぞ!」



やよい「元気で何よりですー!」



春香「あ、私クッキー焼いてきたんだった。へび香も食べる?」



伊織「あんたたちの適応力にはほとほと感心するわね」





29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:18:36.73 ID:4QmeO9wyO


やよい「おいしいですー!」モグモグ



雪歩「あ、私お茶を煎れてきますね」



ハム蔵「Greasy」モグモグ



伊織「ん…確かにちょっと油っぽいわね」



響「この臭いは…!」クンクン



春香「隠し味にオリーブオイル使ってみたの!どうどう?」



へび香「GREEEEEEAT!!!!!HAHAHAHAHA!!!!」シュルシュル



伊織「静かに食べなさい!」





30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/02/19(日) 22:19:41.96 ID:WGMSP7RT0


最近オリーブオイルって見るだけで笑えてくる





31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:21:18.30 ID:4QmeO9wyO


千早「春香、そういうとプロデューサーは?」



春香「今日手術らしいよ。ほら、この前また階段でこけて腕折ったでしょ?」



やよい「あ、今日だったんですかー」



千早「プロデューサー、なんだか定期的に入院するわね

    無事に終わるに越したことはないんだけど…」



ハム蔵「Poor」



『ドシーン!』



雪歩「ひぃっ!な、何の音ですかぁ!?」



響「あ、きっと象のゾウ助だぞ」



春香「響ちゃん象も飼ってたんだ」



千早「エサ代がすごそうね」



伊織「突っ込むところが違うと思うわよ」





32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:23:26.77 ID:4QmeO9wyO


やよい「私、象見るの初めてですー!」



響「おーい、ゾウ助ー!こっちだぞー」



ズシーン



ゾウ助「……」



やよい「大きいですー!」



千早「アフリカゾウね」



響「どうしたんだ?何かあったのか?」



ゾウ助「ガネーシャ」



やよい「しゃべりましたー!」





33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:25:26.16 ID:jk/SyO7y0


狂気を感じる…





34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:25:29.91 ID:4QmeO9wyO


響「ゾウ助!お前スワヒリ語喋れるのか!」



春香「響ちゃん、あれはヒンドゥー語だよ」



ハム蔵「Ganesh」



千早「綺麗な発音ね」



ゾウ助「ガネーシャ」



春香「でもこれで事務所にインド人が来ても大丈夫だね」



千早「765プロも国際化の時代に乗り遅れずにすんだわね」



響「自分のペットは完璧さー!」



やよい「さすが響さんですー!」



伊織「ペットに学力負けてるのには気づいてないみたいね」





35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:27:45.37 ID:4QmeO9wyO


千早「…ハッ、大変!ゾウ助の右牙が折れてるわ!」



響「あぁ!ホントだぞ!一体誰がこんなことを…」



やよい「ガネーシャと同じですー!」



春香「じゃあきっと月に向かって投げたのね!」



雪歩「な、なるほど…」



伊織「絶対ないわ」



ゾウ助「ガネーシャ」





36 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【東北電 83.2 %】 :2012/02/19(日) 22:30:01.57 ID:6KxKS9Fr0


ハム蔵すごいな 海老蔵にもなれるもんな





37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:30:02.66 ID:4QmeO9wyO


「ほぅ、そんな副作用も出るのか」



春香「誰?」



千早「あの声は…」



ハム蔵「Black」



黒井「ウィ、いかにも」



千早「黒井社長…!どうして、こんなところに…」



黒井「ククク…象の様子がおかしいから来てみたらこんなことになってるとは」



響「ゾウ助の後をつけていたのか!?どうして!?」



黒井「貴様はIUで負けた負け犬だ!ゴミ風情が私に話し掛けるな!」



春香「ちょっと酷いですよ!訂正して下さい!」



イヌ美「Fack you」



ヘビ香「Miss spell」



ハム蔵「Fuck you」



イヌ美「Good!」



伊織「状況を考えなさい」





39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:33:21.74 ID:4QmeO9wyO


千早「また、私たちを邪魔するつもりですか?」



黒井「ほぅ歯向かうつもりか。ウチで開発したこいつを喰らいたいのか?」スッ



やよい「…球ですか?」



黒井「これからは遺伝子を狂わす光線が出る」



伊織「…遺伝子組み換えによる最強アイドル計画。ホントにやってたとはね」



春香「そんな…!」



黒井「動物実験として使ってみたんだが…その結果がこのザマとはな」



ゾウ助「ガネーシャ」



ヘビ香「Fuck」



響「まさか…ハム蔵達を実験に使ったのか!?」



千早「なんて…酷い…!」



やよい「許せません!」



伊織「さっきまで喜んでたのはドコの誰よ」





41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:36:28.93 ID:4QmeO9wyO


黒井「こいつは酷い失敗作だ。だがせっかくだ、高木にプレゼントしようと思ってね」ポーン



やよい「わわっ!こっちに投げました!」



伊織「な!一体何のつもりよ!?」



黒井「それは後10秒ほどで発動する。フハハハハハ」



響「それじゃ自分達もイヌ美みたいに合体しちゃうのか!?うぎゃあああああ」



黒井「変わり果てた貴様らを見た高木の顔がみてみたいものだ!アデュー!」スッ



やよい「逃げましたー!」



雪歩「それより…これ止まりませんよおおおお!?」



伊織「なんですって!?」



球「」ピカー



やよい「わああああああああ光ましたああああああ」



響「なんだか体が……変わってきたぞ……」



千早「胸が……無くなって………」



春香「…さん……助けて…!」





45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:39:15.61 ID:4QmeO9wyO


ドグオオオオオォォォォォン!!!!!





P「ふぅ、間に合ったか…」



春香「…えっ?プロデューサーさん!?」



やよい「あ!体が戻ってますー!」



ハム蔵「チュウ!」



響「ハム蔵?お前も戻ったのか!?」





47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:41:03.35 ID:4QmeO9wyO


千早「プロデューサー、その腕についてる銃は…」



P「みんなすまんね、黙っていて悪かったよ」



伊織「…!今までの入院は銃の調整だったのね…」



P「そうさ。この秘密がバレた以上、もうここにはいられない…」



春香「そんな!?どうして…」



P「考えてみろ、腕に銃を付けたやつなんかどこにいる?」



伊織「確かにありえないわね」



P「そう、今までのは夢だったのさ」



千早「夢…?」



P「みんな起きるぞ!朝飯にはトーストを焼いておいたぜ!」パチンッ





48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:43:23.89 ID:4QmeO9wyO


―――――



千早「…あら。私たち、何してたんだっけ?」



やよい「うーん…全然思いだせませんー」



雪歩「すごく…不思議な夢をみていた気がしますぅ…」



社長「おはよう諸君!みんな揃ってるようだね」



やよい「あ、社長!おはようございまーす!」



春香(あれは…夢だったの……?)





49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:44:16.80 ID:iGVJ048P0


コブラwwwww





50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:45:51.10 ID:4QmeO9wyO


―――961プロ屋上―――



黒井「…フンッ!やはりここに来たか!」



P「あんたにゃまだこの前のホットドッグ代のツケがあるだけさ」



黒井「貴様の秘密がバレてしまった以上、もうここにはおれまい」



ベリベリ…



コブラ「ああ…だからここで決着をつけようぜ、ボーイ」



バサッ



クリスタルボーイ「以前のようにはいかんぞ!」



コブラ「勝利の女神は面食いらしいぜ?」チャッ





ドグオオオォォォン!!





ここにコブラvsボーイの宿命の戦いの幕が開いた

コブラの運命やいかに!



――コブラ・THE IDOLM@STER編 完――





51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 22:47:35.33 ID:4QmeO9wyO


以上です。オチ投げてすいませんでした

思いつきで書きはじめたものの、早々にネタが尽きたので途中からコブラになりました

また書く機会があればお付き合い下さい、では



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1
    • 2012年05月18日 15:38
    • 黒井社長×
      黄色いカエル〇
    • 2 名無し春香さん
    • 2012年05月18日 18:18
    • レディはピヨちゃんかね?
    • 3
    • 2012年06月03日 17:07
    • コブラじゃねーか!
    • 4
    • 2012年09月30日 05:19
    • ヒューッ
    • 5
    • 2012年10月08日 06:47
    • fackのくだりは片倉のアレか。懐かしいな
    • 6 名無し春香さん
    • 2013年07月31日 20:33
    • あれはまぎれもなく奴さ
    • 7 名無し春香さん
    • 2013年09月17日 22:17
    • &gt;&gt;早々にネタが尽きたので途中からコブラになりました

      なんでそうなるんだよww
    • 8 ななし
    • 2015年07月16日 02:27
    • 途中からコブラになりましたで一気に持ってかれたwww
    • 9 名無し春香さん
    • 2019年05月05日 00:44
    • こんなん笑うわww
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。