スポンサーリンク

トップページ765プロ > 春香「寺生まれのPさん?」



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:03:41.80 ID:BHnemero0


春香「えーっ!プロデューサーさんの実家ってお寺だったんですか!」



P「あぁ、片田舎の古臭い寺だけどな」



スポンサーリンク



3以下、名無しにかわりましてHBKを愛しています:2012/02/22(水) 01:04:22.27 ID:zB2DJQ590


ファッキューハルカッス





4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:04:49.32 ID:BHnemero0


春香「へぇ〜、なんか意外ですね」



春香「お家を継いで住職さんになろうとは思わなかったんですか?」



P「田舎から出たいって気持ちが大きかったからなぁ」



P「それに弟が継ぐ気でいたから、俺はあんまり家のことは考えてなかったよ」



春香「弟さんがいたんですね、プロデューサーさんの家の話なんてなんか新鮮です」



P「はははっ、たしかに自分の家の話なんてここじゃ初めて話したかもな」





9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/02/22(水) 01:07:17.08 ID:BHnemero0


事件1



亜美「おはよー↓」



あずさ「おはようございます……」



伊織「……」



P「みんなおはよう」



春香「おはようございまーす」



伊織あずさ「……」



P「お、おいおい、なんか随分と雰囲気が暗いじゃないか」





10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:10:12.57 ID:BHnemero0


あずさ「ねぇプロデューサーさん、私とこのクソガキお凸でしたらどちらがお好きですか?」



P「えっ?デコ?え?」



デコ助「こんなクソ年増ババアなんかより、若くてキュートな伊織ちゃんにきまってるわよね」



P「ば、ばばあ!?どうしたんだ二人共!」



伊織「脳みその栄養が全部胸にいっちゃったノウタリンBBAじゃプロデューサーを幸せになんてしてあげられな



いわ」



あずさ「あらあら、持たざる者の嫉妬は見苦しいわ」





11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:12:41.55 ID:BHnemero0


伊織「ふんっ、私は水瀬財閥の娘なのよ、どちらが持たざる者だっていうのかしら?」



あずさ「ふふ、自分の力で得たものでもないのに、あたかもなセリフを吐けるのは子供の特権かしら」



あずさ「水瀬家の落ちこぼれの面汚しが、お金の力でプロデューサーさんを誘惑なんてさすがに根性がねじまがってているのね」



伊織「水瀬の家がなくたって、私はトップアイドルの水瀬伊織ちゃんなのよ!」



伊織「竜宮小町の添え物でしかないババアと、若くて美人で聡明な私とじゃ勝負になんかならないじゃない」





13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:16:03.85 ID:V9g/HGlX0


小鳥「寺と言えば衆道文化……」





14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:16:23.42 ID:EZJriDswP


Pさんなんとかしてくれ!





15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:17:10.38 ID:BHnemero0


P「おい亜美、これはどういうことなんだ……」



亜美「亜美にもよくわかんないよー……」



亜美「昨日の朝からずーっとこんなかんじなんだ、口喧嘩ばっかり」



P「昨日の朝からってことは、原因は一昨日なにかあったってことか……?」





17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:20:24.22 ID:BHnemero0


春香「一昨日のスケジュールっていったら、竜宮小町はビーチライブだっけ」



亜美「そーそー、ライブはすっごいもりあがって大成功だったんだけどさ」



P「じゃあライブ終了から次の日の朝までになにかケンカになるようなことがあったのか」



亜美「そんなのなかったんだけどなー、亜美は帰りのバスで寝ちゃったからあんまわかんないけど」





18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:25:18.20 ID:BHnemero0


伊織「プロデューサー!私の方が断然好きだってこの行き遅れに言ってやってよ!」



あずさ「プロデューサーさん、この夢見がちなクソガキさんに現実を教えてあげたほうがいいんじゃないでしょうか」



P「二人共近い!近いって!」



亜美「兄ちゃんはモテモテですなぁ」



春香「いくらなんでもこれは嬉しいモテ方じゃないとおもうけど……」







20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:30:13.38 ID:BHnemero0


律子「あーっ!あんたたちまたやってるの!」



P「律子!助かった!」



律子「ほらほらプロデューサーから離れて、次の仕事の準備して!」



あずさ伊織「だって……」





21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:35:34.92 ID:BHnemero0


律子「だってじゃない!しまいにゃきれるわよ!」ギロッ



あずさ伊織「はぁい……」



あずさ「それじゃあプロデューサーさん行ってきます、あと愛していますから」



P「あ、あい!?」



伊織「むっ」



伊織「わ、私だってあ、あい、愛してるんだからねっ」ギュッ



P「お、おう……ありがとう……」





22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:40:20.63 ID:BHnemero0


律子「はーやーくーすーるー!!」



「はーい」



律子「それじゃあプロデューサー、いってきますね」



P「あぁ、がんばってきてくれ」



律子「亜美もいくわよー」



亜美「あいあいさー!兄ちゃん、はるるん、いってくんねー!」



春香「いってらっしゃーい」





25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:45:30.01 ID:BHnemero0


P「あ、亜美ちょっとまってくれ」



亜美「んー?」



P「ちょっと手を見せてくれないか?」



亜美「いいよー、兄ちゃんも好きものだねぇ」



P「なんの話だ」





26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:50:52.05 ID:BHnemero0


律子「亜美ー!!」



亜美「うわー!すぐいくから怒らないでよー、兄ちゃんもういい?」



P「あぁ悪かったな、いってこい」



亜美「いってきまーす!」





27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 01:55:26.26 ID:BHnemero0


春香「プロデューサーさん、亜美の手がどうかしたんですか?」



P「いや、亜美手はすべすべで綺麗だったのがな」



春香「……プロデューサーさん、さすがに犯罪ですよ?」



P「あぁ!いやいやそういうことじゃなくて!」



P「伊織とあずささんに手を握られた時、ちょっと変な感じがしてな」



春香「変な感じ?」





28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:00:38.64 ID:BHnemero0


P「あぁ、なんかこう、ザラザラというかヌメヌメというか、油っぽいというか」



春香「ヌメヌメって、ハンドクリームとか汗とかじゃないんですか」



P「そんな感じじゃなかったんだよ、春香だってハンドクリームをベタベタになるようになんて塗らないだろう」



春香「まぁ、普通はのばして使いますよね」



P「亜美には別にそういったものはなかったんだ」





29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:05:29.30 ID:BHnemero0


春香「じゃあ伊織とあずささんが二人で分けて使ったんじゃないですか?」



春香「ほら、亜美なんてまだ若いからハンドクリーム何塗らなくてもスベスベかなーなんて」



P「たしかに亜美の手は、クリームなんて塗らなくてもスベスベのタマゴ肌だった」



春香「ほんとにいつか通報されちゃいますよ……」





30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:10:55.14 ID:BHnemero0


P「だけど、伊織とあずささんは昨日からケンカしているんだろ」



P「事務所でもあんな感じだったのに、出勤前に二人で仲良くクリームわけあって塗るなんておかしくないか?」



春香「そういわれるとー」



P「なんだか嫌な予感がするぞ」



春香「考えすぎなんじゃあ……」







32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:15:49.56 ID:BHnemero0


night



律子「ただいまもどりました……」



P「お帰り、仕事はどうだった」



律子「もう最悪です」



律子「あずささんも伊織もずーっとケンカしてて、撮影中でも口を聞かないなんて仕事にならないですよ……」





33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:20:59.71 ID:BHnemero0


P「おいおいそれは酷いな、撮影は失敗したのか?」



律子「今回は亜美に助けられましたよ、二人の間に入ってなんとかまとめてくれて」



P「それはよかった、いや良くはないんだが最悪の結果にならなかったのは助かったな」



律子「そうですね、しばらくは亜美に頭があがらないかも……」



春香「あ、律子さんおかえりなさい、コーヒー飲みますか?」



律子「ありがと春香、せっかくだけど今日はもう帰るからいいわ」





34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:26:05.64 ID:BHnemero0


P「お疲れ様、明日にはケンカも終ってればいいんだけどな」



律子「ほんとですよ、今日だけでどれだけ頭をさげることになったか……」



律子「プロデューサー、あの二人に何かしてないでしょうね?」ギロッ



P「おいおい、アイドルとプロデューサーだぞ」



P「それに最近の竜宮小町は忙しすぎて、俺とはあまり顔を合わせていないじゃないか」





35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:30:49.13 ID:BHnemero0


律子「ですよねー、なんでいきなりこんなことになったのかしら」



律子「はぁ今日は帰ります、お疲れ様でした」



P「お疲れ、今日はゆっくり休んでくれ」



春香「お疲れ様です」





36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:35:36.62 ID:BHnemero0


春香「深刻みたいですね」



P「ビーチライブの翌日から仲が悪くなった、か」



P「会場になった浜辺はなんて所だったかな」



春香「×××海水浴場ですね、私も昔行ったことがありますよ」







38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:40:56.62 ID:BHnemero0


P「×××海水浴場か、そこって何か特有の怪談があったりしないか?」



春香「か、怪談ですか!?そんなの聞いたことないですけど、っていうかあっても聞きたくないというか……」



P「そうか……」



春香「でも、どんなところでも怪談の1つや2つくらいありそうですけど」



春香「あそこの海水浴場って岩場と崖に挟まれてる形ですし、飛び降り自殺があった!とかそんなのとか」





39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:45:23.81 ID:BHnemero0


P「飛び降り自殺か……」



春香「ちょ、ちょっとプロデューサーさんなんで真剣になってるんですか!ジョークですよ!冗談ですよ!」



P「あ、あはは、悪い悪い寺生まれの悪い癖がでちゃったかな」



春香「もう、やっぱりお寺で育った人って幽霊とか見えるんですか?」



P「そりゃ見えるさ、なんて言ったって寺生まれだぞー」



春香「なんですかそれー」





41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:50:06.08 ID:BHnemero0


P「ほら、今だって事務所の入り口付近に一人いるじゃないか」



春香「あはは、寺生まれってスゴイんですね」



ガチャン



春香「うひゃあああ!!」



P「うぉ!いきなりデカイ声だすなよ!」





42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 02:55:26.70 ID:BHnemero0


春香「だ、だってだって……」



伊織「……」



春香「あ、あれ伊織?今日は直帰したんじゃなかったの?」



伊織「…………」ヒュー、フヒュー



春香「伊織?大丈夫?」





43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:00:44.94 ID:BHnemero0


伊織「pro……デュ……」フシュー、フヒュー



春香「伊織……?」



伊織「ォォpr……フヒュー……」



P「春香!近づくな!!」



春香「え?プロデューサーさん!?」





44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:00:55.36 ID:ZMxLySq9O


がな破ぁ!





49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/02/22(水) 03:12:14.02 ID:NWjw7JGe0


>>44

俺は評価する





46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:06:06.01 ID:BHnemero0


伊織「ゥォ……ウォロロロオロロロォォォ!」



春香「え!?伊織の顔が!!」



伊織「producerrrrrr!!!」



春香「イヤァァァ!!」





48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:10:22.53 ID:BHnemero0


P「春香!」ダッ



伊織「uryァァァ」ドカァ



P「ぐぅっ!」



春香「プロデューサーさん!?」



P「くそっ!逃げるぞ!!」





51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:15:58.25 ID:BHnemero0


春香「なんなんですかあれは!!なんで伊織の顔が魚みたいに!?」



P「たぶん、何かに憑かれたんだ」



春香「憑かれたって……どういうことですか!」



P「今はビルから出るんだ、あとで説明する!」





52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:20:20.08 ID:BHnemero0


春香「あんなのおかしいですよ!これって夢なんですか!?」



P「落ち着くんだ春香、これは現実だ」



春香「でもでも、人間が、伊織の顔がぐにゃぁってなって……ウゥゥ」ハァハァハァ



P「深呼吸だ、まずは深呼吸をして」



春香「は、はい……」スゥー……ハァー……





53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:26:01.28 ID:BHnemero0


P「あれは、伊織は霊に憑かれてしまったんだ」



春香「霊に憑かれたって、あんなに姿形まで変わっちゃうものなんですか……」



P「普通はあんな憑かれ方はしない、だが霊と同調しやすい人間だとたまにあることなんだ」



春香「そんなのって、信じられないよ……これは夢じゃないの……ウゥゥ……」





54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:30:34.72 ID:BHnemero0


P「春香、気をしっかり持って!」



P「これは夢じゃない、だからパニックを起こすと取り返しがつかないことになってしまう」



春香「はい……信じたくないですけど、今はプロデューサーさんの言うことを聞きます……」



P「よし、いい子だ」







55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:34:26.80 ID:BHnemero0


P「伊織は追ってこないか……?」



春香「プロデューサーさん、早く出ましょう!出口はそこですよ!」



P「春香待て!」



ガタンッ







56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:35:37.44 ID:5BAmq9jf0


なんでこんなスレタイで笑ったんだろう





58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:38:20.18 ID:BHnemero0


魚顔「ゥォォォォォrォォァァァ」



春香「ヒィッ!」



魚顔「producersaaaaaaaaaan」ヲォォォォォ



P「あずささんか……!」



春香「そんな……あずささん……ヒゥ…ゥゥ……」ジョロロロ







59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:41:06.63 ID:ZMxLySq9O


ゴクゴク





62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:46:45.28 ID:lnyfFECBO


>>59

飲むなwwww





60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:42:23.09 ID:BHnemero0


伊織「ォォォォ……プロデュゥゥゥゥサァァァァ」



あずさ「ゥゥゥゥゥォォ……」



P「挟まれた……!」



春香「ぷろでゅーさーさん、私……あの腰が…抜けちゃって……あと、汚くて……」エグッエグッ





61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:46:25.20 ID:BHnemero0


P「大丈夫だ春香、大丈夫」



春香「ゥゥ……ぷろでゆーさーさん……」ギュッ



伊織「!!」



あずさ「!!」





66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:50:18.79 ID:BHnemero0


伊織「URYYYYYYYYY!!!」



あずさ「producersaaaaaaaaaa!!!」



P「くそっ!やるしかないのか!!」



P「はぁ!!!」



伊織「ゥゥグググ」



あずさ「ォォォァァァ」





69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:53:46.53 ID:dQBZL6o7i


なんかぬ〜べ〜かと思った





70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:55:20.31 ID:BHnemero0


P「効いている!やれるか!?」



P「はぁーー!!」



伊織あずさ「グウウウウウ……ウウウウ……」



P「このまま送ってやる!」



P「はぁぁーーー!!!」





71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:56:47.67 ID:lnyfFECBO


なんかTさんってか天さんって感じ





72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 03:59:05.50 ID:BHnemero0


伊織「ウゴオオオオオオオオオ!!!」



あずさ「ァァァァラァラァァァァ!!!」



P「なっ!ダメなのか!!」



伊織「siranugaaaaahootookee!!!」



あずさ「kutibirupokerfaceee!!」



春香「プロデューサーさん……」



P「春香、すまん俺がちゃんと修行をしていれば……」





73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:01:25.66 ID:BHnemero0


伊織「ブロデュゥゥゥザァァァァ!!」



あづさ「ゥゥゴゴゴゴゴガガガ!!!」



P「春香!」ギュッ



春香「ウゥ……」ギュッ





75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:05:30.52 ID:BHnemero0


P「……」



春香「……」



P「ん……?」



春香「こ、こない……?」



伊織「ウゥ……ォォ……」



あずさ「ァァ……ウア……」



P「奴らがひるんでいる……なぜ……?」





77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:09:46.76 ID:BHnemero0


伊織「オォォ……ウグググ……」



あずさ「ァァァァ……ゥゥゥゥ……」



春香「ウゥ……エグッ……」



P「……そうか!!」



春香「……プロデューサーさん?」



P「奴らは水の悪霊なんだ!」





79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:13:13.94 ID:BHnemero0


P「そして今この俺達の周りには、乙女の涙と聖水!」



春香「涙と……聖水って……えぇぇぇ!」カァー



P「俺の力を受けて、偶然にも水霊に対する結界が発動したんだ!」



P「すごいぞ春香!」



春香「す、すごいって言われたって……あの……その……」カァー





80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:16:54.95 ID:BHnemero0


P「この聖水の力があれば……!」スッ



春香「プ、プロデューサーさん!そんなの触ったら汚いですよ!」



P「いや!これがいいんだっ!」



春香「これがいいって……そんな……うぅぅ……」



P「これを触媒にすれば……今の俺の力でだって!」



伊織「プロデウイウスァlalalala」



あずさ「ブロデュゥウザァァザァァァン」



P「成仏させてやるよ!」



P「破ぁ!!」





81以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:18:33.21 ID:BHnemero0


T「あそこの海水浴場周りはな、二人の女が一人の男を奪い合ったって有名なんだよ」



T「片方の女が男を独り占めにできないからって、その男を連れて無理やり飛び込み自殺をしたんだ」



T「残った女の方も、次の日には同じ場所で後追いをした」



T「その後の男の霊はそのまま成仏していったんだがな」



T「残った女2人の霊は、今度は男の死体を奪い合いはじめた」



T「そんなどす黒い愛と欲の深さが祟って、海の底からあふれる深いものどもの瘴気で完全な悪霊になっちまったんだな」



T「たまに海水浴客のカップルを脅かす程度の霊だったんだが」





82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:19:29.90 ID:Ey3E+Az+0


聖水はすごいなぁ





83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:19:46.25 ID:BHnemero0


T「憑かれた二人は悪霊の二人と近い部分があったんだろうな」



T「より深く同調することによって、霊になっても海の底で醜く争っている姿になっちまったんだろう」



T「ま、その二人に大事がなくて良かったよ」



T「次はこんなことにならないように、家に戻ってきてちゃんと修行しろよ兄貴」



P「ははは、今回のことで修行を疎かにしていたことを実感したよ」



T「ただでさえウチの家系は変なものに関わりやすいんだから」





84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:21:38.81 ID:BHnemero0




P「……とまぁこんな感じだったんだよ、今回の騒動は」



春香「悲しい霊だったんですね……」



P「悲しいか……春香は優しいんだな」



春香「優しいとかじゃなくて、その女の人達の気持ちが少しは分かりますから」



P「男の死体を取り合うような気持ちがか?」



春香「それはさすがに行き過ぎですけど、一人の男性を好きになってしまった複数人の女性の気持ちなら」



P「へ〜、春香は友達の好きな男を好きになったことがあったのか」







86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:22:41.02 ID:BHnemero0


春香「まったく、誰の話をしていると思っているんですか」



P「ん?」



春香「プロデューサーさんにその辺りのことは期待していません」



P「お、おう、なんか怒ってる?」



春香「怒っていません……怒ってないから仕事が終わったら甘いものおごってくださいね」



P「はいはい、仕事ちゃんと頑張ったら、みんなで食べに行こうな」



春香「まったくそういう所が……」



春香「でも、寺生まれってスゴイんですね!プロデューサーさん!」





おわり





88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:26:08.22 ID:BHnemero0


オチはできてたから、最後の方は若干投げた、スマソ

Tは初めに言ってたPの弟ってことで

がな破ぁで吹いた



本家コピペみたいにオドロオドロしいけど勢いがあるのが理想だったけど

俺にはそんなのは無理でしたスマソ



明日重要なプレゼンあるのに何してんだろうな俺、見てくれた人ありがとう





89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:30:38.92 ID:NWjw7JGe0








91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 04:39:27.48 ID:ViKEC7vp0


寺生まれだからって幽霊が見えると思うなよ!!!





スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無しさん@野生
    • 2012年04月13日 01:17
    • 面白かった。
      だが同時に、元ネタのコピペのすごさも実感した。あの短さと勢いってのはしっかりその面白さに一役買っていたんだな。
    • 2 オシラ774
    • 2012年09月18日 23:27
    • Pが鬼の手でも使うのかとオモタ
    • 3 くるっくー
    • 2013年01月13日 23:26
    • P.K.ジュピターかと思ったw
    • 4 名無し春香さん
    • 2013年01月30日 17:07
    • >>44
      >がな破ぁ!
      くっそこんなのでwww
    • 5 名無し春香さん
    • 2013年05月20日 16:27
    • >がな破ぁ!
      が秀逸すぎた
    • 6
    • 2015年08月02日 09:42
    • 伊織DIOに憑かれてんじゃねーか
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。