スポンサーリンク

トップページPa > ナターリア「バラのスシ!」



1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:03:50.89 ID:G9nfuNEro


P「お疲れ、ナターリア」

ナターリア「プロデューサー、オツカレサマー」
ntra.jpg

P(今日の仕事もトラブルがなく終わって良かった)

P「結構いい時間になったな」

ナターリア「オナカすいたヨー」

P「うん、なんか食べて帰るか」

ナターリア「スシ! ナターリア、スシ食いタイ」

P「ちょっと待っててな。その前に事務所に連絡しないといけないからな」


P「お疲れさまです、ちひろさん。いま終わりました」

P「それで、これからナターリアと食事してから帰ります」

P「え? 今日は、ナターリアを送ってから、直帰しても構わない?」

P「はい分かりました」

P「それじゃ、ちひろさんも程々に……お疲れさまでしたー」


P「よし、じゃあ寿司、食べにいこうか」







スポンサーリンク



3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:05:07.68 ID:G9nfuNEro


――――――――――

P「回転寿司でスマンな」

ナターリア「そんなことないヨ!」

ナターリア「ウマイゾ!」

ナターリア「ケドココ、ナターリアのイチバンスキない」

P(うん? そうなのか)

P「ナターリアの好きなネタって何なんだ?」

ナターリア「ネタ?」

P「ああ悪い悪い、ナターリアはどんな寿司が好きなのかなって」

ナターリア「ナターリアのイチバンすきなスシ……」

P「そう、一番好きな寿司」

ナターリア「バラのスシ!」





4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:06:21.24 ID:G9nfuNEro


P「ば、薔薇?」

ナターリア「ソー、バラのスシ!」

ナターリア「よくオバーチャンが作ってくれタ」

P(今明かされる衝撃の事実……)

P(寿司ってブラジルで家庭料理になってるんだー)

P(それにしても、寿司ネタに薔薇を使うとはな)

P(ケーキとかデザートに使うってのは聞いたことあるけど)

P(ブラジル寿司ってスゲェ!)

P「それで薔薇って旨いのか?」

ナターリア「バラ?」

ナターリア「ンー? ハナは関係ナイ」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:08:03.18 ID:G9nfuNEro


P(じゃあバラってなんなんだ?)

P(まさかバラ肉とか?)

ナターリア「バラのスシはネ……コレ!」

P(写真? パーティっぽいな……ナターリアが家族と撮ったやつか)

ナターリア「これがバラのスシ」

P(なんだ、バラのスシって、ちらし寿司のことか)

ナターリア「これがオバーチャン」

P「日本人?」




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:08:58.42 ID:G9nfuNEro


ナターリア「ホントのナターリアのオバーちゃんじゃナイケドネ」

P「そうなのか……」

ナターリア「ナターリアの家の近くに住んでル」

P(そういえばブラジルって日本からの移民がけっこういるんだよな……)

ナターリア「デモ、とってもナカヨシ」

P「へえ」

ナターリア「イマもネ、ブンツーしてるんダヨ」

ナターリア「オバーチャン……食いたいナ……バラのスシ」

P「うん? ちらし寿司ならスーパーとかにもあるんじゃないかな」

ナターリア「ウン……ケド、スーパーのバラのスシ、オバーチャンのとちょっとチガウ」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:10:01.99 ID:G9nfuNEro


――――――――――――――――

P「ナターリア、この間の撮影した雑誌のサンプルが来たぞ」

ナターリア「わぁ、ヤッター!」

ナターリア「それでナターリアどこダ」

P「えっと、確か……あったあったこれだよ」

ナターリア「……小さいナ」

P「まーしょうがないよ。まだまだこれからだからな」

ナターリア「ソウダナ、がんばるゾ!」

P「その意気、その意気」




8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:10:32.30 ID:G9nfuNEro


ナターリア「……プロデューサーお願いがアル」

P「? 何だ?」

ナターリア「そのザッシ、ナターリアほしい」

P「これか? うーん資料として残しておきたいんだけどな……」

ナターリア「オバーチャンにナターリアのガンバッテルのみせたい」

P「そういうことならしょうがないか。また買い直せばいいし」

ナターリア「プロデューサー、ダイスキ!」

P「こら! スキンシップは程々にって、いつも言ってるだろ!」

ナターリア「さっそくテガミ書くゾ」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:11:14.46 ID:G9nfuNEro


――――――――――――――――

P「ひらがなばっかりだけど、日本語で書いてるんだな」

ナターリア「こっちのほうがニホンゴのベンキョーになるってオバーチャンが言ってたからナ!」

P「そうかー」

ナターリア「フーンフンフーン♪」

P「……! なあナターリア、俺もおばあちゃんに手紙書いていいかな?」

ナターリア「? プロデューサーも? イイヨ」

P「サンキュー、後から持ってくるよ。ついでに雑誌を入れられる封筒も用意するからな」

ナターリア「ナカナカ気がつくナ」




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:12:08.05 ID:G9nfuNEro


――――――――――――――――

ナターリア「プロデューサー、オバーチャンからテガミがきたゾ! ホラコレ」

P「お、サンキュー」

ナターリア「ナンて書いてアル?」

P「手がかかるでしょうが、ナターリアをよろしくってさ」

ナターリア「ナターリア、そんなにコドモじゃないゾ!」

P「それと……ばら寿司の作り方も教えてもらった」

ナターリア「! ホントーか!?」

P「今度作ってきて……」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:12:42.71 ID:G9nfuNEro


ナターリア「今日! スグ食いたイ!」

P「うーん、すぐには無理だな、準備が必要だし」

ナターリア「そうなのカ……」

ナターリア「それならナターリアもいっしょにツクル!」

P「わかった、それじゃナターリアの次のオフに俺も休みを合わせるから、一緒に作ろう」

ナターリア「楽しみでまちきれないゾ」

P「仕事もちゃんとやるんだぞ」

ナターリア「もちろんダ!」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:13:17.32 ID:G9nfuNEro


――――――――――――――――

P(さてと、椎茸とかんぴょうの煮物と酢レンコン、肉そぼろは用意できた)

P(錦糸卵は大葉を刻むときに一緒に刻めばいいか)

P(なんかほとんど混ぜるだけになったな)

P(まあ、火を使わせるは心配だし、これでいいか)

P(すし酢は用意したけど、普通に比べて分量少ないな)

P(あとは、ナターリアに好きな魚と、大葉を買ってきてもらうだけだな)

ナターリア「またせたナ! 買ってきたゾ!」

P「お、ちょうどいいタイミングだな、ちょうど飯が炊きあがった」

ナターリア「バラのスシ、ツクロー!」




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:13:55.82 ID:G9nfuNEro


P「じゃあまずは酢飯をつくろう」

ナターリア「オー!」

P「すし酢を入れて……こんな感じで混ぜるんだ」

P「飯をつぶさないようにな、じゃあナターリアやっておいてくれ」

ナターリア「コウカ?」

P「そうそう上手い上手い」

P「その間に俺は錦糸卵と大葉を刻んで、刺身も用意するか」

P(ナターリアが買ってきたのは、サーモンか。イクラもあるな)

P(イクラは彩りに良いな……しまった青物がないな……まあいいか)

ナターリア「プロデューサー、コレでいいカ?」

P「ああ、そんなかんじでいいぞ。じゃあ次は具を混ぜ込んでいこう」

P「酢飯をつぶさないようにさっくり混ぜるんだぞ」

ナターリア「ワカッタ!」




14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:15:48.92 ID:G9nfuNEro


――――――――――――――――

P「よし、具は全部混ざったな」

ナターリア「次はドウスル?」

P「あとは皿に盛って、魚と錦糸卵とイクラをのせれば出来上がりだ」

ナターリア「なんかこのタマゴ、デカイ」

P「不器用で悪かったな」

ナターリア「できたゾ!」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:16:55.23 ID:G9nfuNEro


――――――――――――――――

P「よし、じゃあ食うか」

ナターリア「ウン!」

P「手を合わせて……いただきます」

ナターリア「イタダキマース!」

P「酢飯が淡い感じで、なかなか優しい味だな……」

P「どうだナターリア?」

ナターリア「ウマイゾ! ……ケド」

P「けど?」

ナターリア「ヤッパリ、オバーチャンのバラのスシとちょっとチガウ……」

P「うーん……レシピは合ってるはずなんだがなぁ」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:17:32.51 ID:G9nfuNEro


ナターリア「バラのスシはオバーチャンにしかつくれないんだナ」

P「そうかもしれないな……」

ナターリア「デモ……ウン! このスシもウマイ!」

ナターリア「プロデューサーとナターリアのスシだゾ!」

P「そうだな……俺たちのオリジナルだ」

ナターリア「フタリのトクベツ、ダナ!」

P「そんなに急いで食べたら……」

ナターリア「?」

P「ほら、ほっぺに飯粒がついてるじゃないか」

ナターリア「ドコダ?」

P「ほらここ、じっとしてろよ」

ナターリア「ア……プロデューサー、食ちゃダメダゾ!」




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/11(火) 19:19:50.42 ID:G9nfuNEro


――――――――――――――――

ナターリア「プロデューサー」

P「ん? なんだ?」

ナターリア「またイッショにスシ、つくろうナ」



オシマイ




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/11(火) 19:21:43.26 ID:E6t2HuIp0



やっぱりナターリアかわいいなぁ




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/11(火) 19:22:26.49 ID:ebWHUGdC0


いいねこういうの




20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/11(火) 19:24:47.77 ID:G9nfuNEro


ナターリア=スシ、ちらし寿司ってばら寿司ともいうよね、という連想から沸き上がった妄想
口調がおかしかったらゴメンナサイ、ナターリア




22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/11(火) 20:44:41.87 ID:++eifSFto


ナターリアは素晴らしい
おつ




23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/11(火) 21:56:10.17 ID:6+3z1bM9o


いい
おつおつ




転載元:ナターリア「バラのスシ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370945030/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2013年06月12日 09:47
    • ナタ可愛い
    • 2 名無し春香さん
    • 2013年06月12日 21:57
    • 故郷へ思いを馳せながらバラ寿司食うナターリア…なんか泣けてきた
      幸せにしてやろう
    • 3 名無しのフィール
    • 2013年06月12日 23:41
    • やべ、無性にスシ食いてえ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。