スポンサーリンク

トップページCu > 亜里沙「夢のなか」



1以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:30:57.57 ID:8wljxM8/o


モバマスSSですよー。


P「あっ、亜里沙さん」

亜里沙「はぁ~い、なんでしょう、Pくん」
mcdars3.jpg

P「スケジュールなんですけど、実は一日、どうしても埋まらなくって……」

亜里沙「あら、そうなの?」

P「で、で、ですね。俺も、その日、一日空いちゃってるんですよね」

亜里沙「えっ」

P「せっかくだから、ちょっと遊びに行くとか、どうかなぁ~……って」

亜里沙「行きます! 行く行く!」

亜里沙「(ウサー!)」

P「は、はい」






スポンサーリンク



2以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:31:19.21 ID:8wljxM8/o


――動物園。

P「こんなところでいいんですか」

亜里沙「いいんです!」

亜里沙「えへへ~、本物のウサギちゃんを見にいきますよぉ」テコテコ

P「は、はい」

亜里沙「でも、小動物コーナーまではちょっと距離があるわね」

P「じっくり見て行きましょうよ」

亜里沙「そうですね」

亜里沙「それじゃごーごー」




3以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:31:51.60 ID:8wljxM8/o


亜里沙「あ、ほらほら、パンダさんですよぉ」

P「おお、白いですね」

亜里沙「あそこは黒いですよ?」

P「白黒ですね」

亜里沙「黒白かもしれませんよぉ」

P「これは難問ですね」

亜里沙「ふふっ」




4以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:32:20.81 ID:8wljxM8/o



P「おお、アライグマ。あ、コアラ」

亜里沙「そういえば、みりあちゃんや仁奈ちゃんを思い出しますね」

P「そうですねー。動物モチーフの衣装はやっぱり鉄板ですよ」

P「動物ってだけでテンションあがりますからね」

亜里沙「Pくんは何が好きなの?」

P「やっぱりペンギンですかね」

亜里沙「……鳥?」

P「なんか表情が少ないほうが好きなんですよね」

P「表情豊かだと、逆に相手が嫌~ってのもすぐ分かるじゃないですか」

亜里沙「……Pくん、怖がり屋さんなのねぇ」

P「そうかなぁ」




5以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:32:51.10 ID:8wljxM8/o


亜里沙「ウサギさんもそうだけど、ちゃんと見てると、ペンギンさんも表情豊かだと思いますよ」

P「うーん、そうなのかな」

亜里沙「そうですよぉ、でも、そのためにはちゃんと、見ないとね」

P「なるほど、プロデュースと同じですね」

亜里沙「おなじ……なの?」

P「ええまあ。アイドルも、そのぉ、パッと見で何を考えているのかよう、分からない娘もいるじゃないですか」

P「あとはその、意外と見た目と違って怖かったり、逆に優しかったり……」

P「いろんな顔を持ってるのは、誰でもそうだから」

亜里沙「そっかぁ」




6以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:34:00.24 ID:8wljxM8/o


亜里沙「ちなみに、先生は怖い? 優しい?」

P「両方かなぁ」

亜里沙「両方……」

P「でも、どっちかって言うと、亜里沙さんも怖がり屋ですよね?」

亜里沙「うっ」

P「結構、これでいいの、とか、これで合ってるの、とか、聞いてきたり」

亜里沙「ううっ」

P「初めてやる仕事は結構おっかなびっくりで、いっぱい練習してから……」

亜里沙「むー!」ぼふぼふ

P「あ、イテテ」




7以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:34:49.73 ID:8wljxM8/o


亜里沙「あっ、ペンギンさんのお散歩」

P「おー、テチテチ歩いてる」

亜里沙「かわいいですねぇ」

P「子どもみたいな?」

亜里沙「ふふ、子どもはもっと表情豊かですよ?」

P「……意地悪言わんでください」

亜里沙「餌とか上げられるのかしら」

P「餌タイムは、飼育員さんがやるみたいですね」

亜里沙「じゃ、時間があったらまた来ましょう!」

P「そうですね」




8以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:35:25.70 ID:8wljxM8/o


P「亜里沙さん、アイス買ってきましょうか、アイス」

亜里沙「ええ、いいんですか?」

P「もちろんですよ、ちょっと疲れたんで、ベンチに座ってて」

亜里沙「だ~め」

P「え?」

亜里沙「一緒に買いに行きましょ♪」

P「あ、そ、そうですね」

亜里沙「Pくん、お膳立てするだけが、人が喜ぶことじゃないのよぉ?」

P「ん……そうですね」




9以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:37:38.71 ID:8wljxM8/o


P「俺、仕事がプロデュースだからか、自分で先に整えちゃうみたいで」

P「それって良くないことですかね」

亜里沙「ううん、そんなことないわ」

亜里沙「でも、おいしいものを一緒に食べたいって思ったら、そうしたくなるでしょ?」

P「そうですね」

亜里沙「それと同じに食べる前から、一緒にお店に並ぶのも嬉しい、って気持ちもあるのよ」

P「……そうか」

亜里沙「ふふ、先生、歌を聞いてもらうより、みんなと一緒に歌える方が好きなんですよぉ」

亜里沙「だから、ね」

P「あーなるほど」




10以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:38:12.94 ID:8wljxM8/o


亜里沙「おいしい!」

P「なんかサボテンの汁が入ってるみたいですよ」

亜里沙「サボテンの味はしませんけど」

P「おいしいですね」

亜里沙「でもちょっと甘すぎるかしら?」ペロペロ

P「うちは甘いもの好きなやつ多いですからね……」

亜里沙「なんでもほどほどにして上げる方がいいのよね、本当は」

亜里沙「あまり強いものばかりだとみんな、疲れちゃうから……」

P「そうかな」




11以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:38:48.30 ID:8wljxM8/o


P「でも亜里沙さんもキャラは強かったですよ」

亜里沙「え?」

P「いや、まさか急にウサコちゃんを取り出して『はーい、ウサコちゃんとおうたを歌いましょうねぇ♪』ってやりだすとは」

亜里沙「こ、子どもたちには受けてましたので」

P「いや、俺も好きですよ」

亜里沙「え」

P「ウサコちゃん」

亜里沙「……ふふっ、ウサコちゃんも喜んでます」

亜里沙「(Pちゃんはなかなか見る目があるウサ!)」

P「褒められた」




12以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:39:19.08 ID:8wljxM8/o


亜里沙「先生はでも、キャラが強いとかじゃなくって、みんなに喜んでもらえたらいいな」

亜里沙「ううん、みんなで楽しめたらいいなって思うわ」

P「みんなで……か」

亜里沙「夢みたいな話だと思う?」

P「いいや、夢なんかじゃなくって、そういうのはアリだと思います」

P「あー、その、プロデューサーとしてもって意味で」

亜里沙「そう?」

P「そうですよ、カッコイイだけじゃなくって、誰でも楽しいな、好きだなって言えるのは、本物のアイドルでしょう」

P「その人と一緒に歌える、か。うん、いいですね」

亜里沙「ふふふ」




13以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:39:47.55 ID:8wljxM8/o


P「あ、すみません、なんか仕事のことばっかり考えちゃって」

亜里沙「大丈夫よ、先生、仕事モードのPくんはかっこよくて素敵だから」

P「そ、そうですか。自分じゃ分かりませんけど」

P「ん? 仕事以外は?」

亜里沙「仕事以外だとちょ~っと頼りないかしら」

P「ど、どのへんがですか」

亜里沙「ちゃんとご飯たべなかったりとか、お洗濯ためちゃったりとか」

P「な、なんで知って……あ、いや、自分でぼやいてるからか」

亜里沙「おねえさんがお家に行ってあげましょうか」

P「それは駄目ですよ、アイドルなんだし、家政婦みたいな……」

亜里沙「じゃあ、ちゃんと一人でやらないとダメですよ♪」

P「う」




14以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:40:15.94 ID:8wljxM8/o


――ふれあいコーナー。

P「おー! ウサギちゃん」

亜里沙「あ、Pくん、ダメダメ」

P「なんですか?」

亜里沙「やっぱり、知らない人に追いかけられたらストレスになっちゃいますからね」

P「え、でも」

亜里沙「Pくんが急に話しかけてきたら、女の子もびっくりしちゃうでしょう?」

P(俺、そんなに怖いのかな……)

亜里沙「こうやってしゃがんで……」

P「はいはい」

亜里沙「近寄ってきたりした仔を、様子を見ながら、やさしくなでなで」なでなで

P「おお、なるほど」




15以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:40:46.25 ID:8wljxM8/o


亜里沙「無理やり抱きかかえたりも、良くないんですよ」

P「ふむ……なるほど」

亜里沙「分かりましたかぁ?」

子ども『はぁい』

亜里沙「みんな、自分がされたら怖いことはやっちゃめっ、ですよぉ」

子ども『はぁ~い』

P「いつの間にか飼育係さんのように」

亜里沙「かわいい~♪」

P「そうですねぇ」

P(亜里沙さんも)




16以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:41:16.49 ID:8wljxM8/o


――消毒後。

亜里沙「ほらほら、Pくん、世界のウサギ資料ファイルが」

P「こんなものもあるのか」

亜里沙「きゃー、毛がもっさもっさ」

P(イングリッシュアンゴラか……毛がもふぁっとしてるな)

P(毛糸の原料用に改良されたのか……兎は原料……)

亜里沙「あっ、目が大きい!」

P(ドワーフホトか……目の周りが黒で縁取りされているな……)

亜里沙「たれ耳ウサギちゃんだ」

P(フレンチロップイヤーか……大きな種で力も強い……)

亜里沙「うわぁ、すごい大きいですねぇ♪」

P(フレミッシュジャイアントか……さすがにでかいな……)

P(ウサギ界のきらりみたいな感じか……?)

P「ん、し、食用!?」

亜里沙「元々は食用なんですって」




17以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:41:50.38 ID:8wljxM8/o


P「いろんなウサギがいますね」

亜里沙「ウサコちゃんも、たまには垂れ耳にしてみようかしら?」

P「ウサコちゃんは何種なんですか?」

亜里沙「えーっと、ウサコ種……かな?」

P「固有種?」

亜里沙「ウサコちゃんはお洋服も着れるんですよぉ」

P「そういえばそうですね」

亜里沙「でも、新しくお友達を作って二刀流で……いや、二兎流で……」

P「二兎流!?」




18以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:42:23.26 ID:8wljxM8/o


亜里沙「お昼ごはんはサンドイッチですよぉ」

亜里沙「無添加ハムと手作りマヨネーズの」

P(ウサギミートとか言い出さなくて良かった……)

P「わざわざ作ってきてくださったんですか」

P「別に買ってきても良かったのに」

亜里沙「一緒に遊ぶなら、やっぱりバスケットにサンドイッチを持って、って夢じゃない」

P「そういうものなのかな。あ、いただきます」

亜里沙「いただきま~す♪」

P「……ん、うまい!」

亜里沙「えへへ」




19以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:42:53.91 ID:8wljxM8/o


P「亜里沙さんは何でも出来るなぁ」

亜里沙「そうですか?」

P「いいお嫁さんになれますよ」

亜里沙「アイドルには?」

P「全部なれます」

亜里沙「適当に言ってぇ」ギュー

P「あいててて」

亜里沙「……でも本当は」

P「はい?」

亜里沙「お料理もお洗濯も、歌もダンスも、人一倍練習しなくっちゃうまく出来なかったから」

P「……」

亜里沙「Pくんの言ったみたいに、やっぱり、いっぱい練習しなくちゃ、ダメね」




20以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:43:44.69 ID:8wljxM8/o


亜里沙「これだって、自分で食べる分にはいいけど、Pくんが喜んでくれるかなって」

亜里沙「ちょっと不安だったかな」

P「……」

亜里沙「ふふー、先生、ほんとに怖がり屋ね」

P「いいじゃないですか」

P「これほんとおいしいですよ!」むぐむぐ

P「これくらいになるまで練習出来るのは、やっぱり亜里沙さんのちからですよ」

亜里沙「そうかしら?」

P「そうそう」

亜里沙「Pくんが褒めてくれるから、頑張っちゃうってところも、あると思うんだけどなあ~」

P「俺? 俺は、その、別に……」

P「他の娘のプロデュースもあって、その……」ムニャムニャ

亜里沙「いいの」




21以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:44:18.76 ID:8wljxM8/o


P「でも、それこそ、レッスンでも楽しみたいですよね」

P「杏とか、仕事もそうだけどレッスンも嫌がるし……」

亜里沙「でも、杏ちゃんは出来てるからいいんじゃないかしら?」

亜里沙「プロデューサーさん的には」

P「いやいや! やっぱりね、自分が成長した! とか達成した! とかが必要なんですよ、人間」

P「杏の場合はあのスタイルでいろいろやらせてできちゃうから、余計につまらないんじゃないかなって」

P「もっと、いろんなことを面白くしてあげられたらなぁ……」

亜里沙「……」ジーッ

P「ど、どうしました」

亜里沙「やっぱり、Pくん、かっこいいな」

P「ほ、褒めても何もでませんよ」




22以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 09:44:52.50 ID:8wljxM8/o


――夕方。

亜里沙「んーっ、これで大体見回りましたねっ」のびー

P「帰りますか、そうしたら」

亜里沙「あ、えーっと」

P「一応明日の予定をチェックして」

亜里沙「Pくん、夜のお食事は」

P「あ、ああ、うち帰って適当に……」

亜里沙「もう~、一日お休みなんだから、まだ一日残ってるじゃない」

P「い、いや、それはその」

亜里沙「……仕事が気になるなら、事務所に戻る?」

P「……すみません」

亜里沙「疲れちゃったら電車の途中で寝ちゃってもいいですからねっ」




23以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 10:01:21.04 ID:8wljxM8/o


ガタンゴトン、ガタン……

亜里沙「Pくん、今度のお仕事なんだけど……」

P「ああ、いよいよですね。全国版の歌のおねえさん」

亜里沙「ええ。でも、先生、やっぱり歌のおにいさんも必要だと思うんですよぉ」

P「……体操のおにいさんでは?」

亜里沙「歌のおにいさんもいますよ」

P「うーん、そうか」

亜里沙「だから……Pくんと一緒にやりたいなぁって」

P「ぶほっ」




24以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 10:01:56.44 ID:8wljxM8/o


亜里沙「ダメ?」

P「だ、ダメも何も、俺はプロデューサーですよ!」

亜里沙「一緒に楽しみたいなぁ、面白くしたいなぁって」

P「そ、それはその、間違ってないですけど……」

亜里沙「Pくん、声はいいんだから、いけますよぉ」

P「うーん、でも、歌がうまいわけじゃないし」

亜里沙「いっぱい、練習すればいいんですっ」

P「うっ、そうか」

亜里沙「Pくんだって、小さい頃に聞いた歌、たくさんあるでしょう?」

P「ああ、はいはい」




25以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 10:02:35.40 ID:8wljxM8/o


P「アイアイとか」

亜里沙「あなたとこいするために?」

P「それ違うやつでしょ」

P「あとは……虫歯建設株式会社とか」

亜里沙「ああ、面白いですねぇ」

P「そうか、歌のおにいさんで俺もデビューか」

亜里沙「やる気になりました?」

P「いやいや、今からオーディション受けるの無理ですから……」




26以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 10:05:21.94 ID:8wljxM8/o


P「ん、ふぁ」

亜里沙「ん、はい。肩寄せて、いいですよっ」

P「す、すみません」

亜里沙「……たーりーら、らーりーら、たらーららら~♪」

P「あ、聞いたことある……」

亜里沙「ふふふふ~ん」

P「……」

亜里沙「……Pくん、寝ちゃいました?」

P「……」すー、すー

亜里沙「……」

亜里沙「ふふ、寝てる」

亜里沙「……Pくん、ありがとうね」

亜里沙「私をここまで、連れてきてくれて」




27以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 10:05:48.94 ID:8wljxM8/o


亜里沙(私は、ただの歌が好きなおねえさん)

亜里沙(ウサコちゃんと一緒に、子どもたちと好きな歌をうたって)

亜里沙(それから、踊りも踊って、一緒に遊ぶのが好きなだけの先生だったのに)

亜里沙(Pくんにスカウトされてから大忙しで……)

亜里沙(あっ、うそうそ、暇な時もあったわ)

亜里沙「えへへ……」

亜里沙「まるで、夢のなかにいるみたいなのよ」

亜里沙「でもきっと、これは、明日につながる夢」

亜里沙「そうでしょう?」

おしまい




28以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 10:06:47.67 ID:8wljxM8/o


亜里沙Pならガチャ来たら書かなきゃ
あ、ちゃんと爆死しました




29以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 10:08:12.64 ID:isXOS4jw0




てんて―好きにはこれはドストライクだわ




30以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/01/25(土) 10:10:05.07 ID:8wljxM8/o


亜里沙さんにCVついてジュエリーズ出たらこれとお針子の唄リクエストするんだ…



転載元:亜里沙「夢のなか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390609857/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2014年01月26日 01:32
    • これはいいSSだ
    • 2
    • 2014年01月26日 03:32
    • 兎肉ってちゃんと煮込むと牛すじみたいになるんだよな。昔ドイツ料理屋で食って美味かった。
      それはそれとしててんてー素敵。
    • 3
    • 2014年01月26日 03:34
    • あ、そうです。
      私が大爆死おじさんです(血涙)
    • 4
    • 2014年01月26日 03:52
    • かく言う私も大爆死でね
      亜里沙ー!好きだー!肩書交換まだですかー!
    • 5
    • 2014年01月26日 09:10
    • プラチナチケットからはSRは出ない。そう思っていた時期が私にも在りました
    • 6 名無し春香さん
    • 2014年01月26日 19:36
    • てんてーSSは数こそ少ないが良作が多い印象
      亜里沙「お針子の唄」とかも良かった
    • 7
    • 2014年01月27日 08:50
    • てんてーはヨエコファンなのか(歓喜)
    • 8 名無し春香さん
    • 2014年01月27日 13:44
    • てんてーの好きなヨエコ曲は「いただきます」だな、家庭的な曲だし
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。