スポンサーリンク

トップページモバマス > 服部瞳子「漫才、と言う物をやってみたいのよ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:12:13 ID:KaOYdAOQ



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:12:49 ID:KaOYdAOQ

友紀「打て…打て…!」

TV<打ったぁ!ボールは内野を抜けて外野へ!

友紀「よし!塁に出たぞ…!」
hmkwyk12.jpg

瞳子「…これが『スルー』という高度テクニックね」
htrtk7.jpg

友紀「え?あたしに言ってたの?」

瞳子「ええ…そうだけど」

友紀「…ユニットの二人に頼めば?」

瞳子「早苗さんと瑞樹さんに「漫才やってくれませんか?」って、あなた言える?」


関連スレ
片桐早苗「早苗と!」川島瑞樹「瑞樹の!」
服部瞳子「今度は逃げない」 姫川友紀「あたしだって!」
片桐早苗「しんどいわ…」


スポンサーリンク

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:13:26 ID:KaOYdAOQ

友紀「あたしそもそも「漫才やってくれませんか?」って人に頼まないよ!」

瞳子「鋭いツッコミね。流石だわ」

友紀「もうなにがなんでも漫才に結び付けたいんだね」

瞳子「そんなこんなで漫才をやることになったんだけど…」

友紀「時間が経ったような描写入れないで!まだ1分も経ってないよ!」

友紀「漫才やるとも言ってないし!…なんか今日の瞳子さんはえらいグイグイ来るね?!」

瞳子「私思ったのよ」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:13:56 ID:KaOYdAOQ

友紀「…何を」

瞳子「再びアイドルとしてやっていくにはいろいろな経験が必要だって…!」

友紀「良いこと言ってるようだけど漫才ってアイドルとは程遠い物だよね」

瞳子「バラドルってあるでしょ、アレと一緒よ」

友紀「一緒…なのかな?いや、やっぱり違う気が…てか瞳子さんバラドル目指してるの?!」

瞳子「いろいろ体を張って楽しそうじゃない。他所の事務所の輿水さんとか…」

友紀「ア~イ~ド~ル!あの子意外と気にしてるんだよ!!」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:14:37 ID:KaOYdAOQ

瞳子「ふふっ…友紀ちゃん、ツッコミにますます磨きがかかってるわ…まさに有力外国人選手を得たキャッツのようね」

友紀「具体的でリアルな上に例えが壊滅的に下手!あとキャッツ出せばなんでも食いつくと思わないでよね!」

瞳子「なんだったかしら、あの…猫の…ケロッピー?可愛いわよね」

友紀「ねこっぴー!わからないなら無理に話題振らなくてもいいよ!」

瞳子「今日はキャッツの試合見ないの?」

友紀「だから今観てたじゃん!ねぇ、もう応援に戻ってもいいかなぁ?」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:17:45 ID:KaOYdAOQ

瞳子「私このキャラに賭けてるの…もう後がないのよ…」

友紀「唐突に重い話出た!断りづらい!」

友紀「賭けるんなら漫才するバラドルよりも良い路線あるでしょ?!」

瞳子「そうかしら…そうよね、他にも色々模索してみるのもアリね」

友紀「そうそう!もっと瞳子さんの魅力を引き出すような…」

瞳子「スカイダイビングとか、Pさんに頼んでみようかしら」

友紀「やっぱりバラドルじゃん!あといい加減幸子ちゃんいじるの止めてあげて!」

瞳子「冗談よ。そうねぇ…オシャレなカフェで食レポ、とかどうかしら?」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:18:21 ID:KaOYdAOQ

友紀「それそれ!そういうのでいいんだよ」

瞳子「フゴフゴ!このドーナツ美味しいです!」

友紀「全然オシャレじゃないし一番瞳子さんに似合わないキャラを混ぜてパクったね!?」

瞳子「ダメかしら」

友紀「ダメな所しか見当たらないよ。よくイケると思ったね」

瞳子「イケる、イケない…ではないの。今の私にはやるしかない…!」グッ…!

友紀「これは別にやらなくても良いことじゃない?!当たって砕けろ精神を拗らせすぎ!」

瞳子「このキャラが売れたら私、温泉に行くの…!」

友紀「死亡フラグがお手軽すぎるよ!温泉くらい自由に行ったら?!」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:18:58 ID:KaOYdAOQ

瞳子「ところで友紀ちゃんはPさんとどこまでいったの?」

友紀「『ところで』の使い方が最悪だね。あと質問が直球過ぎない?」

瞳子「あら、今の『直球』は野球と掛けてるのね?素晴らしいわ」

友紀「意図してないところで深読みされると恥ずかしいからやめて!」

瞳子「ついこの間あなたに宣戦布告したじゃない?ライバルの情報を仕入れようと思って」

友紀「情報を目的の相手から収集する事ほど高難易度なものはないと思うよ」

瞳子「友紀ちゃん思ったことをペラペラ喋りそうだから、成功するかなと思ったのよ」

友紀「思ったことをペラペラ喋ってるのはどっちだよ…!大分失礼な事言われたねあたし!」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:19:47 ID:KaOYdAOQ

瞳子「あなたと私の仲じゃない、許して頂戴ユッキー」

友紀「最近仲良くなったにしては随分馴れ馴れしいなこの人。瞳子さんにユッキーって呼ばれたの初めてだよ」

瞳子「不服?ユッキーか平成野球娘で迷ったんだけれど…」

友紀「もうひとつが色々アレ過ぎてどうしようもない。ユッキーでいいよ」

瞳子「えっ、へい…ブフッ、ごめんなさい…へ、へいせ…ウフフフ!へ、平成野球娘の方が良いと思うんだけど…」プルプル

友紀「露骨に自分のネタでウケてるじゃん!そんな渾名で呼ばれたくないし!」

瞳子「そうよね…ごめんなさい…」シュン

友紀(浮き沈み激しいな~)


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:20:42 ID:KaOYdAOQ

瞳子「一度アイドルを挫折したようなダメな女が事務所の稼ぎ頭におこがましい真似をしたわね…ホント何をやっても愚か。きっとこのまま売れもせずまた皆に忘れ去られていくのが私にはお似合いなのよ…」ズーン

友紀「ど、どうしたの急に?そんなネガティブに突然なられても困るんだけど?!」

瞳子「少しでも仲良くなろうと頑張って考えてきたのよ。でも余計なお世話だったわね…」

友紀「ま、まぁ瞳子さんが良いと思うなら好きに呼んでもいいけど…」

瞳子「でもやっぱり友紀ちゃんが一番しっくりくるわよね」ケロッ

友紀「なんなのもー!!!!」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:21:28 ID:KaOYdAOQ

瞳子「…やっぱりダメね、漫才は」

友紀「あたしは最初からそう思ってたけどね」

瞳子「やっぱり地道に早苗さん達と頑張って行くのが一番かしら」

友紀「そうそう。ユニットだって結成したばっかりじゃん!まだまだこれからだって!」

瞳子「そうよね…ありがとう、友紀ちゃん。いい勉強になったわ」

友紀「ずっとツッコんでただけだけど気にしなくていいよ。同じ事務所の仲間でしょ?」

瞳子「意図的にボケるというのも難しい物ね。いまいちボケを出せなかったわ」

友紀「今までのボケは天然だったってこと…?」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:22:13 ID:KaOYdAOQ

スタスタスタ…

P「おーす、お前ら何騒いでんだ」

友紀「プロデューサー…」

瞳子「あら、何か用かしら?」

P「あぁ…TV番組の企画書を持って来たんだが」

瞳子「ふふ、お仕事ね。いつでも行けるわよ」

友紀「番組収録かぁどんなお仕事でも全力投球で行くよ!」

P「やる気があるのは良い事だ。えーっと」





P「『アイドルだらけの漫才グランプリ』って番組なんだけど」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:23:09 ID:KaOYdAOQ

友紀「…え?」

瞳子「あらあら」

P「プロダクション対抗の漫才大会なんだと。各プロダクションから二人組を出して漫才をする…という企画なんだが」

P「ウチからは菜々と早苗さんでも出そうかな、と思ったんだが一応他の連中にも聞いてみようかと思って」

友紀「そ、それがいいと思う!ウ、ウサミンと早苗さんね、お茶の間は爆笑の嵐だよ!あたしと瞳子さんは全然向いてな…」

瞳子「友紀ちゃん」

友紀「何?!ほら、瞳子さんも一緒にプロデューサーを説得…」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:23:47 ID:KaOYdAOQ







瞳子「なんでやねん(真顔)」ビシィ!


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:24:22 ID:KaOYdAOQ

友紀「」

P「お?瞳子はえらくやる気だな」

瞳子「どんな事でもトップアイドルになるための糧になるかと思って。いろいろ経験してみたいのよ」

P「ほぉ~、熱心だな。感心感心!」

P「友紀と瞳子か…意外性はあるな。どうだ?やってみるか?」

瞳子「是非お願いするわ…友紀ちゃん、頑張りましょうね」ニコニコ

友紀「ぜ…」

P「?」

瞳子「ぜ?」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:24:56 ID:KaOYdAOQ

友紀「絶対あたしは漫才なんてやらないからね!!」

おわり


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/10(金) 19:25:32 ID:KaOYdAOQ

終わりです。ありがとうございました



転載元:服部瞳子「漫才、と言う物をやってみたいのよ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1465553533/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。