スポンサーリンク


トップページモバマス > 両津「また捕まったのかよ」 武内P「すみません…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:15:21.15 ID:Y+uYDqUl0



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:18:13.81 ID:Y+uYDqUl0

~前回のあらすじ~

両さんがしょっ引こうとして出会った男はアイドルのプロデューサーだった

無口な車輪であった彼を(物理的に)解放してあげた両さん

かくして2人は仲良くなったのだった!

スポンサーリンク

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:20:41.78 ID:Y+uYDqUl0

~CPルーム~

ガチャ

両津「よう!遊びにきたぜ」

みりあ「あ、両さんだ!」
akgmra14.jpg

莉嘉「両くーん!」
jgskrk21.jpg

きらり「両ちゃんこんにちはだにぃ☆」
mrbskrr2.jpg


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:23:48.80 ID:Y+uYDqUl0

両津「何だお前らか、他の奴はいないのか?」

莉嘉「今はアタシ達だけだよ」

両津「まさかお前ら…」

みりあ「うん!この3人でユニット結成だよ!」

両津「そうか、よかったな」

きらり「ありがとにぃ☆」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:26:47.55 ID:Y+uYDqUl0

莉嘉「にしてもP君から両君紹介された時は驚いたよ~」

みりあ「またプロデューサー掴まったのかと思っちゃったよ」

両津「おいおい…」

きらり「でもPちゃんや未央ちゃん達を助けてくれたんだよね」

両津「まぁ、そうなるかな…」

莉嘉「こうやってアタシ達とも仲良くなれたしね☆」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:29:39.64 ID:Y+uYDqUl0

みりあ「でもこの間蘭子ちゃんのファンの人連れてきて驚かせちゃったんだって?」

両津「ああ、アレか…」

~回想 ある満月の夜~

蘭子「良い月だ…所で我が魔力に憑りつかれた者というのは?」(綺麗な月だな~所で私のファンの方というのは…」
knzkrnk19.jpg

両津「待ってろ、すぐ来るから」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:31:42.34 ID:Y+uYDqUl0

ブオオオオ…

蘭子「む、あれは…」

両津「お、来たな」

蘭子「鋼の怪鳥?」(飛行機?)

両津「ああ、夜間戦闘機「月光」だ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:33:19.84 ID:Y+uYDqUl0

ブオオ…

蘭子「降りてきた…」

スタッ

男A「・・・・・」

男B「・・・・・」

両津「あいつらがお前のファンだ」

蘭子(良かった、割と普通の人っぽい…)


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:42:58.11 ID:Hbmi2Psv0

よりにもよってなんであいつらw


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 23:45:27.10 ID:LV0BMazno

アカン


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 00:23:18.02 ID:MlWxTZBj0

男A「あなたがローゼンブルクエンゲル…神崎蘭子さん…お会いできて光栄です」

蘭子「う、うむ…」スッ

男A「おっと、握手は私が変身した後でよろしいですかな?」

蘭子「ほう、そなたも変身を…」

両津(あーあ、始まった…)


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 00:28:19.25 ID:MlWxTZBj0

男A「では…」スッ

蘭子「ステッキまで…本格的だな…」

男B「・・・・・」ポチッ

♪~(ここから例のBGMが流れます)

男A「ムーンライト・パワー!」

蘭子「おお…」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 00:32:10.25 ID:MlWxTZBj0

男B「よいしょっと」カラカラ

蘭子「ついたて?」

男A「メイクアップ!」ヌギヌギ

蘭子「まさか…着替えている!?」

両津(そこに驚くのかよ…)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 00:41:21.48 ID:MlWxTZBj0

男B「説明しよう!月光刑事はコスチューム身に着ける事で7つの特殊能力を手に入れる事ができるのだ!では私も」スッ

ヌギヌギ…バサッ

蘭子「あわわ…」

月光刑事「華麗な変身伊達じゃない!月のエナジー背中に浴びて!」

美茄子刑事「正義のステッキ闇を裂く!」

月光「空の事件なら任せてもらおう!」

月光「月よりの使者!月光刑事!只今参上!」

美茄子「同じくアシスタントの美茄子刑事もよろしく!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 00:46:05.45 ID:MlWxTZBj0

両津「いちいち長いんだよお前ら!」

月光「お待たせした、さぁ握手を…」

蘭子「」チーン

月光「気絶している…」

両津「やはり子供には刺激が強すぎたか…」

~回想終了~


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 00:48:32.93 ID:MlWxTZBj0

両津「まさかあそこまで驚くとはな!」

みりあ「も~両さんってば~」

両津「驚くといえばわしはアイツに驚かされたな」

莉嘉「アイツ?」

両津「ほらあのいつもやる気なさそうなチビスケだよ」

きらり「杏ちゃんの事?」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 07:25:42.24 ID:MlWxTZBj0

両津「あのマッスルキャッスルってTV見たぞ、アイツの計算能力凄いじゃねーか」

莉嘉「確かにね~」

きらり「杏ちゃんはふだんはああだけどホントはスゴイんだにぃ☆」

両津「あいつ電極+より頭いいんじゃねーか?」

みりあ「ぷらす?」

両津「ああ、わしの知り合いのスーパー小学生でな、自分の会社を3つも経営してるんだ」

みりあ「凄いね~」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 09:18:23.69 ID:MlWxTZBj0

両津「しかしこれもあのプロデューサーの成長の証かな」

きらり「え?」

両津「今でのアイツだったら単に仲がいいって事だけ見てお前と組ませてただろうからな」

きらり「・・・・・」

両津「それをあえて大人しいあの2人と組ませることでアイツがやる気を出さざるを得ない状況を作ったわけだ、大したモンだよ」

きらり「…うん、そうだね」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 10:08:33.40 ID:MlWxTZBj0

両津「で、次はいよいよお前らって訳だ」

莉嘉「うん!満を持して…って奴かな☆」

両津「お前クーデター起こしたそうじゃねーか」

莉嘉「あ、あれはみくちゃんに乗せられただけだもん!」

両津「あの猫娘か…まぁ気持ちはわからんでもないが」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 13:09:48.87 ID:MlWxTZBj0

両津「冷静に考えてみろ、14人1度にデビューさせたらプロデューサーの負担が増えるだけだろ、こういうのは小出しにやるもんだ」

莉嘉「うん…でもアタシらより後に来た卯月ちゃん達が先だったから焦っちゃって…」

両津「それはまぁ状況が状況だったからなぁ・・・」

莉嘉「それにあの時のP君何考えてるかわかんなかったんだもん…」

両津「おいおい、アイツはアイツなりに必死だったんだからそう言ってやるなよ」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 14:30:42.77 ID:MlWxTZBj0

莉嘉「うん、お陰で今はあの顔がむしろ可愛く見えてきたもん!」

みりあ「だよね~」

きらり「にょわ~☆」

両津「そうか…まぁお前らも頑張れよ」

ガチャ

武内P「凸レーションの皆さん、お待たせしました」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:07:11.78 ID:MlWxTZBj0

両津「よう、邪魔してるぜ」

武内P「両さん!いらしてたんですね!」パアア

両津「おう」

武内P「ま、待っててください、すぐにお茶を…」

両津「ハハハ、そんなに気ぃ使わなくてもいいって」

莉嘉「あはは、P君慌ててるぅ」

みりあ「きっとプロデューサーにぞっこんなんだね!」

ちひろ「みりあちゃん、そういう事は悪気がなくても行っちゃダメですよ?」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:09:33.95 ID:MlWxTZBj0

訂正

両津「よう、邪魔してるぜ」

武内P「両さん!いらしてたんですね!」パアア

両津「おう」

武内P「ま、待っててください、すぐにお茶を…」

両津「ハハハ、そんなに気ぃ使わなくてもいいって」

莉嘉「あはは、P君慌ててるぅ」

みりあ「きっと両さんにぞっこんなんだね!」

ちひろ「みりあちゃん、そういう事は悪気がなくても行っちゃダメですよ?」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 16:20:06.04 ID:MlWxTZBj0

今西部長「やあ両さん、今日もきてくれたんだね」

両津「よお今ちゃん、邪魔してるぜ」

みりあ「部長さんの事は今ちゃんって呼ぶんだね」

両津「わしにとって部長という名は恐れ多いからな…」

きらり「?」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 17:38:15.35 ID:MlWxTZBj0

莉嘉「へー両君にも苦手な人っているんだ」

両津「まぁな、そいつはわしにとって生涯唯一の天敵といっていいだろう」

きらり「あの両ちゃんがそこまで言うなんて…その部長さんってとても強いのかにぃ?」

両津「強い弱いじゃない、わしが苦手としている、そのアドバンテージだけでわしを抑え込む男だ」

みりあ「そうなんだ…」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 19:12:58.77 ID:MlWxTZBj0

両津「そんなことより、これから仕事の打ち合わせじゃないのか?」

武内P「え、ええ…」

両津「じゃあわしはそろそろおいとまするかな」

武内P「もう行っちゃうんですか?」

両津「ああ、お前らの仕事の邪魔をするわけにはいかんからな、じゃあまたな」

みりあ「じゃあね~」

莉嘉「また来てね!」

きらり「ばいばーい☆」

バタン


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 21:10:42.40 ID:MlWxTZBj0

武内P「折角お茶をお入れしたのに…」

莉嘉「そんなに残念がらなくても…」

ちひろ「まぁ彼は部外者ですからね…プロデューサーさんや本田だんがお世話になったという事で多めに見てますが」

今西「まぁいいじゃないか、また来てくれるよ」







両津「さて、帰る前に早苗んとこにでも顔出ししてくるかな」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 21:27:52.96 ID:MlWxTZBj0

~346カフェ~

両津「お、いたいた、おーい!」

早苗「あ、両さん、来てたんだ」
ktgrsne14.jpg

裕子「お、お巡りさん?」
hryk14.jpg

雫「早苗さんの知り合いですか~?」
oikwszk17.jpg


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 22:09:36.24 ID:MlWxTZBj0

両津「こいつらもアイドルなのか?」

早苗「そうだよ~」

雫「初めまして、及川雫です~」どたぷーん

両津(コイツ…ガキのくせにジョディー並に胸があるだと…)

裕子「私は堀裕子!またの名をエスパーユッコです!むむむ~ん…」

両津「ハハハ…超能力者は4年に1度で十分だよ…」

早苗(ああ、日暮さんね…)


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 22:52:49.75 ID:MlWxTZBj0


亜季「おや、両津殿ではないですか!」
ymtak16.jpg

両津「ん?お前は…」

亜季「この間サバゲーでお世話になった大和亜季であります!」ビシッ

両津「ああ、そういえば…」

亜季「我々346チームを倒すとは凄いですね!」

両津「まぁお前以外素人っぽかったしな…」

亜季「ところで、西郷殿は私と対峙するなり鼻血を噴出して倒れてしまいましたが、大丈夫なんですか?」

両津「あいつの習性なんだ、気にしないでやってくれ」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 23:30:11.39 ID:MlWxTZBj0


友紀「あ、両さん!」
hmkwyk23.jpg

両津「今度は何だ?」

友紀「この間の草野球の試合、次は勝つからね!」

両津「あああの時か…あの女だけのチームの…」

両津(うちの婦警どものチームに比べりゃどこも楽勝だっつの)


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:48:45.98 ID:11wPpF4D0


幸子「その人…友紀さんのお友達ですか?」
ksmzsck18.jpg

友紀「うん、凄いんだこの人!」

両津「ん?お前…」

幸子「な、何ですか?」

両津「部長のお仕置きシリーズ受けてみないか?」

幸子「は?」

早苗「それはやめときなさい」

紗枝(面白い人…早矢はんの言ってた通りどすなぁ~)


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 07:42:19.66 ID:11wPpF4D0


菜々「流石両さん、誰とでもすぐ仲良くなりますね~ん?」
abnn25.jpg

美嘉「・・・・・」
jgskmk22.jpg

両津「ん?お前は…莉嘉の姉ちゃんか」

美嘉「あ、うん、そうだけど…」

両津「どうした?」


58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 09:12:45.60 ID:11wPpF4D0

美嘉「この前のNGとプロデューサーの事…ありがとね」

両津「どうしたよ急に」

美嘉「・・・・・」

両津「まさか、あれが自分のせいだなんて思ってないよな?」


59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 10:18:53.71 ID:11wPpF4D0

美嘉「!」

両津「気にすんな、あんな事になるなんて誰も予想出来ん、全てが悪い方向に働いちまった、それだけの事だ」

美嘉「両さん、ありがとう…」

両津「ほら、折角可愛い妹がデビューするんだ、笑って見守ってやれよ」

美嘉「うん!」


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 13:07:50.42 ID:11wPpF4D0

両津「さて、そろそろ…」

ピピピ…

両津「おっと電話が…おうわしだ」

大原「両津ううううう!!!どこで油売っとるんだぁあああああ!!!」

両津「ぶ、ぶちょおおおおお!!!今すぐ帰りまあああああす!!!」

タタタ…

美嘉「行っちゃった…」

早苗「相変わらずだなぁ…」


61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 15:08:43.91 ID:11wPpF4D0

~数日後~

両津「ったく部長め…別の派出所への書類くらい自分で届けろっつーの…」

両津「お、あそこか」

ガララ…

両津「うおっす、亀有公園前派出所の両津巡査長だが、大原巡査部長からの書類を…」

武内P「あ…」

両津「お?」


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:09:35.32 ID:11wPpF4D0

武内P「両さん…」

両津「おい、また捕まったのかよ」

武内P「すみません…」

警官「怪しげな目つきで女の子にカメラを向けてたから連行したんですよ」

両津「その女の子って背高いの1人と、ちっこいのが2人だったか?」

警官「よくわかりましたね、その通りです」

両津「そういう事か…」


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 21:13:02.06 ID:11wPpF4D0

両津「そいつはわしの知り合いだ、悪いやつじゃねーよ、アイドルのプロデューサー」

警官「え、しかしこの容姿は…」

両津「馬鹿野郎!」バキッ!

警官「グハッ!」ドサッ

両津「外見だけで判断しやがって…お前それでも警官か!」

武内P「両さん…」


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 21:41:37.60 ID:11wPpF4D0

警官「す、すみません…」

両津「お前はコイツの仕事の妨害をしたんだぞ、わかってんのか!」

武内P「も、もういいですから…それより電話を…」

両津「何だ、電話もきてたのか…出たのか?」

武内P「取らせてもらえませんでした…」

両津「何?」ギロ

警官「で、データを消すかと思って…」

両津「どこまで疑ってんだお前…」


67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 22:40:06.77 ID:11wPpF4D0

両津「もういい、こいつはわしが送り届ける、この書類でも読んでろ!」ポイ

警官「は、はい!」

両津「じゃあ行くぞ」

武内P「はぁ…」

警官(あれが両津巡査長…噂通りの人だなぁ…)


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 22:48:26.19 ID:11wPpF4D0

~交番の外~

武内P「やっと解放されました…じゃあ電話を…」

両津「待て、おそらく向こうも心配して電話をかけているだろう、やるだけ無駄だ」

武内P「じゃあどうするんですか?」

両津「安心しろ、いいものがある」ゴソゴソ

武内P「これは?」

両津「わしが開発した特製ドローンだ」


69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 22:54:05.59 ID:11wPpF4D0

両津「コイツに3人の写真を読み込ませてと…」ピピッ

両津「よし、行ってこい!」

ドローン「リョウカイ、サクセンヲカイシシマス」

バビュン!

両津「あとはここで待ってればいい」

武内P「大丈夫でしょうか…」


70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 23:01:15.64 ID:11wPpF4D0

~そのころ~

莉嘉「もう歩けないよ~」

みりあ「プロデューサー…」

きらり「・・・・・」

ブウウウウウウウン!

莉嘉「ん?なんの音?」

みりあ「あ、何か飛んでくる!」

きらり「え?」


71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 23:31:47.83 ID:11wPpF4D0

ドローン「モクヒョウハッケン、ツウシンモードニハイリマス」

両津「よう!お前ら無事か!」

莉嘉「あ!両君!」

武内P「皆さん、すみません…」

みりあ「プロデューサーも一緒だ!」

きらり「Pちゃん、両ちゃん…」


73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 00:31:06.93 ID:W+ITDM6S0

両津「どうやら3人一緒みてーだな、今からプロデューサーに会わせてやるから」

莉嘉「ホント?」

両津「ああ、そいつについてきな」

みりあ「はーい!」

ドローン「ソレデハアンナイモードニハイリマス」

ブオオオオオ…

莉嘉「やっと会える…行こうきらりちゃん!」

きらり「う、うん…」


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 00:43:48.50 ID:W+ITDM6S0

~数分後~

両津「お、来たな」

みりあ「両さーん!」

莉嘉「Pくーん!」

きらり「やっと会えたにぃ…」

武内P「皆さん…無事でよかったです」


82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 06:19:09.11 ID:W+ITDM6S0

両津「よかったな会えて、じゃあお互い仕事に戻るとしようや」

武内P「本当に色々ありがとうございました」

両津「おう、じゃあな」

莉嘉「じゃーねー」

みりあ「ばいばーい」

きらり「さ、さよならだにぃ…」

両津「?」


89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 19:21:38.19 ID:W+ITDM6S0

~数時間後~

両津「ふぅ…今日の仕事も終わったな」

両津「あいつらどうしてるかな…ちょっと見に行ってみるか」

チリンチリン…

両津「お、いたいた、おーい!」

武内P「あ、両さん…」


90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 21:18:29.71 ID:W+ITDM6S0

両津「仕事は上手くいったみたいだな」

みりあ「うん!」

莉嘉「両君のおかげだよ☆」

両津「そりゃよかった、ってお前もいたのか」

美嘉「妹が世話になったみたいだね、ありがと」


91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 21:25:49.73 ID:W+ITDM6S0

両津「そういえばきらりはどうした?」

莉嘉「そういえばジュース買ってくるって言ってたけど…」

みりあ「遅いね~」

両津「ふむ…よし、わしが見に行ってきてやる」

武内P「すみません、何から何まで…」

両津「なーに、いいって事よ」


92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 21:44:23.60 ID:W+ITDM6S0

~ちょっと離れた場所~

きらり「・・・・・」ハァ

両津「よお」

きらり「あ、両ちゃん…」

両津「どうした?そんなに元気なさそうにしてるなんてお前らしくないじゃねーか」

きらり「そう見える?」

両津「ああ、見えるな」


93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 21:50:01.71 ID:W+ITDM6S0

きらり「きらりね、ちょっと自信なくしちゃって…」

両津「ほう、どうして?」

きらり「今日迷子になった時だってきらりがしっかりしなきゃいけなかったのに…」

きらり「逆に2人に励まされちゃって…」

両津「そうか…」


94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 21:55:00.45 ID:W+ITDM6S0

きらり「そもそも、きらりみたいにおっきな子がアイドルなんて…」

両津「それは気にする事ないんじゃねーか?」

きらり「え?」

両津「わしはお前とは逆で成人男性としては身長低いほうだからな」

両津「しかもわしの周りの女はお前に負けないくらいデカイ奴ばかりでな…」

きらり「そうなんだ…」


95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 21:59:51.52 ID:W+ITDM6S0

両津「でもわしもそいつらもそんな事気にせずに生きている」

両津「だからお前も気にすることはないぞ?」

きらり「両ちゃん…」

両津「それに、辛かったら周りに甘えてもいいと思うぞ?」

きらり「そうなの?」

両津「おう、幼稚園児に漢字を教わっているわしが言うんだ、間違いない」

きらり「・・・・・」


96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 22:02:43.56 ID:W+ITDM6S0

きらり「よくわかんないけど励ましてくれてありがとにぃ☆」

両津「じゃあ皆の所に戻るか」

きらり「うん!」

~皆のいる場所~

両津「よお、待たせたな」

きらり「ゴメンにぃ」

武内P「いえ…」

りかみりあ「お帰り~」


97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 22:24:28.63 ID:W+ITDM6S0

両津「よし、今日はわしが寿司を奢ってやる!」

みりあ「いいの!?」

莉嘉「やったー☆」

きらり「ありがとにぃ☆」

武内P「よ、よろしいのですか?」

両津「構わんよ、ついでにお前もどうだ?」

美嘉「え?アタシも?」


98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 22:27:06.15 ID:W+ITDM6S0

~超神田寿司前~

みりあ「おお~」

莉嘉「すごーい!」

武内P「ほ、本当にこの店で…」

美嘉「メッチャ高そうじゃん!」

両津「安心しろ、ここはわしの親戚がやってる店だ」

きらり「そうなのかにぃ?」


99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 22:31:30.05 ID:W+ITDM6S0

ガララ

両津「うおっす」

纏「お?」

夏春都「なんの用だい勘吉?金なら貸さないよ」

両津「ちげーよ、客連れて来たんだよ」

アイドル一同「こ、こんにちは…」


100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 22:47:32.97 ID:W+ITDM6S0

夏春都「何だいこの子たちは?」

両津「わしの友人がプロデュースしてるアイドル達だ」

武内P「友人…」パアア

纏「何か喜んでるし…でもあっちの子は見たことあるな、カリスマKC…だっけ?」

美嘉「どもです★」

檸檬「勘吉!来てたのか!」

美嘉「!」フヒッ


101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 22:54:32.98 ID:W+ITDM6S0

みりあ「わぁ!かわいい!」

莉嘉「この店の子かな?」

纏「あたしの妹だよ」

檸檬「擬宝珠檸檬じゃ、よろしく」

きらり「よろしくにぃ☆」

莉嘉「アタシは城ヶ崎莉嘉!こっちはお姉ちゃんの…」

美嘉「・・・・・」ガタガタ

莉嘉「お姉ちゃん?」


102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 22:57:11.24 ID:W+ITDM6S0

両津「おいどうした?鼻なんぞ押さえて」

美嘉「だ、大丈夫…ちょっと理性が飛びそうだったから…」ダラダラ

両津「おい、血も出てるぞ」

莉嘉「お姉ちゃん…」

檸檬「変わった奴じゃのう」

纏「ホントにカリスマなのか?」

両津「多分…な」


103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 22:59:47.86 ID:W+ITDM6S0

両津「つーわけだから寿司でも出してくれ」

夏春都「突然来て何言ってんだい、それなら自分で握りな」

両津「ちぇっ、わかったよ」

武内P「両さん、寿司も握れるんですか…」

両津「おう、期待して待ってろよ」


104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 23:06:14.23 ID:W+ITDM6S0

~数分後~

両津「ヘイお待ち!」

みりあ「おお~」

莉嘉「すごーい!」

きらり「キラキラしてるにぃ☆」

武内P「流石両さんです」

美嘉「それじゃ早速…」

全員「いただきまーす!」


105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 23:11:29.95 ID:W+ITDM6S0

莉嘉「このトロおいしー☆」

みりあ「おいなりさんも美味しいよ」

きらり「海苔巻きも可愛いにぃ☆」

両津「そうか、お気に召したみたいだな」

武内P「両さんは本当に凄いですね…」

纏「ま、コイツ勉強以外は大抵の事はできるからな」

両津「うるせぇ、勉学より大切なことがこの世にはたくさんあるんだよ」


106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 23:13:49.89 ID:W+ITDM6S0

美嘉「レモンちゃ~ん、お姉さんの膝の上で食べない?ふひひ★」

檸檬「な、何かコイツ怖いぞ勘吉…」

莉嘉「も~お姉ちゃんってば…」

両津「おいおい、その辺にしとけよ」

武内P「両さん」

両津「ん?」


107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 23:18:29.55 ID:W+ITDM6S0

武内P「今回も色々ありがとうございました」

両津「なーに、気にすんなって」

武内P「私も両さんのようにコミュニケーション上手になれれば…」

両津「わしなんかの真似はしちゃいかん、お前は生真面目なのが取り柄なんだからよ、自分のやりかたを探す事だな」

武内P「はぁ…」

両津「ま、寿司でも食って英気を養ってくれ」

武内P「はい!」








夏春都「あ、材料費はあんたの給料から引いとくからね」

両津「」


108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 23:22:27.18 ID:W+ITDM6S0

~数日後~

莉嘉「あ!あそこが公園前派出所かな?」

きらり「両ちゃんにお礼のお菓子わたすにぃ☆」

みりあ「お邪魔しまー…」




大原「両津ううううう!!!この間警官を殴った挙句に街中でドローンを飛ばしたそうだなああああああ!!!」

両津「だからこれにはわけがあああああ!!!」

凸3人「・・・・・」

凸3人(ど、どうしよう…)

~おわり~



転載元:両津「また捕まったのかよ」 武内P「すみません…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473430520/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。