スポンサーリンク

トップページPa > モバP「菜帆ォ!結婚しろオォ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:06:25.80 ID:17p8whVFO


菜帆「なに言ってるんですかプロデューサーさん、とっくにしてるじゃないですか?」
ebhrnh.jpeg


P「おっと、そうだった。告白したのがつい一昨日の事だったからうっかり」

菜帆「えへへ?」

P「あはは?」

ちひろ「ちょ待てよ」




関連スレ
モバP「乃々ォ!結婚しろオォ!!!」バァン!
モバP「菜々ァ!結婚しろオォ!!!」バァン!
モバP「芳乃ォ!結婚しろオォ!!!」バァン!
モバP「早苗ェ!結婚しろオォ!!」ガチャッ
モバP「ちひろォ!結婚しろオォ!!!」シーン
モバP「友紀ィ!結婚しろオォ!!!」カキーン
モバP「みくゥ!結婚しろオォ!!!」
モバP『幸子ォ!結婚し』ブツッ
モバP「留美ィ!結婚しろオォ!!」ギュッ
モバP「クラリスゥ!結婚しろオォ!!」ダキッ
モバP「麗奈ァ!結婚しろオォ!!」ガシッ
モバP『幸子ォ!結婚しろオォ!!』
モバP「薫ゥ!結婚しろオォ!!」


スポンサーリンク

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:11:09.71 ID:PPXXtTboo

P「なんですか?」

ちひろ「すいません今聞き捨てならない言葉がちらほらと……え?結婚したんですか?」

P「えぇまぁはい昨日籍を入れてきましたけど」

菜帆「これ結婚指輪なんです~」





ちひろ「おい!!!!!!!」バァンッ




P「ひっ」ビクッ

菜帆「!?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:13:27.59 ID:8uirstvJ0

事務所になにも言わずアイドルと結婚とか
そりゃキレルわ、ちひろさんwww


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:15:52.61 ID:PPXXtTboo


ちひろ「あぁもう……あぁもう!!こう、…あぁもう!!!!」

P「どうしたんですか…スタドリ飲みます?」

ちひろ「いりません!それより結婚!?何がどうしてそうなったんですか!!」

菜帆「えへへ~」

P「紆余曲折ありましてこの度結婚の運びとなりました」

ちひろ「紆余曲折を事細かに教えてくだ………あ、ドッキリですね?」

P「何言ってるんです。大丈夫ですか?疲れてません?」

ちひろ「この野郎!!」ゴキッ

P「首がッ!」

菜帆「まぁまぁちひろさん、アイドルとアシスタントとプロデューサーの仲じゃないですか~」

ちひろ「お黙り!二人ともそこに正座してください!」

P「え……普通に嫌ですけど」

ちひろ「ゴルァ!」ゴキメキッ

P「アッ─────────!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:23:33.66 ID:PPXXtTboo





ちひろ「で?」

P「でって……だから、結婚したんです。年齢も法に触れてないでしょう?」

ちひろ「確かに外見に比べて17歳という驚異の若さに嫉妬してますけど……未成年ですよ?なによりアイドルとプロデューサーですよ!?」

P「愛の前にそんな壁はこんにゃくも同然ですよHAHAHA」

菜帆「こんにゃくといえば、今夜はおでんにしましょうね~」

P「やったぜ!」

ちひろ「私の話を聞けーーーー!」

P(うるさいな…」

ちひろ「…」ニッコリ

P「…口に出てました?」

ちひろ「……」ニッコリ

P「ごめんなさい」

ちひろ「………」ニッコリ

P「やはりダメか…ふふ、俺もまだまだひよっこって事かな……



アッ─────────────────!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:29:09.22 ID:PPXXtTboo

P「一昨日、意を決して告白したらOK貰ったのでそのままベットインして昨日籍を入れてきました」@

ちひろ「なるほど納得はできませんが大体は……は?」

P「え?」

ちひろ「………は?」チラッ

菜帆「…」ポッ

ちひろ「……………未成年ですよ?」

P「だから愛の前にそんなものは…」

ちひろ「[ピーーー]」

P「怖ッ」






P「なんだ…なんなんだ……」ボロッ

ちひろ「分からないなら脳みそ湧いてますよ…………はぁぁぁ、どうしよう」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:29:45.49 ID:PPXXtTboo

P「一昨日、意を決して告白したらOK貰ったのでそのままベットインして昨日籍を入れてきました」@

ちひろ「なるほど納得はできませんが大体は……は?」

P「え?」

ちひろ「………は?」チラッ

菜帆「…」ポッ

ちひろ「……………未成年ですよ?」

P「だから愛の前にそんなものは…」

ちひろ「殺す」

P「怖ッ」






P「なんだ…なんなんだ……」ボロッ

ちひろ「分からないなら脳みそ湧いてますよ…………はぁぁぁ、どうしよう」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 23:21:57.02 ID:cj1vWjXwO

P「何を心配しているんです。確かに年下との、しかも未成年との結婚なんて障害が多いでしょうが乗り切ってこその夫婦…」

ちひろ「んなこたぁ気にしてませんよ!菜帆ちゃんのアイドル活動の事にきまってるでしょう!」

P「???」

菜帆「?」

ちひろ「は!?」

P「それがどうしたんですか?」

ちひろ「どうしたもこうしたも…は?」

P「普通に続けさせますけど。本人も望んでいるので」

菜帆「はい~」

ちひろ「……………すみません、ちょっと休憩室で休みますね」

P「?…お大事に」

菜帆「お大事に~」

ちひろ「あぁもう……」

ガチャッ

バタン


ちひろ「………はぁ」ハァ


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/14(火) 00:46:39.13 ID:W7gNotS1O



P「ちひろさんが休憩なんて珍しいな」

菜帆「そうですね~」

P「……なぁ、菜帆」

菜帆「はい?」

P「その…今、いいか?」

菜帆「…ここは事務所ですよ~?」

P「いや……あんな感触、もう我慢できないって…!」

菜帆「もう…仕方ないですね~」

P「な……菜帆オォォ!!」ガバァッ

菜帆「やんっ」





ちひろ「…………あー、ようやく頭が冷えてきました。籍を入れたって事はもう取り返しがつかない、つまりこの辺は詰み。さらにアイドル活動は続行…ふぅ、どうしろってんですか」

ちひろ(いや…むしろ人妻アイドルってうけるのかもしれないですね。某絶望教師系アニメでも人妻JKっていましたし……)


ちひろ「いやいやいやいや。ないないないない。やはりファンが黙ってませんね」ハァ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/14(火) 00:51:09.16 ID:W7gNotS1O


P『…はぁ、これ、これだよ……!』

菜帆『プロデューサーさんったら~……んっ』

P『たまんねぇ……あぁ^~………イイ…!』


ちひろ「は?」


P『これも魅力の一つだよな……クク、いい身体しやがって…周囲の男が邪な目で見たらどうするんだ!このっ』

菜帆『そこはだめぇ~』



ちひろ「ちょっ…ドアの外でナニが……!?」




────そのままベットインして籍を────




ちひろ「ま……ままままさか…」カァァ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/14(火) 00:58:27.58 ID:W7gNotS1O

P『ククク…俺の、俺だけのもんだ……菜帆は俺の…』

菜帆『今日はガンガンいきますね~。そんなにシたかったんですか?』

P『あぁ。いつだってシていたいね!』

菜帆『あはは~正直です~』



ちひろ「な…な……っ!」ワナワナ


P『こいつめ!こいつめ!』

菜帆『やぁ~』




ちひろ「そっ、そそそ、そこまでですよ!こ、このこのこの性欲魔人ッ!!」ガチャッ


P「ん?」

菜帆「あら~?」

ちひろ「こっ…ここは事務所ですよ!一体ナニして……何してるんですか!!」カァァ

P「……いや、何って…」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/14(火) 01:05:16.97 ID:W7gNotS1O




P「菜帆のほっぺたプニプニしてただけですけど」プニッ

菜帆「あ~~」

ちひろ「……………………は?」



P「つか、なんです。性欲魔人って…」

ちひろ「い、いえ、その…」

P「……あ、わかった。ちひろさんやらしいなぁ」

ちひろ「~~~っ!!!」

P「まさか俺と菜帆が行為に及んでるとでも?ここは事務所ですよー?確かに菜帆とベットインはしましたけどー、流石に事務所は……ちひろさん、レベル高いなぁぁぁ~~~!」

菜帆「もう。プロデューサーさん?そういうのは外で言っちゃ、め!ですよ~」ツン

P「あはは、いやぁ。ちひろさんがこんなんだから、つい…ふふっ」

ちひろ「………………ぅ」

P「鵜?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/14(火) 01:09:40.76 ID:W7gNotS1O




ちひろ「コロスゥ…」ザワッ

P「えちょ何すかその黒い」




ちひろ「事務所において勘違いされるような事は今後一切禁止です!わかりましたか!」

菜帆「はい~」

P「」ガクブル



ちひろ「まったくもう…まったくもう……」カァァ

P(キャラ変わってね)

菜帆(案外こっちが素なんでしょうか~)

P(やだ可愛い)

菜帆(あら~不倫ですか?)ザワッ

P(黒ッ!ち、違います!誓って俺は菜帆一筋です!!)


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/14(火) 01:21:31.52 ID:W7gNotS1O


P「というわけで今日のところは帰宅します」

ちひろ「定時ですし。どうぞ」

P「はーい。行くぞ菜帆~」

菜帆「はい、あなた~」

P「おぉ…菜帆に言われると何か、しっくりくる」

菜帆「そうですか~?」

P「もっと言ってみ。ほらほら」

菜帆「そう言われると……うふふ。あなた、恥ずかしいですよ~」

P「俺、本当に嫁ができたんだな!今実感した!!あ、やべ。俺実家に連絡してねーや」

菜帆「お母ちゃん達と会った時にてっきり済ませてきたのかと~」

P「いや、せっかくだし菜帆も連れて行きたくてさ」

菜帆「そうなんですか?じゃあ、早々に行かないとですね~」

P「今度の週末行こうか。俺の実家」

菜帆「ぜひお義母様とお義父様にご挨拶したいです~」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 13:37:06.28 ID:7diadBlSo

ちひろ「……あの」

P「はい?」

ちひろ「できればプライベートな会話はご自宅でお願いします。いや本当に」

P「別にいいじゃないですか減るもんじゃなし」

ちひろ「こんな事が流出したら事務所の信用が減るでしょう!!」

P「……ふむ」

ちひろ「プロデューサーとアイドルの熱愛発覚!なんて記事が出た日には倒産ですよ!」

P「いや待ってほしいちひろさん。逆に…人妻アイドルなんて……アリなんじゃなかろうか」

ちひろ「ないです!」

P「ぶーぶー」

ちひろ「黙りなさい!」

菜帆「まあまあ。お茶でもどうぞ~」

ちひろ「…ありがとうございます」

P「むむ…確かにアイドルとプロデューサーが関係を結ぶのはまずかったか……恋愛的にも肉体的にも」

菜帆「きゃ~」

ちひろ「そうそ……死ね!!」バキィッ


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 13:41:59.58 ID:7diadBlSo

P「い た ぃ ゎ ょ ぅ!もぅ!!」

ちひろ「」ゾワッ

P「でも、もう籍入れちまったからなぁ」

菜帆「ですね~」

P「仕方ないよね~」ツンッ

菜帆「ね~」ツンッ

ちひろ「アー!もう帰りなさい!むしろ帰ってください!!」

P「やったぜ!菜帆、帰ろう!」

菜帆「は~い」


ガチャッ


バタンッ



ちひろ「……爆ぜろ」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 13:49:27.65 ID:7diadBlSo




P「うーーん」

菜帆「どうしたんですかぁ?」

P「いや……もっと給料があればいいとこに引っ越すんだけどなーって思ってな」

菜帆「ここの団地も私は好きですよ!」

P「そうか?」

菜帆「ご近所さんも優しいですから~」

P「……そうか」

菜帆「さ、ご飯にしましょうね~」




P「うん。菜帆の作った料理はなんでも美味いな!」

菜帆「ありがとうございます。仲良くなる秘訣は、やっぱり美味しいモノですよね~」

P「俺のモノも美味しかっただろう?」ニヤリ

菜帆「えっちですね~!」ペシッ

P「俺はモノとしか言ってなかったんだけどなー」ニヤニヤ

菜帆「もう!」ペシッ


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 13:56:29.80 ID:7diadBlSo

P「……なぁ。今日」

菜帆「うふふ。だめです」ニッコリ

P「しょんなぁぁ~~」

菜帆「はいはい、食べ終わったら食器片付けてくださいね~」

P「あーい」モグモグ

菜帆「洗いますから水に浸けておいてください~」

P「いいよ、洗うくらい俺がやるよ」

菜帆「え…でも」

P「いいからいいから。座ってなさい」

菜帆「…ありがとうございます~」

P「………………んぐっ!?」ピクッ

菜帆「……?」

P「!!?!?!!!!!」バタンバタン

菜帆「あらあら、詰まらせちゃいましたか?はい、お水ですよ~」

P「……!っはあ!死ぬかと思った!!」

菜帆「ご飯は逃げませんから落ち着いて食べてください」

P「あーい」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 14:11:20.32 ID:7diadBlSo

P「あ、やっぱ明後日行こう」

菜帆「?」

P「俺の実家」

菜帆「え?え?」

P「やっぱ日曜じゃなくていいや。明後日だ明後日」

菜帆「き、急にですね~」

P「早い方がいいかなって」

菜帆「早すぎですよ~」

P「だから…な?」ジリジリ

菜帆「だからなんですか…ダメです~……!」

P「ええやろ?ええやろ??」ジリジリ

菜帆「だめです~!」

P「ちぇー」

菜帆「もう…」

P「今何時だ?」

菜帆「えっと…14時です~」

P「あ、ヤバい。あと15分でタイムセールだわ」

菜帆「え?」

P「卵が1パック70円でお一人様2個まで!行くぞ菜帆!!」

菜帆「は、はい~!」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 14:20:46.35 ID:7diadBlSo





P「激戦区だった…」

菜帆「今晩はオムレツにしましょうね~」


「あらぁ!37564号室のPさんじゃない!その袋は……やるわねぇ!」


P「あ、隣の緒場さん」

菜帆「こんにちは~」

P「おっと。妻の菜帆です」

「あらぁ!結婚されてたのぉ!?」

P「昨日籍を入れたんですよ。ハハハ」

「あらぁ!それはおめでたいわねぇ!」

菜帆「よろしくお願いします~」

「あらぁ!よろしくお願いしますねぇ!飴ちゃん食べるぅ!?」

菜帆「ありがとうございます。いただきます~」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 14:27:04.09 ID:7diadBlSo

P「お子さんはお元気ですか」

「あらぁ!元気も元気よぅ!」

P「それはよかった。お子さんにどうぞ」

「あらぁ!お菓子ぃ!?ありがとうねぇ!」

P「いえいえ。妻のことも、宜しくお願いします」

「あらぁ!ンこちらこそよろしくねぇ!」

P「ではこれにておさらば」

「あらぁ!今度ンアタシのお店に来てねぇ!ンサァビスするわぁ!!」




菜帆「インパクトのある方でしたねぇ~」

P「あぁ。ああ見えて二児の父だよ」

菜帆「逞しいですね~」

P「本当にな」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 14:40:04.80 ID:7diadBlSo


P「晩飯までかなり時間があるなぁ」

菜帆「ですねぇ」

P「だからさ」

菜帆「ダメです」

P「……まだ何も言ってない」

菜帆「そういうのは…計画的に~」

P「分かりました、分かりましたよ」ハァ

菜帆「お外に行きましょうか~」

P「え?外でやるの?」

菜帆「うふふ。実家に帰っていいですか?」

P「嘘ですごめんなさいちょっと構って欲しかっただけなんです」

菜帆「お散歩しましょう。今日は天気もいいですから~」

P「公園にでも行くか」

菜帆「近くにあるんですか?」

P「小ちゃいのがあったと思う」

菜帆「じゃあ、そこに行きましょうかぁ」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 15:05:26.96 ID:7diadBlSo



「あらぁ!ンまた会ったわねぇ!」

P「おや。どうしたんですそんなオシャレして……あぁ、店でしたか」

「あらぁ!今から出勤よぉ!」

菜帆「綺麗なドレスですね~」

「あらぁ!ンなかなかイイ子ねぇ!手作りなのよぉ!」

菜帆「すごい…今度お裁縫教えてください~」

「あらぁ!ンもちろんよぉ!そのボンキュッボンでエッ○な身体に合わせてドレスも作ってあげるわよぉ!」

P「確かに胸はでかいしお腹はキュッとしている。そして何よりこのキュートでセクシーなお尻はアイドル界随一の93!!!」

菜帆「な、何を暴露してるんですか~!」

P「エ○い(確信)」



「あらぁ!アイドルなのぉ?」



P「しまったァァァァーーーーーー!!!!バレたぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーー!!!!!」

菜帆「……」ハァ


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:19:52.60 ID:7diadBlSo

「あらぁ!ン大丈夫よぉ!そういう事なら誰にも言わないでおくわぁ!」

P「おぉ!」

「あらぁ!条件無しとは言ってないわよぉ!」

P「なん…だと……!?あんまり難しい事は…」

「あらぁ!簡単よぉ!近々ンアタシのお店でお金を散財してくれるだけでいいわぁ!ンじゃあねぇ!」



P「ふぅ。よかったよかった…」

菜帆「複雑な気持ちなん」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:29:39.71 ID:7diadBlSo

P「まぁお待ちなさい」

菜帆「ですけど…はい?」

P「アイラブユー」

菜帆「……み、みーとぅー?」

P「うむ。和菓子買いに行こうぜ」

菜帆「は、はぁ…?」



P(あっぶねーサラッとスリーサイズ把握してる事がばれちゃうところだった…敢え無く離婚されちゃうところだった)

菜帆(どうして私のお尻のサイズが92から93になった事を知ってるんだろう…)


P「……」

菜帆「別に、知ってても起こりませんよ?プロデューサーって立場ですし」

P「」ビクッ

菜帆「あ~、もしかして、離婚されちゃうとか考えてましたね?」

P「……は、はい」ドキィッ

菜帆「うふふ。私はプロデューサーさんの事が大好きなのに、それしきの事で離婚なんて無いですよ~」

P「な……菜帆ォ!」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:32:49.30 ID:7diadBlSo




P「今朝目が覚めたらこんな物が台所にありました」


【実家に帰らせていただきます 菜帆】


ちひろ「ザマァ」

P「ひどい……」

ちひろ「で、どうしてそんな事になったんですか?相談くらいなら乗りますよ。離婚してくださるなら」

P「もっとひどい!」

ちひろ「いやぁ……その、ねぇ?アイドルとプロデューサーがっていうのは…………ねぇ?」

P「もう諦めてください。俺たちは結ばれたんです」

ちひろ「でも実家に帰られたんでしょう?」


P「ぐアッ─────────────!」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:35:35.41 ID:7diadBlSo



ガチャッ


菜帆「おはようございます~」

ちひろ「えっ」

P「菜帆ォ!なんだこれはぁぁ!!」ガタッ

菜帆「……」

ちひろ「」

菜帆「ちひろさん。今日の、私のお仕事はなんですか~?」

P「えっ」

ちひろ「え?…え?」

菜帆「?」

ちひろ「あ、えっと……特には…今日はオフ……よ?」

菜帆「そうでしたか。勘違いしちゃいました~、それでは失礼しまし」

P「ちょっと待てぇぇ!!」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:38:47.97 ID:7diadBlSo

ガシッ

菜帆「あら?」

P「何で俺を」



菜帆「どうして手が動かないのかしら~?」


P「無……無視…」ドキャァッ



ちひろ「あー。なるほど。完全に怒ってますねー」

菜帆「つーん」

P「俺が悪かった!俺が悪かったから許してくれぇぇ!!!!」

菜帆「つーん」

P「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーー!!」ズシャァッ


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:42:43.36 ID:7diadBlSo



ちひろ「実家に帰りますだなんて…いったい何があったんですか?」

菜帆「この人が…昨夜横暴をはたらいたんです~!」

P「なっ!あれは謝ったじゃないか!」

ちひろ「あーはいはい。DVですか。成る程女の敵ですね。こういう男はさっさと離婚ですよ!離婚!」

P「ちょっとぉぉぉ!俺はDVなんてしてないですってばよ!!」

菜帆「つーん」

ちひろ「もういいじゃないですか。DV男はみんなそう言うんですよ?」




P「違いますよ!ただ…間違えて菜帆の羊羹を食べちゃっただけです」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:46:57.39 ID:7diadBlSo

ちひろ「は?」

菜帆「楽しみにしてたのに~~!!」

P「だから悪かったって!寝ぼけてたんだよ…」

菜帆「許しません~!」

P「そんな……じゃあ…後で羊羹とお団子を沢山買って帰るから!」



菜帆「許します♪」


ちひろ「」

P「よっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーー!」





菜帆「さぁさぁ、行きましょ~!」

P「あ。でも俺今そんなにお金持って」

菜帆「……実家に帰」

P「こぉぉぉんなときこそクレジットカーーードゥッ!!」

菜帆「太っ腹~♪」

P「あはははははははは!!!」





ちひろ「………………帰ろ」


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:52:53.11 ID:6EX9euOq0

これはPの太っ腹に全力で腹パンしていいな、ちひろさんは


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:57:54.80 ID:7diadBlSo

菜帆「…プロデューサーさん。まだ、起きてますか?」

P「なんですか……そろそろ眠いんだけど」

菜帆「一緒のお布団で寝てもいいですか~……?」

P「よろこんで」キリッ




菜帆「……」

P「……」ドキドキ

菜帆「……私」

P「はぁぃっ!?」

菜帆「私、本当は我儘な女……なんです」

P「……うん?」

菜帆「そんな私と一緒に居て……楽しいですか?後悔…してませんか?」

P「…何で?」


55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 00:04:29.13 ID:P2EGJCQ3o

菜帆「……ふふ、いいえ。やっぱりなんでもないです~」

P「??」

菜帆「私は妻ですから。夫の考えてる事は分かりますもの」ウフフ

P「お、おう?」

菜帆「毎日大切に想ってくださって……本当にありがとうございます。私は本当に幸せです~」

P「お、おう」

菜帆「今度は私が……あなたを幸せにしてみせますね」

P「……はは、バカだな。俺はお前と一緒に居られるだけで幸せだよ」

菜帆「うふ。ありがとうございます」

P「……しかし……急にそんな可愛い事言いだなんてな。びっくりだよ」

菜帆「だって……今朝はご飯も作らずに飛び出して来ちゃって……すみません」

P「いや。帰ってきてくれたから…嬉しいよ。ありがとう」

菜帆「うふふ~♪」

P「もうさ……可愛いなぁ」

菜帆「もう…そんなに言わないでくださいよぉ~」

P「可愛いなぁ……菜帆は可愛いなぁぁ……!」ギュッ

菜帆「きゃっ…?」

P「あちこち柔らかいし…いい匂いだし…優しいし…俺の理想の嫁さんだよ」

菜帆「えへへ……ありがとうございます~」

P「そう自覚したらさ」

菜帆「……?何かお腹に当たって……、……え?まさか…」

P「抑えきれません!!!」ギンギン

菜帆「だ、だm」


56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 00:06:43.90 ID:P2EGJCQ3o





P「菜帆オオォォォオォ!!!」

菜帆「きゃぁぁぁーーっ?!……あんっ♪」



ギシギシアンアン


「あらぁ!ンお盛んねぇ!ンもぅ!」





ちひろ「いいですし……私の恋人はお金ですから………羨ましくなんてないんですからねっ……」グスッ

転載元:モバP「菜帆ォ!結婚しろオォ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436717185/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1
    • 2015年07月22日 03:18
    • 海老ちゃんはPaですぜ
    • 2 名無し春香さん
    • 2015年07月22日 16:03
    • あ~、流石にこれはちっひに同情しますわ
    • 3
    • 2015年07月22日 19:26
    • なぜCo・・?
    • 4 名無し
    • 2015年07月22日 22:34
    • 緒場さん(♂)の存在感強すぎィ!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。