スポンサーリンク


トップページモバマス > 美嘉「夜の公園で」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:04:08.56 ID:Ri/J1gkP0

モバマスSSです
劇場の奴をちょっと改変した感じになってます
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊を含むかも知れません
モバPはP表記です
短いです
それでも良ければご覧ください



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:05:24.68 ID:Ri/J1gkP0

~公園~

美嘉「いや~ごめんね~?急に付き合ってもらっちゃって」
jgskmk22

P「これぐらい全然いいって、てか俺でよかったのか?」

美嘉「本当は唯ちゃんとかその辺りと行く予定だったんだけどね~」

P「ああ…そういえば」

唯『やっばー!宿題全然終わってなーい!』

P「とか言ってたな…ははは」

美嘉「もー莉嘉みたいだよね~ほんと」

P「あー莉嘉も言ってそうだな、夏休みの宿題とか8月終わるぐらいにやり始めるタイプだろ」

美嘉「そうそう!今年もお姉ちゃん助けてーって絶対来るねっ★」

P「その調子じゃ俺んとこにも来そうだな」

美嘉「うん、間違いないね★」

P「まあ…そん時はそん時かな」

美嘉「あんまり言わないようにしとく?」

P「ああいや、別にいいよ。頼ってもらえるのは嬉しいしな」

美嘉「Pってほんと過保護だよね~」

P「そうか?」

美嘉「うんうん!何かあったらすぐ頼れ~とか言うしさ?あっ嫌じゃないよ?ただレッスン終わっても大丈夫か?とか飲み物買ってくるか?とかさ~」

P「それぐらい普通だと思うんだがな」

美嘉「それが普通ってなかなか無いんじゃない?」

P「そうか…まあ辞める気は無いけどな」

美嘉「うん★アタシもそれがいいと思う」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:05:58.25 ID:Ri/J1gkP0

ホー
ホー

P「…」

美嘉「…」

P「あの…」
美嘉「あ、あのさ」

P「…」

美嘉「…」

P「あはは…」

美嘉「あ、あははー…」


美嘉(何かすっごい気まずい!)
P(すげえ気まずい!)


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:06:54.25 ID:Ri/J1gkP0

P「…美嘉からどうぞ」

美嘉「…なら言うね?」

P「うん」

美嘉「何か…こうしてさ?2人で夜の公園で…ブランコに乗りながらいるのが…その…ね?」

P「ああ…言いたいことは何となくわかるぞ、大丈夫」

美嘉「こ、恋人っぽいなぁ…って」

P「…」

美嘉「…」

P「じ、じゃあ今度は俺だな」

美嘉「そ、そうだねっ!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:08:26.59 ID:Ri/J1gkP0

P「…俺もさ、こうして美嘉と一緒にいてさ…心臓がドキドキするっていうか…さ」

美嘉「うん、すっごい分かる」

P「…ダメだな。こういう場所に2人でいると意識しちゃうな…ははは」




美嘉「…もしさ」

P「…うん」

美嘉「もしだよ?」

P「…」

美嘉「ほんとに…なったら…」ドキドキ

P「…」ゴクリッ

美嘉「…」

美嘉(む、むりぃ…)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:09:01.76 ID:Ri/J1gkP0

P「…すまん」



美嘉「…へっ?」

美嘉(き、きらわれた…?)


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:10:34.44 ID:Ri/J1gkP0

P「女性にここまで言わせるなんて男失格だよな」


美嘉「…それって」



P「うん、俺は美嘉が好きだ。Pとして、大人として、人として間違ってると思う」



美嘉「ううん…全然そんなことないよ…」ポロポロ



P「でも俺は美嘉が好きだ、アイドルを続けながらだと大変だと思うが、それでも良いなら…ハグで…」

P(キスは無理だって!)



美嘉「うん…うん…」ダキッ



P「…よろしくな、美嘉」


美嘉「…よろしくねっ★」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:11:41.00 ID:Ri/J1gkP0

美嘉「…アタシ今すっごい幸せ」

P「…俺もだよ」

美嘉「…顔崩れてない?」

P「…ちょっと」

美嘉「嫌いになった?」

P「なる訳ないだろ?」

美嘉「分かってる★」

P「さっきあんなにボロボロ泣いてたくせに…」

美嘉「あれは…嬉しかったの!それこそPだってたじたじだったじゃん!しかもあそこは普通ハグじゃないでしょ!」

P「そ、それはな!アイドルって事を考えてだな…?」

美嘉「…」

P「…」

美嘉「ぷっ」

P「ぷっ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:12:34.19 ID:Ri/J1gkP0










「あはははは!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 13:14:49.00 ID:Ri/J1gkP0

おわり

美嘉姉と意地の張り合いがしたいだけの人生だった…


転載元:美嘉「夜の公園で」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500696248/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。