スポンサーリンク

トップページモバマス > 【モバマス】サンタさんと他愛ない日々を

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 01:26:45.33 ID:BSa3Ijvko

 ◇



――あつい。あつい。うでが、あつい。
ゆっくりと、意識が浮上していく。

腕が燃えるように熱かった。
そして、でろりと粘液質な液体が腕にへばりついてるような感覚。

……きもちが、わるい。

「……う、……ぁ……」

苦悶に満ちた喘ぎが、俺の口から漏れた。

そして、目が覚める。
朝を迎える。





 ◇

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 01:27:19.17 ID:BSa3Ijvko

ぼやけた視界が広がった。
月並みな言葉だが、ただの見慣れた天井だ。
熱を感じない方の手は薄手の毛布を握りしめていた。

枕に乗せていた首筋はじっとりと汗をかいていた。
季節は夏。
このうだるようなこの暑さは寝苦しいことこの上ない。

朝、朝なのだ。
目は覚めている。

だというのに、夢で感じた焼けるような熱も、不快なへばりつくような液体の感触も残ったままだ。

首を枕に載せたまま、未だ熱を感じる腕の方へと向く。

―――そこに、在るのは元凶であった。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 01:29:07.63 ID:BSa3Ijvko

俺の腕を抱えるように眠りに就いている銀の髪。
その持ち主である彼女、イヴ・サンタクロース。
彼女は両手で大事な宝物のように俺の片腕を抱えている。

そりゃ、暑いはずである。
というかなぜこの女が俺の布団で寝ているのか理解出来なかった。

「……うにゃむ……へへふぇ……」

未だ夢の中に在る彼女は珍妙な寝言を零している。

……俺のパジャマの袖口を咥えながら。
くしゃくしゃ、ぺしゃぺしゃ、と時折耳慣れない小さな音が聞こえる。
この音、俺のパジャマの袖口が咀嚼される音でである。

なんでじゃ。



夢の中で腕に感じた燃えるような熱がイヴ・サンタクロースの体温なら粘液質な液体はなんなのか。考えてはいけない、と本能が警鐘を鳴らす。
……だが、視線はやはり違和感の場所へと向かってしまうもので。

袖口の辺りから指先まではべっとりとイヴの唾液に濡れていた。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 01:32:16.73 ID:BSa3Ijvko

人は理性を持つ生き物だ。
ゆっくりと、彼女を起こさないように俺は起き上がる。

怒ってははいけない、荒れ狂う感情に流されてはいけない。
スマイル、笑顔です。

注意しながらイヴになぜか抱えられている腕を引き抜く。

自然、俺のパジャマの袖が彼女の口元から外れる。
イヴの唾液が自然、糸を引いて、千切れるのが見えた。見えてしまった。

……ちょっとだけ、泣きたくなった。

羽織っていた薄手の毛布をイヴに掛けてやる。
ついでに、敷布団をイヴを中心にしてくるくると巻いて簀巻にしてやる。

窓から見える朝の光が、目に眩しく確かな熱を感じる。
ぶっちゃけ、ちょっと暑い。
カーテンを開き、簀巻を日向へと蹴り転がす。

「……う゛……あ゛ぁ……」

決して年頃の娘が出しちゃいけない声を漏らし、真夏の太陽光に焼かれる簀巻サンタ。
たちまちだらしなかった顔が苦悶に歪み、口元がぱくぱくと意味もなく動く。

溜息を一つ吐き、ひとりごちる。

「……池の水面で口をぱくぱくさせてる鯉って割りと真剣に怖いのってなんでなんだろ。やっぱでかいからかな」


そんな穏やかな寝起き。


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 00:11:14.18 ID:bX2YxMIQo

「まず、あなたは瞼をゆっくりと開きます」

諭すように、囁くように彼女は語る。
いや、海苔巻きは語る。
じゃなかった。布団で簀巻にされた銀髪生首は目を覚ますなり、のたまい始める。

「意識を少しずつ覚醒させたあなたは、ふと気づきます」
「それは、片方の腕に感じる柔らかな感触と暖かな熱です」
「それは、とくん、とくん、と脈打つ心臓の脈動です」
「あなたは、自然と覚醒したばかりの意識をそちらへと向けるでしょう」
「そこに居るのは、そう――」

彼女、イヴの黄金色の瞳が強い意思の光を帯びたように見えた。

「美しい少女です!美少女です!美しい美少女があなたの腕を抱えて静かな寝息を立てています!」

美しい美少女って意味被ってないかそれ。
あと、うるさい。
しかし、別に間違ってやしないので否定出来ないのが無償に悔しい。いや、ムカつく。
というか、おまえ少女って歳だったっけ。


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 00:12:33.49 ID:bX2YxMIQo


「……あなたが優しげな目でそれを眺めていると、彼女は目を覚まします」
「あなたの視線と目覚めた少女の視線が混じり合います」
「花が綻ぶような穏やかな笑みをあなたに向ける少女」
「『おはよう』、とどちらともなく交わされる言葉」
「ふたりの心のうちに暖かなものが満ちていきました、みたいな」
「……なんで、」

イヴはそこで言葉を切り、視線を彷徨わせる。

「こうならないのかなぁ……」

簀巻にされたままで流石にしんどいのか、額から一筋の汗の雫を溢れさせてイヴは呻く。



「えぇ……」

割りと言葉が、出なかった。



コイツの花が綻ぶような穏やかな笑みとか、完全に想像出来なかった。
俺が優しげな目を向ける前にコイツは既に我がパジャマの袖を齧っていた。
心に暖かなものが満ちる前に俺の腕は生温い涎に濡れていた。

別に俺は悪くないはずなのに、なぜか申し訳ない気持ちにまでなってくる。
いや、まさかとは思うが俺の感受性が乏しいだけで本当は俺が悪いのだろうか。



ふと、気づく。気づいてしまう。
咀嚼されていた袖口のボタンにイヴの歯型がくっきりと刻まれていた。
―――やっぱそれはねぇわ。

少し冷静になった。


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 23:20:20.29 ID:bX2YxMIQo

俺の目前には一人の少女(仮)がぺたりと女の子座りをしている。

先ほどの騒動のせいで、まだひいていない汗を滲ませているせいか、額に張り付いた銀の髪。
その身に纏う淡い桜色をしたゆったりとした造りの薄手のパジャマはやや乱れている。

彼女、イヴ・サンタクロースはへにゃり、とだらしない笑みを浮かべ、口を開いた。

「……んへへぇ。おはようございますぅ」

イヴは、ぐにゃり、と首を勢いよく下げて一礼。
そして、にこにこと、笑んだままなぜかこちらにどこか期待を乗せたような瞳を向けてくる。
ふぅ、と俺は息を吐き。俺もぼやくように一つ。

「……おはよ」

イヴは俺のぶっきらぼうな言葉に僅かに目を細めて応える。

「……んふふ。うん、うん。えへへぇ」

どこか満足気に、楽しくて堪らないというように笑うイヴ。
まるで意味が分からなかった。


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 00:40:33.02 ID:RQ0ZkmdMo

「ちなみに、ちなみになんですけど。わたしが抱きついてて、どきどき、しましたぁ?」

頬に僅かに紅を湛えてイヴは照れくさそうにしている。

「暑苦しくて悪夢が見れたよ」
「……むぅ」

イヴは頬の赤さはそのまま半眼のじとっとした視線を向けてくる。
少しの間、そんな状態のまま放っておくと、イヴはやがて諦めたように口を開いた。

「……あの。わたしは、けっこうどきどきしたんですけど」
「だって、お前がどきどきしている時俺は意識ないし。起きた時、腕が涎まみれだし」

おい、気まずそうに目を逸らすな。こら。


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 01:25:52.67 ID:RQ0ZkmdMo

「その、あなたの腕は、……抱いてて、良かった、ですよ?」

呆れたようにじとっとした視線を送り返してやると、イヴは誤魔化すようにそう言った。

……しかし、これがなんの慰めになるというのか。
我がパジャマの袖のボタンに刻み込まれた歯型は消えはしないというのに。

イヴは赤ら顔で頬を指先で掻きながら言葉を続ける。

「えと、一晩中だってあなたなら抱けます。うん」
「なんだったら、その、試してみたりとか……その」
「ほら、今度は交代で、あなたがわたしを、抱いてみますかっ?なんて……」
「それとも、やっぱり今夜もわたしがあなたを抱きます、みたいな?」

しどろもどろなイヴの言葉の数々。
その言葉にきっとたいした意味などない。



だから、きっと俺の心が汚れているのだろう。
いや、そうに違いない。

ぶっちゃけ、イヴの言葉がいかがわしい意味でしか聞こえなかった。


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 01:27:28.82 ID:RQ0ZkmdMo

「あの、大丈夫ですか。お顔が真っ赤ですけど」
「ほっといてくれ」

辛うじてその一言だけ絞り出して、俺は黙り込む。
イヴはそんな俺を見て首を傾げる。

「……ん、と?うーん?……………………ふぉぉっ!?」

やがて、その理由に思い当たってしまったのかイヴは耳まで真っ赤になる。

やめろ、いうな。

「その、えっちなこと、考えちゃったんですかぁ?」

もう、いわないでくれ。

「わたしでっ!!!」

クッソ、なんで自信満々に胸を張って言いやがったコイツ。

「えと、わかりました!」

一体なにが「わかりました」なのだろうか。
俺は怖くて聞き返すことが出来なかった。

きっとテンパって本人もなにを言っているのか分かっていないのだろう。
そうに違いない。俺はそういうことにした。


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/16(日) 09:56:44.86 ID:cbS6VJg5o

白銀の髪の束が踊る。
ゆらゆら、と。

なぜか。
それは、彼女が恥ずかしがるように、あるいは悶えるように腰を左右に揺らすからである。

イヴは両の掌を自らの頬に添え、にへら、と口元をゆるませている。

「……どきどきしちゃいました?やっぱり、どきどきしちゃってましたぁ?」

きっと、答えなど求めていないのだろう。
でへへと、おおよそ年頃の娘の口に出す照れ笑いとは遠いところにあるような声が聞こえてくる。

「もっとみて、ずっとわたしをみて。ついでにぎゅってしてー。…………がばぁ~!」

意味不明なことを叫ぶイヴに正面から縋り付くように抱きつかれる。
その勢いに、俺は堪えきれず床に押し倒された。

「んぅ~♪」

俺の首元にうずめるようにしてイヴは顔を押し付けてくる。
イヴの髪が首元で擦れて少しむず痒い。

「……暑苦しい」
「そんなぁ。愛くるしいなんてぇ。えへへ~」



なんて都合のいい耳してんだコイツ。


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 01:03:47.70 ID:6aS5L05Wo

「あぢぃ」

この糞暑い中でこんなべったりとくっついてんの、いい加減、しんどい。
縋り付くイヴを強引に引きずりながら俺は歩き始めた。

「あいだっ!?あに゛ゃぁぁぁ!?」

時折、どこかしらにイヴがぶつけるような音が聞こえる。
……まぁ、いいや。
というか、コイツ、結構重い。

「あぁ、汚されちゃうぅ。あなたに汚されてまっしろになちゃいますぅ!」

(埃で)真っ白に汚されるって言いたいんだよな。
……俺の心が汚れてるだけなんだよな。


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 01:05:07.13 ID:6aS5L05Wo

「つんでれぇ!あまのじゃくぅ!んぅぅぁぁ~!」

誰がツンデレだ。誰が天邪鬼だこんにゃろ。
寝室をひきまわしたイヴは今となっては縋り付いていた位置を首から肩、腰、と下げていき、今となっては俺の両足を片手ずつでがっちりと掴んでいる。

――五分後。

背中にじわりと汗が浮かぶ。サンタは剥がれない。
なんだよこれ、新手のウェイトトレーニングかよ。

―――十五分後。

段々と呼吸が荒くなってくる。サンタは未だ我が足首に喰らいついている。
しんどい。無理。多分これ、死ぬ。

――――三十分後。

足はパンパンだし、目に汗が入って痛い。
「やぁい、いつもは常識人ぶって寂しがり屋のくせにかっこつけぇ!」
なぜか煽られる。
こなくそぉぉぉ!



―――――四十五分後。

フローリングの床にうつ伏せに倒れ伏す俺。
呼吸は乱れに乱れ、もはや、立つ気力もない。じとりとした蒸し暑さがなけなしの体力さえも奪っていくようだった。

そんな死に体な俺を見つめ、イヴはようやく俺の足首を離し、立ち上がる。
そして、ぱん、ぱんとパジャマを叩き、埃を落とす。
そのうち、視線はボロ雑巾のように転がる俺へと向かう。
イヴはどこかアンニュイな表情を浮かべて呟く。

「……むなしい勝利でしたねぇ」





―――若さには――若さには勝てなかったよ……。


そもそも、なんで俺、朝っぱらからこんな不毛なことしてんだろ。
うつ伏せのまま、俺はちょっとだけ泣いた。


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 18:35:12.71 ID:6aS5L05Wo

俯けに倒れる俺の視界に映る桜色のパジャマパンツ。
俺はゆっくりと視線をあげていく。
そうして見えるイヴはしゃがんだまま、俺を見下ろして屈託のない笑みを浮かべている。

「……いんがおーほー?」

左の掌を自らの頬に添えてながらそうのたまうサンタクロース。

「……納得いかない」

因果応報。
いや、おかしいだろ。
百歩譲って過失の割合は五分五分じゃないだろうか。

「つんつん、つんつーん」

おいコラ、人をつついて遊ぶな。
抗議の言葉をあげようと、イヴへとジトっとした視線を意図して向ける。

「ふふふーん♪」

出そうとした言葉を喉元で無意識に飲み込んだ。



なんといえば、よいのだろうか。
なまじ邪気のない、純粋な笑みを向けてくるものだから。
どうしてか、毒を吐く気が失せた。


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 18:43:33.20 ID:6aS5L05Wo

顔が良いからなのか、天真爛漫な性根のせいなのか。
それとも、その両方か。

生まれ変わったら、そうやって普通に生きてるだけで得する生き物になりたい。

そんなことを妬み混じりにぼやく。

「それは、きっと違いますよ」
「女の子が言う『わたしかわいくないですよぉ』ぐらい信用ならない」
「ふっふっふーん。わかんないんですかぁ?本当にわかんないんですかぁ?」

ころころと笑ってみせるイヴ。
どうしよう、やっぱムカつくかもしれん。

「あなたのその心持ち、これがすなわちぃ~~」

溜める。
まだ溜める。まだまだ溜める。
――そして。

ぴしぃ、と指先が真っ直ぐに俺に向けられる。
どうでもいいけど人を指でさすな。





「惚れた弱み!」





俺はすっくと立ち上がり、歩き出す。
あぁ、腹減った。なんかすげぇ時間無駄にした気がする。
イヴとすれ違うように部屋を出る。

「……あのっ、弱み」

背後からイヴの困惑する声が聞こえる。

「……あ、あのぅ」

縋るようなイヴの声を無視して歩き続ける。

「……えと、怒ってます?怒っちゃいました?」

あぁ、冷凍したご飯と昨日のおかずの余りとお茶漬けがあったっけ。もう、今日は疲れたしそれでいいかなぁ。

ぼんやりと、そんなことを考えていると腰のあたりに軽い衝撃。
立ち止まり振り返ると、イヴが俺の腰に抱きつくようにして顔全体を埋めている。

「なんぞ。余は食事を所望しておる」

別に怒ってる訳でもないので場を濁すようにふざけて答えてみせる。

一つ。二つと沈黙が降りる。
余の……じゃなくて俺の冗談が滑ってるみたいで若干居た堪れない空気だ。

しかも、なぜか俺の腰に顔を埋めるイヴは顔こそ見えないものの、耳まで真っ赤だ。
というか、空気読めてない?俺、もしかして空気読めてない?

若干戦々恐々としながらイヴの言葉を待つ。

「…………その、わたしも若干弱みが……弱みでして……その、ですねぇ?」

その台詞と一緒に、悶えるようにぐりぐり、と腰の辺りにイヴの顔が左右に強く押し付けられるのが分かる。






―――なにいってんだこいつ。
意味が分からず、そう言った俺の袖のボタンはイヴとの壮絶な死闘の末、喰いちぎられた。

世の不条理を感じる。


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 21:28:36.75 ID:NlBQtPKPo

「わかってない!」

イヴは吠える。
非難がましい瞳を俺に向け、肩を怒らせながら。

「わかってない!わかってない!あなたはわ・かっ・て・な!ぁ!い!」
「……なにがさ」
「ぐるるるるるぅ!」

『ぐるるる』ってお前、どこの猛獣だよ。人間の言葉で頼む。
おおよそいい歳した娘さんが使いかねるような唸り声だ。というか、世の娘さん方は唸らない。多分。いや、唸るかもしれないけど多分少数派。

「女捨てすぎじゃないか」
「すぅーててなぁーいですぅー!むしろ全力で女の子してるじゃないですかぁ!」
「へぇ」
「なんかすごいなげやり!」

そりゃ、なげやりにもなる。
というか、真面目に相手するのも疲れそうだった。


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 21:35:45.25 ID:NlBQtPKPo

「そもそも、ですよ。あなたの女の子像ってどんなのなんです?」
「……えっ、そりゃあ、あれだよ」

改めて女の子像と言われると中々難しいものがある。
そもそもの話、最も身近な異性で脳裏をよぎるのがサンタクロースである時点で我が人生は致命的に色気が足りないのでは。

諦めるな。
そうだよ、簡単だ。女の子っぽさ、女の子っぽさだろう。
記憶を搾り出すんだ、俺。

「……ほら、アイドルの五十嵐響子、みたいな」

ほら、頑張れば出てくる。
やっぱりやればできるじゃん、俺。

「家事万能、容姿端麗、柔らかな物腰みたいな――」

五十嵐響子という俺の求めに応じて我が脳内に降臨した大天使について語ろうとしたそれは予想外のものに遮られた。


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 21:44:41.91 ID:NlBQtPKPo

掌に柔らかな感触と、熱を感じる。
気づけば俺の掌はイヴの両の掌に包まれていた。

金の瞳から慈愛に満ちた眼差しが俺に真っ直ぐに注がれている。
イヴのその口元は薄っすらと笑みの形を浮かべている。

この表情を、俺は知っていた。
決まって毎年、聖夜の前後になると彼女は姿をあまり見せなくなる。
俺から理由を尋ねることはないし、イヴから語ることもない。

ただ、その頃に浮かべている心の奥に灯を灯すような笑みだ。
そして、イヴはゆっくりと口元を動かす。

「あなたは女の人のお友達、少ないですもんねぇ」

どこかしみじみとした、イヴの不意打ち気味の言葉のナイフが俺の硝子の心をズタズタに切り裂いた。
なんか、こう、……同情されていた。

そして、イヴは俺の掌から左の手を離すと自分の胸元にやり、ふんすと胸を張ってからのたまうのだ。

「現実をっ、見るべきだと思いますっ!」

見た目ファンタジー、脳内お花畑、職業サンタクロース(トナカイ付き)、に現実を突き付けられる稀有な、稀有すぎる状況は容易く俺の心を粉々に砕いた。


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:22:50.22 ID:NlBQtPKPo

だからこそ、こんな茶化しに茶化された馬鹿みたいな状況でそれに気づいたのは奇跡に近かったのかもしれない。
金色の瞳が強い決意の光を帯びて輝いていることに。

「だから、目の前の女の子とかっ、見ておくと損しないかなぁって、ずっと。それと……させるつもりもないかなぁ。ぜったい、絶対……ですよ」

きっと、俺は遠回しに告白されていた。
少なくとも今、この場で真っ直ぐに好意をぶつけられているのだということは分かった。

―――応えなければいけない。
自然と覚悟は決まっていた。
いや、元々決まっていたのだろう。それを言葉に出す勇気がなかっただけで。

イヴに握られていた掌を握り返す。

か細い声が漏れる。
緊張のせいか、イヴの喉がこくり、と鳴った。

「……ぁっ」

イヴの睫毛が震える。
そして、金色の瞳が涙に潤んだのが分かる。

「少しだけ、聞いて欲し―――」
「のんじゃった」

俺の言葉を遮るようにイヴから放たれる謎の言葉。
……『のんじゃった』なんの話だ。





「ボタン、呑んじゃった」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:27:48.51 ID:NlBQtPKPo

イヴはもはや、半泣きだった。

猛烈に嫌な予感がした。
俺はイヴに喰いちぎられてボタンの失われたパジャマの袖へと視線をやる。

そう、『喰いちぎられた』のだ。
イヴの口の中に、ボタンは入っていったのだ。

「お前……まさか……」
「だって、だって……『ぺっ』てあなたの前でボタンを吐き出すのなんて、はしたないじゃないですかぁ!」

野獣のようにボタンを喰いちぎるのははしたなくないと申すか。
……なんだか頭が痛くなってきた。

「……まぁ、それはそのうち出て来るだろう。だからだな、今は俺の――」

どこから出てくるのか、そんなことは置いておく。
もはや、置いておかないとやってられなかった。

「いや」
「話をだな――」

「いやぁぁ、ですぅぅぅ!」

イヴは俺に背中を向けると、叫び声をあげて走り出した。

「えぇ……」

突然の出来事に頭が追いつかない。


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:28:42.86 ID:NlBQtPKPo

「今はその話だめ。マジメな話だめぇ……ですよぉ。わたし、すごく格好わるいからだめですぅ!?」

どんどん、と廊下を駆け抜ける足音がする。
そもそも格好いいところがヤツにあったのかについては審議の必要があったが、今はそれはどうでもいい。

踊る銀の髪を追い、俺は走り出す。

「手短に済ませるから!」
「それはそれでやぁですぅ!」

確かに。
ストレートな告白はともかくとして、おざなりなのはちょっと嫌かもしれない。


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:31:33.54 ID:NlBQtPKPo

外に逃げ出す訳でもないようだから、逃げる場所など元々ない。
イヴは物置に使っている一室に飛び込み、そのまま扉を閉めるなり鍵をかけた。
俺は、鍵の掛けられた扉の前で荒い息を吐く。

自然と、木製の扉越しに言葉を交わすことになる。

「もうちょっとしっかりしたシチュエーションがいいんですぅ!」
「わかった、わかったから!」
「どうせなら、情熱的なのがいいです」

柄じゃないのが分かりきっていたものだから、若干げんなりする。

「……きちんと、追いかけてくださいね」
「はいはい」
「本当に聞いてます?」
「聞いてる聞いてる」
「もぅ~」

扉越しに聞こえる声は不満そうで少し笑える。

「……えへへ、楽しみですね」

元々、こちらに届けるつもりもなかったのだろう。
囁くような透明な感情を乗せた声が僅かに漏れ聞こえてくる。
扉に背を預けて、瞼を閉じる。

なんとなく、右腕を持ち上げてみると、ボタンという留め具を失った袖が捲れ上がった。
ふと、ここにあったボタンが今はヤツの胃袋に収まっているのかと考えてしまう。

「ホント、意味がわからん」

絶対にこんなの、お馬鹿だ。しかも、ひどく疲れる。
だというのに。

「あー。楽しい」

俺は一歩、一歩と踏み出していく。

「めしー、めしの時間じゃー」

俺がそう言った少し後に背後で鍵が外され、扉の開く音がする。
そして、気の抜けるような声が聞こえる。

「おー!」



願わくば。
願わくば、この少し間の抜けたサンタさんとの他愛ない日々がいつまでも続きますように。




【モバマス】サンタさんと他愛ない日々を END


43: ◆yIMyWm13ls 2017/07/22(土) 23:33:30.30 ID:NlBQtPKPo

これにて完結。
生まれ変わって純真な子供になったらプレゼントは幼馴染ポジの美少女サンタクロースとかを頼みたい。
ここまでお付き合い頂き感謝感謝です。


転載元:【モバマス】サンタさんと他愛ない日々を
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499790367/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。