スポンサーリンク

トップページモバマス > 莉嘉「悪い夢とお手紙!」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:13:09.42 ID:fMsSPjz10

「…今までありがとう、これからは他の人にやってもらうから…じゃあね」


「待って!Pくん…行かないで…」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:14:12.22 ID:fMsSPjz10

チュンチュン

美嘉「り~か~!遅刻しちゃうよ~!」
jgskmk5

莉嘉「…え?あ、うん…」
jgskrk3

莉嘉(なんだ~夢か~…ちょーリアルだったから怖かった~…)

美嘉「…どしたの?なんか辛いことでもあった?」

莉嘉「な、なんにもないよ!」

美嘉「なら怖い夢でも見たー?顔ちゃんと拭きなー?」

莉嘉「顔…?」

莉嘉(アタシ…泣いちゃってる…やっぱPくんいなくなるのは嫌だもんね…)

美嘉「ご飯できてるからね~」

ゴシゴシ

莉嘉「はーい」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:15:29.74 ID:fMsSPjz10

美嘉「…ほんとに何もない?」

莉嘉「うーん…笑わない?」

美嘉「うん、約束する」

莉嘉「実はね…」


美嘉「…夢か」

莉嘉「うん…」

美嘉「ま、プロデューサーがそんな事言うわけないない」

莉嘉「…だよね!Pくんちょー優しいし!」

美嘉「うんうん、いらん心配だって」

莉嘉「何かスッキリした!じゃ行ってきます!」

美嘉「ちょ、莉嘉忘れ物!」

莉嘉「あっ!」

美嘉「元気なのは良いけどしっかりね?」

莉嘉「えへへ~」

スポンサーリンク



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:16:38.42 ID:fMsSPjz10

「今日はいつもお世話になってる人への感謝の手紙を書きましょう」

「えーめんどくさいなーこういうの」

「ちゃんと感謝の気持ちを伝えないと離れていってしまいますよ?」

「うっそだー」

莉嘉(なーんかやっぱクラスの男子って子供っぽいな~)

「ねぇねぇ莉嘉ちゃん!誰に書く?」

莉嘉「うーん…いすぎて困っちゃう!」

「じゃあじゃあ!この前いたあの男の人!」

「あの迎えに来てた人?」

「そうそう!あの人プロデューサーさんなんでしょ?」

莉嘉「そだよ!Pくんか~…確かにいいかも!」

「莉嘉ちゃんあの人の事好きだもんね!」

「ひゅーひゅー!」

「せっかくだしラブレターにすれば~?」

「いいかもー!」

莉嘉「もう!アタシ抜きで話進めないでよう!」

「ごめんごめん」

莉嘉「…でもラブレターかー…」

「莉嘉ちゃんの歌にもあるじゃん!」

莉嘉「あれはPくんに向かってじゃないしー」

「そうなの?」

莉嘉「…でもそうかも☆」

「やっぱり~!」

莉嘉「よーし!そうと決まれば!」



「この用紙に書いてくださいね~」


莉嘉「…多いよ~」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:17:36.89 ID:fMsSPjz10

スタジオ

P「悪いな美嘉…急に入ってもらって」

美嘉「いいっていいって★」

P「でも学校が…」

美嘉「もー…そこはプロデューサーが心配するところじゃないでしょ?」

P「いや、でもな…」

美嘉「ちゃんとこんなナリでも真面目にやってるんだから…なんてね」

P「…美嘉がいいならいいんだが」

美嘉「大丈夫大丈夫!ほんとにピンチだったらちゃんと言うからさ★」

P「…美嘉がそういうなら」

美嘉「そうそう!プロデューサーは仕事の事だけ考えてればいいんだよっ」パチッ

P「…ありがとな」

美嘉「どういたしまして★」

P「んじゃ帰るか」

美嘉「うん」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:19:12.66 ID:fMsSPjz10

美嘉「それでね~莉嘉がね~」

P「うんうん」

美嘉「朝起きたら泣いてんの!」

P「えっ、なんで?」

美嘉「何かさープロデューサーがいなくなる見た夢見たんだって」

P「えっ」

美嘉「詳しくは分かんないんだけどね?何か他の人に変わるーとかでさー」

P「なんじゃそりゃ」

美嘉「変な話だよね~」

P「ま、無くはないけどな」

美嘉「そうなの?」

P「うん、というか周りじゃちょくちょくあるぞ」


美嘉「そうなんだ…知らなかった」

P「そ、ウチはまだ無いけどな。まあよっぽどのことが無い限り離れることはないから安心してくれ」

美嘉「ま、会えなくなるわけじゃないしね★」

P「そうそう、あっどうする?事務所よるかそのまま帰るか」

美嘉「あー…どうしよ…」

P「特に事務所に用がないなら送ってくが…」

美嘉「プロデューサー的には?」

P「ん?まあどっちでもいいかな」

美嘉「んー…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:20:30.17 ID:fMsSPjz10

\ピロン/

莉嘉『今どこ!?』

美嘉「莉嘉からだ…」

P「早く帰ってきて、かな」

美嘉「どーだろね」

美嘉『どしたの?』

莉嘉『Pくんに渡したい物があるんだけど今一緒にいる?』

美嘉『いるよ~』

莉嘉『じゃあPくんも一緒に帰ってきて!』

美嘉『りょーかい』


美嘉「…だってさ」

P「はいよ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:23:41.09 ID:fMsSPjz10

莉嘉「おかえりPくん!お姉ちゃん!」ダキッ

P「おお、元気元気」

美嘉「ただいま~…あっ上がって?何か用があるんだってさ」

P「そうなのか?なら、お邪魔します」


美嘉「んで…渡したいものって…」

P「渡したいもの?」

莉嘉「ちょっとハズイけど…はい!これPくんに読んでもらいたいの!」

P「…手紙?」

莉嘉「うん!頑張って書いたんだよ☆」

P「凄いな」ナデナデ

莉嘉「えへへ~」


美嘉「…ラブレター?」

莉嘉「…違う!カンシャの手紙!」

美嘉「あ~…アタシもやったな~そういうの」

P「大体親にしないか?」

莉嘉「いいの!」

P「良くはないだろ…」

莉嘉「もー!ほら読んで!」

P「はいはい…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:25:58.45 ID:fMsSPjz10

『Pくんへ!今日Pくんがいなくなっちゃう夢見ちゃったの!すっごい嫌で離れたくなくて、だからね?アタシなりのカンシャの気持ち!書いちゃうから☆

いつもワガママばっかゴメンなさい!でもいつも許してくれるPくんがダイスキです!いつもユウワクしてゴメンなさい!でもいつもPくんがエッチな目で見てるの知ってるんだから!お姉ちゃんも言ってるよ☆
でもね!そんなPくんがダイスキです!上にも書いたけどね☆ライブが成功したらなでなでしてくれたり!元気がない時はだきしめてくれたり!そんなPくんがダイダイダイスキ!これからもずーーーーーーと一緒にいてね! 莉嘉より☆』


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:27:24.82 ID:fMsSPjz10

莉嘉「ど、どう?」

P「莉嘉…ありがとな」ナデナデ

莉嘉「うー…嬉しいけど…」

美嘉「ちょ、それ見せて?」

P「ん?」

莉嘉「ダメー!」

P「ダメなのか?」

莉嘉「これはPくんに書いたの!」

美嘉「しょうがないな~…」

莉嘉「Pくんも教えたらダメなんだからね!」

P「分かった」



莉嘉「…Pくん!」

P「なんだ?」

莉嘉「…どこにも行かないよね?」ギュッ

P「…うん、行かない。約束する」

莉嘉「約束!」

P「約束だ」

美嘉「アタシは~?」

莉嘉「もちろんお姉ちゃんも!」ギュッ

P「いいのか?」

莉嘉「うん!お姉ちゃんはトクベツ!」

美嘉「なーに偉そうな事言ってんの…」

P「まあまあ…これは3人の秘密だな」

莉嘉「うん!ほら、お姉ちゃんとPくんも!」

P「え?ああ…」

美嘉「えっ?」

P「…ま、これからもよろしくな」

美嘉「…うん★」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:28:10.70 ID:fMsSPjz10








莉嘉「…なんかズルイー!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 02:31:54.57 ID:fMsSPjz10

おわり
姉妹愛とPとの愛が城ヶ崎姉妹のいいところですよね、それぞれ個性を持ちつつ姉妹でもっと輝けると思います。コミュでももっと姉妹+Pで喋って欲しいですね個人的に
ありがとうございました


転載元:莉嘉「悪い夢とお手紙!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503940352/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2017年08月29日 18:56
    • ここからPが出張する話はよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。