スポンサーリンク


トップページモバマス > 【デレマスSS】「壁の向こう側」

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:06:27 ID:t9g




これは決して叶わない想い。

いかに強く想おうとも、許されない恋。

認められない愛。

悲しい悲しい、想いの抜け殻。




2: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:06:34 ID:t9g





悲恋の前には必ず、壁がそびえ立つ。

越えられない、高い壁。

あるいは身分、あるいは年齢……そして……。





3: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:06:46 ID:t9g





私たち二人はアイドルだった。

それも同性の。



転載元:【デレマスSS】「壁の向こう側」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1503781587/

スポンサーリンク



4: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:10:43 ID:IGn




同じ時、同じ場所で彼に出会い、共にスカウトされた。

あなたは喜び、また、私もそれを嬉しく思った。

「素敵なアイドルになろうね?」

そう微笑むあなたは美しく、眩しく、まるで太陽のようだった。



5: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:11:10 ID:IGn




そして始まる下積みの日々。

華やかな世界とは縁遠い、地味な仕事と基礎レッスンの繰り返し。

退屈で窮屈な日々。



6: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:11:40 ID:IGn




もちろん辛いことばかりではない。

先輩アイドル達は皆、優しかった。

特に『ニュージェネ』と呼ばれるユニットのひとり、渋谷凛という娘は、お世辞にも愛想のいい方とは言えない私にも、とても親切に接してくれた。



7: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:12:02 ID:IGn



事務所の設備も整っており、収入の少ない私とあなたでも、生活に困ることはなく、どうにかやっていくことができた。

たとえ多少苦しくてもあなたと一緒なら耐えられる。

共に歩めばどんな困難も越えていける。




8: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:12:17 ID:IGn





そう思った矢先『私の』デビューが決まった。




9: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:12:35 ID:IGn




デビューとは言っても私個人のCDが出るわけではない。

先輩達の応援で一緒に舞台に上がることが決まった、その程度のものだ。

それでも私は戸惑い、あなたと共にデビューしたい、そう彼に伝えた。



10: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:15:11 ID:aR8



しかし、彼が首を縦に振ることはなく、私は彼女を残し、舞台に立つこととなった。

結果は……成功と言って差し支えないだろう。

私はあなたよりも先に表舞台に立ち、世に知られるようになった。


11: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:16:06 ID:aR8


そんな私に対しても、一切、悲しみや非難を見せることなく「すぐに追いつくからね」と微笑むあなたは、やはり私を強く惹きつけ、励まし、そして同時に、ほんの少し傷つけた。


12: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:16:48 ID:aR8


あなたの言葉を額面通り受け取ったわけではない。

それが気持ちの全てであるとは思っていない。

しかし、それでも……あなたは強い。

いや、私の知らぬ間にとても強くなっていた。

否応無く、それを痛感させられたのだ。


13: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:17:26 ID:aR8


あなたと私。

物心ついた頃にはもう一緒にいた。

どんな時も寄り添いあって生きてきた。

しかしそれも終わる。

いずれあなたに私は必要なくなるのだろう。

そう思うと無性に悲しくなったのだ。


14: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:17:53 ID:aR8


言葉に違わず、成長し、アイドルとして成功をおさめていくあなた。

私は隣でそれを見ることができて、共に歩むことができて、心から幸せだった。

そこに嘘偽りはない。


15: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:18:25 ID:aR8


しかし、数年後『その時』はやってくる。

あなたが彼に惹かれ、想いを告げたのだ。

立場の違いも顧みず、壁をものともせず、まっすぐに想いをぶつけて……。


16: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:18:57 ID:aR8

正直なところ、あなたが彼に惹かれていることには最初から気付いていた。

そう、最初から。

出会い、見出された時から、あなたは彼に人として惹かれ、異性として惹かれ、想いを寄せていた。

一番近くにいた私だからこそわかる。
きっと彼自身よりも理解できる。
あなたがどれだけ彼を愛しているかを。

あなたが私にくれる「大好き」とは明らかに違う、その想いの強さを。


17: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:19:29 ID:aR8

だから私は祝福した。

あなたが勇気を出して想いを告げ、彼もそれを拒むことなく受け入れた。

その喜ばしくも寂しい事実を、ただただ祝福した。

おめでとう。良かったね。


口に出して言うことこそ叶わなかったが、その事実を受け入れ、祝福した。

自身の性別をほんの少しだけ恨み、それ以上に彼を羨み、しかしそれを押し殺しながら、祝福した。

おめでとう。お幸せにね。


18: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:20:00 ID:aR8

それから少しの時を経て、現在。

今、あなたは彼と生活を共にしている。

私もごく側に……あなたのすぐ近くに居を構え、どうにか生きている。

彼は私にも優しく接してくれるし、あなたもそれを快く思っているようだ。


迷惑かもしれない。

自分はあなたにとって邪魔な存在なのかもしれない。

そう考えたこともあった。

しかしあなたや彼が……表向きだけでも……私を拒まずに受け入れてくれている間は、今しばらくここにいさせて欲しい。


19: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:20:36 ID:aR8


あなたの笑顔、あなたの言葉は私の全てであり、生きがいなのだ。

たとえ想いが通じずとも、結ばれることがなくとも、あなたの近くにいたい。

いることを許して欲しい。


20: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:21:02 ID:aR8


「…………」

今日もあなたのいない部屋で一人食事を終え、天を仰ぐ。

冬の大三角がきらめき、私の息が白く霧散した。


21: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:21:38 ID:aR8

23時。

ガラス戸を開け、あなたは今日も私に微笑みかける。

私と同じ、白い息を吐きながら。




「おやすみなさい。ブリッツェン」




end


22: 名無しさん@おーぷん 2017/08/27(日)06:22:12 ID:aR8


ブリッツェン雌説がかねてより気になっていたので。
本当に失礼しました。




スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2017年08月31日 02:32
    • 推理しながら読んでたけど最後の答え見るまでわからなかった
      しゅーさえ、うづりん、美穂とプロデューサーくん、あんずうさぎとか色々考えたけどまさかの
      先にステージに上がったっていうのはSnow Wingsのことかな
      他にもよく読んだらヒントが散りばめられててなかなか完成度が高い
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。