スポンサーリンク


トップページモバマス > 【モバマス】奈緒と藍子の2nd・Camera【水なおもり】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 04:49:57.57 ID:1vBU2VV30

・モバマス、神谷奈緒と高森藍子のSSです
・すこぶるまったりしています
・神谷「奈緒」と高「森」藍子で「なおもり」です
・「水なおもり」ってなんだよとか考えてはいけません、字面の通りです



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 04:57:22.55 ID:1vBU2VV30

・前作があります(奈緒と藍子のネオ・リレーション)が、読んでいなくても
 「奈緒と藍子がいい関係築いてるんだな」くらい把握していれば大丈夫です、多分

・「なおもり」を先陣切って開拓している「麦畑たく」さんが、前作によせた素敵なイラストを
ttps://twitter.com/mugihata/status/897749968580034560
 描いて下さいました、本当に有難うございます…
 冒頭部は、こちら見ながらお読みいただくと色々捗ります


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 04:59:47.02 ID:1vBU2VV30

<ある日の夜・奈緒の自室 with 奈緒と藍子の写真>


奈緒「………」
kmyno18


奈緒「…これ……あたしかぁ…」

奈緒「……うん、悪くはない…けど…」

奈緒「…やっぱ、ゆるくって……おっっっかしな、感じ、だなー……」


(藍子「『肩の力が抜けた奈緒ちゃん』が新たに増えた、それでいいんじゃないかな」)


奈緒「……新たに増えた自分、か……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:01:18.65 ID:1vBU2VV30

<同じ日の夜・藍子の自室 with 奈緒と藍子の写真>


藍子「…やっぱり奈緒ちゃん、凄い……」
tkmraik8

藍子「……パワフルで、ストイックなのに、こんなにやさしく…」


(奈緒「あたしはただ、詩の心情を 歌声と身体全部で出そうとしただけで…」)


藍子「……あんなかっこいいこと、さらっと言えるって…」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:03:44.59 ID:1vBU2VV30

<数日後・レッスン終わりの休憩室>


奈緒「ふいー、つっかれたぁ…」

藍子「あ、奈緒ちゃんいた」

奈緒「あれ、藍子も今日レッスンだったのか」

藍子「うん、私はビジュアルの…」

奈緒「そっか、あたしはダンスで、ちょっと入れておきたい振りがあって」

藍子「え、新曲か何か?」

奈緒「いや、前の曲にちょっと足したいなーって思ってたアイデアがあってさ」

藍子「…すごい、自分で提案したの?」

奈緒「…そうだけど…そんな凄いかなぁ」

藍子「お手本を憶え込むだけで手一杯だよ、私…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:05:21.15 ID:1vBU2VV30


奈緒「言われてみたら、最近割と どしどし意見出してるかもな」

奈緒「せっかくのチャンスだし、妥協したくないから…」

藍子「……眩しいなあ」

奈緒「そ、そんなに目を細められても…だな……」

藍子「でも奈緒ちゃん見てると、元気が貯まっていく感じがする」

奈緒「……元気吸い取られてるのか、あたし?」

藍子「さあ、どうでしょう、うふふ」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:08:00.35 ID:1vBU2VV30


藍子「やっぱり今、リリイベとか忙しい?」

奈緒「まあね、しばらくは…ってか藍子だって、こないだ新曲出たじゃん」

藍子「あ…そうか、でも自然~とこなしてるかも」

奈緒「あたしには、そのスタンスが不思議だよ」

藍子「んー…でも手を抜いてるわけじゃ、ないよ…多分」

奈緒「わかるよ、むしろ藍子にしかできない芸当だから」

奈緒「藍子の言葉を借りれば、その…『眩しい』、から…」

藍子「………え」

奈緒「……はい終わり終わり!あんまり恥ずかしいこと何度も言わせない!」

藍子「…はーい、ふふふ」

奈緒「………」

藍子「…お互い、頑張ろうね」

奈緒「うん…そうだな」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:11:19.92 ID:1vBU2VV30


奈緒「………あのさ」

藍子「?」

奈緒「よかったら、でいいんだけどさ…新曲の仕事がひと区切りついたら」

奈緒「オフ合ったタイミングで、一緒にどっか行かないか?」

藍子「本当? いいの?」

奈緒「勿論時間ができたら、の話だけど」

藍子「うん、わかってる…楽しみー♪」

奈緒「ありがと、あたしも楽しみにしてるから」

藍子「ちょうど…真夏、ぐらいかな」

奈緒「…かな、落ち着いたところで、連絡入れるから」

藍子「わかったー、奈緒ちゃんも、無理せず頑張ってね」

奈緒「おう…地味に難しい注文だけどな、それ」

スポンサーリンク



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:14:53.46 ID:1vBU2VV30

~~~~~~~~~~~~~~~


<真夏の某日・千葉のとある砂浜>


奈緒「……………」

藍子「……………」

奈緒「…確かに平日だし……ちょっと東京から距離あるし」

奈緒「天気も微妙、って予報だったけど………」



奈緒「こんなにがらがらの砂浜、って………」

藍子「……人、いなさ過ぎだよね…」

奈緒「穴場、とは思ってたけど…ここまでとはなあ」

藍子「あっちで、スイカ割り?してる人しかいないよ」


            < ヨーシ、スイングハ マカセテ!!
            < …チガイマス…チガイマス


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:17:18.34 ID:1vBU2VV30


藍子「奈緒ちゃん、人払いの魔法とか使った?」

奈緒「ははは、なにそれ…まあ言いたいことはわかるけど」

藍子「奈緒ちゃんの魔法じゃなかったら…神様のいたずら?」

奈緒「かな…せっかくオフが取れたご褒美、って思おう」

藍子「そうだね…満喫しようね」

奈緒「ああ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:19:39.71 ID:1vBU2VV30


<海の家>

奈緒「………水着になっても、やっぱりゆるふわだな、藍子って」

藍子「……恥ずかしいよぉ、あんまりじろじろ見ないで」

奈緒「藍子らしくて似合ってるじゃん、自信持ちなよ」

藍子「奈緒ちゃん…かっこいいからそういうこと言えるんでしょ」

奈緒「あ、あたしはこれしか持ってないんだって」

藍子「ハイレグの競泳水着とか、櫂ちゃんくらいしか着てるの見たことないよ」

奈緒「…結構プレッシャーなんだぞ、これ…かっこよく泳げなきゃ、って」

藍子「……今日は大丈夫だね…人、いないから」

奈緒「まあ……なぁ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:22:50.88 ID:1vBU2VV30


奈緒「ま、いってもこの水着、お互い見てるからなあ、去年の秋」

藍子「ああ……プールで水泳大会」

奈緒「あの、拓海が大暴れした」

藍子「ポジパチーム、頑張ったんだけどなー」

奈緒「茜がゴールしたとき、藍子まだスタート地点にいたよな」

藍子「恥ずかしい///// あれ、ずーっと言われ続けてるんだからねっ」

奈緒「美味しいなあ、って見てた」

藍子「奈緒ちゃんまで/////」

奈緒「まだいいほうだよ、あたしなんか始まってすぐ落っこっちゃってさぁ」

藍子「あー… 見せ場、少なかったかもね」

奈緒「加蓮、見てるだけなのにげらっげら笑ってて」

藍子「あははは」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:26:39.48 ID:1vBU2VV30


藍子「…あの頃は、まだ『顔を知ってる』くらいだったね」

奈緒「だなあ…なんか、こう言うとおかしいかもしれないけど」

奈緒「…急に、すごく距離が近づいた気がする」

藍子「ほんとだねー」

奈緒「……まだちょっと、あたしは距離感ぎこちないけど」

藍子「えーん、奈緒ちゃんが冷たいよー」チラッチラッ

奈緒「…藍子、意外といじり属性あるな…」

藍子「そんなことないよー、奈緒ちゃんに、もっと近づきたいだけだよー」

奈緒「………言うなぁ、さらっと」

藍子「??」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:28:09.73 ID:1vBU2VV30


<波打際>


藍子「え~、なにこのきれいなちっちゃい魚」

奈緒「このへんいるんだよ、海水浴場なのに」

藍子「かわいい、これ、掬えるかな」

奈緒「意外とすばやいから、まず無理じゃ」

藍子「とれたー」

奈緒「……ぇぇ~~」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:31:47.60 ID:1vBU2VV30


藍子「これ、写真撮れる?」

奈緒「え、ちょ、ちょっと待って、カメラ海の家じゃ」

藍子「うん、取ってきてー」

奈緒「おいいい」drrrrrrr


 <少女撮影中>


藍子「ばいばーい」

奈緒「ふぅ…急いで撮ったから、ちょっとピント甘いかも」

藍子「ううん、撮ってくれただけでもありがサンキュー」

奈緒「……ゆるふわだと、掬えるのかな、あれ…」

藍子「どうかなあ、たまたま私を気に入ってくれたのかも」

奈緒「あるのかな、そんなの」

藍子「魚は人を見る、って言うみたいだよ」

奈緒「へぇー」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:33:23.42 ID:1vBU2VV30


藍子「あっ」

奈緒「ん?」

藍子「さ、さっきの魚が、足、つんつん、あは、あははは」

奈緒「ああなんかその魚、ちょっかい出すんだよ」

藍子「やーもぅ、なにこれ、わー」

奈緒「気に入られてるなあ、藍子」

藍子「え、これ、どう、したら、あはは、くす、くすぐった」

奈緒「別に害はないから、遊んであげなって」

藍子「ひゃ、ひゃ、えー、ちょ、ちょっとぉ、えい」ツン

奈緒「おい、なんであたしつっつくんだよ!」

藍子「わかんない、わかんないけど、き、気に入ったもの、つっつくのかな、って」

奈緒「意味わかんないぞ、じゃあたしも、ほれ」ツン

藍子「もーーー、だめだめえ」バシャバシャ

奈緒「やったなこのぉ~」バシャバシャ


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:04:59.59 ID:1vBU2VV30


奈緒「とったどー」

藍子「え??」

奈緒「これ」

藍子「…なにこれ、いつ撮ってたの?」

奈緒「割とずーっと」

奈緒「魚に夢中だったから、気がついてなかったみたいだけど」

藍子「全然わからなかったよー」

奈緒「しかも水かからないように必死だったっていう」

藍子「あ、それは大丈夫…生活防水だから」

奈緒「よかった、念のため自分のも持ってきてたけど」

藍子「あの短時間に!?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:06:01.86 ID:1vBU2VV30


奈緒「今更だけど…黙って撮っちゃってて、ごめんな」

藍子「ううん、寧ろありがとう」

奈緒「神谷カメラマン、いい仕事したかな」

藍子「ええ、感謝しますっ」

藍子「ただ…足だけ写ってる写真が多いのは、ちょっとマイナス」

奈緒「きびしーなあ」

藍子「ふふふ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:07:08.82 ID:1vBU2VV30


奈緒「…お腹すいてないか?」

藍子「そう…かな?」

奈緒「自分のことだぞ」

藍子「あはは、でもそっか、お昼近いもんね」

奈緒「じゃ、海の家戻るか」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:08:33.96 ID:1vBU2VV30


<海の家>


オマッチョァーシター、レモンカキゴーリト、カレーニナリャース


奈緒「…食事じゃなくて、いいのか?」

藍子「えー、海といったら、カキ氷でしょう」

奈緒「がっつりカレー頼んじゃったあたし、ちょっと恥ずかしいんだけど」

藍子「いいじゃない、はらぺこ奈緒ちゃん」

奈緒「育ち盛りの小学生みたいに言うなー」

藍子「あはは」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:10:01.85 ID:1vBU2VV30


奈緒「…」パクパク

藍子「…」シャクシャク


奈緒「…」モグモグ

藍子「…」ペチペチ


奈緒「…」

藍子「…」


奈緒「…ラジオだったら、放送事故だよな、これ…」

藍子「……おんなじこと考えてた」

奈緒「職業病だな、もはや…」

藍子「でも…奈緒ちゃんの前だったら、別に困らないし、気まずくもないし…」

奈緒「…遠慮なく黙ーってカレー食べられるのも…悪くないな」

藍子「だよね…お話するのもいいけど」

藍子「いっしょの時間が嬉しいから」

奈緒「ああ…ほんっと、そうだなあ…」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:12:07.58 ID:1vBU2VV30


藍子「でも、ちょーっとだけ不満が」

奈緒「え、なになに?」


藍子「…カレー、『強い』」


奈緒「は?」

藍子「だって…隣からいい匂いがずーっと…カキ氷の負けだよぉ」

奈緒「…そういうことか…しょうがないなあ」

藍子「?」

奈緒「ほら、あーん」

藍子「え?どうしたの急に?」

奈緒「…はぇ?……た、食べたいんじゃ、なかったのか…?」

藍子「いや、あの、えーと…」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:13:54.14 ID:1vBU2VV30


奈緒「うう……恥ずかしい…ノリで何やってんだあたし////」

藍子「奈緒ちゃん、大丈夫、食べたくないわけじゃないし、今の奈緒ちゃん、いけてたからっ」

藍子「ただ…突然過ぎたから…びっくりしただけで」

奈緒「////」プシュー

藍子「…奈緒ちゃんのカレー、ひと口欲しいなあ、できたら『あーん』で」

奈緒「…え……そ、そっか、じ、じゃ…ほら」

藍子「あーん」パク

奈緒「……」

藍子「んー、美味しぃ~♪ ありがとう」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:16:35.05 ID:1vBU2VV30


奈緒「…………あたし一人だけ、大ダメージ負ってる気が」

藍子「じゃ、私のカキ氷食べる?」

奈緒「は、はぁ??」

藍子「……察してよね」

奈緒「え、え???」

奈緒「………あ、そっか……ごめん、ニブくて…」

藍子「はい、早くしないと、溶けちゃうよー」

奈緒「……うん…じゃあ……あーん」パク

藍子「ふふっ、いかがですかー?」

奈緒「………!!」キンキンキンキン

藍子「ちょ、ちょっと大丈夫、奈緒ちゃん、奈緒ちゃーん」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:18:17.73 ID:1vBU2VV30


<5分後>


奈緒「…『あーん』って…その…」

藍子「うん…」

奈緒「する方もされる方も、結構…クるな」

藍子「でしょ」

奈緒「うん…もう軽率に…やらない」

藍子「でも奈緒ちゃん、カレー『あーん』してくれたとき…」

奈緒「うん?」

藍子「すごく…かっこよかった」

奈緒「なんだよそれー」

藍子「ほんとだもん…ちょっと、きゅんってしたくらい、いい表情してたよ」

奈緒「そ、そっか…恥かいた甲斐はあったんだな」

藍子「撮りたかったくらい」

奈緒「それはご勘弁願います」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:28:35.89 ID:1vBU2VV30


奈緒「…藍子だって」

藍子「?」

奈緒「ナチュラルに、その…『あーん』?できるって」

奈緒「あたしからしたら、うわ女子力高っ、ってなったから」

藍子「そう、なのかなあ?」

奈緒「撮りたかったくらい」

藍子「いいよ」

奈緒「えっ」

藍子「…あーんしてるところ、撮ってもいいよ」

奈緒「…藍子……恐ろしい子っ」

藍子「?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:31:58.87 ID:1vBU2VV30


パシャッ

奈緒(右手にスマホ…左手にカレースプーン…それくわえて満面の笑みの藍子…)

奈緒(……すごい絵面……なにしてるんだ、あたし…)


藍子「ん~~、ありがとー、おいしかったよ」

奈緒「そ、そっか…それは、よかっ、たなー」

藍子「??」

奈緒「なんだこれ…なんだこれ…」

藍子「撮れた?見せて」

奈緒「うぇ!?あ、あの…あんまり、うまくは…ない、かもだけど…ほら」

藍子「えー、うまいよぉ、奈緒ちゃん写真いけるいける」

奈緒「…そ、か……てか、恥ずかしくないのか藍子は」

藍子「んー、ちょっと恥ずかしいけど…」

藍子「自分が何か食べて喜んでいる写真って、あんまりないから」

藍子「それを撮ってくれて、嬉しい、気持ちが強いかな」

奈緒「へえ…まあ確かに、あんまりこういう顔、TVでもなきゃ見せないからなあ」

藍子「あとで送ってね」

奈緒「うん、わかった」

奈緒「藍子の足と熱帯魚の写真もサービス」

藍子「わーい、あはは」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:34:43.99 ID:1vBU2VV30


奈緒「…ちょっと、眠くない?」

藍子「うん…お昼、食べちゃったからね」

奈緒「藍子は、あれ…お昼でいいのか?」

藍子「ふた口もカレー食べたら、もうお腹いっぱい」

奈緒「仙人みたいだなあ、しっかり食べないと、大きく育たないぞ」

藍子「どこが?」

奈緒「いっ!?べ…別にどこがって、特定の場所じゃなくて、その…」

藍子「ふふっ、お姉様の忠告、心に刻んで起きますね」

奈緒「1コしか違わないし……ふわぁぁぁ…」

藍子「……お昼寝、しよっか」

奈緒「うん……ごめん、せっかくの海なのに、こんな抜けた感じで」

藍子「それがオフだよ、まったりしよ」

奈緒「わかった…ありがとう」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:36:04.53 ID:1vBU2VV30


<SMT(スーパーまったりタイム)>


奈緒「……んっ……」ムクリ

藍子「…」スヤスヤ

パシャッ

藍子「……ん…?」

奈緒「…あ、起こしちゃった?ごめん…」

藍子「ううん…何か撮ったの?」

奈緒「まぁ…ただ、あんま意味ない画だけど」

藍子「余計に気になるよ、どんなの?」

奈緒「えー……ほら」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:38:01.58 ID:1vBU2VV30


藍子「……」

奈緒「…な、言葉に困るだろ、ただの砂浜と、海と、空と、山」

藍子「…素敵…」

奈緒「そう、か?」

藍子「この画を切り取ろうとしてる奈緒ちゃんの感性が、素敵だよ」

奈緒「…照れるな、専門家にそんな言われると」

藍子「どこがぁ、専門家じゃないよお」

奈緒「あたし自身が、よくわかってなかったりするけど」

藍子「きっと奈緒ちゃんの胸の中に、なにかが湧いてきたんだよ」

奈緒「胸の中に、ねえ…………あ」

藍子「??? どうしたの」

奈緒「………………すっごい恥ずかしいこと、思い出した」

藍子「え、なになに?」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:41:59.58 ID:1vBU2VV30


奈緒「小学校の頃さ、夏休みに、風景の写生の宿題が出て」

藍子「あー、あるね」

奈緒「そしたら、家族でクラゲ見に行こうって、江ノ島行ったんだよ」

藍子「いいな、クラゲさん見たい~」

奈緒「藍子は面白いかもな、あたしはその…『なにこれ』みたいな感想しかなくて」

藍子「ゆるふわだからね、クラゲ」

奈緒「ま、それよりも宿題の写生のほうで頭いっぱいで」

藍子「うんうん」

奈緒「沖に江ノ島が見える砂浜で写真撮って、それ見ながら絵を描いたんだ」

藍子「奈緒ちゃん、すごくうまいもんね、絵」

奈緒「魔法少女のバンクのシーンとかだけだし…風景は、今も昔も苦手」

藍子「へー、意外」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:43:12.96 ID:1vBU2VV30


奈緒「でもまあ、時間もあるから頑張って描いてさ、学校に持ってって」

藍子「うん」

奈緒「そしたら先生が、微妙~な顔して、宿題の条件のとこ指さすわけ」

藍子「…うん?」

奈緒「わけわかんなくて指の先 追ってったら…」


奈緒「 『風景は、千葉県内の景色に限る』 」


藍子「ぷっ、あはははは」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:46:08.52 ID:1vBU2VV30


奈緒「もうあたし恥ずかしくて恥ずかしくて…」

奈緒「さっきまで『うまく描けました』ドヤァ みたいな顔してたの、なんだったんだ、って」

藍子「あは、あははは、ひっ、ひっ、奈緒ちゃん、あはは、はぁ、はぁ」

奈緒「…笑いすぎ」

藍子「ごめーん、あーおっかしい、奈緒ちゃんって、奈緒ちゃんって……ぷっ、ふふふふ」

奈緒「結局、努力は認めるみたいな言い回しで大丈夫だったけどさ」

奈緒「周りからは『江ノ島は千葉でぇす』とか後々までずーっと言われて」

奈緒「…大丈夫か藍子」

藍子「あー、お腹痛い、お腹痛い、江ノ島…千葉…ふふふっ」

奈緒「…ツボ入っちゃったか…まあいいよ、もう思い出話だし」

藍子「ふー、ふー、もう奈緒ちゃん…あー面白い」

奈緒「……ま、この写真は、そのときのリベンジ、かな」

藍子「あーいっぱい笑った……でも、いいお話、かも」

奈緒「どこが」

藍子「私、こういう写真…撮らないから」

奈緒「そうなのか?割と風景写真とか多いと思うけど」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:47:56.13 ID:1vBU2VV30


藍子「うーん…なんていうのかな、何か目を引くものがないとシャッター切らないかも」

奈緒「へー、意外、だなあ」

藍子「私が写真撮るのって、おしゃれな建物とか、料理とか、猫とか…」

藍子「ワンポイントこれ、っていうものを入れたがるところがあって…」

奈緒「ああ…わかる気がする」

藍子「この写真みたいに何の変哲もない…って言ったら奈緒ちゃんに失礼だけど」

奈緒「いいって、げんに何の変哲もない景色だし」

藍子「『私が見た景色』っていう、それだけを撮る感性は」

藍子「奈緒ちゃんならではだと思うよ」

奈緒「……ごめん、あたしそこまで深く考えずに撮ってた」

藍子「感性は、にじみ出るものだから、それでいいんだよ」

奈緒「そっか…多少は宿題のリベンジになったのかな」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:49:57.25 ID:1vBU2VV30


奈緒「でもさ」

藍子「うん」

奈緒「……やっぱこれ、さびしいな…一緒に写ってくれるか?」

藍子「喜んでっ、じゃ私のカメラも隣に…」


ピッピッピッ パシャッ


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:51:34.73 ID:1vBU2VV30


藍子「…私も、ちょっと挑戦しようかな」

奈緒「何に?」

藍子「『私が見た景色』それだけを撮るの…何か、違うものが見えてくるかも」

奈緒「そっか…藍子の感性だと、どんなものが撮」


パシャッ


奈緒「…え??」

藍子「うん、いいかも」

奈緒「いや、今もろにあたし入ってなかったか」

藍子「なにげない景色、だよ」

奈緒「ほんとか?……ほらやっぱり入ってるじゃんか」

藍子「撮りたかったから、ねっ」

奈緒「むぅー」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:52:57.97 ID:1vBU2VV30


藍子「ごめんごめん、でも…いい表情(かお)してるね」

奈緒「凛の真似にしちゃ、似てないよ」

藍子「本心だから」

奈緒「……そう…なのか?」

藍子「だよ、なにげない奈緒ちゃん、撮りたいなあって」

奈緒「なにげない、って…どうすればいいんだ」

藍子「んー…」

藍子「『高森藍子と話をしながら、高森藍子はそこにはいない』ような感じ?」

奈緒「なんだそれ、ははは」


パシャッ



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:54:36.98 ID:1vBU2VV30


奈緒「そういえば…泳いでないなあ」

藍子「……え?」

奈緒「いや、せっかく水着なのに、波打際ばっかりでさ」

奈緒「ちょっと、もったいないかなって」

藍子「『もったいない』って思うところ、奈緒ちゃんらしいね」

奈緒「そうか?藍子も行ってみないか、少し沖のほうとか」

藍子「んー………」

奈緒「……行きたくない?」

藍子「ううん、迷ってる…浮き輪でぷかぷか、なら大丈夫…………かな?」

奈緒「あ、無理しなくていいぞ…あんまり泳ぎ、得意じゃないなら」

藍子「でも……………………行ってみたい!」

奈緒「そうか…じゃ、ゆっくり行こうか」

藍子「………うん」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:57:24.77 ID:1vBU2VV30


<海水浴場の沖合>


藍子「らくちーん」

奈緒「…殆どあたしが引っ張ってるだけだなこれ…楽しいか?」

藍子「うん…こんなところ、私一人じゃ来れないし」

奈緒「空と海、二人占めだなあ」

藍子「広いねー」

奈緒「あ、トンビ」

藍子「え、どこどこ?」

奈緒「あれ、ずーーっと上のほう」

藍子「え…わかんな…あ、あの、ちっちゃいの!?」

奈緒「そうそう、まわって飛んでるでしょ」

藍子「あれ、トンビなんだ…ピーヒョロロロ」

奈緒「うまいうまい」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 06:59:58.45 ID:1vBU2VV30


奈緒「…そいえばさ…藍子は沖に出たら、何かやってみたいこととかあったのか?」

藍子「えっ……あの……」

奈緒「??」

藍子「…トビウオが見たいな、って」

奈緒「トビウオ?」

藍子「調べてみたら、このあたりにいる、って…」

奈緒「海水浴場にトビウオは、あんまり来ないかなあ」

藍子「そっか…ポジパのみんなで南の海にロケに行ったときには、ぴゅんぴゅん飛んでて」

奈緒「…日本だよね、それ」

藍子「茜ちゃん、手づかみで飛んでるのつかまえて」

奈緒「…人間だよね、茜」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:00:55.35 ID:1vBU2VV30


藍子「そっか…いないのかぁ」シュン

奈緒「…がっかりするほど見たかったのか…ごめん」

藍子「あ、謝らなくていいよ、勝手に私が、いたらいいな、って思っただけだし」

奈緒「……いやまあ…その『トビウオが飛んでくる海水浴場』普通に興味あるし」

藍子「……いつか……一緒に行こっか」

奈緒「………いつになるかなあ」

藍子「ずーっと先でも…いいよ」

奈緒「うん……楽しみ、とっとこう」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:02:22.67 ID:1vBU2VV30


奈緒「ぷはー、意外といっぱい魚とかいるなあ、藍子もゴーグルつけるか?」

藍子「…………ぃ」

奈緒「…え?」

藍子「……ゎ……ぃ…」

奈緒「ごめん、よく聞こえなかった」


藍子「……怖い…」


奈緒「…こ、こわ…い??」

藍子「…海の家…………あんな………遠くて……どうしよう…」

奈緒「大丈夫だって、ゆっても海水浴場の中だしさ、戻ろうと思えば…」

奈緒「……てか、さっきまで普通に満喫してたじゃんか」

藍子「……わかんない…急に……怖く、なっちゃって………戻ろ?ね?お願い」

奈緒「わかったわかった、じゃ、しっかりつかまってるんだぞ」

藍子「うん…」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:05:47.34 ID:1vBU2VV30


奈緒「……えーっと、さ」

藍子「…??」

奈緒「しっかりつかまってて、とは言ったけどさ…」

奈緒「しっかりつかまるのは、浮き輪でいいんだぞ」

藍子「…でも…」

奈緒「あたしをがっしりつかんでると、泳ぎづらくてさ…」

藍子「やだー、こわいんだもん…」

奈緒「まいったなあ…」

藍子「……奈緒ちゃん……」

奈緒「ん?」

藍子「……頼って、いい…かな…」

奈緒「?? うん……」

藍子「…………ありがとう………………」ギューッ

奈緒「だーかーら!浮き輪だってば、なんであたしを…」

奈緒「……………」

奈緒「……」

藍子「……」


奈緒「……流されないように…離すなよ」


藍子「……うん……」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:07:34.17 ID:1vBU2VV30


<波打際>


奈緒「はい、戻ってきましたぞ、藍子お姫様」

藍子「はぁぁ…よかったぁ…」ヘナヘナ

奈緒「…その、無理に連れ出して…ごめんな」

藍子「ううん、私が行くって言っちゃったんだし…」

奈緒「いや、水着だから沖に出ようとか、よく考えたらわけわかんないこと言ってたし」

奈緒「あんまり…あちこち振り回すの、やめるから」

藍子「ううん…怖かったけど、楽しかったから…これからも振り回して、ほしいな」

奈緒「…えっ…」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:08:53.24 ID:1vBU2VV30


藍子「あの、ね…沖に出たい、って言ったのは…」

藍子「…トビウオもね、もちろん見たかったけど…」

奈緒「…」

藍子「ほんとは……奈緒ちゃんにリードしてもらいたかった」

奈緒「……」

藍子「頼り甲斐のある奈緒ちゃんに、いちど、甘えてみたかった…」

藍子「だから…言うこと聞かずに、泳いでる奈緒ちゃんを…」

奈緒「…そっか……うん…」

奈緒「ありがとな、頼ってくれて」

藍子「…」

奈緒「……うすうす、気がついてた」

藍子「……そう、だったんだ…」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:10:37.78 ID:1vBU2VV30


奈緒「それ言ったら、あたしも、その……」

藍子「??」

奈緒「さっき藍子のこと、いっぱい撮ってたじゃん」

藍子「ああ…うん…」

奈緒「…いろんな藍子を、知りたいなって……思ってたから…」

藍子「え」

奈緒「あたしにないもの、いっぱい持ってる藍子が…眩しくて…つい…」

藍子「…浮き輪で浮いてても、怖いって半べそかいちゃうよ?」

奈緒「ああ」

藍子「……足をつっつく小魚に負けちゃうよ?」

奈緒「それも魅力だし」

藍子「………海水浴場から人払いしちゃうよ?」

奈緒「藍子のしわざだったのか、あれ」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:12:24.73 ID:1vBU2VV30


藍子「そっか…奈緒ちゃんには、そんなに眩しかったんだ」

奈緒「……うん、まあ…」

藍子「私が奈緒ちゃんを、眩しいって思ってたのと…同じだったんだね」

奈緒「恥ずかしいけど…そう、だな…」

藍子「…嬉しい、ありがとう」

奈緒「あたしの方こそ…ありがとな」

藍子「………頑張ろう、って思えた」

奈緒「あたしも……ただ、さ」

藍子「?」

奈緒「なんて言ったらいいか…お互い、あくまで自然でいたいな、って…」

奈緒「藍子の前だと、猶のこと」

藍子「…ん、そう、だねっ」

藍子「ゆるーく、リスペクトしあおうね」

奈緒「『ゆるーくリスペクト』か…いいかも、それ」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:13:58.44 ID:1vBU2VV30


<夕凪の浜辺>


奈緒「…遊び倒したなー」

藍子「うん、楽しかった♪」

奈緒「オフらしいオフ、だった気がする」

藍子「奈緒ちゃん、いつも気が張り詰めてるから」

奈緒「えー、そんなでもない…つもりだけどなあ」

藍子「でも、お互い満喫できたなら、よかったかな」

奈緒「ああ、ほんとに……名残惜しいけど、そろそろ帰ろうか」

藍子「今日はありがとう、素敵なところに連れてきてくれて」

奈緒「こちらこそ…ありがとう」

藍子「あとで、写真送ってね」

奈緒「わかった、足の写真だけ厳選して」

藍子「もうー、ぷんぷん」

奈緒「あはは」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:15:49.55 ID:1vBU2VV30


~~~~~~~~~~~~

プシュー
ウサミンセイ-、ウサミンセイデス


奈緒「じゃ、あたしはここで」

藍子「うん、気をつけてね」

奈緒「寝過ごすなよ」

藍子「大丈夫だって、奈緒ちゃんもお肌のケア、入念にね」

奈緒「そうだった、痛えんだよなあ、ほっとくと」

藍子「ふふふ」

奈緒「じゃお互い、元気な顔でまた会おうな」

藍子「はーい、じゃあね♪」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:17:30.96 ID:1vBU2VV30


トウキョウユキ、マモナク ダァシエリイェス


???「…おやぁ、あれは…あーちゃん? なんでこんな駅に…」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:19:14.78 ID:1vBU2VV30


~~~~~~~~~~~~~~~


<その日の夜・自室 with 海の写真>


「今日は、二人の写真を入れるフォルダを作った」

「たくさん送られてきた写真から、いろんなものがよみがえる」

「なにげない景色、楽しい瞬間、思いの詰まった表情…」

「これからも、このフォルダにたくさん、増やしてゆきたい」



「お互いの眩しさを、見つけた数だけ」

 -奈緒-
 -藍子-


おしまい


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 07:30:37.86 ID:1vBU2VV30

おそまつさまでした

奈緒と藍子の間につくられるバランスが難しかったです
うっかりしたらエンダアアアアになりそうで、無理矢理距離を取った様なところがあります


ちょっと前フリみたいなことしていますが、次作はなんにも考えていません
やるとしたら「ポジパ名物藍子ちゃん会議」「トラプリ名物奈緒ちゃん会議」?
を絡めそうですが、どうなるやら

てかみんな「なおもり」書こうず
書けば出る、なおもりのSSR1枚もない自分が言うんだから間違いはない

------------

ちなみに、トビウオが飛び交う海水浴場、長崎の壱岐で体験しました
ちゃんと人はよけるので怖くはなく、ただただ感動します
千葉でも沖合いでは普通に獲れるので、なめろうなんかになりますね

以上余談でした
html依頼出してきます


転載元:【モバマス】奈緒と藍子の2nd・Camera【水なおもり】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504036197/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2017年09月01日 00:55
    • 奈緒は頼りがいのあるところと、テンパるところの
      使い分けが難しいな。
      藍子もゆるふわとパッション脳の使い分けが。
    • 2 名無し春香さん
    • 2017年09月01日 21:53
    • 奈緒はよく書けてた様に思うが、藍子がちと違和感ある。
      口調とかが藍子によく似た別人を見てる感じ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。