スポンサーリンク


トップページモバマス > まゆ「まゆ、魔法を使えるようになりました」

1: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 11:44:16.96 ID:8V2l1plZO

P「ああ、もちろん知っているさ。恋のマホウ……だろ?」

凛「…………キモ」
sbyrn24

P「うわあああ! やめてぇぇ! そんなゴミを見るような目で僕を見ないでぇぇ!!」

奈緒「凛……おまえ、容赦なしかよ」
kmyno10

凛「いや、つい反射的に」

P「母さん! 母さん聞いてくれ! 娘の凛が反抗期なんだ!」

まゆ「うふふ、まゆですよぅ。凛ちゃん、Pさんをいじめちゃ……めっですよ」
skmmy19

凛「なんなのその茶番は……」



2: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 11:47:10.08 ID:sXPx8Bz2O

奈緒「というか、いきなりどうしたんだ、まゆ? 魔法って?」

まゆ「はい、実はまゆ、最近レベルアップしたんです」

P「レベルアップ」

まゆ「それで新しい魔法を覚えたんです」

奈緒「新しい魔法」

凛「なに、どういう世界観なの? このあと大丈夫なのこれ?」

まゆ「そうなんですよねぇ。まゆ、あんまりゲームとか詳しくないので……」

奈緒「そういう問題なのかコレ?」

P「まぁでもアイオライトブルーさんなら大丈夫じゃない? 得意分野じゃない?」

凛「やめろ」(ゲシッゲシッ

P「イタっ、け、蹴るなよぉ。なんだよ楽しそうだったじゃんかよぉ」

スポンサーリンク



3: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 11:56:36.00 ID:sXPx8Bz2O

P「まぁじゃれついてる凛は放っておいて、魔法……魔法かぁ……」

P「真面目な話、奈緒ならある程度いけるよな」

奈緒「いや、荒唐無稽な二次創作じゃないんだから魔法とかいきなり言われてもさぁ」

P「それな。ハッハッハ……なぁ、まゆ。ちなみになんだが、どんな魔法が使えるんだ?」

まゆ「ええと……たぶんこれが一覧表ですね」


4: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 11:59:22.80 ID:sXPx8Bz2O

・デス
・レベルPデス
・バニシュ
・ザキ
・ザラキ
・ムド
・マハムド
・マハムドオン

P・奈緒「(全部即死魔法じゃねーか!!)」


6: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 12:20:25.73 ID:8V2l1plZO

まゆ「けど、まゆこれがどういう魔法かよくわからないんですよねぇ」

凛「とりあえず使ってみたらいいんじゃない?」

P「おいばかやめろ」

凛「むっ……なに? わかんないなら使ってみるしか無いじゃない」

P「いやいやいや。他のは知らなきゃともかく、デスって! 明らかにヤバいヤツじゃんデスって!!」

奈緒「というかこのレベルPデスってなんなんだ……」

まゆ「それじゃあこのザキって魔法を――えいっ」(ドラクエっぽいSE

P・奈緒「うわああああああああっ!!??」


7: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 12:29:20.10 ID:sXPx8Bz2O

凛「…………なにも起きないよ?」

P「え、マジで? みんな生きてる? 実は最初から加蓮が居たとかそういうオチじゃない?」

奈緒「や、やめろよなPさん!? 加蓮は今日はソロライブで出掛けているよ!」

凛「あ、ちょっと待って……なにか聞こえない?」

P「ん……あれ、これは……?」

たんたんたらららーん♪たららららたんたんたらららーん♪

奈緒「これは……キラッ!満開スマイル!のイントロ……?」


8: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 12:29:59.57 ID:sXPx8Bz2O

まゆ「『ねぇ、お花見しよっ♪』」(※キラッ!満開スマイル!佐久間まゆソロリミックス参照)


9: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 12:31:06.84 ID:sXPx8Bz2O

P「ぐはああああああああっっっっ!!??」

奈緒「P、Pさんがいきなり血を吐いて倒れた!?」

凛「プ、プロデューサー? いきなりどうしたの!?」

P「が、がふっ! い、いや何故かわからんがいきなり脳髄を貫くような衝撃が……」

まゆ「――あ、あれ……? みんなどうかしたんですか……?」

奈緒「いや、Pさんが突然血を吐いて倒れちゃって息も絶え絶えな状態に」

P「カヒュー……カヒュー……」


10: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 12:41:53.84 ID:8V2l1plZO

まゆ「一大事じゃないですか。なんでそんな事が……?」

凛「そうだよ、まゆ! こんな時こそ魔法の力でプロデューサーを癒せるんじゃ!」

まゆ「え、私の魔法にそんな力が……!?」

奈緒「あ、いやー、それはどうなんだろう……」

凛「迷っている暇はないよ。いまプロデューサーを助けられるのはまゆだけなんだから」

まゆ「凛ちゃん……わかりました、まゆやってみせます! はあああああ!!」(それっぽいBGM

奈緒「…………………やっぱり何も起きない?」

凛「……ううん、誰かこっちに来る。それにこの音楽は……」


11: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 12:44:49.27 ID:sXPx8Bz2O


加蓮「何があっても離れない」
hjkrn20

智絵里「どんな時でも一緒に」
ogtcer18

李衣菜「世界中にたった一つ」
tdrn12

美穂「真っ赤な絆」
khntmh19


まゆ「『――――∞(アンリミテッド)』」 Love∞Destiny(M@STER VERSION)参照


12: ◆3dZIRy7M7. 2017/09/07(木) 12:47:01.87 ID:8V2l1plZO

奈緒「か、加蓮!? え? ソロライブの筈じゃ……」

凛「それに他の皆もなんで衣装バッチリ決めてこんなところに……え? あ、帰る? 出番終わったから? あ、うん……」

まゆ「――――あれ? 私はいったい……はっ! そういえばPさんは!?」

凛「あ、そういえばさっきまで苦しそうに呼吸していたのに今は随分静かに……」

P「―――――-―――――-」

奈緒「……P、Pさん、呼吸してない。というか心臓が止まっている」

この後、エヴリデイドリームとマイ・スイート・ハネムーンを聞いて蘇生と昇天を繰り返したPはなんとか一命を取り留めたそうな。

どっとはらい。


転載元:まゆ「まゆ、魔法を使えるようになりました」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504752256/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。