スポンサーリンク


トップページモバマス > まゆ「まゆ、変わったでしょう♪」

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:02:14.75 ID:v5Kq5twc0


未央「ふうっ、お疲れ様、みんなっ!」
hndmo26

まゆ「はい、お疲れ様でした……♪」
skmmy19

美波「お疲れ様。ふふっ、楽しいステージでしたね」
nttamnm18

文香「えぇ……柄にもなく、はしゃいでしまいました……」
sgswfmk16

未央「あんなふみふみ滅多に見ないもんねー」

幸子「少なくとも普段の読書している文香さんからは想像もつきませんね」
ksmzsck18

文香「……私も、想像していませんでした」

文香「まさか、私がこのような舞台に立つことになるなんて……と」

まゆ「ふふっ……」

まゆ「……きっと皆さん同じことを思ってると思いますよ……ねぇ?」

美波「うん、そうね」

美波「私だって、こんなことになるとは思わなくって……昔の私が見たらどう思うんだろう……ふふっ」

まゆ「美波さんもステージの上だと変わりますからね……」

まゆ「普段よりも色気が溢れてて……会場の皆さんを虜にしてしまうくらいで……」

文香「そうでしたね……誰もが、美波さんの姿に見惚れていました……目が離せないくらいに」

美波「えぇっ!? そ、そんなにかなぁ……?」

幸子「そんなにでしたよ」

幸子「……まあ、美波さんは一番セクシーですから仕方ないですけど」

美波「そ、そんな……一番なんて……」

幸子「……でもっ! ボクだって――」

未央「――あっ、じゃあさっちー!」

幸子「へぇっ!? な、なんですか?」

未央「未央ちゃんはなにー?」

幸子「へ……何がですか?」

未央「未央ちゃんはー? いちばんー?」

幸子「……ああ」

幸子「未央さんは一番元気でしたね」

未央「おぉ、元気かー……」

未央「ふふっ、まあなんてったって私パッションだしね!」



2: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:03:00.70 ID:v5Kq5twc0

文香「……」

まゆ「……」

幸子「……お二人とも?」

まゆ「うふ……わかりませんかぁ……?」

幸子「……まゆさんはともかく……文香さんまで、そういうことですか?」

文香「今だからこそ……というのもあるのでしょう」

文香「熱はまだ冷めず……夢心地からも覚めず……だからこそ、このようなことも……」

幸子「……」

幸子「……わかりましたよ、もう」

幸子「えーっとですね……文香さんは一番美しかったと思います」

文香「美しい……ですか」

文香「……ふふ、少しこそばゆいですね」

幸子「それで、まゆさんは一番綺麗でしたね」

まゆ「綺麗……ふふ、嬉しい……♪」

幸子「……そして!」

幸子「もちろんボクは一番カワイイかったですね!」

未央「うんうん、さっちーは一番かわいかったよ!」

幸子「フフーン! もっと褒めてください!」

まゆ「ふふ……幸子ちゃんかわいい……♪」ナデナデ

幸子「フフーン!」

幸子「……嬉しいですけど、頭を撫でられるのは複雑です」

スポンサーリンク



4: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:03:48.36 ID:v5Kq5twc0

未央「さてとっ!」

未央「それじゃ、この後はみんなでパーティにいこっか!」

美波「あれ? 事務所のパーティって今日だったっけ?」

未央「ううん、そっちじゃなくって」

未央「同じステージに立った私たちのお疲れ様パーティ!」

まゆ「わぁ……いいですね」

未央「……まあ、何の用意もしてないからそんなに豪勢にーっとはならないけどね」

文香「……その豪勢さは……それこそ後のパーティの日で味わいましょう」

文香「今日は……語りつくせない、胸のうちを共有しあうものに……」

未央「おおう、ふみふみ良いこと言うー!」

未央「ま、そんな感じでさ! どうかな?」

美波「うん、いいと思う!」

幸子「ボクも行きます!」

文香「わたくしも……」

まゆ「もちろん、まゆも……♪」

未央「よしっ、決まりだね!」

未央「んー、みんなノリが良くて大好きっ!」

美波「ふふっ……」

モバP「おお、盛り上がってるな」

まゆ「あ、プロデューサーさん……」


5: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:04:27.58 ID:v5Kq5twc0

モバP「お疲れ様」

未央「うん、お疲れ様!」

未央「えへへっ、すーっごく楽しかったよ!」

モバP「そうか……」

モバP「聞く手間が省けたな」

未央「それだけ楽しかったってこと!」

未央「ねー?」

文香「あ……」

文香「……ね、ねー……?」

未央「ほら! ふみふみが『ねー』ってしてくれるくらい!」

モバP「はは、それは相当だな」

文香「……恥ずかしいです」

モバP「ところで、ずいぶん盛り上がってたみたいだが、何の話してたんだ」

美波「えっと、この後お疲れ様パーティをしようって話をしてたんです」

モバP「ああ、そうなのか」

モバP「じゃあ、その後で……いや……」

幸子「何をブツブツ言ってるんですか?」

モバP「いや……」

モバP「……」

モバP「……すまん、少しだけまゆを借りていいか?」

まゆ「まゆを……?」


6: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:05:35.53 ID:v5Kq5twc0

幸子「まゆさんが何かしたんですか?」

モバP「いや、そういうわけじゃないんだが……」

モバP「……手短に終わらせるから、少しついてきてくれないか?」

まゆ「……うふ」

まゆ「プロデューサーさんのお願いは断れません……もちろん、行きますよ」

モバP「ん、ありがとう」

モバP「そんなに時間はとらせないから、みんな少し待っててくれ」

文香「……わかりました」

モバP「じゃあ、まゆ。こっちに」

まゆ「はぁい♪」

未央「……」

未央「……行っちゃった」

美波「何の話なんだろうね?」

幸子「さぁ……」

未央「……ま、これはこれでむしろちょうどよかったかも!」

文香「?」

未央「ふっふっふー……みんな、今日は何の日か知ってる?」


7: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:06:24.42 ID:v5Kq5twc0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

モバP「……よし、こんなところでいいだろう」

まゆ「……誰もいませんねぇ」

モバP「ああ。二人きりだ」

まゆ「二人きり……」

まゆ「……うふ、積極的なプロデューサーさんも、まゆは大歓迎ですよ?」

モバP「……いや、そういうのじゃないけどな」

まゆ「そういうのってどういうのですかぁ……?」

モバP「……」

まゆ「なんて……うふふっ」

まゆ「……それで、何のお話でしょう?」

モバP「ああ。えっとな」

モバP「……っと」

モバP「まゆ、誕生日おめでとう」

まゆ「!」

モバP「これが俺からの誕生日プレゼントだ」

まゆ「わぁ……開けてみても?」

モバP「ああ」

まゆ「……」

まゆ「……あ、リボン……」

まゆ「それも、真っ赤な……」

モバP「……似合うと思ったんだ」

モバP「同じようなのは持ってるかもしれない……とも思ったけどな」

まゆ「いいえ……同じものなんてありません……」

まゆ「たった一人のプロデューサーさんからもらった……ただひとつのリボンですから……」

まゆ「同じなんて……ぜんぜん……」

まゆ「……うふ、うふふ」

まゆ「嬉しい……♪」

モバP「……喜んでくれたみたいでよかったよ」


8: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:06:50.94 ID:v5Kq5twc0

モバP「……本当はさ、もっと早く渡したかったんだ」

モバP「今日が誕生日だなんて、ずっと前から知ってたからな」

まゆ「プロデューサーさん……」

モバP「……でも、今日は大切なライブの日だ」

モバP「そして、まゆもそのライブに向けて一生懸命に頑張ってた」

モバP「それをずっと見てたからさ、どうしても邪魔なんてできなかった」

まゆ「邪魔だなんて……そんなこと、思いませんよ」

モバP「……まゆはきっとそう言ってくれるって思ったよ」

モバP「それでも、見たかったんだ」

モバP「仲間たちと一緒に、ひたむきに前に走るまゆを」

モバP「見てみたかったんだ」

まゆ「……」

モバP「……今日のステージは最高だったよ」

モバP「見たかったものを軽々と超えられた感じだ……」

モバP「あんなにも楽しそうに踊る五人を……まゆを見たのは始めてだ」

モバP「……こっちがプレゼントをもらったみたいだった」

モバP「一夜限りなのが惜しいくらいだ……それほど見惚れてしまった」

まゆ「……べた褒めですねぇ」

まゆ「嬉しい……けど、顔も赤くなっちゃいます」

モバP「ははっ」


9: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:09:10.73 ID:v5Kq5twc0

モバP「……っと、すまん。変に語りすぎてしまったな」

モバP「みんな待ってるだろう。そろそろ――」

まゆ「――いいえ」

モバP「ん?」

まゆ「もう少し、ここでお話しましょう?」

モバP「……いいのか?」

まゆ「幸子ちゃんたちにはちょっぴり申し訳ないですけど……」

まゆ「でも、自分だけおしゃべりはずるいですよ?」

まゆ「まゆの話も聞いて欲しいです……♪」

まゆ「ね、プロデューサーさん……?」

モバP「……」

まゆ「うふ……」

まゆ「……」

まゆ「実はまゆ、さっきまで誕生日のこと忘れてたんです」

モバP「……そうだったのか?」

まゆ「はい……といっても、今日の朝は覚えてました……ギリギリ」

モバP「ギリギリ……」

まゆ「朝起きて……携帯におめでとうってメッセージが来てたり……」

まゆ「ご飯食べるときにおめでとうって声をかけてもらったり……」

まゆ「そうやって祝ってもらってたから覚えてたんです」

まゆ「だから……プロデューサーさんはどんなプレゼントをまゆにくれるのかな……?」

まゆ「覚えていてくれてるかな……なんてことも、考えたりしてました」

まゆ「うふ、その心配は杞憂だったみたいですけど」

モバP「……」

まゆ「……でも、それから」

まゆ「会場に来て……幸子ちゃんたちと、今日のステージについて話したり、確認しあったり……」

まゆ「たくさん来てくれたファンのみんなを見たり……」

まゆ「……そして、ステージの上で歌ったり」

まゆ「そうしているうちに、ぽかんっと忘れてしまったんです」

まゆ「今日が誕生日だ……なんて、全然頭になくって」

まゆ「ただ、ただ今日のこのステージだけのことを考えてて」

まゆ「終わってすぐも、ずっと残ってて……こうしてプロデューサーさんに渡されなかったら、ずっと忘れたままだったかも……ってくらい」

まゆ「それくらい、今日のステージだけに目を向けてて……」

まゆ「……プロデューサーさんの言葉を借りるなら、ひたむきに前に走ってました♪」


10: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:12:41.28 ID:v5Kq5twc0

まゆ「なんて……ふふっ」

まゆ「こんなこと、昔のまゆが聞いたら怒っちゃうかもしれませんね」

まゆ「運命の人のことを忘れるなんて……って」

モバP「昔のまゆか……」

まゆ「はい……昔の」

まゆ「ただ、プロデューサーさんの傍に入れればよくって……プロデューサーさんに愛されたくって」

まゆ「人と関わったりだとか、そういうのはどうでもよかった……あの頃の……」

モバP「……そう聞くと、まゆもずいぶん変わったな」

まゆ「はい、変わりました♪」

まゆ「もうあの頃には戻れないくらいに……」

まゆ「うふ……プロデューサーさんのせいですよ?」

モバP「俺のせいか」

まゆ「そうです」

まゆ「アイドルなんて、ただ傍にいるための手段だったのに……いつのまにかこんなに」

まゆ「こんなに、楽しくなっちゃって……」

まゆ「もう視界はプロデューサーさん一色だけじゃなくなって……」

まゆ「色とりどりの世界になっちゃって……とてもまぶしくって」

まゆ「でも……とっても素敵で……」

まゆ「……そんな世界になっちゃったのも、プロデューサーさんが、まゆのことをずっとプロデュースしてくれたから……」

まゆ「だから、全部プロデューサーさんのせいです♪」

モバP「ははっ、そいつは悪いことをしちゃったかもな」

まゆ「はい……だから、プロデューサーさんには責任を取ってもらわなきゃ……ね?」

モバP「そうだな」

モバP「……今後のプロデュースで責任を果たすよ」

まゆ「うふふ、期待してますねぇ」


11: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:16:00.30 ID:v5Kq5twc0

まゆ「それにしても……気づいてくれてたんですね♪」

まゆ「まゆが変わったこと……」

モバP「そりゃあな」

モバP「ずっと担当してるんだから、気づかないわけないだろ」

モバP「誰よりも、見てきたんだから」

まゆ「そうですよねぇ……まゆも、そう信じてました」

まゆ「でも……口にしてくれて……うふふっ、嬉しいっ……♪」

モバP「……本当に変わったと思うよ」

モバP「あんなに屈託なく笑うところなんて昔はぜんぜん見なかったしな」

モバP「やわらかくなって……どんどん魅力的になってさ」

モバP「逆に、あの頃のゾクリと肌を撫でるような魅力は薄くなっていって……」

まゆ「……プロデューサーさんはそっちのほうがお好きでしたか?」

モバP「……それもまゆに惹きつけられる要因の一つではあったな」

モバP「でも……俺は今のまゆが好きだよ」

まゆ「そうですか……」

まゆ「……よかった」

モバP「ん?」

まゆ「まゆ……自分が変わっていってることに気がついて……それからずっとずっと頑張ってたんです」

まゆ「時には背伸びなんかもしたりして……」

まゆ「昔のまゆの方が良かった……なんて言われないように。自分を磨いて……たくさんの魅力を振りまけるように……って」

まゆ「だから……よかった、プロデューサーさんが今のまゆを好きって言ってくれて」

まゆ「本当に嬉しい……♪」


12: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:17:56.54 ID:v5Kq5twc0

まゆ「でも……やっぱりまだちょっとだけ不安なんです」

まゆ「……プロデューサーさんだけじゃなくって」

まゆ「仲間のみんなも……ファンのみんなも……今のまゆを好きって言ってくれるのかな……って」

モバP「……今日、みんなはどんな様子だった?」

まゆ「……」

モバP「それがみんなの答えだよ」

まゆ「そうですかぁ……」

まゆ「……」

まゆ「……そうですかぁ……♪」

モバP「ああ」

モバP「不安がることなんかない。こうしてたくさんの人がついてきてくれるんだから」

まゆ「はい……」

まゆ「……本当にプロデューサーさんって素敵……」

まゆ「たった一言で、まゆの不安を一気に掻っ攫っちゃうんだから……」


13: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:20:48.00 ID:v5Kq5twc0

まゆ「うふふ……」

まゆ「……ねぇ、プロデューサーさん」

モバP「ん?」

まゆ「まゆ……これからも、きっと変わり続けます」

まゆ「昔のまゆから今のまゆになったように……今のまゆから未来のまゆへ、きっと変わります……」

まゆ「あなたの夢になるために……あなたと夢を追うために……」

まゆ「……それだけじゃなく」

まゆ「まゆの夢を叶える為に……♪」

モバP「……」

まゆ「……もしかしたら、今のまゆともぜんぜん違うまゆになっちゃってるかもしれません」

まゆ「それでも、プロデューサーさんは……」

まゆ「……」

まゆ「……いえ」

まゆ「そうなるかもしれませんから……だから、プロデューサーさんも」

まゆ「……プロデューサーさんも、変わり続けてくださいね」

まゆ「まゆのために……♪」

モバP「ああ、もちろん」

モバP「二人で変わり続けて行こう」

まゆ「はい……♪」

まゆ「……まずは手始めに、今のプロデューサーさんの最高の思い出をすぐに変えてみせます♪」

まゆ「このワンナイトが最高だった……なんてもう言わせません……簡単に塗りつぶしちゃいますから♪」

モバP「ああ、期待してるよ」

まゆ「うふふっ」

まゆ「……ちょっとお話ししすぎちゃったかも」

モバP「……みんな待ってるだろうな」

まゆ「いけない……早くみんなのところに戻りましょう、プロデューサーさん」

モバP「ああ」

モバP「……ん?」

まゆ「どうしました?」

モバP「いや、俺も行くのかと思って」

まゆ「パーティに来てくれないんですかぁ?」

モバP「いや、行くけどさ」

まゆ「でしょう?」

まゆ「うふ……きっと来てくれるって、まゆはわかってましたから♪」

モバP「……そっか」


14: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:21:21.28 ID:v5Kq5twc0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


幸子「えーっと……うふ……ボ……じゃない――」

まゆ「ただいま戻りました♪」

幸子「――まゆ、お祝いしてもらえて嬉し……へ、まゆさん?」

まゆ「あら、幸子ちゃん……まゆの真似ですかぁ?」

幸子「いやっ、えっと……これはその……」

未央「お帰りっ、さくまゆ!」

未央「今、幸子ちゃんの物まね大会してたんだー」

まゆ「あ、そうなんだ……」

幸子「ちょっと! なんですかそ――ムグッ!」

文香「しー……」

まゆ「ちょっと気になるかも……」

未央「ふふっ! じゃあパーティのときにもう一回披露してもらおっか!」

幸子「ムグー!」

美波「二人は何の話してたの?」

まゆ「うふ……実は誕生日プレゼントをもらってたんです」

幸子「!」

未央「おーっと、プロデューサー、抜け駆けかーい?」

モバP「……まあ、そうだな」

未央「……おぉ、まさか認めるとは」

モバP「まあ、事実だしな」


15: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:22:19.65 ID:v5Kq5twc0

まゆ「抜け駆け……」

まゆ「プロデューサーさんが……まゆのために……」

文香「……まゆさん。顔がとろけてます」

まゆ「はっ……いけないいけない……つい、嬉しくって」

文香「……それほど幸せだったのですね」

まゆ「はい……♪」

幸子「ムグムグ……ぷはっ!」

文香「あ……」

幸子「もう! ずるいですよプロデューサーさん!」

幸子「ボクたちもいろいろ考えてたのに!」

美波「あっ、幸子ちゃん!」

まゆ「……えっ」

幸子「へ……あっ!」

未央「あちゃー……」

幸子「……」

幸子「……か、勘違いしないでください! 物まねのレパートリーをですよ!」

文香「それは……無理があるかと……」

幸子「うぅ……」

未央「……ま、そんな感じでさ、この後はお疲れ様パーティ兼まゆちゃんの誕生日パーティなんだ」

未央「サプライズ……にはならなかったけど。でもいーっぱいお祝いするからねっ!」

まゆ「……うふ、ありがとうございます」

まゆ「……今、びっくりしましたから。サプライズは成功ですよ、幸子ちゃん?」

幸子「……フォローありがとうございます」

まゆ「うふふ……」

まゆ「……今日は本当に、幸せな日ですね……♪」




おしまい


16: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:23:33.05 ID:v5Kq5twc0

まゆ誕生日おめでとう!

そしてイベントお疲れ様でした。とても良いアニバーサリーでした。
この一年はモバデレ両方のアニバイベに参加したり、ハネムーンに行ったり、いろいろなところでまゆが楽しそうにしていて幸せでした。
今後もどんどん変わっていくまゆの姿を楽しみに生きていきます。まずはそろそろ出るだろうTulipカバーに期待してます。

タイトルとSS内のセリフの元ネタは[イリュージョニスタ!]佐久間まゆ特訓前、特訓後のいろんなところから
どのセリフも最高でしたが、特にこの3つがお気に入りです
FUKn4xY

oxB7Bt3

VRIsrry


誤字脱字、コレジャナイ感はすいません。読んでくださった方ありがとうございました。


17: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/07(木) 21:23:59.85 ID:v5Kq5twc0



転載元:まゆ「まゆ、変わったでしょう♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504785734/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。