スポンサーリンク


トップページモバマス > まゆ「はぁい、だっこですよー? だっこだっこー♪」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 00:59:14.93 ID:j3w46fdUO


こずえ「まゆー…、だっこー、してー……」
yskze3

まゆ「あら? だっこですか?」
skmmy28

こずえ「うんー……」

まゆ「はいはぁい。えー、よいしょ! ほーら、だっこですよぉ」

こずえ「わぁー……♪」

まゆ「はーい、だっこだっこー♪」

こずえ「…………」ジー

まゆ「あらぁ? どうしました?」

こずえ「んふー……」ギュッ

まゆ「あらあら……♪」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 01:06:52.01 ID:j3w46fdUO


幸子「おはようございま……。って、まゆさん?」
ksmzsck

まゆ「あら、幸子ちゃん。おはようございます」

幸子「こずえちゃんをだっこして……。なんというか、とっても似合ってますね」

まゆ「そうですかぁ? うふふ……」

幸子「お母さんみたいです」

こずえ「まゆー…、お母さんー……?」

まゆ「はぁーい♪」

こずえ「んふふー……♪」ギュッ

幸子「…………」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 01:13:35.12 ID:j3w46fdUO


まゆ「後で幸子ちゃんもだっこしてあげますよぉ?」

幸子「うぇっ!? い、いやー、そのー……。ぼ、ボクは赤ちゃんじゃないので、そんな、だっこなんて……」

こずえ「まゆー、いいにおいー……」

まゆ「そうですかぁ?」

こずえ「まゆー、やわらかいー……♪」

まゆ「うふふー♪」

幸子「…………」

こずえ「んふー……♪」

幸子「う、うぅ……」

スポンサーリンク



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 01:25:49.72 ID:j3w46fdUO


P「戻ったぞー」

まゆ「おかえりなさい、Pさ……」

幸子「プロデューサーさん! こっち来てください!」

P「お、お! なんだなんだ、引っ張ると危ないぞ」

こずえ「ぷろでゅーさぁー…、おかえりー……」

P「ああ、ただいま。だっこしてもらってるのか、よかったなぁ」

こずえ「うんー……♪」

まゆ「うふふー……♪」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:01:06.82 ID:j3w46fdUO


幸子「プロデューサーさん! ボクをだっこしてください!」

P「なんだ、こずえが羨ましいんだ?」

幸子「いいからしてください!」

P「はいはい。……ぅあよいしょっ! 軽いなっ」

幸子「当然です! だってボクはカワイイアイドルなので!」

こずえ「ふわー……」

幸子「……フフーン! ボクの方が高いです!」ドヤァ

こずえ「……まゆのがいいー」

幸子「んなっ……」

P「」ガーン

まゆ「あらあら…、うふふ……!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:08:07.78 ID:j3w46fdUO


幸子「~~~~ッ!!」ペチッ ペチッ

P「痛いよ……」

幸子「プロデューサーさん! もっと高く、高くしてください!」

P「高くって言ったって……」

幸子「肩車です! いったん降ろしてください!」

P「はいはい……」

幸子「しゃがんでください! んしょ、んしょ……」

P「うわっぷ、スカートが……」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:21:52.85 ID:j3w46fdUO


幸子「よし! さあプロデューサーさん!」

P「壁に手付けてるんだぞー? いち、にの……、さん!」

幸子「おっとと……」

まゆ「まぁ……」

こずえ「ふわぁー……」

幸子「……フフーン!」ドヤァ

P「まぁ、幸子が満足ならそれでいいさ……」

まゆ「どうです、幸子ちゃん。普段からは見られない景色は?」

幸子「いやー、もう最高ですねぇ! 格別としか言いようがありませんよ!」

幸子「…………!」チラッ

こずえ「……まゆがいいー」

まゆ「あらあら……♪」

幸子「なっ……!」

P「」ガーン


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:47:18.99 ID:j3w46fdUO


幸子「~~~~ッ!」ギチギチギチ

P「さち…! あ、あし! 足で首が絞まっ……!」

幸子「あ、ごめんなさい」

P「な、幸子。もう降りてもらって大丈夫か……?」

幸子「はい……」

まゆ「うふふ……、よかったですねぇ、幸子ちゃん。肩車してもらえて♪」

幸子「まゆさんもしてもらうといいですよ。高い景色は新鮮ですから……」

まゆ「あ、まゆはいいかな……」

P「」ガーン

まゆ「その、太もも、『とか』…、当たるの恥ずかしいから……」

幸子「…………」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:59:39.99 ID:j3w46fdUO


幸子「…………ッ!」///

幸子「ぷ、プロデューサー!?」

P「……お、俺は頼まれたことをしただけだし」///

幸子「へ、ヘンタイですっ! もー……!」

P「ご、ごめんって……」

幸子「触らないでください!」

P「」ガーン

こずえ「みんなー…? どうしたのー……?」

幸子「な、なんでもありません……」

こずえ「んー…。さちこー……」

幸子「は、はい?」

こずえ「さちこー…、まゆ、すきー……?」

幸子「も、もちろん! 同じ事務所の仲間で、友達で、お姉さんで、嫌いなわけないじゃないですか!」

まゆ「っ!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 13:06:05.22 ID:j3w46fdUO


こずえ「ふぁー…。まゆー……、おりるー……」

まゆ「あ……」

こずえ「まゆー……。さちこー…。さちこ、だっこしてあげてぇー……」

幸子「こ、こずえさん……」

まゆ「……っ! 幸子ちゃんっ!!」

幸子「ま、まゆさん……!」

まゆ「さっきは…、さっきはいじわるしてごめんなさい……!」

幸子「うぇっ!? ま、まゆさんはそんな事してませんよぉ! むしろ、ボクの方がそれらしいことしちゃってるくらいで……」

まゆ「大好きです…! まゆは幸子ちゃんの事もとっても! とってもとっても大好きです!!」

幸子「ま、まゆさ……!」

まゆ「幸子ちゃんは! 幸子ちゃんはまゆのこと…、嫌いになっちゃいましたか……?」

幸子「ぼ、ボクだって……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 13:25:36.75 ID:j3w46fdUO


幸子「こんなに優しいまゆさんのこと、嫌いなわけないじゃないですかぁーーっ!!」

まゆ「……幸子ちゃん!!」

幸子「まゆさぁん!!」

まゆ「まゆが、まゆが幸子ちゃんの事! いーっぱい ぎゅぅー、ってしてあげますからねぇ!」

幸子「まゆさん…! 柔らかくて、いい匂い……♪ どっかの男の人とは大違いです!」

まゆ「うふふ! もっと、もっと甘えちゃってくださいねぇ♪」

幸子「はいっ! フフーン♪ ふふ、ふふへぇ……♪」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 13:36:54.62 ID:j3w46fdUO


こずえ「ふわぁー……」

P「」

こずえ「ぷろでゅーさぁー……?」

P「」サラァ…

こずえ「ほー……」

こずえ「ぷろでゅーさー…、ちりになったのー……」

こずえ「ふぅー……♪」




完っ!!


転載元:まゆ「はぁい、だっこですよー? だっこだっこー♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504799954/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。