スポンサーリンク


トップページモバマス > 遊佐こずえ「おらおらー・・・」

1: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/17(日) 22:47:34.77 ID:8tIKLQLH0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSとなります。

アニメ世界準拠のSSとなりますのでご注意を。




3: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/17(日) 22:53:07.15 ID:8tIKLQLH0


遊佐こずえ「おらおらー・・・おらおらー・・・」ポカポカポカポカ
yskze4

依田芳乃「申し訳ないのでして―・・・!」
yrtysn13

モバP「・・・何これ、どういう状況?」

荒木比奈「あ、プロデューサー。お疲れ様でス」
arkhn19

モバP「おう、比奈か、お疲れ。・・・で、あれは一体なんだ?」


4: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/17(日) 23:01:49.60 ID:8tIKLQLH0

比奈「あー、あれはっスね・・・スイマセン、先に謝らせていただきまス。アタシの所為ッス」

モバP「何したんだよ、いったい・・・」

比奈「原因はこれッス」スッ

モバP「んん・・・?これ、あれだよな・・・ジョ〇ョだよな?」

比奈「ええ、そうッス、これをこずえちゃんが見つけてしまったのが始まりッス・・・」


6: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/17(日) 23:13:22.24 ID:8tIKLQLH0

Pが戻る少し前--


比奈『いやー、漫画を事務所に忘れるとは、不覚ッス。ただでさえプロデューサーに漫画を持ち込み過ぎだって怒られたばかりなのに・・・』

こずえ『ひなー・・・おかえりー・・・』

比奈『あれ、こずえちゃん。お疲れ様でス。・・・ってそれ!?』

こずえ『置いてあったから・・・読んでたー・・・』

比奈『あー・・・そうだったんスか・・・あの~こずえちゃん』

こずえ『なぁにー・・・?』

比奈『その漫画、アタシのなんでスけど、この前持ってき過ぎってプロデューサーに怒られてるんでスよ』

比奈『だから、その~・・・プロデューサーには内緒でお願いしまスね?』

こずえ『ないしょ・・・わかったー・・・』

スポンサーリンク



7: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/17(日) 23:23:03.77 ID:8tIKLQLH0

比奈『ホッ・・・』

こずえ『ひなー・・・』

比奈『ん?何スか、こずえちゃん?』

こずえ『このひとー・・・どうして、おらおら、いいながら、ぽかぽかしてるのー・・・?』

比奈『あ、ああ~・・・これはっスね・・・』

比奈『これは悪い奴を反省させるためにやってるんでスよ』

こずえ『わるいやつー・・・?』

比奈『そうッス。悪い事をしたらこうなるんだぞって分からせるために、やってるんでスよ』

こずえ『そっかー・・・じゃあ・・・』




8: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/17(日) 23:31:40.90 ID:8tIKLQLH0

こずえ『よしのもー・・・わるものー・・・』

比奈『へっ?何で芳乃ちゃんの名前が――』

ガタッ

比奈『うえっ!?』

芳乃『・・・驚きましたー・・・何故気付いたのでー?』

こずえ『つくえからー・・・おふく、みえてたー・・・あと・・・』

こずえ『おかし・・・おちてたー・・・』ヒョイ

芳乃『・・・悪いことはーやはりー出来ませぬねー』

比奈『あ、それ・・・プロデューサーがこの前買ってきてた歌舞伎揚げっスか』

こずえ『わるいこはー・・・おしおきー・・・』

比奈『え、ちょ、こずえちゃん!?』

こずえ『おらおらー・・・おらおらー・・・』

芳乃『い、いたたたたー・・・!申し訳ありませぬー・・・!』


10: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/17(日) 23:43:06.03 ID:8tIKLQLH0

モバP「・・・なるほどな、大体の事情は分かった。おーい、こずえ。とりあえずその辺にしてやれ」

こずえ「あー・・・ぷろでゅーさー・・・おかえりー・・・」

モバP「おう、ただいま。・・・で、芳乃、何で勝手に食べたんだ?それ。別にまた買ってくりゃ良いだけだからいいけどさ」

芳乃「そのー・・・自分でも不思議なのですがー」

芳乃「そなたの机の上のー歌舞伎揚げを見た途端ー、食べなければならぬというー謎の衝動に襲われましてー」

モバP「何だそりゃ・・・魔が差したって奴か?まあ見た感じ反省してるみたいだし、こずえも、もうやめてやれ」

こずえ「わかったー・・・」

モバP「良し。それじゃあ今後のスケジュールはっと・・・比奈と芳乃はこれからレッスンでこずえは・・・」

こずえ「こずえー・・・おしごと・・・おわりー・・・」

モバP「ああ、そうだったね、じゃあこずえは――」

こずえ「だから・・・おしおきー・・・」

モバP「え?」

こずえ「わるものー・・・こらしめるー・・・」


11: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/17(日) 23:48:53.08 ID:8tIKLQLH0

モバP「お、おい、こずえ、どこへ!?・・・行ってしまった・・・」

比奈「あー・・・その、プロデューサー・・・申し訳ないッス・・・」

モバP「・・・はあ。まあ、こずえの事だし変な事はしないだろ。とりあえず・・・」ケータイトリダシポパピプペ

モバP「――ああ、もしもし、ベテトレさんですか。今日の比奈と芳乃のレッスン、いつもより厳しめでお願いします。ここ最近たるんでるようですので」

比奈と芳乃「」


12: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:05:08.45 ID:Mn3kFrKl0


小関麗奈「フフフ・・・新しいレイナサマバズーカ、完成よ!これで次に部屋に来た奴を驚かせてやるわ!」
kskrin26

麗奈「以前の反省を活かして、誰にも分からない場所に置いておいたから、今回は誰もコイツのことを知らない・・・!」

麗奈「つまり今回は誰の邪魔も入らない・・・!完璧ね!アーハッハッハ・・・ゲホゲホッ!」

麗奈「さあ、最初に部屋に入ってくるのは誰かしら――!」クルッ

こずえ「れいなー・・・」

麗奈「ワッヒャアアアアアアアアアアアアア!?こ、こずえ!?いつの間に!?」

こずえ「・・・?ふつうに・・・はいったー・・・」


13: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:11:31.75 ID:Mn3kFrKl0

こずえ「れいなー・・・それー・・・」

麗奈「え、あ、ああ、これね。これはね、新しいレイナサマバズーカよ!」

こずえ「また・・・ひと・・・おどかすー・・・?」

麗奈「ええ、そうよ!こいつで次に入った奴の腰を抜かさせてやるのよ!アーハッハ――」

こずえ「だめー・・・」

麗奈「ッハ・・・・・・え?」

こずえ「れいなー・・・わるいやつー・・・」

麗奈「ちょ、ちょっと何よ・・・」

こずえ「わるいやつには・・・おしおきー・・・」

麗奈「は!?おしおきって――」


14: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:16:49.44 ID:Mn3kFrKl0

こずえ「おらおらー・・・おらおらー・・・」ポカポカポカポカ

麗奈「い、イタタタタタタ!な、何すんのよ!」

こずえ「はんせいしてー・・・しろー・・・」ポカポカポカポカ

麗奈「わ、分かった!分かったわよ!これは使わないから!」

こずえ「はんせいしたー・・・?」

麗奈「した!したわよ!悪かったわね!」

こずえ「わかったー・・・じゃあ・・・ゆるすー・・・」

こずえ「わるいことはー・・・しちゃだめー・・・」


タッタッタッタ・・・


16: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:19:47.67 ID:Mn3kFrKl0

麗奈「な、何だったのよ一体・・・」

麗奈「ま、まあいいわ。気を取り直して・・・次に入ってきたやつこそコイツで――!」

ガチャ

財前時子「戻ったわ」
zizntkk

麗奈「」


17: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:22:12.46 ID:Mn3kFrKl0

時子「チッ、豚はいないようね・・・あら、麗奈じゃない」

麗奈「・・・サ、」

時子「?」

麗奈「サンキュー、こずえ・・・!」


18: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:29:51.47 ID:Mn3kFrKl0


三村かな子「うう・・・お腹すいたなあ・・・けど次のイベントが近いから、マストレさんに甘いもの制限しろって言われてるし・・・」
mmrknk3

かな子「けど、このままじゃ夕飯まで持たないよ~・・・」

かな子「・・・・・・・・・・・・」

かな子「・・・確かカバンの・・・この辺に・・・」ガサゴソガサゴソ

かな子「・・・あった!作りすぎて余ったマカロン!」

かな子「いいよね、【腹が減っては戦はできぬ】っていうし・・・必要なことだよね・・・!」


19: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:33:54.38 ID:Mn3kFrKl0

こずえ「だめー・・・」

かな子「ひゃっ!こずえちゃん!?」

こずえ「こずえ・・・しってるー・・・かなこ・・・おかし・・・きんしちゅー・・・」

かな子「い、いや、禁止されてるわけじゃないよ!ただちょっと量を減らせっていうだけで・・・!」

こずえ「わるいやつには・・・おしおきー・・・」

かな子「へ?」


20: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:38:49.32 ID:Mn3kFrKl0

こずえ「おらおらー・・・おらおらー・・・」ポカポカポカポカ

かな子「イタタタタタタ!こずえちゃん!痛い!痛い!ちょ、やめて~!」

こずえ「はんせいしろー・・・」ポカポカポカポカ

かな子「う、うん分かった!反省します!ごめんなさい!」

こずえ「わかったー・・・ゆるすー・・・じゃあ・・・ぼっしゅー・・・」

かな子「あ、ああ・・・マカロン・・・」

こずえ「せきにんをもってー・・・しょりするのー・・・」

タッタッタッタ・・・


21: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:40:17.54 ID:Mn3kFrKl0

かな子「うう・・・マカロン・・・」

???「――遊佐に救われたな、三村」

かな子「へ?」


22: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:47:59.42 ID:Mn3kFrKl0

かな子「ま、マストレさん・・・!いつから・・・!?」

マストレ「丁度お前がマカロンを取り出すところあたりからだな」

マストレ「よかったな、三村。あのままお前がマカロンを食べていたらいつもの倍のレッスンをさせていたぞ」

かな子「」

マストレ「全く・・・あのな、三村。私はあくまで甘いものを制限しろと言っただけだ。食うなとは言ってない」

マストレ「・・・今後は甘いものをある程度持ってきても構わん。ただし、まず私たちトレーナーに相談してから食うこと。いいな?」

かな子「は、はい!ありがとうございます!」

かな子「・・・こずえちゃん、ありがとう!」


23: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 00:56:59.49 ID:Mn3kFrKl0

モバP「あ~・・・くっそ・・・終わりが全然見えねえ~・・・少し休憩すっか」

こずえ「ぷろでゅーさー・・・」

モバP「ん?おお、こずえか。どこ行ってたんだ?・・・そして何だそのマカロンは」

こずえ「かなこから・・・ぼっしゅーしたー・・・」

モバP「あ、ああ、あのCPの所の子か。そういえば甘いもの制限中だってあそこのPが言ってたっけ」

こずえ「ぷろでゅーさー・・・たべるー・・・?」

モバP「・・・無駄にするのもあれだし、もらおうかな。丁度甘いものが欲しかった所だし」

モバP(ごめんね、かな子ちゃん)

こずえ「じゃあ・・・あーん・・・」

モバP「お、おう。あーん」

こずえ「おいしー・・・?」

モバP「おお、さすがかな子ちゃんだ。良いのを用意するなあ」

こずえ「あむ・・・おいしー・・・」


24: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 01:04:10.05 ID:Mn3kFrKl0

こずえ「・・・ぷろでゅーさー・・・まだしごとー・・・?」

モバP「そうだなあ、部長がどんどんどんどん書類を持ってくるからなあ。中々終わらん。はははは・・・」

こずえ「ぷろでゅーさー・・・ちゃんとねてるー・・・?」

モバP「ん?ああ、安心しろ。ちゃんと休んでるぞ。最も最近は仮眠室で寝てるけどな」

こずえ「・・・?おうちに・・・いないのー・・・?」

モバP「ん~、かれこれ1週間はかえってないなあ。帰りたいのは山々なんだが、何せ社外秘の書類ばかり扱うからなあ。どうしても途中で投げ出すことができんのよ」

こずえ「・・・わかったー・・・」スタスタ

モバP「・・・?どこ行くんだ、こずえ?」

こずえ「こずえにー・・・おまかせー・・・」

モバP「???」


25: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 01:08:01.12 ID:Mn3kFrKl0

専務室

コンコン

美城専務「どうぞ」

バァン

こずえ「たのもー・・・」

美城「・・・?君は確か・・・モバPの所の遊佐こずえ、だったな。こんなところに何の用だね?」

こずえ「せんむー・・・かくごー・・・」

美城「・・・!?」


26: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 01:11:38.29 ID:Mn3kFrKl0

こずえ「おらおらー・・・おらおらー・・・」ポカポカポカポカ

美城「い、イタタタタタタタタ!こら!急に何を・・・!」

こずえ「ぷろでゅーさー・・・やすませろー・・・」ポカポカポカポカ

美城「な、何の事だ!?」

こずえ「ぷろでゅーさー・・・かえれてないー・・・かえらせろー・・・」ポカポカポカポカ

美城「・・・!?」


27: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 01:24:14.20 ID:Mn3kFrKl0

二日後――


美城「失礼する」

モバP「え、み、美城専務!?どうされたのですか!?」

美城「君に謝罪をしに来た」

モバP「へ?」

美城「先日君の所の遊佐こずえが単身、専務室に来てな。君を家に帰らせろと要求してきたのだ」

モバP「こ、こずえが!?」

美城「こちらとしても突然のことだったので戸惑ったが・・・彼女の話によると、君はここ1週間ほど家に帰れてないようだな」

モバP「は、はい。それは事実ですが・・・」

美城「それでこちらの方で調べてみたところ――君の所属部署の部長が君に自分の事務作業を押し付けていたことが判明した」

モバP「そうだったのですか・・・?」

美城「彼には降格、並びに別の部署への異動を命じた。今まで気付くことが出来ず、申し訳ないと思っている。すまなかった」ペコリ


28: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 01:29:34.58 ID:Mn3kFrKl0

モバP「そ、そんな!頭を上げてください!」

美城「・・・お詫びというわけではないが、君が請け負っている残りの仕事は全てこちらで引き受けよう」

美城「そして君には一週間分の有給を与える。今日もキリのいいところまで進めたら帰宅してかまわない」

モバP「あ、ありがとうございます・・・」

美城「礼を言う必要はない今回のことは全てこちらに非があるのだ。それでは、失礼した」

バタン


29: ◆tWcCst0pr6pY 2017/09/18(月) 01:36:13.86 ID:Mn3kFrKl0

モバP「・・・っつぁー・・・ビックリした・・・」

こずえ「ぷろでゅーさー・・・」

モバP「あ、こずえ!お前なあ・・・専務室に乗り込むとか無茶するなよ全く・・・」

こずえ「ごめんなさい・・・」

モバP「・・・ま、でも・・・ありがとな。お陰で久しぶりにのんびりできそうだ」

こずえ「えへー・・・」

モバP「よし!お礼に今度こずえがオフの時に好きな場所へ連れて行ってやろう!」

こずえ「ほんとー・・・?」

モバP「おう!何だったら普段食えないような美味しい食べ物屋さんにも連れて行ってやるぞ!」

こずえ「わかったー・・・なにがいいかー・・・かんがえるねー・・・」

モバP「・・・ありがとな、こずえ」

こずえ「えへー・・・」


終わり


転載元:遊佐こずえ「おらおらー・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505656054/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2017年09月18日 15:41
    • あのよしのんが手も足も出ないとは…(絶句)
    • 2 名無し春香さん
    • 2017年09月18日 16:48
    • 尊い...
    • 3 名無し春香さん
    • 2017年09月18日 22:32
    • いいねぇ...
    • 4 名無し春香さん
    • 2017年09月18日 23:41
    • もしかしておらおらですかー!?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。