スポンサーリンク


トップページグリマス > 【ミリマス】琴葉「優等生のお祝い」

1: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 22:55:23.94 ID:ZMKbypiAo



P「お誕生日おめでとう琴葉!」

琴葉「わあ、ありがとうございます!」
tnkkth23

P「この日のために色々用意したんだ」

琴葉「もしかして、プレゼントですか?」

P「そうだぞ~」



スポンサーリンク




2: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 22:57:51.94 ID:ZMKbypiAo



琴葉「えへへ、何が貰えるんでしょうか」

P「何かな何かな」

琴葉「というかそもそも貰ってもいいんでしょうか」

P「いいんだぞいいんだぞ~」

琴葉「でも私プロデューサーに何もお返しができないんですけれど」

P「お?お返しがしたいのか?」


3: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 22:58:41.25 ID:ZMKbypiAo



琴葉「えっと、そうですね。はい。
   貰えるものによってはテンションの上下はあるでしょうけれど、 
   基本的にはお返しはしたいと思っています」

P「そうか~そうか~。俺に恩返しがしたいと」

琴葉「まだ何も貰ってませんけれど、そうですね。はい。
   あ、でももしも今までのプロデュースだったり
   私の相手をしてくれたりとそういったことが
   私への贈り物であるなら……もう十分に貰っているんですよね」

P「なんか勝手に感動しだした」

琴葉「私、プロデューサーからもらうものばかりで。
   色んなことを教えてもらいました……」

P「ほう、例えば」


4: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 22:59:29.89 ID:ZMKbypiAo



琴葉「例えば、牛乳を拭いた雑巾が臭くならない方法とか……」

P「おお、それ大事。俺大事なこと教えてるじゃん」

琴葉「他には……」

P「他には他には?」

琴葉「遭難した時のために腕時計を日時計にして方角を知る方法とか」

P「今のアイドルはサバイバル出来るのが当たり前だからね」


5: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:00:06.74 ID:ZMKbypiAo



琴葉「あと、人を好きになること、とか」

P「そうか~。そんなことも教えたのか俺」

琴葉「はいっ」

P「最後のだけ全然記憶にないんですけれど、
  それどこの世界線の何周目の俺だ……?」

琴葉「この世界線のプロデューサーのことですけれど」

P「そうなのか、怖いなぁ。人って」


6: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:00:40.15 ID:ZMKbypiAo



琴葉「それで、話しは戻りますけれど、これらを頂いた
   幸せな私はどうしたらプロデューサーに恩返しが出来るんでしょうか」

P「それはだね……」

琴葉「もしかして、生きていることが恩返しとかそんなことを言うつもりじゃあ
   ありませんよね?違いますよね?」

P「そ、そうだぞ!全然違う!まじで!すごいなぁー琴葉」

琴葉「じゃあなんですか?」


7: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:01:15.53 ID:ZMKbypiAo



P「むしろどんな恩返しがしたいんだ?」

琴葉「えっ、私ですか?」

P「そうだぞ。これはフリースタイル恩返しだ」

琴葉「どんなことでもプロデューサーのためにすれば
   恩返しにもなる……と?」

P「そうだな。なんでもいいぞ」


8: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:01:43.57 ID:ZMKbypiAo



琴葉「例えば……猫耳のメイド服とかでご奉仕……とかでしょうか」

P「そんなことされるの!?逆に恩返しの恩返しが必要になるレベルだなぁ」

琴葉「ええっ!だめですか?」

P「だめじゃないよ。ただ……」

琴葉「……?」

P「琴葉ってそういうことしたいのかなぁって」

琴葉「にゃ゛っ!何を言ってるんですか!違います!」


9: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:02:10.78 ID:ZMKbypiAo



P「え?違うの?」

琴葉「そうですよ。これはどちらかというとプロデューサーの
   趣味趣向に合わせて答えを述べたまでで……」

P「なんだ……琴葉がしてくれる訳じゃないのか」

琴葉「まあ、ちょっとはしてあげてもいいとは思ってますけど……」

P「可愛い琴葉がしてくれたら俺は死んじゃうなぁ。
  墓標は琴葉が使った猫耳カチューシャにしてくれ」

琴葉「死んじゃうんじゃできませんよ。だってプロデューサー死んだら悲しいですよ」


10: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:02:44.54 ID:ZMKbypiAo



P「言葉の綾だよ。でも、そうか~今度そういうお仕事持ってくるようにするね」

琴葉「えっ、どうしよう……恵美に笑われないかしら」

P「きっと似合うから大丈夫だって言うよ」

琴葉「そうでしょうか……?」

P「そうそう、琴葉可愛いんだから。他にはどんなご奉仕をしたい?」

琴葉「ご奉仕ですか?えっと、恩返しですよね」

P「おっとそうだった」


11: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:03:29.03 ID:ZMKbypiAo



琴葉「どんなご奉仕がしたいって言われても正直困りますね」

P「まあ琴葉生きているだけでありがたい存在だからなぁ」

琴葉「やっぱりそうなったんですね。でもそうやって言ってくれるのはありがたいです」

P「そうだろ?」

琴葉「それで……結局プロデューサーは私になにをくれるんですか?」


12: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:03:55.06 ID:ZMKbypiAo



P「そうだなぁ。何が欲しかったんだろう」

琴葉「えっと、私プロデューサーのくれるものなら基本的には何でも嬉しいですよ」

P「そうなの?」

琴葉「はい。具体的には今は婚姻届とか欲しいです」

P「まじかよ。なんで?」

琴葉「鼻をかみたいです」

P「ティッシュ使いなさいよ」


13: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:04:22.07 ID:ZMKbypiAo



琴葉「嘘です。照れ隠しで変な事言いました……」

P「琴葉は変な照れ隠しをする」

琴葉「真面目に答えるとしてもやっぱり難しいですね」

P「何でもいいんだよ」

琴葉「だってこの流れ、間違いなくプロデューサー今から買いに行くじゃないですか」

P「おうそこまで分かってるんだったら何故引き伸ばす」


14: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:04:53.83 ID:ZMKbypiAo



琴葉「その方が私は楽しいですし」

P「俺はそわそわしているよ」

琴葉「うーん、北海道の漁港で取れる新鮮なお魚のお刺身が食べたいです」

P「ふっ、そう言うと思ってチケットは手配済みだ。いつ行く?」

琴葉「予言したんですか?」

P「俺は未来から来たからな」


15: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:05:50.56 ID:ZMKbypiAo



琴葉「いや、そういうのはいいですから……」

琴葉「それで予算はどれくらいでしょうか」

P「えぇ……随分具体的に絞っていくんだね」

琴葉「私、妥協はできないんです」

P「そうだったな。琴葉そういう子だったな。
  ええい、遠慮はするな。琴葉のために
  俺は何でもする所存だったのだ」

P「予算は10万です」


16: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:06:25.15 ID:ZMKbypiAo



琴葉「なるほど。予算は10万ですか。買い物の達人にならないといけないですね」

P「そうだな。ボーナスチャンスもついてくるぞ」

琴葉「どんなゲームをクリアすればいいんでしょうか」

P「息をする。クリアー。二万追加されました」

琴葉「あっという間に手持ちが増えましたよ」

P「ちなみにNGワードは『プロデューサーなんてキライです』だよ」


17: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:06:52.74 ID:ZMKbypiAo



琴葉「プロデューサーなんてキライです」

P「あああああああああああああ」

琴葉「罰金は5,000円でしたっけ」

P「いえ、罰金は特に無いので俺が悲しむだけです」

琴葉「そうなんですか!?」


18: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:07:19.00 ID:ZMKbypiAo



P「本当は琴葉にあげようとしていたものは決まってるんだ」

琴葉「なんでしょうか」

P「ハーゲンダッツの金券」

琴葉「あっ、地味に嬉しいやつ」

P「スーパーとかで使える。嬉しいやつ」

琴葉「プロデューサープロデューサー、これでアイスに買いに行きましょう?」

P「俺が今あげたのに俺と行くのか」


19: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:08:00.75 ID:ZMKbypiAo



琴葉「ほらよく言うじゃないですか。プレゼントは色々悩んでも仕方ないので
   自分があげたいものをあげるのがいいって」

P「そういうものなのか?」

琴葉「だからきっとプロデューサーもアイス食べたいんですよ」

P「おお、なるほど。いやそうではないんだけど……まあそれでいいか」

琴葉「アイスって不思議ですよね。年中食べても美味しいです」

P「それは俺も思う」

琴葉「寒い日にこたつで食べるアイスはとても幸せになれます」


20: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:08:27.73 ID:ZMKbypiAo



琴葉「あと、プロデューサーとも年中いるだけで幸せになれます」

P「おお、それは嬉しい」

琴葉「プロデューサーは私といると何か感じませんか?」

P「感じる。琴葉から伝わってくる愛を感じている」

琴葉「いつも出してますからね」


21: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:09:22.39 ID:ZMKbypiAo



P「ほんとに出てたのか。俺も琴葉への愛をいつも出してるぞ」

琴葉「……足りません」

P「ほんとか?ちゃんと受け取れてないのかなぁ」

琴葉「こんなんじゃ足りません。もっと後ろからぎゅっってされたり、
   優しく頭を撫でてくれたりじゃないとだめです」

P「それこそ駄目じゃないのか」

琴葉「だめじゃないです。して欲しいです」


22: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:09:50.78 ID:ZMKbypiAo



琴葉「私好きになった人にはとことん尽くすタイプですから
   プロデューサーも私をとことん甘やかしてください」

P「駄目な人の発想だけど大丈夫かそれ」

琴葉「大丈夫です。私は光見えて人に優しく自分に厳しくなんです」

P「それも知ってる」

琴葉「だからプロデューサーには甘やかされて甘やかされて
   でろでろに溶けていたいんです」

P「でろでろのアイドルか。新時代だな」

琴葉「田中溶け葉です」

P「やだ温暖化かしら」


23: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:10:25.16 ID:ZMKbypiAo



琴葉「ご安心してください。私は自分には厳しいので
   こんなところで溶けていられないのです」

P「思ったんだけど、自分に厳しい人は甘やかされていたいとか
  言わないと思うの」

琴葉「プロデューサーにもっと甘やかされて、育てられたいです」

P「厳しくすらなくなった」

琴葉「ずっと頭なでなでしていい子いい子ってして欲しいです」

琴葉「あっ、でもこういうの恵美とかには内緒にしてほしいです」

P「見栄は張るんだな」


24: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:10:52.15 ID:ZMKbypiAo



P「よしよし、いい子いい子」

琴葉「はふん」

P「琴葉はいい子だぞ~いつも頑張ってる偉い偉い」

琴葉「あうう」

P「琴葉が家に居てくれたらなぁ~3人くらい琴葉がいたらなぁ~」

琴葉「えへ」


25: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:11:20.34 ID:ZMKbypiAo



P「3人くらいに増えた琴葉に囲まれて俺の周りをぐるぐる回って欲しい」

琴葉「ふふ」

P「砂場の上とか、錆びれた漁港とか、橋の下とか、マンションの廊下とかで
  ひたすらに棒立ちしている琴葉の写真集が欲しい」

琴葉「ふふふ」

P「琴葉が美味しそうにアイスをぴちゃぴちゃ食べてる音を収録したCDが欲しい」

琴葉「途中からだいぶ偏った性癖がだだ漏れになってますよ」


26: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:11:46.43 ID:ZMKbypiAo



P「すまない。あまりにも琴葉が好きすぎて」

琴葉「いいでしょう。甘んじて受け入れましょう」

P「懐の広さがすごいや」

琴葉「これだけの愛を貰ったら私どうにかなってしまいそうです」

P「どうって」



27: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:12:14.62 ID:ZMKbypiAo



琴葉「このまま『ありが……とう』って成仏したりできそうです」

P「急にホラーになっちゃうじゃないか」

琴葉「そういうの皆さん好きですよ」

P「ほんとかなぁ?」

琴葉「ありが……とう」

P「琴葉ーーーー!」



28: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:12:43.28 ID:ZMKbypiAo



琴葉「え?呼びました?」

P「あ、居た」

琴葉「はい、居ます」

P「そうか、そりゃあ居るか。好きだ」

琴葉「そうですよ、ずっと居ましたよ。ありがとうございます」


29: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:13:15.59 ID:ZMKbypiAo



P「ところで琴葉のための10万があるんだけど」

琴葉「そのお金でハーゲンダッツ食べに行きましょうか」

P「金券は別にあるのにな」

琴葉「贅沢ですねえ、私達」

P「いいんだ。琴葉の気の向くままに贅沢をしようじゃないか」

P「なんて言ったって今日は琴葉の誕生日だからね」

琴葉「いつもいつもありがとうございます」




おわり


30: ◆BAS9sRqc3g 2017/10/05(木) 23:14:10.60 ID:ZMKbypiAo



転載元:【ミリマス】琴葉「優等生のお祝い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507211723/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2017年10月06日 17:15
    • イチャイチャ最高だな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。