スポンサーリンク


トップページモバマス > 【予定は未定】ライラ「サプライズでございます!」 千早「……いい笑顔だわ」

1: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:46:09.91 ID:giDJQE/I0

・アイマス×モバマス
・千早とライラさんが誰かを巻き込んで散歩
・ヤマ、オチ特になし
・のんびり更新予定

よろしければお付き合いください


↓なお前回
【予定は未定】ライラ「ほぼ」 千早「二周年」


↓関係のある話
【アイマス×モバマス】たくさんの、小さな幸せ

前スレ
千早「予定は」 ライラ「未定でございます」
ライラ「予定は?」 千早「相変わらず未定だそうよ」
千早「未定よね?」 ライラ「はいです」
千早「予定は未定」 ライラ「すぺしゃるですか?」
【予定は未定・番外編】ある日のCGプロ
【予定は未定】ライラ「明けましたー」 千早「おめでとうございます」
【予定は未定】千早「今回はp ライラ「ゆーーーーきーーーーーー!!」
【予定は未定】ライラ「初心?」 千早「考えるんじゃなくて感じるのよ」
【予定は未定】千早「今回の予定は」 楓「決まってるんですって」
【予定は未定】ライラ「星に」 千早「願いを」
【予定は未定】千早「一周年?」 ライラ「おー」
【予定は未定】ライラ「年の瀬の」 千早「風物詩」
【予定は未定】千早「…………」 ライラ「千早さん?」
【予定は未定・番外編】とある楽屋にて

スポンサーリンク



2: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:47:11.00 ID:giDJQE/I0


ライラ「おー、凛さんこちらでございますよー」
ly23

凛「ごめんね、ちょっと待たせちゃったかな?」
sbyrn18

ライラ「いえいえ、お気になさらずなのです」

凛「ふふ、じゃあそういうことで」

ライラ「突然お呼びしてしまいまして、申し訳ございませんですよ」

凛「いや、それはいいんだけどさ」

ライラ「はいです?」

凛「ライラがこんな風に呼び出すなんて、珍しいよね?」

ライラ「あー……そうかもしれませんです」


3: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:48:01.85 ID:giDJQE/I0


凛「何かあったの?」

ライラ「実はでございますね」

凛「うん」

ライラ「ライラさん、凛さんにこの前のお返しをしたいのですよ」

凛「……この前?」

ライラ「お花を選んでくれた時のお礼でございます」

凛「花って……ああ」

凛「花屋の娘としては当然のことだし、気にしなくていいのに」

ライラ「いえ! 優しくして頂いたら、ちゃんとお返ししないといけないのです!」

凛「……ふふっ」

ライラ「……凛さん?」

凛「ああ、ゴメン。ライラってホントに律儀だなって」

ライラ「うーん、ライラさんには当然のことなのでございますが」

凛「うん。そういうとこ、凄いなって思う」

ライラ「おー……」


4: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:48:41.48 ID:giDJQE/I0


凛「ところで」

ライラ「ほえ?」

凛「私はどうすればいいのかな?」

ライラ「あー……では、ライラさんについてきていただけないでしょうか」

凛「ん? どこかに行くの?」

ライラ「ふふー、今はまだ秘密なのですよー」

凛「ふーん」

ライラ「それでは、レッツゴーでございます」


5: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:49:59.80 ID:giDJQE/I0


***************************


千早「皆さんこんばんは、如月千早です」
ksrgchy1

千早「今回も久しぶりになってしまいました、予定は未定です」

千早「こんな気まぐれな番組にお付き合いいただきまして、本当にありがとうございます」

千早「さて、なぜ私一人なのかというとですね」

千早「ライラさんが『ゲストを連れてくる』と言ったきり、帰ってきていないんです」

千早「にもかかわらず、収録は始まっています」

千早「正直どうかとは思うんですけど、いい加減慣れてきてしまいました」

千早「……慣れてしまっていいんでしょうか」

千早「…………止めておきましょう。真剣に落ち込みそうだわ」


6: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:50:38.92 ID:giDJQE/I0


――千早さーーん!

千早「ああ、どうやら戻ってきたようですね」

ライラ「お待たせいたしましたですよー」

千早「そんなにではなかったわよ?」

ライラ「……千早さん、ちょっと元気がありませんです」

千早「(こういう所、ホントに鋭いわよね)」

ライラ「何かございましたですか?」

千早「いえ、本当に何でもないの」


7: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:51:50.12 ID:giDJQE/I0


千早「それより、そちらにいるのが?」

ライラ「はいです。今日のゲストなのですよ!」

凛「……えっと?」

千早「ようこそ、渋谷さん」

ライラ「千早さんは凛さんをご存知なのですか?」

凛「まあ、何度か共演させてもらってるしね」

ライラ「おー……」

千早「この番組、ちょっと毛色が違うけれど大丈夫かしら」


8: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:52:38.09 ID:giDJQE/I0


凛「あの……というか、それ以前にですね」

千早「どうかしたの?」

凛「私、何も聞いてないんですけど……」

千早「……へ?」

凛「ライラに呼び出されて、連れてこられただけで……」

千早「…………ライラさん?」

ライラ「ふふー、サプライズなのでございますよ!」

千早「(ドヤ顔だわ)」

凛「(ドヤ顔だね)」

ライラ「スタッフさんに相談したら、こうすればいいと教えていただいたのです」

千早「はあ、まったく……」

千早「ごめんなさいね、渋谷さん」

凛「まあ、ライラに悪気がないのは分かってますし」

千早「スタッフにはあとでキツく言っておくわ」


9: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:53:52.96 ID:giDJQE/I0


ライラ「……ライラさん、何か間違いましたですか?」

凛「ううん、ライラは気にしなくていいんじゃないかな」

ライラ「おー……」

千早「それで、どうしましょうか」

ライラ「ほえ?」

千早「いきなり番組に出てくれっていうのも無理があるでしょう?」

凛「あ、それは問題ないです」

千早「え?」

凛「実は今日、突然オフになっちゃったから、予定らしい予定もなくて」

ライラ「ふふふー、スケジュールはちゃんと確認したのですよー」

千早「(この周到さ……プロデューサーも噛んでるわね)」


10: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/13(日) 22:54:28.34 ID:giDJQE/I0


凛「まあその、お邪魔じゃなければ……ですけど」

千早「こういう言い方はしたくないけれど、こんな番組よ?」

凛「せっかくのライラのサプライズを、無駄にしたくないですし」

ライラ「えへへー」

千早「そう……じゃあよろしくね、渋谷さん」

ライラ「よろしくお願いしますですねー」

凛「ふふ、こちらこそ」

千早「それでは、渋谷さんをゲストに迎えて」

ライラ「予定は未定、始まりますですよー」


13: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/17(木) 20:17:18.91 ID:KrSGNzH40


***************************


凛「それで、何をするんですか?」

千早「特に決まってないわ」

凛「……え?」

ライラ「とりあえず歩いて、それからでございます」

凛「…………」

千早「言ったでしょう? こういう番組なのよ」

ライラ「何か素敵なものに出会えるといいですねー」

凛「すごい番組ですね……」

千早「まあ、普通はそういう反応よね」

千早「(やっぱり慣れてちゃいけないわ)」


14: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/17(木) 20:18:12.53 ID:KrSGNzH40


凛「それはともかく、なんだけど」

ライラ「ほえ?」

凛「サプライズで呼ばれたんだから、何かあるのかと思ったんだけど」

ライラ「あー……」

凛「ライラ?」

ライラ「えへへー」

千早「笑ってごまかさないの」
凛「笑ってごまかさない」

凛「……」

千早「……」

凛「……ぷっ」

千早「……ふふっ」

ライラ「おー、仲良しさんでございます」

凛「ライラ?」

千早「まあまあ」


15: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/17(木) 20:19:05.60 ID:KrSGNzH40


ライラ「ライラさんは、凛さんにこの番組に来てほしかったのですよ」

千早「……どういうこと?」

ライラ「お世話になった凛さんにご恩返しなのでございます」

凛「いや、だからそれは……」

千早「ちょっと興味あるわね」

ライラ「この前の千早さんへのプレゼント、一緒に選んでくださったのですよ」

凛「ちょ、ライラ!?」

千早「この前の……って、ひょっとして、あのカランコエ?」

ライラ「そうなのです」

千早「そうだったの」

千早「ありがとう、渋谷さん」

凛「いえ、そんな大したことじゃ」

ライラ「そこで凛さんおっしゃっていたのです」

ライラ「凛さんは千早さんのことを」
凛「ストップ、ライラ。それ以上はダメ」

ライラ「おー……?」


16: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/17(木) 20:19:33.74 ID:KrSGNzH40


凛「でもまぁ……ありがとね」

ライラ「えへへー」

千早「……ふふ」

凛「千早さん?」

千早「渋谷さんって、そんな顔でも笑うのね」

凛「……そんなに変な顔してました?」

千早「いえ、決して悪い意味ではなくて」

千早「以前歌番組で共演した時は、すごくクールな感じだったから」

ライラ「凛さんはキレイで格好良くて、可愛らしいのですよー」

凛「へっ!?」

千早「ふふ、そうみたいね」


17: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/17(木) 20:20:08.09 ID:KrSGNzH40


凛「そ、それを言うなら、千早さんだって……!」

千早「あら、私?」

凛「千早さん、近寄りがたいオーラみたいなのがあったから」

ライラ「歌っている千早さんは、迫力がございますからねー」

凛「確かに。今目の前にいるのが同じ人とは思えないよね」

千早「……そんなにかしら?」

凛「でもいつか、私もあんな風に歌えたらなって、そう思います」

千早「そこまで言ってもらえるなんて、光栄ね」

凛「あ、もちろんアイドルとして負ける気はありませんから」

千早「ふふ、こちらこそ」

ライラ「うー、ライラさんもー!」

凛「ちょ、ライラ!?」

千早「あらあら」


18: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/17(木) 20:20:49.46 ID:KrSGNzH40


――――――
――――
――

凛「ところで、さ」

ライラ「どうかしましたですか?」

凛「ただしゃべりながら歩いてるだけで、いいの?」

ライラ「あんまり気にしなくてもいいのですよー」

千早「スタッフが何か企んでなければ、こんなものよ」

凛「企むって……」


19: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/17(木) 20:21:27.80 ID:KrSGNzH40


ライラ「凛さん、どこか良い所をご存知ではないですか?」

凛「……またアバウトな」

ライラ「えへへー」

凛「いや、褒めてないからね?」

千早「(この二人、確かライラさんの方が年上なのよね)」

凛「でも、この辺りなら……そうだね」

ライラ「おー、心当たりがございますですか」

千早「(ということは、私より年下でもあるのね)」

凛「昔からお世話になってるところがね」

ライラ「では、レッツゴーでございますねー」

凛「……どこに行くかも言ってないんだけどなぁ」

千早「(……この差はなんなのかしら?)」


20: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/17(木) 20:21:55.58 ID:KrSGNzH40


凛「千早さん?」

千早「…………え?」

凛「いや、ライラが走って行っちゃったんで」

――置いていきますですよー?

凛「だ、そうです」

千早「ライラさんはどこへ?」

凛「勢いだけです」

千早「まあ、いつものことね」

――凛さーん、千早さーん!

凛「でも、放っておくわけにもいかないので」

千早「ふふ、じゃあ行きますか」


24: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:05:34.06 ID:p+0F9Bp+0


***************************


ライラ「おー、キレイなお花畑でございます」

凛「気に入ってもらえたみたいでよかったよ」

千早「これはレンゲの花、でいいのかしら」

凛「ええ。子供のころからよく遊ばせてもらってるんです」

ライラ「ほほー」


25: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:07:07.10 ID:p+0F9Bp+0


――おお、凛ちゃんじゃないか

凛「あ、ご無沙汰してます、おじいちゃん」

――やめておくれよ、そんな他人行儀な

凛「いや、でも」

――アイドルになったって、儂にとって凛ちゃんは凛ちゃんだよ

凛「……うん、ありがと」

――ん? そっちの子はお友だちかい?

凛「ああいや、今日は仕事なんだ」

千早「こんにちは」

ライラ「こんにちはですねー」

――ほー。こりゃ、凛ちゃんに負けない別嬪さんたちだ

凛「ちょっと、おじいちゃん?」

――はは、ごめんよ


26: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:07:59.99 ID:p+0F9Bp+0


ライラ「ライラさんたちは凛さんに連れてきてもらったのですよー」

凛「近くまで来たし、せっかくだから紹介したいなって」

――ふふふ、それは嬉しいねぇ

千早「あの、一応テレビ番組なんですが、大丈夫でしょうか?」

――こちらこそ、こんな何もない所でいいのかい?

ライラ「とてもキレイで素敵なところだと思いますですよ」

――いやぁ、嬉しいことを言ってくれるねぇ


27: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:08:38.61 ID:p+0F9Bp+0


凛「じゃあ、ちょっとだけお邪魔させてもらうね」

――昔みたいに、花冠でも作っていくかい?

ライラ「花冠でございますか?」

――凛ちゃんがね、『じぃじにプレゼント』って、よく作ってくれたんだよ

ライラ「おー」

――ここで遊ぶ子らは、みんな孫みたいなものだからね

ライラ「ライラさんもでございますか?」

――ふふ、そうなるかな?

ライラ「えへへー」

――さ、いつまでもこんな爺としゃべってないで、いってらっしゃい

凛「もう、そんな言い方しなくてもいいのに」

千早「まあまあ、お言葉に甘えましょう」

ライラ「それではおじいさん、お邪魔しますですよー」


28: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:09:34.58 ID:p+0F9Bp+0


――――――
――――
――

千早「素敵な方ね」

凛「ありがとう……って、私が言うのも変かな?」

千早「ふふ、そんなことないと思うわ」

ライラ「レンゲの花、可愛らしいですねー」

凛「ここ、元々は田んぼだったんだけどね」

千早「そうなの?」

凛「結構前にそっちはやめちゃって、でも、レンゲ畑だけは残してるんだって」

ライラ「田んぼにレンゲを植えるのでございますか?」

凛「昔は稲を刈ったらレンゲを植えて、次の年の肥料にしてたんだよ」

ライラ「ほほー」

凛「今は化学肥料の方が便利だから、レンゲを植えるところも少ないみたいだけど」

千早「流石に詳しいわね」

凛「それほどでも……かな?」


29: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:10:46.17 ID:p+0F9Bp+0


ライラ「それでもおじいさんはレンゲを植えられているのですよね?」

凛「こういう所をなくしたくないんだって」

凛「本人は、年寄りの道楽だ、なんて言ってるけど」

ライラ「素敵な方でございますねー」

千早「ええ、本当に」

ライラ「ライラさん、何かお礼がしたいでございますよ」

凛「普通にありがとう、じゃ駄目なの?」

ライラ「それだけでは足りない気がしますです」

千早「じゃあ、渋谷さんに倣って花冠をプレゼントしましょうか」

ライラ「おー! いい考えでございます」

凛「そうだね、喜んでくれると思う」


30: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:11:48.73 ID:p+0F9Bp+0


ライラ「というわけで凛さん、作り方を教えてくださいです」

凛「……やっぱりそうなるんだ」

千早「私からもお願いします、先生」

凛「そういうのはやめて欲しいんだけどなぁ」

ライラ「ダメでございますか?」

凛「大丈夫、ちゃんと教えるから。だから、そんな顔しないでよ」

ライラ「えへへー、ありがとうございますですよー」

千早「ふふ」


31: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:12:57.61 ID:p+0F9Bp+0


ライラ「まずはどうすればいいのでございますか?」

凛「とりあえず、花を摘むところからかな」

千早「どういう花がいい、とかはあるのかしら」

凛「茎を長めにした方がやりやすいけど、あとは好みでいいと思う」

千早「なるほど」

ライラ「……」

凛「どうかしたの、ライラ?」

ライラ「せっかくキレイに咲いていますのに、なんだか申し訳ないでございますよ」

千早「ライラさん……」

凛「想いを形にするお手伝いをしてもらうんだから、感謝を忘れないこと」

凛「多分、それが私たちにできる一番大切なことだから」

ライラ「おー……」


32: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:13:39.54 ID:p+0F9Bp+0


凛「なんて、受け売りだけどね」

凛「でも、ちゃんと感謝して、無駄にしないなら大丈夫だよ」

千早「ふふ、これはしっかりやらないと駄目みたいね」

ライラ「はいですよ!」

凛「って言っても、そんなに難しくはないんだけど」

ライラ「そうなのですか?」

凛「うん。まずはこうやって花を二本交差させるでしょ?」

ライラ「ほうほう」

凛「で、上にきてる茎を後ろからぐるっと回して、二本揃える」

ライラ「おー」

凛「それから、新しい花を一本交差させて、あとはその繰り返し」

千早「(これなら、私でも大丈夫かも)」


33: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:14:17.94 ID:p+0F9Bp+0


ライラ「凛さん、こんな感じでございますか?」

凛「そうそう、上手いね」

ライラ「えへへー」

千早「えっと、これをこうで……ああっ、バラバラに……」

凛「(ひょっとして、千早さんって不器用?)」

ライラ「ふふー、ライラさんはコツを掴みましたですよ」

千早「……くっ」

凛「(まあ、楽しそうだしいいか)」


34: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:15:04.57 ID:p+0F9Bp+0


***************************


ライラ「できましたー」

千早「わ、私も何とか……」

千早「形はちょっと、不格好になってしまったけれど」

凛「あはは。そこも含めて手作りの醍醐味だから」

ライラ「心を込めて作りましたですから、大丈夫なのでございます」

千早「……そうね」


35: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:16:48.72 ID:p+0F9Bp+0


ライラ「凛さんのそれは何でございますか?」

凛「これ? 余ったレンゲで作った花毬だよ」

ライラ「おー……」

凛「最後に余った茎をこうして……まあ、ちょっとしたアクセサリーだね」

千早「……すごいわね」

ライラ「素敵でございます」

凛「いや、ただ昔からやってたってだけだから」

千早「いえ。それでもすごいわ」

凛「ええと、その……」

ライラ「照れてますです?」

凛「照れてない!」

ライラ「ふふふー」

凛「あー、そんな顔するんだ」

凛「せっかく、レンゲの蜜の吸い方教えてあげようと思ったのになぁ」

ライラ「凛さんごめんなさいです」

凛「……言っといてなんだけど、変わり身早いね」

千早「ふふっ」


36: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:17:34.55 ID:p+0F9Bp+0


凛「まあいいか。こうやって花びらを咥えてね……」

ライラ「……おーっ! ほんのり甘くて美味しいでございます!」

凛「手当たり次第に吸っちゃ駄目だから……って、もう行っちゃったよ」

千早「まあ、ライラさんだから」

凛「やれやれ」

千早「そうだ、今のうちに聞いておきたい事があるのだけれど」

凛「私にわかることなら……」

千早「渋谷さんのご実家で、カスミソウって取り扱っているかしら?」

凛「うん、それなら大丈夫だけど」

千早「そう。良かったわ」


37: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:18:31.23 ID:p+0F9Bp+0


凛「えっと、カスミソウだけ?」

千早「……変かしら」

凛「いや、珍しいなって」

凛「カスミソウって、他の花の引き立て役になることの方が多いし」

千早「確かにそうかもしれないわね」

凛「あと、カスミソウだけだとちょっと匂いがね」

千早「えっ!?」

凛「やっぱり知らなかったか」


38: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/19(土) 21:19:01.82 ID:p+0F9Bp+0


千早「……どうしよう」

凛「数を少なくすれば、そこまで気にはならないと思うけど」

千早「でも、それじゃあ……」

凛「じゃあ、少なくても見栄えがするアレンジを教えてあげるよ」

千早「そんなものがあるの?」

凛「ふふ、まあ任せてよ」

凛「ところで、カスミソウってことは……お返し?」

千早「……そんなことまでわかるのね」

凛「これでも、花屋の娘ですから」

千早「ふふっ」

凛「それでは、ご来店お待ちしています」

千早「こちらこそ、よろしくお願いします」


42: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:05:31.51 ID:Jp691Oe30


***************************


凛「ライラ、もうレンゲの蜜はいいの?」

ライラ「……吸い過ぎるとお花が無くなってしまいますので、我慢なのです」

凛「そこまで……」

千早「ふふ、気に入ったみたいね」

ライラ「はいですよ!」

凛「まあ、ほどほどにね」

千早「また来てもいいって、仰ってくださったしね」

凛「花冠のお陰かな?」

千早「ふふ、とても喜んでもらえたものね」

凛「冥土の土産だなんて、縁起でもないこと言ってたけど」

ライラ「……冥土のお土産は縁起が悪いのでございますか?」

千早「まあ、死ぬ前に良いものがもらえた、みたいな意味だから」

ライラ「おー……」


43: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:07:29.09 ID:Jp691Oe30


凛「ライラ?」

ライラ「ライラさん、この前皆さんに冥土のお土産配ってしまいましたですよ」

凛「あー……あったね、そういえば」

ライラ「そんなつもりではなかったのでございます」

千早「気にしなくても、みんな本気にしていないと思うけれど」

凛「確かに、楓さんなんか逆に目をキラキラさせてたし」

千早「どういうことかしら?」

凛「『このお土産、メイドさんと選んだんですか』って」

千早「……くっ、くふふっ…………ふふふふっ……」

凛「千早さん?」

千早「メ、メイドさんと…………冥土の……み、土産……はふっ、ふふふっ」

凛「え、そんなに?」

千早「ふくく……ふぅ、はぁ……」

ライラ「千早さん大丈夫でございますか?」

千早「え、ええ……くふっ、だ、だいじょ、ぶ……ふふふふっ」


44: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:08:20.19 ID:Jp691Oe30


凛「大丈夫じゃないね、これは」

ライラ「そのようでございますねー」

凛「ま、ライラも気にしなくていいってことだよ」

ライラ「ほえ?」

凛「ライラのお陰で、千早さんがこんなに笑ってるんだし」

ライラ「おー……」

千早「……ちょ、ちょっと複雑なのだけれど」

凛「あ、お帰りなさい千早さん」

ライラ「お帰りなさいですよー」

千早「ただいま、でいいのかしら?」

凛「ふふ、貴重なものを見せてもらったよ」

千早「で、出来れば忘れてもらえると……」

凛「うーん、なかなか衝撃的だったしなぁ」

ライラ「(凛さんとても楽しそうでございます)」


45: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:10:09.30 ID:Jp691Oe30


千早「あの、渋谷さん……って、え、もう時間?」

ライラ「おー」

千早「……悪意を感じるわ」

凛「ところで、本当にこんな感じで良いの?」

ライラ「いいのですよ」

凛「いいんだ……」

ライラ「凛さん、今日はどうでございましたか?」

凛「言い方はおかしいけど、のんびりできたよ」

ライラ「お連れして大正解でございましたねー」

千早「そうね。渋谷さんとも打ち解けられたし」

凛「……え?」

ライラ「ふふふー」

凛「ライラ?」

ライラ「凛さん、事務所にいる時と同じしゃべり方なのです」

千早「気づいてなかった?」

ライラ「千早さん、ニコニコでございますねー」

千早「あら、そんなに顔に出てたかしら」


46: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:11:54.65 ID:Jp691Oe30


凛「……」

ライラ「凛さん?」

凛「……えっと、その」

ライラ「照れてますです?」

凛「……照れてない」

ライラ「ふふー」

千早「ということで、今回の予定は未定はここまでです」

凛「え、ちょ……」

千早「相変わらず次回は未定ですが、またお会いできることを願っています」

ライラ「またお会いしましょー」

凛「待って、まだ話は終わってないよ!?」

千早「ふふふ、これでおあいこかしら?」

凛「千早さん!?」


47: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:14:18.61 ID:Jp691Oe30


***************************


【後日・CGプロ】

ライラ「ただ今戻りましたですよー」

ちひろ「お帰りなさい、ライラちゃん」

ライラ「おー、ちひろさん」

ちひろ「撮影のお仕事はどうでしたか?」

ライラ「ふふー、バッチリでございますです」

ライラ「色んなお洋服が着られて、とても楽しかったのですよ」

ちひろ「ふふふっ」

ライラ「……おや?」

ちひろ「どうかしましたか?」

ライラ「ちひろさん、何かいいことございましたか?」

ちひろ「……どうしてですか?」

ライラ「なんだか、いつもより嬉しそうでございます」

ちひろ「ライラちゃんって、そういう所鋭いですよね」

ライラ「ふふふー、人を見る目には自信があるのですよ」

ちひろ「ふふっ、そうみたいですね」


48: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:14:46.63 ID:Jp691Oe30


ちひろ「実は、ライラちゃんにお客様が来てるんです」

ライラ「ライラさんに、でございますか?」

ちひろ「はい」

ライラ「それでどうして、ちひろさんが嬉しいのでございましょうか?」

ちひろ「まあまあ、行ってみれば分かりますから」

ライラ「おー……?」


49: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:15:22.74 ID:Jp691Oe30


――――――
――――
――

ライラ「失礼いたしますですよー」

凛「お疲れ、ライラ」

ライラ「おー、凛さん、と……ほえ?」

千早「ふふ、お邪魔してます」

ライラ「……千早さん?」

凛「まあ、そうなるよね」

千早「そんなに驚く事かしら」

凛「逆の立場になって考えてみればいいと思う」

千早「……ああ、確かに」

千早「この前ライラさんがウチに来てくれたときは、目を疑ったものね」

凛「……ライラ、そんなことしてたんだ」


50: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:16:06.39 ID:Jp691Oe30


ライラ「…………」

凛「ライラ?」

ライラ「あの、どうして千早さんがこちらにいらっしゃるのでございますか?」

千早「これを渡そうと思って」

ライラ「……はぇ?」

千早「誕生日おめでとう、ライラさん」

ライラ「…………」

凛「あらら、固まっちゃった」

千早「ひょっとして、気に入らなかったとか……?」

凛「いや、それは大丈夫だと思うけど……ライラ?」

ライラ「ひ、ひゃいっ!?」

凛「ほら、千早さんが不安になってるよ?」

ライラ「あ、はいです……えっと……その、嬉しいでございます、とても、すごく!」

凛「だってさ、千早さん」

千早「ふふ、気に入ってもらえたなら何よりだわ」


51: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:18:36.27 ID:Jp691Oe30


ライラ「小さなお花がたくさん、いっぱいの色で、とてもキレイでございます」

ライラ「これは、なんというお花なのですか?」

千早「カスミソウよ」

ライラ「カスミソウ……」

千早「本当は白い花なのだけれど、渋谷さんに教えてもらってね」

千早「色を付けて、ドライフラワーにしてみたの」

凛「ちなみに、ライラの誕生花だよ」

ライラ「なんと、そうなのでございますか」

凛「花言葉は『清らかな心』、『無邪気』、『幸福』とかがあるね」

ライラ「おー」


52: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:19:12.06 ID:Jp691Oe30


凛「ライラにぴったりだからって、千早さんが」

千早「ちょ、ちょっと渋谷さん!?」

凛「どうしたの?」

千早「どうって……何も今言わなくても……!」

凛「だって、本当のことだし」

千早「いえ、確かにそうなのだけれど、今言われるのは恥ずかしいというか……」

凛「駄目だよ、こういうことはちゃんと伝えないと」

ライラ「えへへー」

ライラ「ライラさん、とても、とても感激でございます」

凛「ほら、この笑顔に免じて、ね?」

千早「…………もう」

ライラ「千早さん、凛さん、本当にありがとうございますですよ!」


<どんとはれ>


53: ◆Hnf2jpSB.k 2018/05/21(月) 21:22:56.50 ID:Jp691Oe30

というお話でございました

突然の新しい噂のお陰で、修正を余儀なくされてしまいました
嬉しい悲鳴ではありますが、流れがおかしくなっていないことを祈ります
なにより、間に合ってよかった
ライラさん、誕生日おめでとう

お楽しみいただけましたなら、幸いです


転載元:【予定は未定】ライラ「サプライズでございます!」 千早「……いい笑顔だわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526219169/
SS速報VIPの紹介です

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。