スポンサーリンク


トップページシャニマス > 杜野凛世「いろはどおりにいきません」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 02:36:24.55 ID:00Xh4VtiO

凛世の口調ムズい
凛世ちゃんがポンコツ化してる

それでもえびばでぃれっつごー



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 02:43:36.19 ID:00Xh4VtiO

事務所

ガチャ

智代子「おはようございます」

樹里「おはようございまーす…って誰もいないのか?」

智代子「あれ?わたしたち、今日一番乗り?」

樹里「鍵開いてたんだし、それはないだろ」

凛世「…」ボー

智代子「本当だ、凛世ちゃんがいるね」

樹里「なんか放心状態っぽいが」

スポンサーリンク


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 02:52:37.47 ID:00Xh4VtiO

智代子「凛世ちゃん、おはようございます」

凛世「あぁ…智代子さん、樹里さん…おはようございます…プロデューサーさまは少々出ており、凛世が留守を預かっています」

智代子「そうなんだ」

樹里「それはそうとどうしたんだよ」

智代子「何かあったの?」

凛世「プロデューサーさまに撫でていただけませんでした…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 03:03:31.08 ID:00Xh4VtiO

樹里「撫でるって…頭を?」

凛世「はい、智代子さんに借りた本の作法どおりにやったのですが…」

樹里「撫でて貰える作法の書いてある本ってなんだ?」

智代子「それって、この前貸した少女漫画のこと?」

凛世「はい」

樹里「少女漫画かよ…で、何をやったんだ?」

凛世「プロデューサーさまにお弁当を作りました」

智代子「あのシーンだね」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 03:09:22.59 ID:34E50gFQO

~あのシーン~
後輩「先輩、お弁当作ってきました!食べてください」テワタシ

先輩「おう、ありがとう」ナデナデ

後輩(あ~幸せ~、朝早くから作ったかいがあった~)

~~~~~~~

樹里「なんというか、よくありそうなやつだな」

智代子「凛世ちゃん、少女漫画通りにやってもその通りにはならないんだよ」

凛世「なんと…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 03:18:52.52 ID:34E50gFQO

樹里「その漫画の先輩とプロデューサーは違うんだから反応も違うだろ」

凛世「確かに…プロデューサーさまの方がずっと素敵です」

樹里「お、おう」(言いきったな)

智代子「そ、そうだね」(言いきったね)

凛世「凛世はプロデューサーさまに好かれてないのでしょうか…」

樹里「そんなことないだろ」

智代子「そうだよ、プロデューサーさんは凛世ちゃんのこと大切に思ってるよ」

凛世「そうでしょうか…」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 03:30:23.34 ID:jJUVRhktO

智代子「ほら、最近セクハラとか色々問題になってるし、プロデューサーさんも凛世ちゃんを簡単に撫でれないんだよ」

凛世「そういうものなのでしょうか…」

樹里「他の手段とかはないのか?」

智代子「漫画だと食べ終わったお弁当返す時も撫でてたし、もしかしたらその時かも!」

凛世「?、先程プロデューサーさまと先輩さんは違うと」

智代子「大丈夫、大丈夫」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 03:52:57.21 ID:jJUVRhktO

樹里(チョコ、そんな無責任なこと言って大丈夫か?)ヒソヒソ

智代子(大丈夫、お昼ごはんは今からだろうし、プロデューサーさんが食べ終わってお弁当返すまでにL●NEで撫でてあげてって伝えればいいんだよ)ヒソヒソ

樹里(それならいけるか)ヒソヒソ

凛世「二人とも、どうかなさいましたか?」

智代子「な、なんにもないよ!」

樹里「お、おうなんともないぞ」

智代子「じゃあちょっと…」(今からLI●Eを…)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 04:08:58.97 ID:jJUVRhktO

ガチャ

シャカP「ただいま」

智代子「あ」

凛世「おかえりなさいませ、プロデューサーさま」ペコリ

シャカP「凛世、留守番ありがとうな」

凛世「いえ、貴方さまのお願いですので」

シャカP「智代子と樹里も来てたのか」

智代子「は、はい、おはようございます」(どうしよう、まだお弁当食べてないよね?)

樹里「お、おはようございます、プロデューサー、昼は食ったか?」

シャカP「今からだよ」

智代子「そうなんですか」(良かった~)


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 04:32:41.11 ID:jJUVRhktO

樹里(今目の前にいるチョコからLI●Eしても見てもらえない可能性が高いぞ…)

智代子(しかも凛世ちゃんがプロデューサーさんの近くにしっかりポジショニングしてるから耳打ちもしづらい)

シャカP「智代子と樹里もお昼まだか?」

智代子「え?は、はい」

樹里「まだだけど」

シャカP「よかった、今日お昼に凛世がお弁当作ってきてくれたから皆で食うか」

凛世「はい」

智代子「え、皆で?」

シャカP「みたら驚くぞー」

樹里「驚く?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 04:48:10.81 ID:jJUVRhktO

シャカP「これだ」ドン

智代子「重箱…」

樹里「しかも4段」

シャカP「箸と皿がないか…ちょっと下のコンビニで買ってくる」

凛世「凛世もおともします」

智代子「凛世ちゃん、ちょっとここでお話しよう」

凛世「でも…」

シャカP「大丈夫だよ、凛世、皆でゆっくりしといてくれ」

凛世「貴方さまがおっしゃるのでしたら…」シュン


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 04:52:53.62 ID:jJUVRhktO

ガチャ

シャカP「じゃあちょっと待ってろ」

凛世「智代子さん、お話とはなんでしょうか?」

智代子「これが凛世ちゃんの用意したお弁当?」

凛世「はい、全てプロデューサーさまに食べて頂きたいと思い…作りました」

智代子「これ全部」

樹里「何時間掛かったんだよ…」

凛世「昨夜から仕込んでたのもあるので正確にはわかりませんが、2時間くらいでしょうか」

樹里「すげぇな…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 14:52:32.60 ID:7lDIBv2aO

智代子「漫画だとちょっとした2段弁当だったよね?これお花見や運動会とかに家族皆で食べるやつだよ!」

凛世「プロデューサーさまとの…家族…」ポッ

智代子「凛世ちゃんのゴールそこなんだね」

樹里「こんなの渡されたらあのプロデューサーじゃなくても皆で食うものだと思うぞ」

凛世「え…」

智代子「凛世ちゃんがプロデューサーさん渡すべきなのは漫画みたいな好きな人にだけ食べて貰えるようなものでしょ?」

凛世「はい…」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 14:55:26.31 ID:7lDIBv2aO

樹里「こんな多すぎるとプロデューサーも全部食うことはできないだろ」

凛世「そう…ですね、プロデューサーさまに食べて頂きたいものを考えていたのに、プロデューサーさまの事を考えられていませんでした…」

智代子「お弁当はこれから毎日でも渡していけるんだから、全部詰めなくてもいいんだよ」

凛世「なるほど…勉強になります」カリカリ

樹里「なんだそのメモ帳?」

凛世「これは…他の事務所の方なのですが良い教えを頂ける方に巡りあいまして、その方の教えを書きまとめたものです」

智代子「それって恋愛の?」

凛世「はい、アイドルとプロデューサーの恋愛についてです」

樹里「すごいピンポイントだな」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 18:29:59.11 ID:7lDIBv2aO

凛世「はい、先日お会いしたときはお供の仕方や生活の支え方について教えて頂きました、次は料理への愛の込め方を教えて頂きます」

樹里(なんだろう、どれもよくねぇことの気がする)

智代子(凛世ちゃんがこの前共演してたアイドル?…あ、もしかして佐久m)

ガチャ
シャカP「買ってきたぞー」

智代子「ありがとうございます」

樹里(おい、チョコ、連絡!)ヒソヒソ

智代子(あ、どうしよう!今の間にすれば良かったのに!)ヒソヒソ


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 18:46:06.02 ID:7lDIBv2aO

凛世「プロデューサーさま、早く食べましょう」ワクワク

樹里(かなり期待してるぞ!)ヒソヒソ

智代子(どどどどうしよう!これで食後撫でられなかったら凛世ちゃんショック受けちゃうよ!)ヒソヒソ 

樹里「あ、あー喉乾いたナー、こんなお弁当には爽●美茶が飲みたいナー」

智代子(ナイス樹里ちゃん!棒読み感あるけど、これならプロデューサーさんをもう一回コンビニにいかせられる!)

シャカP「それさっき言えよ…確かに飲み物もないし、もう1回降りるか」

智代子(よし、これなら降りたときに連絡すれば…)


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 18:55:13.00 ID:7lDIBv2aO

シャカP「それさっき言えよ…確かに飲み物もないし、もう1回降りるか」

智代子(よし、これなら降りたときに連絡すれば…)

凛世「爽健●茶ならこちらに」スッ

シャカP「なんだあるのか」

凛世「はい、事務所の冷蔵庫で冷えておりました」

樹里「ア…アリガトウ」(まじか…)

智代子「ワ、ワタシィ、コカ●ーラゼロが飲みたいナー」

樹里(チョコも演技酷えな…)


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 19:08:00.64 ID:7lDIBv2aO

シャカP「それもさっき言えよ…と言うかお弁当にコーラ飲むのか?」

智代子「ハ、ハイィ」(ここはなんとしてもプロデューサーさんに私から連絡しても違和感のない距離に行ってもらうしかない!)

凛世「コカコー●ゼロもありました」スッ

シャカP「なんでもあるな、ここの冷蔵庫」

智代子「ア…アリガトウ」(終わった…)

シャカP「よし、じゃあ…いただきます」パン

樹智「「いただきます…」」

凛世「どうぞ、お召し上がりください」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 19:09:33.18 ID:7lDIBv2aO

智代子(ごめんね、凛世ちゃん…プロデューサーさんに撫でてもらう為に頑張ってお弁当作ったのに…あ、この煮物美味しい)モグモグ

シャカP「このおにぎりはなんだ?」

凛世「それは梅干しが入っております」

シャカP「お、梅干し好きなんだよ」

凛世「はい、存じております」

智代子(あぁ、ほかの少女漫画貸せば良かった…後このお弁当だとお茶飲みたいなぁ)ゴクゴク

樹里(まだ手はある)モグモグ

智代子(ほんとに?)モグ

樹里(食後にまずアタシたちが凛世を撫でればいいんだ)モグモグ

智代子(どういうこと?)モグモグ

樹里(アタシたちが先に撫でる、そうしてプロデューサーも撫でたほうがいいという雰囲気作ってそのまま撫でさせる)モグモグモグ

智代子(なるほど、それなら!)モグモグ

シャカP(やけに俺が好きなものが多い気がする)モグモグ

凛世(プロデューサーさまに喜んでいただけてるでしょうか…)


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 19:19:03.64 ID:7lDIBv2aO

数分後

シャカP「ふぅ、久々にしっかりお昼食べたな」

凛世「プロデューサーさま、凛世のお弁当は如何でしたか?」

シャカP「とっても美味しかったよ、ごちそうさま」

凛世「もったいないお言葉です、またお作りしてもよろしいでしょうか?」

シャカP「あぁ、また食べたいよ」

凛世「はい…」(撫でていただけないのでしょうか…)

樹里(やるぞ、チョコ!)ヒソヒソ

智代子(合点!)ヒソ

樹里「いやぁーうまかったぞ、凛世の弁当!」ナデナデ

智代子(すごい!さっきより自然な演技!)


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 19:56:15.25 ID:7lDIBv2aO

凛世「は、はい…ありがとう…ございます?」

智代子「ウンウン、トテモオイシカタヨー」ナデナデ

樹里(さっきより演技酷くなってね?)

智代子(さぁ、これで!)チラ

シャカP「お前ら仲良いな」

樹里(駄目か…)

凛世「…」シューン

智代子(あぁ!凛世ちゃんの残りメンタルが!)

樹里(プロデューサーに凛世の恋愛感情汲み取らせるにはまだ無理があったか…)


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 21:42:23.48 ID:7lDIBv2aO

ガチャ

果穂「おはようございまぁす!」

夏葉「おはようございます」

マメ丸「ワン!」

カトレア「ワンワン」

樹里「おはようございます」

智代子「果穂、夏葉さん、おはようございます」

凛世「おはようございます」

シャカP「二人とも、おはよう、散歩でもしてきたのか?」

果穂「そうなんです!夏葉さんにドッグランに連れていってもらいました!」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 22:34:30.40 ID:7lDIBv2aO

夏葉「たまにはこの子達にもおもいっきり走らせてあげないとね」

シャカP「なるほどな」

マメ丸「ワン!」フリフリ

シャカP「おー、マメ丸、楽しんできたかー?」ナデナデ

果穂「はい!マメ丸ってばすっごいはしゃいでたんですよ!」

夏葉(果穂もとてもはしゃいでたのは言わない方がいいかしら…と言うかあっちの3人の様子が…)

凛世「マメ丸さんは撫でるのですね…」シュン

智代子「り、凛世ちゃん、落ち着いて!マメ丸は犬だから!」

樹里「そ、そうだぞ凛世、犬だから撫でられただけだ!」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 22:52:25.18 ID:7lDIBv2aO

果穂「マメ丸とプロデューサーさんは仲良しですね!」

シャカP「犬は可愛いからなー、ほら、カトレアもこっちに来い」

カトレア「ワンワン!」フリフリ

シャカP「カトレアもかわいいなー」ナデナデ

夏葉「大型犬でも小型犬でもいいのね」

シャカP「どっちも可愛いし」ナデナデ

凛世「凛世も犬になればあのように撫でて頂けるのでしょうか…」

智代子「犬になっちゃったらお嫁さんになれないよ!」

樹里「犬の扱いされても困るだろ、な?」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 22:58:12.56 ID:7lDIBv2aO

マメ丸「ワン!」ゴロン

シャカP「お、お腹見せてきたな、この欲しがり屋さんめ」ナデナデ

マメ丸「クゥーン」

果穂「マメ丸すっごい気持ち良さそうです!」

凛世「決めました」

智代子(何を!?)

樹里(腹撫でられたの見て何決めたんだよ…)

シャカP「ん?どうしたんだ?」

凛世「プロデューサーさま、少々…お待ち頂けますか?」

シャカP「え?あぁ、良いけど」(何を?)


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 00:03:09.97 ID:6y3wKzh9O

凛世「では、いって…まいります」

シャカP「おう、いってらっしゃい?」

凛世「はい」スタスタ

智代子「あ、ちょっと凛世ちゃん!」ダッ

樹里「お、おい…ったくしょーがねぇ」ダッ

ガチャバタン

シャカP「なんだったんだ?」

果穂「凛世さんのあの目…きっと、凄いことが起こる気がします!」

シャカP「凄いことか…」

果穂「はい!」

夏葉(高確率でプロデューサーと凛世関連よね、詳しいことはわからないけど)


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 00:20:33.63 ID:FQjEw7VbO

30分後

シャカP「果穂、次のイベントだが…」

果穂「はい!なんですか?」

夏葉「なるほど、今はこういうのが受けてるのね…」ペラッ

ガチャ

凛世「ただいま戻りました」

智代子「た、ただいま…」

樹里「…ただいま」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 00:28:48.23 ID:FQjEw7VbO

夏葉「おかえりなさい」

シャカP「おかえり、三人とも買い物に行ってきたのか」

果穂「おかえりなさい、何買ってきたんですか?」

智代子「それは…」

樹里「待て、言うな」

凛世「プロデューサーさま、後少々お待ちください」

ガチャ

シャカP「ん?わかった」(更衣室?着替えにいったのか?)


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 04:36:12.88 ID:ckYt4HfUO

樹里「夏葉、頼みがあるんだが今すぐ果穂を事務所から連れ出してくれ」ヒソヒソ

夏葉「え、何よ、急に?凛世は何しに行ったのよ」ヒソヒソ

樹里「果穂に見せるには早すぎることだ…」トオイメ

夏葉「何よそれ」ヒソヒソ

樹里「本当に頼む!後生だ!アタシらは最悪の場合に止めなきゃならねぇ」ヒソヒソ

夏葉「…しょうがないわね、後で何があったか教えなさいよ」ヒソヒソ

樹里「助かる!」ヒソヒソ


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 05:06:37.21 ID:ckYt4HfUO

夏葉「果穂、ちょっといいかしら?」

果穂「なんですか?」

夏葉「うちのカトレアがまだ走り足りないみたいなのよ、今からちょっと散歩にいくのだけれど、付き合ってくれないかしら?」

果穂「え…でも凛世さんが何するか見たいです」

夏葉「通り道に特撮で有名なあのスタジオがあるのだけれど…」

果穂「本当ですか!?うー…悩ましいです…」

樹里「ほら、果穂、行ってこいよ」

智代子「そうだよ、マメ丸と一緒にいった方がいいよ!」

果穂「わかりました!いきます!」

シャカP「おう…いってらっしゃい」(なんか今果穂を追い出そうとしてなかったか?)


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 06:08:14.33 ID:ckYt4HfUO

夏葉「じゃあ、いくわよ!」

果穂「はい!いってきます!マメ丸!」

マメ丸「ワン!」

カトレア「ワンワン!」

ガチャ

バタン

樹里「ふぅ…」

智代子「なんとか果穂を出せたね…」

シャカP「なぁ、凛世は今何やってるんだ?」

智代子「その…」

ガチャ

凛世「お待たせしました、プロデューサーさま」

シャカP「」

凛世「プロデューサーさま、こちらをどうぞ」スッ

シャカP「…」(モフモフした毛皮のビキニにいぬ耳と尻尾と首輪を着けた凛世が俺に首輪に繋がったリードを渡そうとしてる)


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 22:28:22.99 ID:QkRHUqspO

智代子「実際に着られるとさらにヤバイね」

樹里「この絵面だとプロデューサーが真っ先に逮捕されるな」

シャカP(これが理由で果穂は連れ出されたのか…と言うか俺はどうすればいいんだ…)チラッ

智代子「なんでビキニタイプ選んだんだろ?」

樹里「お腹直接撫でて欲しいんじゃねーのか?」

智代子「なるほど、それよりプロデューサーさん助けて欲しそうだけど」

樹里「そろそろプロデューサーも色々気づくべきだ、ヤバそうになるまで何もしない方がいいだろ、まぁ流石にアタシらが見てる前で凛世に襲いかからないだろうが」

智代子「それもそうだね」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 23:13:41.52 ID:QkRHUqspO

シャカP(あの二人は助けてくれる気ないな…いつも俺の言うことしっかり聞いてくれる凛世が一体何故こんなことに…)

凛世「プロデューサーさま?」ジー

シャカP(なんだ?何するのが正解なんだ?二人きりなら凛世が実は俺の事が好きでエロいことに持っていくための展開なんだろうが、樹里と智代子が見張ってるしそれはないだろ…あの二人が居てもそのまま問題無いことをすればいいのか?と言うかそろそろ何かしないと…)

ガチャ

シャカP「!」(まさか果穂と夏葉か?)

樹里「!」(ヤバイ、今の凛世の格好は果穂には刺激が強すぎる!)

智代子「!」(とめなきゃ!)

天井社長「…お前たち、事務所で何をやっている?」

シャカP「」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 23:34:04.53 ID:QkRHUqspO

智代子「あ…」(これプロデューサー大変なことになるやつだ)

樹里「こっちか…」(撫でるがどうとかじゃなくなったな…)

天井社長「社長室で話を聞く、すぐに来い」

バタン

シャカP「すまん、凛世、とりあえず社長と話してくるから元の格好に着替えてきてくれ」

凛世「はい…」(撫でて頂けず、プロデューサーさまにご迷惑を…)シュン


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 23:46:03.12 ID:QkRHUqspO

数十分後
智代子「長引いてるね…」

樹里「まさかあのタイミングで社長が帰って来るなんてな…」

凛世「凛世が…プロデューサーさまに…ご迷惑を…」オロオロ

智代子「だ、大丈夫だよ!プロデューサーさんにちゃんと謝れば許してくれるよ!」

凛世「凛世がプロデューサーさまに撫でていただきたいと思わなければこんなことには…」

樹里「犬になるって方法を止めなかったアタシらにも責任あるな…」

智代子「そうだね…」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 23:54:48.80 ID:QkRHUqspO

ガチャ
シャカP「…」

凛世「プロデューサーさま、この度は本当に申し訳ございません!」

智代子「あ、プロデューサーさん…あのですね…」

樹里「そのーなんだ、凛世も悪気があったわけじゃないんだ」

シャカP「わかってるよ、俺こそごめんな、凛世」ナデナデ

凛世「いえ…あ…」

智代子(撫でた!)

樹里(このタイミングかよ!)


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 00:04:02.67 ID:J4pIoFClO

シャカP「あ、駄目だったか?」(俺が犬撫でてたから犬になったと怒られてる間に考えたんだが間違えだったか?)

凛世「いえ…凛世は…果報者です」キラキラ

智代子「良かったね、凛世ちゃん!」

樹里「やったじゃねぇか!」

凛世「はい…凛世は今、とても幸福です」

シャカP「はは、凛世は大袈裟だなぁ」(一人暮らしで両親と離れてるし、凛世みたいにしっかりした子でも男親?みたいなのから撫でて欲しかったんだろうな)

智代子(よかったー)

樹里(何かプロデューサーは変な勘違いしてそうだが、これでいいか)

シャカP「じゃあ、俺は始末書書かないといけないから、お前らはもう遅いし帰れ」

樹智凛「「「はい」」」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 00:13:44.33 ID:J4pIoFClO

シャカP「あ、駄目だったか?」(俺が犬撫でてたから犬になったと怒られてる間に考えたんだが間違えだったか?)

凛世「いえ…凛世は…果報者です」キラキラ

智代子「良かったね、凛世ちゃん!」

樹里「やったじゃねぇか!」

凛世「はい…凛世は今、とても幸福です」

シャカP「はは、凛世は大袈裟だなぁ」(一人暮らしで両親と離れてるし、凛世みたいにしっかりした子でも男親?みたいなのから撫でて欲しかったんだろうな)

智代子(よかったー)

樹里(何かプロデューサーは変な勘違いしてそうだが、これでいいか)

シャカP「じゃあ、俺は始末書書かないといけないから、お前らはもう遅いし帰れ」

樹智凛「「「はい」」」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 00:20:43.40 ID:J4pIoFClO

翌日 事務所前

智代子「あ、樹里ちゃん!おはようございます」

樹里「おう、チョコ、おはようございます」

智代子「昨日は大変だったねー」

樹里「そうだな」

智代子「これで凛世ちゃんとプロデューサーさんの仲が進展してくれればいいね」

樹里「そうなりゃ色々楽だな」

智代子「夏葉ちゃんにも後で説明しないとね」

樹里「あ、すっかり忘れてたな…と言うか最初から夏葉に手伝ってもらった方がスムーズに終わりそうだった」

智代子「確かに」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 00:32:46.60 ID:J4pIoFClO

事務所
ガチャ

智代子「おはようございます」

樹里「おはようございます…って誰も居ないのか?」

智代子「あ、あそこに凛世ちゃんがいるよ」

凛世「…」ズーン

樹里(なんだ?…嫌な予感が…)

智代子「凛世ちゃん、おはようございます!どうか…」

樹里「待て、チョコ!聞くな!」

智代子「したの?」

樹里「…」(遅かったか…今日の予定は昼からのダンスレッスンだけだな、よし!)

凛世「プロデューサーさまに…頬に口付けを…していただけませんでした…」

智代子「あ…」

樹里「すまん!急用を思い出した!」ダッ

智代子「あ、ちょっと!待って樹里ちゃん!二人きりにしないでー!」

終わり


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 00:38:03.36 ID:J4pIoFClO

SIMカード切り替えたりしたせいか、IDゴチャゴチャになってますね、すみません

SNS招待が一人目で止まっているので特訓はづきさんの実装とpSSR凛世の実装はよ
はよ

次は凛世とシンデレラの紅いのとを絡めた話を書き貯めてるのでそのうち出せればいいなと思ってます

HTML化してきます


転載元:杜野凛世「いろは通りにいきません」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529688984/
SS速報VIPの紹介です

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。