スポンサーリンク


トップページグリマス > 【ミリマス】P「杏奈のほっぺたもちもちもっちー」

1: ◆66FsS2TZ4lNJ 2018/12/02(日) 00:04:11.90 ID:gaCnCtkc0

P「杏奈のあだ名ってもっちーじゃん?」

杏奈「亜美、真美が、呼んでるだけ…だけど」

P「それってさ、このおもちみたいなほっぺたが由来の一つだと思う訳よ」ウニョ~ン

杏奈「プロデューサーひゃん、あにすゆの…」

P「つまり、杏奈のほっぺは醤油を垂らせば絶対おいしくなるはずだ!」

杏奈「………?」

P「だからさ、いいか?」

杏奈「……何が?」

P「醤油をつけて舐めてみても」

杏奈「意味が……わからない。なんで…?」

P「なんで……そこに杏奈のほっぺがあるから…かな?」

杏奈「……よくわからない…けど、プロデューサーさんなら……いい、よ」

P「本当!? やたーっ! 頼んでみるもんだぜ!」

杏奈「プロデューサーさん……怖い」

P「おっとすまない、つい取り乱してしまった。では早速」

スポンサーリンク



2: ◆66FsS2TZ4lNJ 2018/12/02(日) 12:33:22.61 ID:gaCnCtkc0

 俺は用意していた脱脂綿に醤油を含ませる。垂らしては杏奈の顔や服が汚れてしまうからな。

十分に染みこんだことを確認してから、杏奈の髪をかき上げる。サラッとした紫のカーテンが開け放たれ、そこには一面の雪景色。軽くさすってみると、杏奈が「ん…」と悩ましげな声をあげる。指で軽く押す、どこまでも沈んでいきそうなほど柔らかい。いつまでも楽しんでいられそうだが、杏奈が急かすので本題に入る。

脱脂綿でさすると、淡い茶色が肌に浮かび上がる。香ばしい醤油と甘い杏奈の香りが食欲を掻き立てる。生唾を飲み込んでしまったが、杏奈に聞かれていないだろうか。

杏奈の目を見ると、なんだか恥ずかしそうにしている。気づけば雪のようだった肌は少し朱に染まっていた。

いよいよ口を付けようとしたときだった。

杏奈「プロデューサーさん……優しく、してね」

その言葉で理性が飛びかけたが、鋼の精神で自制する。なんたって俺はPだからな!

コクリと頷き、口を近づける。チロリと舌を這わせると、その先には桃源郷が広がっていた。

指以上に感じ取れる柔肌は、舌先から脳髄を刺激し、ドバドバ脳内麻薬を生み出す。こんな多幸感に包まれたことが未だかつてあっただろうか。

しかし悲しくも、終焉というものは何事にも存在するのだ。


3: ◆66FsS2TZ4lNJ 2018/12/02(日) 12:34:11.74 ID:gaCnCtkc0

百合子「七尾百合子、ただいまかえりま…ええええええええええええっ!?!?!?!?」

 ガチャリとドアを開けた百合子は驚きのあまり絶叫してしまう。

百合子「な、な、何やってるんですか!? え、まさかアイドルとプロデューサーの禁断の? それともそれとも、プロデューサーさんが無理矢理とか…」

P「おい、戻ってこい妄想少女」コツン

百合子「あいたっ! って、あれ? 今見たのは私の妄想?」

杏奈「多分…本物」

百合子「やっぱり! プロデューサーさん! 杏奈ちゃんに何やってるんですか!」

P「何って…ただ杏奈のほっぺた舐めてただけだよ」

百合子「……自信満々に言われてるけどこれっておかしいことだよね?」

杏奈「そう……だね。百合子さんが…正しい」

百合子「だよね! え、というか杏奈ちゃん何で冷静なの!?」

P「杏奈が許してくれたからな」

百合子「……じゃ、じゃあ、その、お二人は…付き合ってたり?」

P「いや、アイドルが恋愛とか御法度だろ。ましてやプロデューサーとなんて…」

百合子「……??? じゃあなんで」

P「まあお前もやってみろ。すごいから。杏奈、いいだろ?」

杏奈「…うん。百合子さんも、大好きだから」

百合子「理解が追いつかないんですけど!?」

P「こうやって、醤油をつけて……ほらできた。さあ舐めてみ」

杏奈「百合子、さん。優しく、ね?」


4: ◆66FsS2TZ4lNJ 2018/12/02(日) 12:34:42.79 ID:gaCnCtkc0

百合子「うう、そこまで言うなら…………あ、本当だ! これすごいですプロデューサーさん!」

P「だろ!」

百合子「はい! 杏奈ちゃんの体温が伝わってきて、すっごく柔らかくって、それで醤油も良い味出してるっていうか!」

P「やっぱりお前ならわかってくれると思ってたぞ!」

杏奈「あ」

百合子「どうしたの、杏奈ちゃん?」

杏奈「百合子さんと、プロデューサーさん……間接、キス」

百合子「え、ええええええええええっ!?!?!?!?/////」フラッ

P「っと危ない。……気絶してるな」

杏奈「顔、真っ赤……」

P「ソファに寝かしとくか」

杏奈「……」

P「……」

杏奈「プロデューサー、さん」

P「……どうした?」

杏奈「百合子、さんの……ほっぺた、おいしそう」

P「俺も今そう思ってたんだ」

杏奈「杏奈、も……やってみたい」

P「じゃあ百合子でもやるか!」

杏奈「……楽しみ」


終わり


転載元:【ミリマス】P「杏奈のほっぺたもちもちもっちー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1543676651/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2018年12月07日 21:46
    • 俺の頭じゃ理解できない…
      なんなのだこれは?
    • 2 名無し春香さん
    • 2018年12月08日 20:14
    • 美味しいものと美味しいものを合わせたら、すごく美味しいでしょう?
      ってことか
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。