スポンサーリンク

トップページモバマス > 的場梨沙「アツアツおでんのユーワク」二宮飛鳥「甘いココアを添えて」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:24:13 ID:7O5

12月某日 朝



梨沙「……寒い」
mtbrs28

飛鳥「寒いね」
nnmyask18

梨沙「ここ、事務所の中よね? なんでこんなに寒いの? 暖房ついてないの?」

飛鳥「ついているけど、効きが悪いから。部屋の広さに対してエアコンが小さいんだ」

梨沙「さむい……いや、ホントにさむっ!」

飛鳥「寒いね」

梨沙「こんなに寒いのに、なんでアンタそんな冷静なのよ」

飛鳥「周りが冷えると、頭も冷えるものさ」

梨沙「クールねー……」

飛鳥「ココアでも飲むかい? 身体が芯から温まるよ」

梨沙「ココア……飲む! あったかそう!」

飛鳥「理解った。淹れてくるから、少し待っていてくれ」

梨沙「ありがと!」

シリーズSS
ヴァリアスハートシリーズ

スポンサーリンク


2: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:25:38 ID:7O5

飛鳥「………」テキパキ

梨沙「なんか慣れてるわね」

飛鳥「ついさっき、キミが来る前に自分で淹れて飲んだからね」

梨沙「ふーん……って、ちょっと待って。じゃあアンタがさっきからミョーに余裕あるのって」

飛鳥「身体の芯から温まると言っただろう?」

梨沙「なるほどね。そりゃ冷静なわけだわ……」

飛鳥「世の中、見えるものばかりが全てじゃないということさ」

梨沙「ココア飲んでるだけでミステリアスなフンイキ出すのやめなさいよ」

飛鳥「フッ、別に何かを意識したわけじゃないけどね。……ほら、おまたせ」

梨沙「ありがとう……わー、もう見た目だけであったかいわ。湯気出てるし」

飛鳥「ゆっくり味わうといい」

梨沙「カップ触るともっとあったかーい」サワサワ

飛鳥「急いで飲んで火傷しないように……と言いかけたけど、その様子なら心配なさそうだ」

梨沙「ふーっ、ふーっ……なんか、せっかく温めてくれてるのに冷ますのももったいない気がするわね」

飛鳥「ジレンマだね」

梨沙「ふーっ。もう飲めるかな……」チロ

梨沙「………」

梨沙「ふーーーっ」

飛鳥「くすっ」

梨沙「なに笑ってんのよ!」

飛鳥「あぁ、すまない。可愛らしくてつい」

梨沙「飛鳥だって熱いの苦手なクセに」

飛鳥「まあ、否定はしないが……それにしても、今日は一段と暖房の効きが悪いな。心なしか風がいっこうに温まらないような」

梨沙「壊れちゃったんじゃないの?」

飛鳥「最近妙な音がするとは思っていたが、いよいよ限界かもしれないな」


3: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:29:20 ID:7O5

ガチャリ

P「おはようございます」

心「おっはよー☆ あぁ~やっと暖かい空気に触れられ……って、さむっ! なんで!?」
stsn22

梨沙「おはようございます。エアコンが壊れてるのよ」

飛鳥「確定ではないけどね」

P「本当か? どれどれ」

心「さ、さむい……風がないだけ外よりマシだけど、さむい……」

梨沙「なんかすごい震えてるけど大丈夫?」

飛鳥「扉をくぐれば暖かい空間が待っていると信じていたんだ。その期待が裏切られた結果、身体以上に心に深い傷を負っているんだろう」

梨沙「なるほど」

心「ふたりとも、こんなに寒いのになんでそこまで冷静なの?」

梨沙「あったかいココア飲んだし」

心「あっずるーい! はぁともココアのもーっと♪」

飛鳥「元気になった」

心「プロデューサーも飲むでしょ? 飲むよね? はいじゃあふたつ淹れるね☆」

P「俺返事してませんけど」

心「どうせ飲むんだから一緒一緒☆」


4: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:30:58 ID:7O5

P「まあ、俺も暖まりたいんでいりますけど……んー、これは寿命かもなぁ。どのスイッチいじっても風に変化がない」

飛鳥「キミもそう思うかい」

P「何度か修理して騙し騙し使ってきたけど、今度こそ限界っぽい。事務の人に頼んで、新しいのに替えてもらうよ」

梨沙「それはいいけど、新しいの来るまではずっと寒いまま? そのうち誰か風邪ひいちゃうわよ」

P「たぶん余ってるストーブとかあるはずだから、ちひろさんに聞いてみよう」

心「んじゃ、それが来るまではあったかーいココアで我慢だな☆ へいお待ち♪」

P「ありがとうございます」

心「ふーふーしてあげよっか?」

P「いや大丈夫です」

心「もう、ノリ悪いぞプロデューサー! スウィーティーなシチュエーションにならないじゃーん」

P「ココアだけで十分スウィーティーなので」

心「それはつまり、はぁとに淹れてもらった愛情たっぷりココアだけで十分スウィーティーってこと?」キラキラ

P「じゃあそれで」

心「しょっぱ! ココア飲んでるのにしょっぱ! コーヒーブラック派は心までブラックなのー?」



梨沙「いつものオトメ漫才が始まっちゃったわね」

飛鳥「夫婦(めおと)漫才、だね」

梨沙「ていうか、そろそろ準備しないと撮影に遅れそうじゃない?」

飛鳥「おっと、もうそんな時間か。朝の穏やかなひとときはあっという間に過ぎてしまうな」


5: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:38:14 ID:7O5

心「くらえっ☆ まだあったまってない左手によるひんやり攻撃~♪」

P「のわっ! ちょっといきなり何するんですか!」

心「つめたーいプロデューサーにはつめたーい手がお似合いでしょ~?」スリスリ

P「ちょっ、ほんとにくすぐったいんでやめて」

心「ふーーっ♪」

P「!?」ビクン

心「ココアふーふーさせてくれないから、耳ふーふーしちゃうぞ☆」

P「くっ、なんて仕返しのやり方を……」

心「あれぇ? プロデューサー、こんなに寒いのに顔真っ赤だよ~? どしたの~~??」



梨沙「………穏やか?」

飛鳥「訂正しよう。キミとふたりきりの間は穏やかだった」

飛鳥「見ているこっちまでアツくなってきてしまうな……」

梨沙「あ、アタシはパパ一筋だし女の子同士でそういうのするシュミないわよ?」ズザッ

飛鳥「何を想像しているんだ、おマセさんめ」


6: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:38:35 ID:7O5


数時間後


ディレクター「お疲れさまでした!」

梨沙「お疲れさまでした!」

飛鳥「お疲れ様です」

心「また機会があったらどんどん撮っちゃってくださいねー☆」




心「いや外さっむ! え、朝より寒くない?」

梨沙「息真っ白よ、ほら」

飛鳥「手袋越しでも空気が冷たいな……手が冷えてしまう」

梨沙「これで事務所に戻ってストーブ置いてなかったらどうしよう……ホントに風邪ひいちゃうかも」

心「またあったかいもので寒さをしのぐしかないんじゃない? ほら、ちょうどそこにコンビニあるし♪」

飛鳥「コンビニか……少し寄り道して、暖をとりつつ熱を補給するとしようか」

梨沙「さんせーい」


7: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:39:04 ID:7O5

店員「しゃーせー」


心「ここのチョコミントアイスおいしいんだよねー」

梨沙「いの一番に冷たいもの選びにいってどうするのよ!」

心「てへぺろ☆」

飛鳥「やはりここはホットフードか。肉まん、ピザまん、カレーまん……」

梨沙「んー、辛いと余計熱くなるし、ここはカレーまんとか?」

心「ちっちっちっ☆ 若いなぁ、ふたりとも」

心「笑っちゃうほどスウィーティーだぞ☆」

梨沙「カレーまんだから辛いわよ?」

飛鳥(暗に自分が若くないことを自白していないか……?)

心「身体の芯から温まる食べ物といえば! そう! 汁まで味わえるアレに決まってるっしょ☆」

梨沙「あれって……あっ、おでんね!」

心「イグザクトリィ☆」

飛鳥「確かに、コンビニにあるものなら最も適しているかもしれないな」

心「てことで、みんなでおでん買っちゃお♪」


8: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:39:34 ID:7O5

飛鳥「おでん、いいですか」

飛鳥「大根、はんぺん、たまごにたけのこ、しらたき、がんもにさつま揚げ」

店員「以上でよろしいっすかー」

飛鳥「あぁ……いや、ひとつ大事なものを忘れていた」


飛鳥「こんにゃくを、ひとつ」ビシッ



心「なんでこんにゃく頼むだけでサマになってるのあの子?」

梨沙「飛鳥って、割と何やってもカッコいい感じになるわよね」

心「たぶん飛鳥ちゃんならおでんの串を武器にしててもカッコいいと思う」

梨沙「おでん剣?」

心「おでんソード」




飛鳥「会計、終わったよ」

心「よし♪ 冷めないうちに事務所に戻るぞー☆」

梨沙「外で食べるとそれはそれで寒いしねー」

飛鳥「あぁ、理解った。が、その前にひとつ」

心「なに?」

飛鳥「名前はオーディンソードでどうだろう」

梨沙「おでんが名乗っていいカッコよさじゃないでしょそれ」


9: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:40:50 ID:7O5

その後


P「諸々の事情があって、この部屋にストーブが設置されるのは夕方になりそうだ」

梨沙「おでん買っといてよかったわね」

心「転ばぬ先の杖作戦、大成功☆」

飛鳥「おでんを買ってきたんだ。キミもどう?」

P「いいのか?」

飛鳥「もともと多めに買ってきていたんだ。問題ないさ」

P「なら、いただくよ。ありがとう」

飛鳥「お礼なら心さんに言ってくれ。彼女の奢りだから」

P「心さん、ごちそうさまです」

心「えっ? いやいや、別にたいしたことじゃないし。コンビニのおでんだよ?」

梨沙(こういう時は恩を売ったりとかしないのよね、ハートさんって)

P「スーツって見た目より防寒性能ないんですよね。存分に暖めさせてもらいます」

心「おでんだけじゃなくて、はぁとでも暖まっていいんだぞ?」

P「いえこんにゃくで十分です」

心「おい☆」

梨沙「こんにゃくに負けたアイドル、しゅがーはぁと」

心「今日からこんにゃくはノースウィーティーリストに入れてやる……」

梨沙「何そのリスト!?」


10: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:42:18 ID:7O5

飛鳥「待て、こんにゃくはボクが食べたいから買ったんだ」

心「飛鳥ちゃんナイス! さあプロデューサー、これでもう選択肢はひとつしかないぞ♪」

P「しらたきで」

飛鳥「承認」

心「しらたき ノースウィーティー リスト入り」

梨沙「割といっぱいリスト入りしてそうね、その基準だと」

P「……冷めないうちに食べません?」

心「いいもん! はぁとは飛鳥ちゃんと梨沙ちゃんで暖とるんだからな☆」ギュム

飛鳥「あっおい」

梨沙「ちょっといきなり……あ、でもこれ意外とあったかい」

心「三人寄れば文殊の暖☆」

飛鳥「……原始的だが、悪くはないか」

心「このままくっついておでん食べよー♪」

梨沙「ま、寒さをしのぐためだししょうがないわね!」


11: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:44:46 ID:7O5

P「………」

心「ククク、羨ましい? プロデューサー? 入りたい? てか入りたいって言え☆」

P「いえ、仲良しだなと思っただけですけど」

心「隠さなくてもいいのに~♪ ほら、はぁと達はいつでも大歓迎だぞ☆」

飛鳥・梨沙「いやダメだけど」

心「え?」

P「飛鳥と梨沙の方が常識的な反応してるじゃないですか……」

心「おっかしいなぁ~。流れでイケると思ったんだけど」

飛鳥「ボクは女性相手だから許可しているだけだぞ」

心「えっ……はぁと、女の子同士でそういう趣味はなくて」

飛鳥「何故ボクの周りにはそういう勘違いをする人間が多いんだ……」

梨沙「アタシもそういうシュミはないわ!」

飛鳥「今朝聞いたよ」

P「俺も男同士の趣味はないなぁ」

飛鳥「聞いてないけど」

心「っし!!」

飛鳥「ガッツポーズが出たぞ」


その後、ストーブが届くまで3人でおしくらまんじゅうしましたとさ

おしまい


12: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:45:46 ID:7O5

おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
この時期のおでんは神


転載元:的場梨沙「アツアツおでんのユーワク」二宮飛鳥「甘いココアを添えて」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1544959453/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2018年12月17日 23:30
    • しゃーせーって挨拶するコンビニ店員を見ると響子ちゃんボイスの後輩ギャルにしか見えん
    • 2 名無し春香さん
    • 2018年12月19日 13:49
    • >>1
      暖めますか??
    • 3 名無し春香さん
    • 2018年12月21日 02:44
    • おでん頼みにくい
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。