スポンサーリンク


トップページ765プロ > 真美「おーけーぐーぐる!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:44:42.55 ID:NiqoLDwXo

真美「ででーん! 社長が買ってきてくれたよ~!」

響「Google Homeだ!」

千早「これは……何?」

あずさ「スマートスピーカーね。お話すると答えてくれるのよ~」

律子「ふふっ、これでうちの事務所もなんか新しい感じになってきたわね!」

真美「ねえねえりっちゃん、試していい?」

律子「いいわよ」

スポンサーリンク


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:45:24.78 ID:NiqoLDwXo

Google Home『明日は 晴れ です』

千早「おおー」パチパチパチ

響「すごいね!」

あずさ「じゃ、じゃあ私も~……オーケーグーグル、いまは何時ですか?」

Google Home『現在時刻は 11時 23分 です』

真美「もー、あずさお姉ちゃん! 時計見たら分かるっしょ~?」

あずさ「あ、あら~」

千早(すごいわ……)


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:45:53.01 ID:NiqoLDwXo


――

千早「お疲れ様です」

Google Home『……』

千早「……誰もいないのね」

千早「こほん。……オーケー、グーグル。その、プロデューサーとふたりで……。
   おいしいご飯が、頼めるお店を。なるべく、女子高生が払えるような値段で、お願いします」

響「ね……真美」

真美「どったのひびきん……」

響「なんか、めちゃくちゃ出づらくなっちゃったぞ」

真美「そだね……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:46:21.41 ID:NiqoLDwXo


響「ちっ、千早ってプロデューサーのこと、好きなの?」

真美「そんなの決まってるっしょー」

響「そうだったんだ……気づかなかった」

真美「……でもさ、千早お姉ちゃんの質問、さすがにあのスピーカーでも答えられなくない?」

響「そうだな。あんな具体的じゃあ……」

Google Home『それなら、良いお店がありますよ』

真美「えっ!?」

千早「本当に?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:46:51.13 ID:NiqoLDwXo


Google Home『神楽坂から徒歩5分のところに……』

千早「ま、待って。メモを取るから」

響「……待ってる」

千早「おまたせ」

真美「喋りだした……」

Google Home『……ってお店です』

千早「ありがとう。誘ってみるわ」

Google Home『お役に立てて光栄です』


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:47:18.59 ID:NiqoLDwXo


千早「それじゃ」

ガタン

響「……行っちゃったね」

真美「ねえねえ、ひびきん。怪しくない?」

響「すっごく怪しいぞ」

真美「真美の知ってるCMだと、もっとカンタンな質問しかできないけど……」

響「待って、真美! 誰か来る!」

真美「わわっ!?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:47:45.45 ID:NiqoLDwXo


あずさ「おはようございま~す」

真美「……」

あずさ「あら? みんないないの?」

響「……」

あずさ「……お、おーけーぐーぐる」

響「話しかけた!」

真美「みんな新しもの好きだから……」

あずさ「私の運命の人は……?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:48:13.58 ID:NiqoLDwXo


Google Home『……申し訳ありません。私にはよく分かりませんでした』

真美「あ、YouTubeで見た! この受け答え!」

あずさ「……そ、そうよね。何を言っているのかしら、私ったら」

Google Home『ですが……』

響「えっ!?」

Google Home『きっとすぐに現れるでしょう。今はただ、探すのみです』

あずさ「まあ!」

真美「ゼンゼン機械っぽくないこと言ってる……」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:48:54.04 ID:NiqoLDwXo


あずさ「ありがとう、グーグルちゃん……励ましてくれたのね」

響「や、やっぱりおかしいぞ」

あずさ「……それじゃ、ちょっとお散歩に行こうかしら♪」

ガタン

真美「行っちゃった……」

響「……真美」

真美「えっ……?」

響「最近の機械って、すごいんだね!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:49:37.42 ID:NiqoLDwXo


真美「ひ、ひびきん!?」

響「自分、感動したぞ! まるで人みたいなんだもん」

真美「いや、ひびきん……さすがにこんな気が利かないと思うよ」

響「ええっ? でも……ちゃんと受け答えしたじゃないか」

真美「ううん……ウチの事務所で、こういういたずらをしそうなのは……」

響「真美?」

真美「オーケーグーグル! ピヨちゃんに電話!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:50:10.79 ID:NiqoLDwXo


響「ま、真美? ピヨ子に電話って、なんでいきなり」

Google Home『すみません。いま、音無小鳥さんにお繋ぎできません』

真美「かかったなぁー!」

Google Home『えっ!?』

響「えっ!」

真美「んっふっふ~、この子にはまだ電話帳を登録していないのだよ」

響「つ、つまりどういうことだ!?」

真美「どうしてピヨちゃんが音無小鳥さんだって分かったのかな~?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:50:40.97 ID:NiqoLDwXo


Google Home『うう……しかたないか……』

響「うわあ! 急に普通に喋った!」

真美「もういいよ、ピヨちゃん。電話をずーっとつないで、どっかから喋ってたんでしょ?」

Google Home『……すごいわね、真美ちゃんは。
      試しにこのスピーカーと電話をつないでみたら、真美ちゃんたちのおしゃべりが聞こえて……』

真美「トウチョーは犯罪だよ?」

Google Home『ご、ごめんなさい! ……でも、千早ちゃんに話しかけられて、切るに切れなくなっちゃったから』


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:51:13.78 ID:NiqoLDwXo

Google Home『私の声だって、すぐに気づかれると思ったのに……』

響「意外だけど、全然気づかなかったぞ」

Google Home『あずささんだって……全然気づいてなかったわ』

真美「もしかして、社長が買ってきてくれたのってウソ?」

Google Home『えええ!? う、ウソじゃないわよ!』

真美「えー。でも、急にこんなハイテクなやつが事務所に来るのなんてヘンだよ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:51:49.68 ID:NiqoLDwXo

響「まさか! ピヨ子が盗聴のために……」

Google Home『そんなことしないってば』

真美「あっ! 誰か来るよ」

響「わっ!?」

Google Home『ちょ、ちょっと!?』

律子「お疲れ様でーす」

響「なんで隠れるんだよー!」

真美「ご、ごめん。なんとなく……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:52:21.27 ID:NiqoLDwXo


律子「誰もいない? ……あ」

Google Home『……』

律子「お、オッケーグーグル」

響「……」ゴクリ

真美「……っ」

律子「これからの765プロ、上手く行く?」

Google Home『……』


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:52:53.50 ID:NiqoLDwXo

律子「な、なーんてね。何を言っているのかしら」

Google Home『絶対っ、うまくいきます!』

律子「えっ!? 小鳥さん!?」

響「あ」

真美「いぇ……いぇーい! ドッキリ~!」バッ

響「テッテレーだぞー!」バッ

律子「は、えっ、何?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:53:21.10 ID:NiqoLDwXo

Google Home『わ、わー! 大成功~!』

律子「よく、分からないけど……買ったばっかりのコレをおもちゃにするのはやめなさーい!」

真美「ごっ、ごめんなさい!」

響「……にしても、律子があんなこと聞くなんてな~」

律子「違うのよ! いろいろ、これからのことで悩んでて……」

真美「りっちゃん、真美たちは大丈夫っしょー? ずっと頑張ってこれたし」

響「そうそう!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:53:48.07 ID:NiqoLDwXo

Google Home『……すみません、律子さん。重荷を背負わせてしまって』

律子「いえ。私だって765プロの一員ですから……って、小鳥さん。よく分からないですけど、出てきてください」

Google Home『私、いま家にいるので……』

真美「そうだったの!?」

Google Home『ええ』

響「やっぱりハイテクだなぁ」

律子「な、なんなのよ……?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:54:17.57 ID:NiqoLDwXo


――

千早「オーケーグーグル。この間はありがとう」

Google Home『すみません。よく 分かりませんでした』

千早「あれ……」

あずさ「おーけーぐーぐる~。私も、ありがとう」

Google Home『すみません』

あずさ「あら~?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:54:45.05 ID:NiqoLDwXo

高木「うーん」

小鳥「どうかしましたか、社長?」

高木「いやね、どうして皆がスピーカー相手にありがとうって言っているのか、分からなくてね」

小鳥「うぐっ……え、ええと。みんな、機械を労ってるんですよ」

高木「そうかそうか! みんな気遣いの心を持っているからね」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:55:16.66 ID:NiqoLDwXo

高木「それじゃあ、よろしく頼むよ」

小鳥「は、はいっ! いってらっしゃい~」

バタン

小鳥「謝らなくちゃなあ」

響「黙っててもいいんじゃない?」

小鳥「そうかしら」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 23:56:02.84 ID:NiqoLDwXo

真美「そーそー! 機械だから、素直になれたかもっしょ? ピヨちゃんだって気づいてないしさ」

小鳥「……私も、みんなに頼ってもらえるように頑張らなくちゃ!」

真美「それはムリかなぁ」

響「ピヨ子は頼りないからな~」

小鳥「なんでよぉ!」


おわり


転載元:真美「おーけーぐーぐる!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546267482/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2019年01月01日 15:22
    • みんなかわいいし千早あずささんが相談するのも真美が機転利かせて気づくのもありそうで良かった
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。