スポンサーリンク


トップページモバマス > 【モバマス】P「藍子好き」藍子「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/12(火) 17:41:38.28 ID:Pb7Nuk1E0


藍子「コーヒーができましたよ~」テクテク
tkmraik31

P「おう」

藍子「プロデューサーさんはすごいですね。砂糖なしで飲めるなんて」フーッフーッ

P「おう」

藍子「私なんか二個は入れないと飲めなくて……今度は一個に挑戦してみようかな」コクコク

P(可 愛 い)

スポンサーリンク



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/12(火) 17:42:24.54 ID:Pb7Nuk1E0

P(ただ今の一連の流れの中に、六つの藍子かわいいかわいいポイントがあったことに皆さまお気付きだろうか)

P(①俺のためにコーヒー淹れてくれるのが健気で可愛い)

P(②両手に湯気が立つマグカップを持ってこっちに歩いて来てるのがなんか可愛い)

P(③砂糖なしに憧れるのが幼くて可愛い)

P(④ふーふーしてるの可愛い)

P(⑤何か飲む時にコクコクなんて擬音普通出る?どうやって出してんだ可愛い)

P(⑥飲む時、マグカップを両手で包み込むようにして持ってるの可愛い)

P(『最後のは文面からじゃ分かんねーだろボケ』と思う奴も居るだろうが藍子ほどの可愛いの権化がマグカップ両手で持たないわけないだろボケ)

P(はー藍子可愛い。藍子好き。しかしプロデューサーとしてこんな感情は絶対に漏らしてはいけない)

P(よりにもよって藍子本人の目の前で藍子好きなどとのたまうことは絶対にあってはならないのだ)

P「藍子好き」

藍子「!?」

P(しまった)


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/12(火) 17:43:13.21 ID:Pb7Nuk1E0

藍子「プ、プロデューサーさん、今……?」

P「中でも一番好きな曲は『花火』だな。にわかと言われようとこれは譲れない」

藍子(『花火』……?あっ、私じゃなくてaikoさんのことかぁ……)

P(ふう。なんとか誤魔化せたようだ)

藍子「私、勘違いしちゃいましたよ。プロデューサーさんが私のこと好きって言ったのかと思って」

藍子「そうですよね。プロデューサーさんが私のこと好きになるわけ……」

P「いや藍子も好きだぞ」

藍子「!?」

P(しまった)


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/12(火) 17:43:40.99 ID:Pb7Nuk1E0

藍子「プ、プロデューサーさん、今……?」

P「ふわっとした可愛い歌声が癒されるんだよな~藍子の歌は」

藍子(歌……?あっ、アイドルとしての私が好きってことかぁ)

P(ふう。なんとか誤魔化せたようだ)

藍子「私、勘違いしちゃいましたよ。プロデューサーさんが私のこと、一人の人間として好きって言ったのかと思って」

藍子「そうですよね。アイドルとして以外、プロデューサーさんに好きになってもらえる所なんて……」

P「いや一人の人間としても好きだぞ」

藍子「!?」

P(しまった)


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/12(火) 17:44:10.29 ID:Pb7Nuk1E0

藍子「プ、プロデューサーさん、今……?」

P「努力家で、仲間想いだもんなぁ。藍子みたいな子は尊敬できるよ」

藍子(尊敬……?女の子としての好きじゃないってことかぁ)

P(ふう。なんとか誤魔化せたようだ)

藍子「私、勘違いしちゃいましたよ。プロデューサーさんが私のこと、女の子として好きって言ったのかと思って」

藍子「そうですよね。私高校生だし、スタイルもあんまり良くないし、女の子として意識してもらえるわけ……」

P「いや一人の女性として意識してるぞ」

藍子「!?」

P(しまった)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/12(火) 17:44:40.53 ID:Pb7Nuk1E0

藍子「プ、プロデューサーさん、今……?」

P「いやこれは俺が個人的に欲情してるとかそういうことじゃないぞ?アイドルとして売ってくんだからそりゃ女の子としての可愛さみたいな所には目を光らせてるよ。プロデューサーだもん」

藍子(売っていくから……?個人的に付き合いたいとか、そんな風には思ってないってことかぁ)

P(ふう。なんとか誤魔化せたようだ)

藍子「私、勘違いしちゃいましたよ。プロデューサーさんは私と付き合いたいのかなって思って」

藍子「そうですよね。プロデューサーさんみたいな大人の男の人が、私と付き合いたいなんて……」

P「いや付き合いたいぞ」

藍子「!?」

P(しまった)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/12(火) 17:45:15.03 ID:Pb7Nuk1E0

藍子「プ、プロデューサーさん、今……?」

P「終わりだ。こりゃもう誤魔化せませんわ。だって付き合いたいもん。恋人として日々を過ごしたいもん」

藍子(恋人として……?じゃあやっぱり付き合いたいってことかぁ)

P(ふう。やっぱり誤魔化せてないな)

藍子「え、えっと……付き合いたいって……」

P「そりゃな?俺だって言っちゃダメだと思ったよ。でもさぁ、これは藍子だって悪いんだぞ?」

藍子「えっ」

P「藍子が何度も聞き返すからさぁ。そしたら俺も答えちゃうじゃんか。俺だってギリギリなんだからさぁ。そこは藍子に汲んでもらわないと」

P「分かる?俺だって全部藍子に合わせるってのは無理なんだよ。そりゃ俺は大人だけど、お前だって事務所の看板を背負ってアイドルするからには大人と同じくらいの責任が生じるんだから」

P「お前ももう少し大人になって、自分で考えて行動してもらわないと困るんだよ」

藍子「はい……すいませんでした」グスッ

P「……いや、悪い。俺も自分のこと棚に上げて言い過ぎた」

藍子「そんなっ、悪いのは私で……!」

P「……じゃあ、二人共悪い所があった。だから二人で反省して、二人で成長しよう」

P「これからも二人で頑張ろう!……な?」

藍子「はい!」

藍子「……あれ?私なんで怒られてたんでしたっけ?」

P「あやっぱ駄目だ誤魔化せない」



  -おわり-


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/12(火) 17:46:17.75 ID:Pb7Nuk1E0

以上になります。

藍子「!?」←絵面を想像するだけで可愛い。

「!?」といえば特攻の拓、特攻の拓といえば左門くんはサモナー。
左門くんはなんで打ち切られたの?
左門、青春、斉木切っといて「ギャグが足りない!よっしゃジモトとダビデ連載じゃ!」って頭おかしいんじゃねぇの?
でも今やってる新連載は全部良い感じだわ。チェンソーもヒグマもネオも全部好き。
ネオは最初の方嫌いだったけど先週の「君にはそれだけの価値がある」のくだり好き。劣化ネウロくらいにはなれそう。

ありがとうございました。


転載元:【モバマス】P「藍子好き」藍子「!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549960897/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2019年02月13日 03:01
    • すき
    • 2 名無し春香さん
    • 2019年02月14日 01:00
    • 藍子いっぱいちゅきぃ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。