スポンサーリンク


トップページグリマス > 【ミリマス】亜利沙「あっ、あの!桃子ちゃんセンパイ!」

2: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:30:21.90 ID:gqjpjAg80



桃子「何?亜利沙さん」
soummk36

亜利沙「あっ、あの、ですね、その…」モジモジ
mtdars33

桃子「なに?はっきり言ってくれないとわかんないよ」

亜利沙「は、はいっ!その、ですね、桃子ちゃんセンパイにお願いがありまして…」

桃子「お願い?」

亜利沙「はいっ!お願いです!」

桃子「それで?そのお願いって何?」

桃子「亜利沙さん、変なことじゃないよね?」ジトー

奈緒「亜利沙、自分全然信用されてへんで?」
ykymno18

亜利沙「ひ、ひどいですぅ、桃子ちゃんセンパイ~」シクシク

奈緒「まあ、日頃の行いやな…しゃーないで亜利沙」ポン

亜利沙「奈緒ちゃんまでぇ~」シクシク

スポンサーリンク



3: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:32:07.12 ID:gqjpjAg80



桃子「ちょっと!亜利沙さん?そのお願いってなんなの?用がないなら桃子帰りたいんだけど!」

亜利沙「す、すいません!!そ、その、ですね、桃子ちゃんセンパイ…」

桃子「うん、何?」

亜利沙「あ、あり、ありさと、その、デデデデ、デートを、ですね…」

桃子「…はあ?」

奈緒「も、桃子、顔えげつないで…」

亜利沙「まっ、間違えました!デートの練習です!練習!」

桃子「デートの練習?」

奈緒「そういえば亜利沙、今度芝居でヒロイン役演じる言うてたなぁ、デートみたいなシーンもあるん?」

亜利沙「そうなんです…」


4: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:32:51.39 ID:gqjpjAg80



桃子「ふーん?それで、なんで桃子が亜利沙さんとデートしなきゃいけないわけ?」

亜利沙「その、ありさ、男の子とあまり遊んだ経験がなくて、どのように接すればよいかわからなくて…」

亜利沙「なので、演技の練習も兼ねて、アイドルちゃんの中でも芸歴の長い桃子ちゃんセンパイにご指導ご鞭撻をお願いしようかと…」

奈緒「亜利沙にしては案外まともやなぁ」

桃子「相手が男の人ならお兄ちゃんじゃダメなの?」

亜利沙「プ、プロデューサーさんですか!?ダメですよ!それじゃ男の人とデートしてるみたいじゃないですか!」

奈緒「いや、男の人とデートするんやろ」

桃子「観覧車だって一緒に乗ってたじゃん」

亜利沙「違うんですよぉ!ありさはオフの桃子ちゃんセンパイの写真もありさのデータベースに収めたいんですよ!」

桃子「亜利沙さん…」ヒキ

奈緒「何開き直ってんねん」


5: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:33:35.18 ID:gqjpjAg80



亜利沙「うぅ、ダメですか…?でも、演技の参考にとか、デートに慣れたいというのも本当なんですよぉ…」シクシク

奈緒「桃子…私が言うのもなんだけど、ええんちゃう?亜利沙の、参考にしたい!って気持ちは本物やろうし」

奈緒「亜利沙が本当にアイドルが好きで、慕ってるん、自分も知っとるんちゃうん?」

桃子「そうだけど…」

亜利沙「桃子ちゃん、お願いできませんか…?」ウルウル

桃子「…わ、わかったよ」

桃子「いい?亜利沙さん。桃子は亜利沙さんだからって手加減しないからね。むしろ厳しめでいくよ?」

亜利沙「はい!むしろご褒美です!」

奈緒「いやいや、何言ってん…」


6: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:34:28.87 ID:gqjpjAg80



亜利沙「桃子ちゃんセンパイ!来週末はどうでしょうか!」

桃子「来週?ちょっと待ってね、確認するから…うん、いいよ」

亜利沙「アイドルちゃんのオフの日程くらいありさは把握済なのです!ムフフ♪」

奈緒「軽く変態やん、自分よう今まで捕まらずに生きてこれたな」

桃子「桃子も思う」

亜利沙「ムフフ♪アイドルちゃんに褒められると照れちゃいます」

奈緒「桃子、頑張りーや…」ポン

桃子「今からすごい不安なんだけど…」


7: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:35:04.98 ID:gqjpjAg80



亜利沙「桃子ちゃんセンパイ!遊園地はどうですか?」

桃子「えっ、また?リコッタの打ち上げでもいったじゃん」

亜利沙「はい!でもでも、今度は桃子ちゃんセンパイと2人で行ってみたいな、と思って…」

桃子「観覧車も一緒に乗ったけどもう1回いいの?」

亜利沙「はい!!ありさは何十回でも何百回でも一緒に乗りますよ!!アイドルちゃんと二人きりで観覧車…ムフ、ムフフ♪」

桃子「…どうしよう」ヒキ

奈緒「なんかされそうやったら電話しぃ、いつでも助けにいったるからな」

亜利沙「奈緒ちゃんはありさをなんだと思ってるんですか!?」

奈緒「まあまあ、日頃の行いやろ」


8: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:35:46.11 ID:gqjpjAg80



奈緒「あと、一応亜利沙の方が歳上なんやから、いざとなったら桃子のこと任せたで?」

亜利沙「もっちろんですよ!アイドル松田亜利沙、桃子ちゃんセンパイを全力で守ってみせます!」

桃子「頼りない」

亜利沙「なんとっ!?」ガーン

奈緒「まあ来週末かっこようなって帰ってきぃ!楽しみやなぁ!」ハハハ


9: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:36:29.64 ID:gqjpjAg80



ーーーーーーーー当日ーーーーーーーーー

桃子「おはよう、亜利沙さん」

亜利沙「桃子ちゃん!おはようございます!」

桃子「最近遅刻しなくなってるみたいだね」

亜利沙「は、はい、桃子ちゃんセンパイに怒られると思うと自然と目が覚めるように…」

桃子「偉いじゃん」

亜利沙「ふぉぉおおお!!桃子ちゃんセンパイが!!ありさのことを褒めてくださいました!!朝から最高の気分です!!」

桃子「亜利沙さん、うるさいよ。自分がアイドルだって自覚持ってるの?」

亜利沙「…はい」ショボン

桃子「公共の場なんだから、周りの人の迷惑になっちゃダメでしょ?」メッ

亜利沙「返す言葉もございません…」


10: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:37:14.57 ID:gqjpjAg80



桃子「それより、今日は何しに来たの?演技の練習も兼ねてるんでしょ?」

亜利沙「そうでした!でも、男の子と付き合う練習って何をすれば良いのでしょうか…」

桃子「うーん…」

亜利沙「ありさには難しい課題ですね…」

亜利沙「……今日結構人が多いですね」

桃子「そうだね、週末だから家族連れの人とか結構来てるのかも」

亜利沙「迷子になったら困りますね…」

亜利沙「はっ!!!!」

桃子「亜利沙さん?どうかしたの?」

亜利沙「そ、その、ありさ思いついちゃったんですけど…」

桃子「何?」


11: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:37:57.44 ID:gqjpjAg80



亜利沙「いえ、しかしアイドルちゃんにこのような行為をするのは畏れ多いというか…うーん…」

桃子「もう、つべこべ言ってないで早く教えてよ、今日は亜利沙さんのために来てるんだよ?」

亜利沙「は、はいっ!!その、桃子ちゃんセンパイ、人も多いですし、その…手、を繋ぐのはどうでしょうか…」

桃子「手?」

亜利沙「は、はいっ!!人も多いですし、迷子になったら困りますから!!それにですね!えーと!えーと…」

桃子「…ん」テサシダシ

亜利沙「こ、この手は?」

桃子「手繋ぐんでしょ!早くしてよ!はぐれちゃうよ!」

亜利沙「ちょっと待ってください!今手を拭くので!」フキフキ

亜利沙「失礼します!!」ギュッ

桃子「フフッ、亜利沙さん、手湿ってるよ?」ギュッ

亜利沙「アイドルちゃんと手を繋いでいると思うと緊張と興奮で汗が止まりません!!」


12: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:38:45.35 ID:gqjpjAg80



桃子「まずはどこ行くの?」

亜利沙「ありさ、この日のために当日の混み具合や待ち時間を想定して、ある程度計画を立ててきました!少し予想より混んでいましたが、さほど問題はないと思われます!」

桃子「ふーん?亜利沙さんってそういうの向いてるよね」

亜利沙「ふぉぉぉ…!!桃子ちゃんセンパイがありさのことを褒めてくださっている…!!喜びを噛み締めなければ…!!」

桃子「…で、最初はどこ?」

亜利沙「まずはですね!…

………
……


13: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:39:27.65 ID:gqjpjAg80



ーーーーーーお昼ーーーーーー


桃子「普通に満喫しちゃったね」

亜利沙「ありさ、お友達と、しかもアイドルちゃんと二人きりでこんなに楽しいことが出来るなんて…恵まれています!!」ウルウル

桃子「ちょっと泣かないでよ、ほら」ハンカチサシダシ

亜利沙「あ、ありがとうございますぅぅ」フキフキ

亜利沙「はっ!!も、ももも、桃子ちゃんセンパイの、ハンカチで!!涙を拭いてしまいましたッ…!!」

桃子「もう!いちいちやかましい!」

亜利沙「はい…」シュン

桃子「あ、で、でも、そういうとこも亜利沙さんの良さだとは少し思う、かな」

亜利沙「桃子ちゃんセンパイ~」ウルウル


14: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:40:12.12 ID:gqjpjAg80



桃子「で、普通に楽しんだだけなんだけど…演技の方はどう?何か参考になりそう?」

亜利沙「はい!桃子ちゃんセンパイの演技にかける情熱を感じることが出来た、素晴らしい時間でした!」

桃子「そう、ならよかった」

亜利沙「特にジェットコースターの時ですね!!」

桃子「えっ?ジェットコースターで何かしたっけ…」

亜利沙「はい!!落ちる!落ちる!という時にギュッと手を握ってくれたじゃないですか!!」

桃子「あっ、あれは、その!」

亜利沙「いいんです!ありさにはわかっています!桃子ちゃんセンパイ、ありさのためを思って男の人のように手を握ってくださったんですよね!!ありさ感激しちゃいましたよ!!」ウルウル

桃子「えっ?あっ、そう…そうよ!亜利沙さん?感謝してよね!」

亜利沙「はい!!もちろんです!!」

亜利沙「しかし、心なしか手が震えていたのは気のせいでしょうか?」

桃子「き、気のせい!変なとこに気回さないで!」


15: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:41:01.42 ID:gqjpjAg80



桃子「それより!桃子、デザートが食べたいんだけどいい所ないの?」

亜利沙「はい!それならありさがリサーチ済みです!少し待っていてくださいね!アイドルちゃんの好みを調べ尽くしたありさが最高の一品をお届けします!ムフフ♪」

桃子「あっ、ちょっと待って」

亜利沙「はい、なんですか?桃子ちゃんセンパイ」

桃子「桃子も行く」

亜利沙「えっ?大丈夫ですよ、お座りになって…」

桃子「い、いい?亜利沙さん。今日はデートの練習で来てるんだからね?カップルが2人でメニュー選ぶのも桃子は悪くないと思うんだけど」


16: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:41:43.37 ID:gqjpjAg80


亜利沙「確かにそうですね!!ありさうっかりしていました」テヘヘ

桃子「ほら、行くよ」ギュッ


亜利沙「もももも、桃子ちゃんセンパイ!?いいんですか!?」

桃子「亜利沙さん、男の人に手繋がれた時にそんな反応でいいの?もっとしっかりしてよ」

亜利沙「はいっ!!」ギュッ

桃子「フフッ、で、そのオススメの場所はどこなの?」

亜利沙「それはですね!…

………
……


17: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:42:19.54 ID:gqjpjAg80



桃子「このクレープ、美味しい」ハムハム

亜利沙「そうでしょう!なんて言ったってありさがこの日のために念入りに…」

桃子「聞いてない、それより亜利沙さんも早く食べなよ」

亜利沙「はい…」ハムハム

亜利沙「んん~!!やはりありさの目に狂いはなかったようですね!!」

桃子「亜利沙さん、口にクリームついてるよ」

亜利沙「ど、どこですか!?アイドルちゃんの前でそのような姿を…」サガシ

桃子「違う違う、ここだよ」ヒョイ

桃子「うん、クリームも甘くて美味しいよね」パク


18: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:42:59.71 ID:gqjpjAg80



亜利沙「あ、あのっ、も、もももも、桃子ちゃん…!?」カァァ

桃子「ん?何?」モグモグ

亜利沙「い、今、ありさのクリームを、こう、パクって…」

桃子「あ、嫌だった?」

亜利沙「い、いえいえ!!とんでもないです!!むしろご褒美です!!」

桃子「そう、ならいいけど。次はどこ行くの?」

亜利沙「つ、次は少しお土産を買ってから、またアトラクションに行きたいと思います!」


19: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:43:52.31 ID:gqjpjAg80



ーーーーーー売店ーーーーーー


桃子「ふーん、色々あるんだね」

亜利沙「はい!とりあえずリコッタの皆さんにあげるお土産を選びましょうか」

桃子「そうだね」

………
……


桃子「うーん」ジー

亜利沙「ふぅ、一通り選び終わりましたかね」

桃子「うん」ジー

亜利沙「桃子ちゃんセンパイ?さっきから何を見て…」

亜利沙「ペアのキーホルダーですか?」

桃子「えっ?いや、別に見てない!ほら、次行こ」

亜利沙「…」

亜利沙「あっ、あの、亜利沙、好きなアイドルちゃんグッズがあったのを今思い出しました!」

亜利沙「その、買ってきてもいいですか?」

桃子「もう、仕方ないなぁ」

亜利沙「すいません!すぐに買ってくるので、桃子ちゃんセンパイはベンチの方で休んでいてください!」

桃子「早くしてよね?」

亜利沙「はい!次は楽しいアトラクションにお連れしますので!」

………
……


20: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:44:39.43 ID:gqjpjAg80



ーーーーーーーーーーーー

桃子「もうこんな時間だね」

亜利沙「はい!そして最後は、桃子ちゃんセンパイが大好きな観覧車です!」

桃子「べ、別に大好きとか言ってないし」

亜利沙「そ、そうだったんですかぁ!?」ガーン

桃子「い、いや!嫌じゃないよ!よかった!だから乗ろ?」

亜利沙「は、はい!」

係員「次の方どうぞ」

桃子「ありがとうございます」

亜利沙「ありがとうございます!」

桃子「ふぅ、やっと落ち着けるね」

亜利沙「あ、ありさ、アイドルちゃんと二人きりで観覧車…何度乗っても緊張します…」ガクガク

桃子「ちょっと亜利沙さん、震えでカゴ揺れてるんだけど」

亜利沙「す、すいません!!ふぅ、ふぅ、落ち着けありさ…」


21: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:45:21.40 ID:gqjpjAg80



桃子「クスッ、どうだった?今日1日」

亜利沙「はい!それはもう、桃子ちゃんセンパイに細かな所にも気を配って頂いたおかげで、本番でもヒロイン役としてなんとかお芝居をすることができそうです!!」

亜利沙「あの、本当にありがとうございます!!」

桃子「別にいいよ、桃子も楽しかったし」

亜利沙「うぅ、そう言ってもらえると感激です」ウルウル

桃子「亜利沙さん、いちいち泣きそうにならなくてもいいよ。シアターの仲間として当然のことをしたまでだよ」

亜利沙「桃子ちゃん…」

桃子「シアターにいるみんなは、一緒に高め合うライバルかもしれないけど、仲間でもあるんだからいつでも頼っていいんだよ?」

亜利沙「桃子ちゃん、ありがとうございます!桃子ちゃんもありさを…出来ることは少ないかもしれませんが、頼ってほしいです!」

桃子「…うん、ありがとう」


22: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:46:02.10 ID:gqjpjAg80



桃子「あっ、そろそろ頂上かな」

桃子「…わぁ、綺麗」キラキラ

亜利沙「ほんとに綺麗ですね」

亜利沙「…あっ、あのっ、桃子ちゃん」

桃子「ん?何?亜利沙さん」

亜利沙「これ、どうぞ受け取ってください」

桃子「これって…お昼の?」

亜利沙「は、はい!お昼に桃子ちゃんセンパイがじっと見ていらっしゃったので…」

亜利沙「それと、ペアでしたけど誰に渡したいのかありさにはわからなかったので…片方は贈り物用の包装をしてもらいました!」テヘヘ

桃子「亜利沙さん…ありがとう、大切にするね」ニコ

亜利沙「ぐはぁー!!桃子ちゃんセンパイ今日一番の笑顔、頂いちゃいましたっ…!!」カシャ

桃子「ちょっと!写真撮らないで!」

亜利沙「今日はオール桃子ちゃんセンパイの写真でありさのフォルダが潤いますよ!ムフフ♪」


23: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:46:52.03 ID:gqjpjAg80



桃子「あの、亜利沙さん」

亜利沙「はい!なんでしょうか、桃子ちゃんセンパイ」

桃子「ん」テダシ

亜利沙「こ、これは?」

桃子「そのキーホルダー、亜利沙さんにあげる」

亜利沙「うぇっ、えぇっ!?ありさにですか!?」

亜利沙「そ、それは慈悲とかではなく?同情とかではなく、ですか!?」

桃子「うん、亜利沙さんにちょっと厳しく当たりすぎてるって桃子も思ってるし、色々感謝とかすることもあるし…」

桃子「だからあげたいなって思ってたの!」


24: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:47:18.94 ID:gqjpjAg80



亜利沙「ももも、桃子ちゃんセンパイと、ペペ、ペアのキーホルダー…!!」

桃子「聞いてる!?」

亜利沙「はい!!」

亜利沙「これは松田家の家宝にしますね」スリスリ

桃子「つけて!」

亜利沙「はい!!」

桃子「やっぱり桃子の目に狂いはなかったね」

桃子「とっても似合ってると思うよ、亜利沙さん」

亜利沙「うぅ、ありさのことをそこまで考えて…今日はありがとうございました!桃子ちゃん…!!」ウルウル

桃子「また泣いてるよ!」

亜利沙「す"ひ"ま"せ"ん"ん"!!」ズルズル


25: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:48:13.80 ID:gqjpjAg80



ーーーーーー劇場ーーーーーー

奈緒「へぇー!やるやん亜利沙、結構様になっとったなぁ!」

桃子「なんて言ったって桃子が教えこんだからね」フフン

奈緒「さすがやなぁ桃子、どうやった?デートの方は」ニヤニヤ

桃子「べ、別にデートじゃないよ!演技の練習!」

桃子「まあ、悪くはなかったかな?」

奈緒「ほーう?亜利沙からこんなメールも届いとったけど」

桃子「どれ?クレープを頬張る桃子ちゃんセンパイですぅ…最高の気分です…って何これ」

奈緒「亜利沙がうるさくてなぁ、結構来とったで」

奈緒「なんや自分、えらい満喫しとるやん」ニヤニヤ

桃子「亜利沙さん…桃子のプライベートなのに!後できつく説教しなきゃ!」ゲキオコ

奈緒「悪い亜利沙」


26: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:48:53.80 ID:gqjpjAg80



奈緒「おっ、これ可愛いなぁ、遊園地で買ったん?」

桃子「そ、そうだよ、亜利沙さんがくれたの」

奈緒「へぇー!亜利沙が!?なかなかやるなぁ、どんな感じやったん?」

桃子「観覧車の上で…」

奈緒「え、それまじもんのプロポーズやなくて?」

桃子「違うよ!プレゼント!」

亜利沙「あっ!桃子ちゃんセンパイ!奈緒ちゃんも!」

奈緒「おお亜利沙!ええ感じやったで」

桃子「亜利沙さん、桃子に感謝してよね」

亜利沙「桃子ちゃんセンパイ!本当にありがとうございます!奈緒ちゃんも!ありがとうございます!」


27: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:49:30.31 ID:gqjpjAg80



奈緒「おっ?このキーホルダーどっかで…」

奈緒「なんや亜利沙、結構やり手やなぁ」ニヤニヤ

亜利沙「な、何の話ですか!?」

桃子「ちょっと奈緒さん!そういうのじゃないから!」

奈緒「これは赤飯炊くのも時間の問題やなぁ」ニヤニヤ

亜利沙「えっ?えっ?」

桃子「もう!奈緒さん!?」

桃子「あ、あと亜利沙さん、後でお説教だから」

亜利沙「桃子ちゃんセンパイ!?ありさ何かしちゃいましたか!?」

奈緒「悪い亜利沙」メンゴ

亜利沙「全く話についていけません!!」


このあと桃子ちゃんセンパイにはしっかり怒られました


~~終わり~~


28: ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:51:19.15 ID:gqjpjAg80

短いですがありがとうございました。
奈緒ちゃんの拙い関西弁は申し訳ないです。


転載元:【ミリマス】亜利沙「あっ、あの!桃子ちゃんセンパイ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552915741/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。