スポンサーリンク

トップページモバマス > 藍子「雪美ちゃんと散歩」

2: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/17(水)23:17:27 ID:8pz

――昼頃 事務所

P「……はい……ええ、大丈夫です……分かりました。無理なさらないでください。では失礼します」ピッ

P「……はぁ……」

雪美「プロデューサー……どうしたの……?」
sjykm26

藍子「電話の相手に、不穏な返事をしてましたけど、ひょっとして……」
tkmraik31

P「ああ、今日来る予定だったカメラマンが、ちょっと事故に巻き込まれたみたいでな……」

藍子「え……カメラマンさん、ご無事なんですか?」

雪美「……今日、撮影……できない……?」

P「ああ、いや、怪我してないみたいだし、この日に撮影はするって。ただ、2時間遅らせてほしいってさ」

藍子「2時間ですか……だいぶ時間空きますね……」

スポンサーリンク



3: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/17(水)23:35:13 ID:8pz

藍子「あっ、そうだ。天気もいいですし、プロデューサーさんも雪美ちゃんも、時間まで一緒にお散歩しませんか?」

P「ああ、すまん、ちょっと他のスタッフに連絡したり、撮影後にやろうと思ってた仕事があったから……」

雪美「……だめ……?」

P「ああ。ごめんな。だから、二人で散歩、行っておいで」

藍子「……残念ですけど、お仕事なら仕方ないですね。じゃあ、行ってきます」

雪美「行ってきます……」

P「行ってらっしゃい。撮影の時間までには戻ってこいよ」


4: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/17(水)23:49:31 ID:8pz

――屋外

藍子「雪美ちゃん、どこか行きたいところ、ある?」

雪美「……甘いもの、食べたい……」

藍子「おやつ時だもんね。美味しいパフェのある喫茶店がちょっと歩いた所にあるんだけど、そこに行こっか」

雪美「パフェ……うん、連れてって……」


藍子「……あっ、雪美ちゃん、見て! 桜!」

雪美「……こんな所に、桜、あったんだね……綺麗……」

藍子「うん……鮮やかなピンク色で、綺麗……」パシャ

雪美「……私も、撮る……。後で、プロデューサーに見せる……」パシャ

藍子「私のカメラ、撮ってもすぐに見せれないから……雪美ちゃん、プロデューサーの分、写真撮るの、よろしくね」

雪美「うん……任せて……」


5: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/17(水)23:57:29 ID:8pz

藍子「ええと、確かこの辺に……あ、あった!」

雪美「……ここ……? なんだか、お店……ボロボロ……」

藍子「味のある雰囲気だけど、大丈夫。中は綺麗だから」


カランカラン


店員「いらっしゃいませ。二名様ですか?」

藍子「はい、二名です」

店員「それでは、こちらにどうぞ」


~~~~~~~~


店員「お待たせしました。トリプルストロベリーパフェと、ミルクレープです」

雪美「……すごい……イチゴ、たくさん……」

藍子「ミルクレープも、美味しそう……」

雪美「いただきます」

藍子「雪美ちゃん、待って待って。写真、撮らなきゃ」パシャ

雪美「あ、そうだった……」パシャ


6: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)00:08:05 ID:zkh

~~~~~~~~


カランカラン

店員「ありがとうございましたー」


雪美「美味しかったね……」

藍子「うん。美味しかった……でも、ちょっと多かったね」

雪美「……ごめんね……食べるの、時間、かかっちゃった……」

藍子「気にしないで。私も食べるの、ゆっくりだから」

雪美「……食べ終わるの、一緒だった……ペース……合わせてたから……?」

藍子「ううん。私、本当に食べるのゆっくりで……いつもあんな感じなの」

雪美「ゆるふわ、だね……」

藍子「あはは、雪美ちゃんにも言われちゃった……」


7: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)00:11:56 ID:zkh

藍子「じゃあ、次はどこに行こうかな……」

雪美「……あ、猫……」

藍子「あ、本当だ! ……って、もうどっか行っちゃった……」

雪美「集会かな……」

藍子「集会?」

雪美「うん……この近くで、いつも……猫、集まってる……」

藍子「猫の集会かあ……見てみたいなあ……」

雪美「見に行く……?」

藍子「いいの? じゃあ、お願いしちゃおうかな」

雪美「じゃあ、今度は、私が連れてくね……」


8: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)00:22:15 ID:zkh

ニャー ニャー

雪美「藍子……付いたよ……」

藍子「うわぁ……猫がこんなに……いち、にい、さん……って猫ちゃん、動かないで……」

雪美「ふふっ……」

藍子「あ、写真、撮らなきゃ……でもここ、薄暗いから、撮れるかなあ……」

雪美「フラッシュは、焚かないでね……」

藍子「ああ、それ、聞いたことあるなあ。猫はフラッシュが苦手って。ありがとう、雪美ちゃん。気を付けるね」パシャ

ニャー

雪美「……分かった? イチゴ、食べてきたの……」

ンニャー

雪美「ううん。あなたのイチゴ、無いよ……あ、でも……かつおぶしなら……」

藍子「雪美ちゃん、ペロ以外の子とも喋れるんですか!?」

雪美「うん……藍子も、かつおぶし、あげる……?」

藍子「わ、私はかつおぶしだけ食べるのはちょっと遠慮しておこうかな……」

雪美「……藍子が食べるのじゃ、ないよ……」

藍子「え? ……あ! ごめんなさい、今のは忘れて……恥ずかしい……」


9: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)00:31:51 ID:zkh

~~~~~~~~


藍子「はあ……こんなに猫ちゃんに囲まれるの、初めて……幸せ……」

雪美「藍子も、猫、好き……?」

藍子「うん。でも、散歩で見かけて撫でようとしても、すぐ逃げちゃって……」

雪美「知らない人が来たら……逃げちゃうから……」

藍子「そうだよね……雪美ちゃんだって、知らない人にいきなり近付かれたら、逃げるよね……」

雪美「うん……私も……猫だから……」

藍子「えっ、雪美ちゃん、猫だったの!?」

雪美「……にゃー……」

藍子「じゃあ、雪美ちゃんも撫でてあげるね」ナデナデ

雪美「……冗談だにゃあ……」

藍子「ふふっ……猫ちゃんと同じくらい、撫で心地いいね」

雪美「……冗談だって、ちゃんと分かってた……?」

藍子「流石にそんな冗談は分かるよぉ」

雪美「……藍子が冗談に乗ると……信じてるかどうか、分からなくなる……」


10: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)00:35:37 ID:zkh

ニャー ニャー

雪美「……え? 公園に、変な人がいる……って……?」

藍子「変な人……もしかして、不審者ですか……?」


『藍子ー! 雪美ー! どこだー!』


藍子「あ! この声は……!」

雪美「プロデューサー……!」


P「……やっぱりここの公園にいたか……」

藍子「プロデューサーさん、どうしたんですか?」

P「どうしたもなにも……藍子、お前、時間……」

藍子「……あっ! もうこんな時間!? ぷ、プロデューサー、ごめんなさい!!」

雪美「私も、気付かなかった……ごめんなさい……」


11: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)00:42:11 ID:zkh

P「まあ、今から戻れば間に合うからいいけど……二人とも、電話はどうしたんだ? 全然出なかったからこうやって探しに来たけど……」

藍子「電話? ……あ、喫茶店に入る時、マナーモードにして……」

雪美「……音が鳴らなかったから……猫に夢中で、気付かなかった……」

P「心配したんだぞ。次からは気を付けるように」

藍子・雪美「「ごめんなさい……」」

P「……まあでも、それだけ楽しかったなら、写真、バッチリ撮れるよな?」

藍子「はい。雪美ちゃんとのデート、とても楽しかったので、今日の撮影、いい笑顔ができそうです」

雪美「……デート……ふふっ……楽しかった……」


12: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)00:49:27 ID:zkh

12

――撮影後、事務所


ちひろ「三人とも、お疲れ様です。撮影、どうでしたか?」

P「ああ、今日はとびっきり良かったぞ」

藍子「カメラマンさんにたくさん褒めてもらいました! ね、雪美ちゃん」

雪美「うん……百年に一度の笑顔……って……」

ちひろ「そんなボジョレーヌーボーみたいな……でも、本当に良かったみたいですね。特訓でもしたんですか?」

雪美「……特訓じゃなくて……デートのおかげ……」

ちひろ「で、デート……!?」

雪美「うん……一緒に喫茶店に行ったり……猫と遊んだ……」

藍子「はい。撮影前に行ってきて……とっても楽しかったので、その気分のまま撮影したら、うまく撮れたんです!」

ちひろ「……プロデューサーさん、二人も侍らせてたんですね……」

P「え? って、デートは俺じゃなくて……」

雪美「違う……私と、藍子で……」


13: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)00:57:30 ID:zkh

ちひろ「なーんだ。雪美ちゃんと藍子ちゃんの二人でデートしただけだったんですね」

藍子「そうですよ。今日は雪美ちゃんとデートしただけで……」

ちひろ「……今日は……?」

雪美「……プロデューサー……?」

P「い、いやいや、ただの言葉のアヤであってだな……」

藍子「そ、そうですよ。先週のお休みの日に会ったわけでは……」

P「……藍子? どうしてそこまで言った?」

雪美「……プロデューサー……どうして隠してたの……? 私とは、デート、最近してくれないのに……」

ちひろ「やっぱり二人とも侍らせてるじゃないですかー! やだー!」

P「二人とも待って! 違うんだ! たまたまばったり出会っただけで……」


この後ちひろさんに白い目で見られながらPと雪美は予定を話し合った

おしまい


14: ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/18(木)01:07:53 ID:zkh

雪美と藍子がゆるふわ散歩する情景が思い浮かんだのでSSを書きました。
けど二人とも穏やかなので終始のんびりしてそうだし、話の起伏が作りにくすぎる……
まあたまにはこういう淡々とした話もいいですよね。

二人でのんびりお喋りしているドラマを聞きたいので雪美と藍子ちゃんに総選挙の投票お願いします。


転載元:藍子「雪美ちゃんと散歩」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1555510494/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。