スポンサーリンク


トップページ961プロ > P「冬馬たちと合コン?」

1: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 03:55:26.31 ID:nM1ops7n0

ジュピターss
時系列とか細かいことは考えるな



2: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:00:51.85 ID:nM1ops7n0

P「帰ったら企画書完成させなきゃな」ブツブツ

ゴンッ

P「って痛え、上の空で人にぶつかってしまった」

冬馬「すまねえ、よそ見をしていた…てアンタか」

P「ああ冬馬か久しぶりだな」

冬馬「ちょうどよかった。今困りごとがあるんだが相談する相手が見つからなくてな」

P「北斗だか黒井社長がいるだろ」

冬馬「ヤツらじゃ困るからアンタに相談してえんだよ。今時間あっか?」

P「まぁ大丈夫だけど」

冬馬「そりゃよかった、ならそこの自販機で前のベンチでも座るか」

スポンサーリンク



3: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:04:15.40 ID:nM1ops7n0

P「……で相談ってなに?」

冬馬「実は合コンをセッティングしてほしくて」

P「ご、合コン!? お前アイドルの自覚あるのか?」

冬馬「話は最後まで聞いてくれって。アイドルってのは踊れて歌えたらそれだけで済むワケじゃねえだろ?」

P「たしかにバラエティでトークすることもあるわな」

冬馬「だろ? だけど今の俺はアイドルや女優の前だとキョドッちまう」

P「まぁみんなキレイだから気持ちは分かる」

冬馬「。それで北斗にキョどらねえようにするにはどうすればいいか聞いたら場数踏んで経験を積めって」

P「まぁ一理あるか」

冬馬「だからどうにか合コンセッティングしてくれねえか。もちろんアイドルっていう立場上、秘密を守ってくれる人がありがてえ」

P「とりあえず知り合いは当たるけどさ……。でも万が一スキャンダルにでもなったら」

冬馬「そのときはおっさんがなんとかしてくれるだろ」

P「まぁ一理あるか……じゃあ段取りは追って連絡するわ」

冬馬「恩に着るぜ」


4: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:05:39.67 ID:nM1ops7n0

当日

P「あっ冬馬か! こっちこっち!」

北斗「チャオ☆」

翔太「やっほー」

冬馬「よお」

P「翔太もきたのか」

翔太「おもしろそうだしねー」

P「まあ構わんが……女の子たちは少し遅れるらしい」

冬馬「ああ、了解」

P「あと聞きたいんだが、合コンって合同コンパのことで合唱コンクールじゃないことは分かってるよな?」

冬馬「俺をなんだと思ってるんだよ」

翔太「そういえばみんな合唱コンクールで何歌った?」

北斗「僕は旅立ちの日にですね」

P「白い光のなーかに」

冬馬「いや歌わなくていいから」

P「俺のときは恋をはじめようだったな」

北斗「鉄板ですね」

冬馬「嘘つけっ!」

P「恋をはじめよーよー」

冬馬「恋を始めるポーズをとるな。てか待ってるうちに合コンの練習でもやろうぜ」

P「だな。ったくどっかの誰かが話しをそらしまくるから」

冬馬「オメーだよ」


5: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:06:57.99 ID:nM1ops7n0

P「で、合コンは何から始めればいいんだ?」

北斗「最初は自己紹介とかですかね」

冬馬「まぁ無難だわな」

P「アイドルマスターカモン! YO! YO!」

冬馬「え、団結風に自己紹介やんの?」

P「俺の名前はピーと言います。頼れるみんなのプロデューサー。だけど胃腸が弱くてお腹もピーピー1日1回漏らします。イェイ!」

冬馬「歌詞ひどすぎだろ。飯屋だぞ」

P「次は冬馬な」

冬馬「え、俺?」

北斗「ああ、やるべきさ」

冬馬「……俺の名前は冬馬だぜ! 羅刹じゃなくて冬馬だぜ…………楽勝、だぜ!」

P「むしろ負けてんじゃねえか」

翔太「さすがに楽勝、だぜ! はないよねー」

北斗「まあ元々あのセリフ自体がおかしいから」

冬馬「ボロクソじゃねえか」

P「まあまあ、俺も無茶ブリしたし次行こうぜ!」


6: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:08:10.82 ID:nM1ops7n0

北斗「合コンといえばアイスブレーキングとしてゲームをするでしょうか」

冬馬「ゲームだと?」

P「猛獣狩りにいこーよ♪」

冬馬「!?」

北斗翔太「猛獣なんて怖くない」

P「あ、あ、あ! 子ブタ!」

P北斗翔太「ささっ」

冬馬「がっつり俺を余らすんじゃねーよ! これあれだろ? 言った動物の名前の文字数で集まるやつ」

P「ああ、いつも冬馬が余らされているやつだ」

冬馬「余らされてねーよ!」

冬馬「てか、豚で2文字ならツーペアが作れて穏便にいくじゃねーか」

P「それだとつまらない」

冬馬「なんでだよ!」

P「養豚場にいこーよ♪」

冬馬「テメェまた豚出すつもりだろ!」


7: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:09:02.12 ID:nM1ops7n0

冬馬「もうゲームはやめだ。やっぱ話す内容を決めておきてえ」

P「趣味の話はどうだ? ご趣味は、みたいな」

冬馬「趣味か……フィギィアはウケねえよな」

P「いや人気あるって聞いたぞ」

冬馬「ほんとか?」

P「ああ、ハニュウくんとか」

冬馬「そのフィギュアじゃねえよ!」

P「じゃあフィギュアやってるハニュウくんの等身大フィギュア」

冬馬「思いつきで話すのをやめろ! なんで合コンの席に等身大フィギュアあんだよ。存在感ありすぎるだろ」


8: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:09:55.81 ID:nM1ops7n0

北斗「冬馬なら料理の話とかどうかな」

冬馬「なるほどな、ウケはよさそうだ」

P「合コンででる料理にケチつけて、明日ここにもう一回来てください。本当の出汁巻き卵を食べさせてあげますよ、みたいな?」

冬馬「美食倶楽部的なのじゃねーよ! どっちかと言うとつくるほうだ。肉じゃかとか」

P「たしかに手料理といえば肉じゃがだな」

北斗(手料理のイメージが貧困すぎないか?)

P「あと目玉焼きもウケがいいぞ」

冬馬「そうなのか?」

P「ああ、育ちゃん(10)が作ったら、会場大うけで」

冬馬「それは確実にウケの種類が違う」

北斗「ちなみに育ちゃんは765の最年少アイドルで、少しおませさんなところもあるけど、お母さんが大好きな子どもらしいエンジェルちゃんさ。代表曲としては……」

冬馬「北斗の守備範囲広すぎだろ」

P「ちなみにエンジェルちゃんじゃなくてプリンセスちゃんな」

冬馬「誰も属性の話はしてねえ」


9: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:10:54.64 ID:nM1ops7n0

北斗「じゃあ話を変えて、とりあえずシミュレーションでもしてみますか?」

冬馬「そのほうがいいかもしれねえ」

P「じゃあ俺が女役やる」

冬馬「ああ、頼む」

P「P子と呼んでくれ」

冬馬「泉ピ〇子しか浮かばねえんだけど」

P「それでもよい」

冬馬「よくねーよ」

北斗「ああ、彼女もエンジェルちゃんの一人さ」

冬馬「そして守備範囲が相変わらずおかしい」

P「ロッテ藤岡かよ」

北斗「この前、日ハムにトレードされたじゃないですか」

冬馬「ついてけねーよ」


10: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:12:17.05 ID:nM1ops7n0

P「話を元に戻すわ。もっかい俺が女役やる。知ってる女をイメージしてな」

冬馬「頼む」

P「こんにちわーζ*'ヮ')ζ」ガルーン

冬馬「キャラチョイスがおかしい」

P「はわっ! このメニューの冷ややっこ300円もするんですか?」

冬馬「たしかにたまに値段設定を疑問に思う」

P「この前給食費が払えなくて……」

冬馬「重い! 合コンで給食費の話出るとは思わなかった!」


11: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:13:13.54 ID:nM1ops7n0

冬馬「てかその子で合コンをやる気にはならねーわ。せめて年齢をもっと引き上げてくれねえかな」

P「わかった……ピさらぎ千早と申します」

冬馬「語呂が最悪」

P「少し歌の練習をさせてもらえないかしら? 私には歌しかないから」

冬馬「じゃあ合コンくんなよ」

P「待ってちょうだい。ウーロン茶は喉にあまりよくないから……違う飲みものにしてくれるとありがたいわ」

冬馬「めんどくせーなあ!」


12: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:14:19.81 ID:nM1ops7n0

北斗「翔太はどんな人がモテると思う?」

翔太「僕はそうだね……足が速い人とか?」

P「だってさ。なぁ冬馬、最速でドリンバーとってきてくれ」

冬馬「パシリにしてんじゃねーよ」

P「じゃあじゃんけんな」ポイ

冬馬「あ、負けた」

P「ほい、俺の勝ち。何で負けたか明日までに考えておいてください。ほな頂きます」グビグビ

冬馬「お前、コーラ持ってんじゃねえか!」


13: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:15:25.06 ID:nM1ops7n0

女ABC「こんにちは。遅れてごめんなさい」

P「ああ、とりあえず向かい側に座ってください」

冬馬(練習にもならないウチに女の子きちゃったじゃねえか!)

………………
…………
……


女ABC「それでは少し、お手洗いの方に」

北斗「ええ、どうぞ」

冬馬「なんだあいつ等、揃いもそろってトイレだなんて」

北斗「あれは作戦会議してるのさ。今回のレベルはどうだとか、誰を狙うか、だとか」

北斗「で、冬馬調子はどうだい?」

冬馬「ああ、まぁぼちぼちだ。アンタは?」

P「よし、楽しく話せたな」

冬馬「お前はミリPかシャニPかハッキリしろ」


14: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:16:29.36 ID:nM1ops7n0

冬馬「すまねえ、俺もトイレ行ってくるわ」

冬馬「ふぅすっきりした……って柱のカゲにいるのはさっきの女たちか」

「今回のレベル高くなーい?」

「あのPとかいう奴やるじゃん」

「ねえねえ、みんな誰ねらい?」

「あの鬼ヶ島ってやつはパス。女慣れしてなさそう」

「じゃあ、北斗君?」

「チャラいのはないかなー」

「じゃああのショタ?」

「あいつもないわ。腹黒なのが見えてる」

「Pとかいうやつは、頭の形おかしーわ」

冬馬「おい、アンタら。黙って聞いてたらなんだその言い草は」

「あっ」

冬馬「北斗がチャラいのは認めるさ。でもあまり話す機会のない翔太に話振ってやったり、気遣いが見えてたろ? 翔太だって、合コン自体には興味がなかっただろうが、俺を心配して来てくれた。Pはよく分かんねえけど、俺が話しやすいように盛り上げてくれたわ」

冬馬「俺のことは何言ってもかまわねえ。でもツレのことを悪く言うのはやめろ」


15: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:17:34.04 ID:nM1ops7n0

北斗「そこまでにしておきな」

冬馬「ほ、北斗」

北斗「でもお嬢様方もそろそろ時間じゃないですか? お金は出しておくのでお引き取り願うとありがたいです。俺が狙うのはあくまでエンジェルちゃんだけだから」

そうして女の子たちは帰っていった

冬馬「すまねえ、せっかくセッティングしてくれたのに台無しにしてしまって」

P「いや、俺が呼んだ子たちが悪かったよ」

翔太「正直、スカっとしたよねー」

北斗「俺もさ」

P「せっかくだし、野郎だけで仕切りなおそうぜ。ラーメンでも食おう。もちろん奢りだ」

冬馬(合コンは台無しにしちまったが、俺たちはそれなりに楽しい思い出を作れたとさ)

おしまい

転載元:P「冬馬たちと合コン?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556132125/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。