スポンサーリンク


トップページモバマス > モバP「凛の大切なチョコを食べてしまった・・・」

1: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:18:15.62 ID:MjNzlDAa0

~事務所~
モバP(以下、P)「ただいま戻りました~」

ちひろ「お疲れ様ですプロデューサーさん」

P「あれ、ちひろさんお出かけですか?」

ちひろ「はい、ちょっと銀行まで・・・あ、そうだ。先ほどテレビ局の方がいらしてお土産にチョコレートを頂いたんですけど、冷蔵庫の中に入ってるので食べて下さい」

P「はい、分かりました」

ちひろ「それでは行ってきますね」

P「お気をつけてー」

バタン・・・

スポンサーリンク


2: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:20:45.88 ID:MjNzlDAa0

P「チョコレートか。ちょうど甘いものが食べたかったんだよな~」

P「えーっと、チョコチョコ・・・なんか色々あるな。みんな冷蔵庫に物入れすぎだろ・・・・・お、これかな?」カパッ

P「おぉ、高そうなトリュフチョコ。さすがはテレビ局」

P「どれどれ一つ・・・」パクッ

P「ひぇぁうめぇ! そうだ、コーヒーでも淹れよーっと」ルンルン♪

「あーーーーーっ!?」

P「!?」ビクッ!

未央「あぁ・・・!」プルプル
hndmo38


3: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:22:44.52 ID:MjNzlDAa0

P「なんだ未央か、驚かすなよ」

未央「プロデューサー! 何でそれ食べちゃってるの!?」

P「何でって、貰ったからだよ。テレビ局の方からのお土産だってさ」

P「もしかして未央も食べたかったのか?」

未央「そうじゃないって! そのチョコしぶりんのだよ!?」

P「は・・・?」チラッ

チョコ「 【渋谷凛】 」

P「あ、やばっ」


4: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:24:43.11 ID:MjNzlDAa0

未央「どうするのプロデューサー!」

P「大げさだな~。正直に謝れば大丈夫だろ」

未央「それはどうかな」

P「え?」

未央「しぶりんチョコ大好きだから、チョコの事になると人が変わる事があるんだよ。私がこの前しぶりんのチョコを間違えて食べちゃった時なんて―――」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
凛『未央そのチョコ・・・』
sbyrn29

未央『ん? 小腹が空いちゃってさ~。冷蔵庫にまだあるよ?』モグモグ

凛『それ私のなんだけど』ゴゴゴゴゴ・・・・


5: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:25:48.79 ID:MjNzlDAa0

未央『え!? これしぶりんのだったの!? ご、ごめん!』

凛『』プイッ

未央『しぶりん・・・?』
―――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――
――――――――――――
未央『お、おーい! しぶり~ん!』
凛『』プイッ



未央『アハハ・・・しぶりん、この番組面白いよ~?』
凛『』プイッ



未央『よーし、未央ちゃん鼻テープに挑戦しちゃおうかな!・・・・・はい!』
凛『』プイッ

未央『・・・』
―――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
――――――――
未央『申し訳ございませんでした!』ドゲザ


6: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:26:17.39 ID:MjNzlDAa0

凛『』プイッ

未央『しぶりん・・・』ウルウル

凛『・・・』

凛『・・・今度から気をつけてね』

未央『しぶりん~!』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

未央「――――なんて事があったんだけど」

P「もしかしてこの前かなり機嫌悪い時があったけど原因はそれだったのか?」

未央「うん。一日口聞いてもらえなかったよ」


7: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:26:51.33 ID:MjNzlDAa0

P「おいおい嘘だろ・・・あの時だってかなり雰囲気悪かったのに、またあんな感じになるのか?」

未央「いや・・・私の時はちょっとお高めくらいのチョコだったんだけど、このチョコは朝早く並ばないと買えないくらいレアで高級なチョコらしいんだよね」

P「え、じゃあどうなるんだ・・・?」

未央「あまり考えたくないかな」

P「」

P「未央、助けて!」ガシッ!


8: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:27:20.96 ID:MjNzlDAa0

未央「いやー、これはどうしようもないね。頑張って」

P「冷たすぎるだろ!」

未央「だって本当にどうしようもないんだもん。チョコ自体とっくに売り切れてるだろうし、しぶりんレッスンから帰ってくるからそもそも買いに行く時間もないし」

P「ど、どうしよう!」オロオロ・・・

未央「土下座覚悟で謝り続けるしかないね。たぶん許してもらえないけど」

P「考えろ俺! 何か考えるんだ・・・・・・・そうだ!」

未央「まぁフォローくらいならしてあげr―――P「取りあえず仲間を増やしておこう・・・!」ヒョイ

未央「あかッ!!???」


9: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:27:54.56 ID:MjNzlDAa0

未央「にゃ、にゃにふんのはぁ!?」

P「さて、じゃあこれからどうするか二人で考えようか。だってこれは俺達『二人』の問題なんだからさ」ニヤリ

未央「くっ、このっ・・・!」モグモグ・・・ゴクン

P「で、どうすればいいと思う?」

未央「・・・」

未央「どうするもこうするも・・・さっき言った通り、チョコはもう売り切れてるからしぶりんには絶対バレるわけで」

未央「やっぱ誠心誠意謝罪するしかないんだって」


10: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:28:25.33 ID:MjNzlDAa0

P「・・・でも、口聞いて貰えなくなるんだろ?」

未央「3日は固いね」

P「えぇ・・・」

ガチャ

凛「ただいま」

P・未央「!」ビクッ!

P・未央「お、お疲れ~」アハハ・・・


11: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:29:19.76 ID:MjNzlDAa0

凛「お疲れ。二人は何してるの?」

未央「実はね、しぶr―――P「ただお喋りしてただけだぞ!」

未央「!?」

凛「ふーん?」

凛「あ、そう言えば冷蔵庫にチョコ―――」
P「だぁぁぁ!!!! りーーーん!!!」

凛「な、なに!?」ビクッ


12: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:30:15.96 ID:MjNzlDAa0

P「えっと、その・・・」チラッ

未央(正直に話さなきゃダメだよ!)

P「・・・チョ」

凛「ちょ?」

P「チョ・・・・・・・ちょっとお腹とか空いてないか?」

未央「」ズルッ

未央(プロデューサー!)

P(無理だって! やっぱ言えない!)フルフル


13: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:32:47.04 ID:MjNzlDAa0

凛「お腹・・・? まぁ、ちょっと空いたかな? さっきまでレッスンで体動かしてたし」

P「じゃあこれから何処か食べに行こう! もちろん奢るからさ!」

凛「え、いいの? まぁ、私は別に構わないけど・・・でもその前に冷蔵庫のチョコ―――」

P「うぉぉぉい! 未央! 何か良い店知らないかなぁ!?」

未央「え!? えっと・・・あ、そう言えば最近出来たばかりのスイーツ店が近くにあるけど」

P「あぁ! いつも行列ができてるところだな! 凛、その店に行ってみないか!?」

凛「え、でもあそこって―――」

P「よし決まり! 未央も来るか!?」

未央「私はいいや・・・」アハハ・・・

P「そうか、じゃあ凛行こう!」

凛「う、うん・・・?」


14: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:33:13.40 ID:MjNzlDAa0

P「じゃあ行ってくる」

未央「行ってらっしゃーい♪」フリフリ

バタン!

未央「・・・」フリフリ

未央「はぁぁぁぁ」ヘナヘナ

未央「何で私までこんな目に・・・」

未央「でもプロデューサー、どうするつもりなのかな」

―――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――
―――――――――――――

P(うーん、どうしよう・・・)
凛「」テクテク


15: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:33:39.55 ID:MjNzlDAa0

P(外に出たのはいいが、結局何の解決にもなってないよな)テクテク

P(でもスイーツで機嫌を良くした所で謝ればワンチャンあるかも・・・?)

凛「ん」

P「お、着いたか・・・って相変わらず凄い行列だな」

凛「今日は尚更ね」

P「え、何で?」

凛「早く並ぼ」テクテク

P「おう・・・?」


16: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:34:05.49 ID:MjNzlDAa0

「早く食べたいね♪」「うん、楽しみ♪」
「○○君、手が寂しいな・・・」「じゃあ手繋ごうか」

イチャイチャ  イチャイチャ

P「なんかカップルが多いな」

凛「・・・そう?」


― 数十分後 ―

店員「お待たせいたしました~! 中へどうぞ」

P「お、やっとか」
凛「うん」


17: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:34:52.71 ID:MjNzlDAa0

カランコロン

P「おぉ~内装もまた洒落てるなぁ・・・・・ん?」


「あーんして?」「あーん♪」
「パンケーキ美味しいね!」「ほら、クリーム付いてるぞ」

イチャイチャ イチャイチャ

P「店の中もカップルだらけだな」

凛「・・・」

店員「いらっしゃいませ! 本日『カップルデー』でとなっております!」

P「カップルデー? あぁ、通りでカップルが多いのか」


18: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:35:43.00 ID:MjNzlDAa0

店員「カップルのお客様は半額割引となっております。えっと、お客様方は・・・」

P「あ、僕達は違いm・・・凛「カップルです」ズイッ

P「!?」

店員「かしこまりました♪ ではこちらの席へどうぞ!」

P「お、おい・・・!」

凛「ほら、早く行こ?」ニコッ


19: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:36:12.83 ID:MjNzlDAa0

店員「こちらメニューでございます」

P「好きな物頼んでいいぞ」

凛「じゃあ私はチョコレートパフェにしようかな」

P「じゃあ俺はイチゴパフェにするか。チョコレートパフェとイチゴパフェをお願いします」

店員「かしこまりました♪ では少々お待ち下さい」スタスタ

凛「ふふっ、楽しみだね」

P「凛ちょっと」チョイチョイ

凛「何?」ズイッ


20: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:37:05.41 ID:MjNzlDAa0

P(何でカップルだなんて嘘つくんだよ!)ヒソヒソ

凛「だって安くなるし」

P(そうかもしれないけど、万が一凛だってバレたら大変だろ!)ヒソヒソ

凛「帽子と眼鏡かけて変装してるから大丈夫だよ。それに・・・」チラッ
P「?」チラッ

「今度の休みはどこ行こうか?」「遊園地がいいな♪」
「私今とっても幸せ///」「僕もだよ///」

P・凛「・・・」

凛「みんな自分達の世界に夢中で周りなんて見てないよ」

P「だからってなぁ・・・」


21: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:38:27.23 ID:MjNzlDAa0

凛「食べる間だけなら大丈夫だって」

P「・・・」

P(まぁ、パフェを食べるくらいの間なら問題ないか・・・?)

P(それに下手に否定して凛の機嫌を損なわせる方が問題かもしれないな)

凛「プロデューサー?」

P「・・・あまり目立つような事はしないようにな?」コホン

凛「そんな事しないよ」フフッ??
―――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――
――――――――――――


22: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:38:53.56 ID:MjNzlDAa0

店員「お待たせいたしました! こちらチョコレートパフェとイチゴパフェになります」

凛「あ、来たね」

P「おぉ美味そう! じゃあ早速食べるか!」

凛「うん」

P・凛「いただきm・・・店員「では、最後にカップルチャレンジをして頂きます」

P・凛「え?」ピタッ


23: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:39:19.90 ID:MjNzlDAa0

凛「カップルチャレンジ?」

店員「はい。この五枚のカードの中から一枚を引いてもらい、そこに書かれたお題にチャレンジして頂きます。見事成功されますと半額割引が適用されます」

凛「へ、へぇ・・・」

凛(カップル割りがあることは知っていたけど、こんな条件があったんだ)

P「あの・・・ちなみにお題ってどんなものですか?」

店員「まずは定番のキスですね!」

P・凛「!?」


24: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:41:38.50 ID:MjNzlDAa0

店員「続いてほっぺにチュー、愛の言葉を囁く、お姫様抱っこ、頼んだ料理を一口食べさせてあげる・・・この五つになります♪」

P・凛「・・・」

P(さすがにこれは無理だ。ここは棄権して普通料金に戻してもらおう)

P(その場合二つで3200円。まぁ今朝確認した時一万はあったから大丈夫だな)

P(あ、でも今朝ドリンク代でちひろさんに7000円払ったんだったな・・・・・・・・・え?)

P「」

凛(プロデューサー・・・?)

P「」ガタガタガタ・・・

凛「ちょっ!? ど、どうしたの?」


25: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:42:06.69 ID:MjNzlDAa0

P(凛! 凛!)チョイチョイ

凛「え、何?」

P「あのさ、その・・・・・・・今財布とか持ってる? もしくは500円くらいでもいいんだけど」

凛「へ? お金・・・?」

P(めちゃくちゃ格好悪いが今はそんな綺麗事言ってられん! 頼む、持っててくれっ!)

凛「・・・持ってきてないよ? レッスン終りだったから洋服以外全部ロッカーの中」

P(終わった)


27: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:48:04.38 ID:MjNzlDAa0

凛(・・・え、もしかしてお金無いの!?)ヒソヒソ

P(すまん! もっと持ってると思ってたんだが、一般料金になると払えなさそうなんだ!)ヒソヒソ

凛(じゃあどうするの!? 誰かに来てもらうとか・・・!?)ヒソヒソ

P「いや、それは・・・」

P(このカップルだらけの中チャレンジを棄権した上、金が払えませんだなんて言ったら確実に目立って凛の存在がバレる!) 

P(カップルと嘘をついて入店した以上もう絶対にバレるわけにはいかない!)

店員「あのー・・・お客様?」

P「・・・」

P「・・・・・・・や、やります」

凛「!?」


28: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:49:15.76 ID:MjNzlDAa0

凛「ほ、本当にやるつもりなの・・・?」ヒソヒソ

P「こうなったらもうやるしかないだろ! 凛には申し訳ないが、この埋め合わせはするから!」ヒソヒソ

凛「・・・」

店員「彼氏さんの挑戦ですね! ではこちらの中から一枚だけ引いてください」

P「はい」

P(狙うはお姫様抱っこか一口、この二枚。愛の言葉もまだギリギリセーフなラインか?)

P(いずれにせよ俺からであれば最悪バレても俺が凛に無理強いしたと言い訳して俺の首一つで済ます事もできる・・・!)


29: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:49:42.27 ID:MjNzlDAa0

P(ただし、キスは駄目だ! 絶対に駄目! これに関してはバレるバレないの問題じゃない!)

P(確率は五分の三・・・俺なら引ける。大丈夫だ!)カッ!

P「これだぁぁぁ!」ペシッ!

凛・店員「!」

【一口食べさせてあげる】

P「ッしゃぁぁぁ!」グッ!

P(さすが俺! 持ってるぞ!)フフフ…

凛「・・・」

凛「そんなに喜ばなくてもいいじゃん・・・」ボソッ


30: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:50:08.66 ID:MjNzlDAa0

店員「では彼氏さん、お願いします」

P「それじゃあ口開けてくれ」

凛「・・・」

P「ん? どうかしたか?」

凛「別に」パクッ

凛「・・・うん、美味しいです」モグモグ

店員「はい、チャレンジ成功です!」

P「やったな!」
凛「・・・そうだね」ムスーッ


31: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:50:35.10 ID:MjNzlDAa0

P「ふぅ・・・これでようやくパフェにありつけr―――店員「次は彼女さんの挑戦です」

P「え?」

P「いや、え? 今成功しましたよね?」
凛「・・・」

店員「はい! 今のチャレンジで彼氏さんの分が半額になりましたので、次は彼女さんの挑戦になります」

P「えぇ!?」

凛「じゃあやります」ズイッ

P「おいっ!?」


32: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:51:14.42 ID:MjNzlDAa0

P(そんな簡単に引き受けるなよ!?)ヒソヒソ
凛「プロデューサーだって引き受けたじゃん」

P(いや、確かにそうだけど・・・俺からするのと凛からするのとじゃかなり違いがあるわけで!)ヒソヒソ
凛「意味わかんない」

P(それに俺だけ半額になれば一般料金でも払えるし!)ヒソヒソ
凛「やる」

P(『恥ずかしいから~』とか言って断ればいいからさ!)ヒソヒソ
凛「やだ、やる」

P(そこを何とか! お願いしますっ!)
凛「絶対にやる」

P(あ、これ止まらないやつだ)


33: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:52:12.08 ID:MjNzlDAa0

店員「では、選んでください」

凛「はい」

P(頼む! キス二枚だけは引かないでくれ!)

凛「ほっぺにチューだって」

P「」

店員「では彼女さん、どうぞ!」

凛「」ズイッ
P「お、おい・・・本当にする気なのか?」

凛「往生際が悪いよ。ここまで来たらもう覚悟決めて」
P「~~~~!・・・・・や、やっぱ待っt―――」

チュッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――


34: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:52:38.85 ID:MjNzlDAa0

「ありがとうございましたー」

P・凛「・・・」

P「帰るか」
凛「うん」

P・凛「」テクテク

凛「」ピタッ

P「ん、どうした?」

凛「今日の事怒らないの?」

P「・・・」

P「別にいいよ。元はと言えば財布の中を確認しなかった俺のせいだし」


35: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:53:04.95 ID:MjNzlDAa0

凛「でも私周りの雰囲気に当てられてつい調子に乗ちゃって・・・プロデューサーに迷惑かけたと思うから」

P「・・・」

P「そうかもな」

凛「!」

P「凛はもう少しアイドルとしての自覚を持って行動しなさい」スタスタ

凛「あっ・・・」

凛「そう、だよね。ごめんなさい・・・」


36: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:53:39.33 ID:MjNzlDAa0

凛「・・・」

P「でも・・・」

凛「?」

P「プロデューサーじゃなくて、俺個人としては・・・まぁ何というか悪い気はしなかったというか・・・普通に楽しかったとけどな」ゴニョゴニョ

凛「え?」

P「何でもない! ほら、さっさと帰るぞ!」スタスタ

凛「・・・」

凛「うん!」タタタ・・・


「おい、近いって」
「並んで歩いてるだけだよ?」フフッ♪

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――
―――――――――――


37: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:54:06.68 ID:MjNzlDAa0

P「ただいま戻りましたー」
凛「ただいま」

ちひろ「あ、お二人ともお帰りなさい」

P「すみません、勝手に出かけちゃって」

ちひろ「いえいえ、代わりに未央ちゃんがお留守番してくれていたので大丈夫ですよ」

凛「あれ、未央は?」

ちひろ「私が戻ったので先ほど帰りましたよ」

P「そうでしたか」


38: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:54:33.04 ID:MjNzlDAa0

ちひろ「ところでプロデューサーさん。冷蔵庫のチョコまだ食べてなかったんですね」

凛「チョコ・・・? あっ」

P「!」

凛「そうだ私も冷蔵庫に・・・あった」ガサガサ

P「り、凛・・・その事なんだが」

凛「はい、これ」スッ

P「え?」


39: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:55:00.09 ID:MjNzlDAa0

P「俺に・・・?」

凛「うん、プロデューサーには日頃お世話になってるから。感謝の気持ちだよ」ニコッ

ちひろ「あらあら♪」ウフフ

凛「ちひろさんにも、はい」スッ

ちひろ「え、私にも!? ありがとうございます♪」

P「な、なんだ・・・そうだったのか」ヘナヘナ

凛「え、どうしたの?」


40: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:55:27.55 ID:MjNzlDAa0

P「実はテレビ局からの貰い物と間違えてこれを食べちゃったんだ・・・それで凛のだって未央から聞いて」

凛「だから二人とも様子がおかしかったんだね」

P「でも、良かった・・・! あのトリュフチョコは俺のだったんだな!」

凛「トリュフチョコ・・・?」

P「え?」

凛「それ洋酒チョコなんだけど」

P「え?」チラッ

洋酒チョコ(未開封)「 【プロデューサー】 」

P「」

ちひろ「さて、お仕事お仕事・・・」スタスタ


41: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:56:13.57 ID:MjNzlDAa0

凛「」ガサガサ・・・

トリュフチョコ(開封済み)「 【渋谷凛】 」

凛「!?」

凛「・・・ふーん、これ食べちゃったんだ?」ゴゴゴゴゴ

P「あ、いや・・・その・・・凛さん?」

凛「プロデューサー!」

P「ごめんなさーい!」



終り



42: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:56:40.47 ID:MjNzlDAa0

~おまけ~

未央「で、許して貰えたの?」

P「パフェ食べに行った後で機嫌が良かったからか案外普通に許して貰えたよ」

P「未央は俺を裏切って先に帰ったもんな・・・」チラッ

未央「いやいや! どちらかと言えば私も被害者側だからね!?」

未央「・・・まぁ、許して貰えたなら良かったね」

P「そうなんだけどさ。代わりにまたカフェに連れてってくれって言うんだよ」

未央「別に良くない?」


43: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 21:57:12.64 ID:MjNzlDAa0

P「それは別に良いんだけどさ~。またカップルばかりの場所だったら嫌だなって・・・ここに行ってみたいらしいんだけど」スッ

未央「ん~? あぁ、ここね。ここのお店は多分大丈夫だと思うよ? そういう割引もやってなかったと思うし」

P「・・・そう? ならいいか」

未央「うん」

未央「・・・」

未央(ただ、このカフェ周辺が有名なデートスポットだらけなんだけど・・・優しい未央ちゃんは黙ってあげるのでした)シブリン、ガンバ


終り


44: ◆tkiF6VoKRk 2019/05/06(月) 22:03:13.02 ID:MjNzlDAa0

以上になります。最後まで見て頂きありがとうございます!
クレジットカードの存在を完全に忘れていましたが、Pは現金主義という事で・・・



前作

346女子寮の日常【短編集】


暇な時にでもどうぞ!


転載元:モバP「凛の大切なチョコを食べてしまった・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557145095/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。