スポンサーリンク

トップページモバマス > 沙理奈「マズイわね...」聖來「どうしたの?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 11:08:08.15 ID:B3yRCmox0



沙理奈「うーん...」

聖來「さーりなっ♪」

沙理奈「あら聖來...」

聖來「今日の夜なんだけどさ、いっしょに飲みに...どうしたの?悩み事?」

沙理奈「...まあね」

聖來「へぇー、沙理奈が悩むなんて珍しいね」

沙理奈「ちょっとぉ、それどういう意味よ?アタシがなんの悩みもないノーテンキだと思ってるワケ?」

聖來「いや、そういうわけじゃないけど...沙理奈はいっつも自信たっぷりだからさ」

沙理奈「そうねぇ...確かにいつもならそうだけど...」

聖來「なにかあったの?」

沙理奈「...ねえ聖來、ちょっといい?」

聖來「なに?」

沙理奈「そこに立って、動かないでくれる?」

聖來「これでいい?」

沙理奈「うん、ちょっとそのままでいてね」


ギュッ


聖來「ひゃあっ!」

スポンサーリンク



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 11:42:42.55 ID:B3yRCmox0

沙理奈「ん~...」ギュウウウウウウ

聖來「ち、ちょっと沙理奈...どうしたの?」

沙理奈「静かにして...」

聖來「で、でも...」

沙理奈「ふぅっ...」

聖來「はぅっ...」

沙理奈「あむっ...」

聖來「やっ...み、耳は...だ、ダメぇ...」

沙理奈「聖來...」

聖來「ふぁっ...そんな...耳元で...」

沙理奈「んっ...」ギュウウウウウウウ

聖來「さ、沙理奈...あ、アタシ...」


沙理奈「...どう?」


聖來「ふぇっ?」

沙理奈「だから、どうなの?」

聖來「どうって...」


沙理奈「だーかーら!ドキドキする?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 12:10:42.31 ID:B3yRCmox0

聖來「ど、ドキドキって...」

沙理奈「するの?しないの?正直に言って」

聖來「そ、そりゃ...沙理奈にこんなことされたら...す、すごくドキドキ...する...」

沙理奈「......」

聖來「沙理奈?」

沙理奈「はぁ...」

聖來「ど、どうしたの?」

沙理奈「そう言ってくれるのは聖來だけよ...」

聖來「えっ?」


沙理奈「アタシ、自信無くしちゃったー...」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 12:26:35.34 ID:B3yRCmox0

------




カタカタ...


P「うーん...」


ガチャッ


沙理奈「お疲れ様でーす」

P「沙理奈か、お疲れ様、仕事はどうだった?」

沙理奈「ウフフ、もちろんバッチリよ♪」

P「ならよかった、明日の予定だけど...」

沙理奈「大丈夫よ、さっき確認したわ」

P「助かるよ、じゃあもう伝えることはないから帰っちゃっていいぞ」

沙理奈「Pさんは帰らないの?」

P「まだだ、終わらせときたい仕事があるんでな」

沙理奈「ふーん...それって急ぎの仕事なの?」

P「いや、別に急ぎってわけじゃないけど...」

沙理奈「......」


ギュッ


沙理奈「ねえ...そんなに根を詰めると身体に毒だわ...」

沙理奈「ふたりだけで...ちょっと息抜きでもしない?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 14:11:09.99 ID:B3yRCmox0

P「......」


沙理奈「どう?」


P「沙理奈...」


沙理奈「なあに?」


P「悪いけどちょっと離れてくれ、仕事ができない」


沙理奈「あ、あれ?」

P「ゴメンな、できることはできるうちにやっときたいんだ」

沙理奈「そ、そう...」

P「また別の日に誘ってくれよ」

沙理奈「うん...」

P「じゃ、お疲れ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 14:38:24.18 ID:B3yRCmox0

------


沙理奈「ってなわけよ...」

聖來「へぇ...」

沙理奈「どう思う?」

聖來「えっ?どうって言われても...別に普通なんじゃないの?」

沙理奈「いいえ、普通じゃないわ」

聖來「なんで?」

沙理奈「だってアタシが抱き着いて誘惑したのに、Pさん全然誘いに乗

ってくれないんだもん!」

聖來「えー、だって仕事が忙しかったなら仕方がないんじゃないの?」

沙理奈「でもちょっと前ならアタシが抱き着くと...」



P『こ、こら沙理奈...その...あんまり引っ付くな!』

沙理奈「どうしてぇ?」

P『む、胸が...当たって...』

沙理奈『あててるのよ♪』



沙理奈「みたいな感じになってたのよ?」

聖來「へぇー...っていうかそんなことしてたの!?」

沙理奈「そうだけど?」

聖來「ダメだよ、Pさんのお仕事の邪魔しちゃ」

沙理奈「邪魔なんかしてないわよ、ちょっと息抜きさせてあげようとしただけ♪」

聖來「もうーっ、沙理奈ったら...」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 16:25:00.74 ID:B3yRCmox0

沙理奈「もしかして...自分でも自覚しないうちに、アタシのセクシーさ

が薄れてるのかしら...?」

聖來「えーっ?そんなことないと思うよ、沙理奈セクシーだよ」

沙理奈「本当にそう思う?」

聖來「うん、スタイルいいし、おっぱいもおっきいし」

沙理奈「フフン、まあね♪でも聖來だっていい形してるじゃない」モミッ

聖來「ひゃあっ!な、なにするの!」

沙理奈「いいじゃない、ちょっとくらい♪」

聖來「よくない!お返しー!」モミッ!

沙理奈「きゃあんっ!もう、アタシもー♪」モミッ!


ガチャッ


千枝「お疲れ様で...っ!」

沙理奈「あら、千枝ちゃんじゃない♪」

聖來「ち、千枝ちゃん...」

千枝「お、お二人で...なにやってるんですか?」

沙理奈「ん~、聖來がアタシのおっぱい揉みたいって言って離してくれないのよぉ♪」

千枝「聖來さん...おっぱいが好きなんですか?」


聖來「ちっがーうっ!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 16:48:59.56 ID:B3yRCmox0

------



聖來「もう、沙理奈ってば...」

沙理奈「ゴメンゴメン、ちょっとからかっただけだから機嫌直して聖來

♪」

聖來「千枝ちゃんの前だったのに...」

千枝「だ、大丈夫です!私気にしてませんから!」

沙理奈「千枝ちゃんってば大人ねぇ、えらいえらい♪」ナデナデ

千枝「え、えへへ...ありがとうございます♪」

沙理奈「あっ、そうだわ千枝ちゃん、ちょっと聞きたいんだけど」

千枝「なんですか?」

沙理奈「千枝ちゃんから見て、最近のアタシってどう?セクシー?」

千枝「はい、とってもセクシーで色っぽいと思います!」

聖來「ほら、千枝ちゃんもそう言ってるじゃん、考えすぎだよ沙理奈」

沙理奈「うーん、そうなのかしら...」


ガチャッ


雫「お疲れ様ですー」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:15:45.73 ID:B3yRCmox0

沙理奈「あら、雫じゃない」

聖來「お疲れ様雫ちゃん♪」

千枝「お疲れ様です」

雫「はいー、皆さんお疲れ様ですー、よいしょっと」ドサッ

沙理奈「んっ、なにそれ?」

雫「実家からヨーグルトが送られてきたんですー、なので皆さんに食べてもらおうと思ってー」

聖來「わぁ、ありがと!雫ちゃんの牧場の物ってみんな美味しいよね!」

雫「ありがとうございますー、そう言ってもらえてうれしいですー♪」

千枝「本当においしそうですね、さっそくひとつもらってもいいですか?」

雫「いいですよー、はいどうぞ...きゃっ!」


ベチャッ


沙理奈「あらあらなにやってんのよ、思いっきり服にかかっちゃったじゃない」

雫「すみませんー、つい手が滑っちゃってー...」

沙理奈「ああもう...動かないで、ふいたげるから」フキフキ

雫「ありがとうございますー、沙理奈さんは優しいですねー♪」


沙理奈「むうぅ...あらためて間近で見るととんでもないわね...さすがのアタシでもこれは...」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:27:21.34 ID:B3yRCmox0

雫「どうしたんですかー?」

沙理奈「えっ?いや、別に何でも?」

千枝「...ふふっ♪」

聖來「んっ、どうしたの千枝ちゃん?」

千枝「いえ、最初に沙理奈さんと会った時のこと思い出して、なんだかおかしくって...」

聖來「なにが?」

千枝「私、最初は沙理奈さんのことちょっと苦手だなって思ったんです」

沙理奈「えっ、そうなの?」

千枝「あっ、今は全然違うんですよ?でも初めて会った時、胸元を開いた服を着てて自信たっぷりで、なんだか近寄りにくくて...」

雫「あー、私も思いましたー、すごく自信まんまんって感じの人でしたねー」

沙理奈「ふふーん、ふたりともアタシのセクシーさにやられちゃったわけね♪」

千枝「そうかもしれませんね、だけど実際に会ってみるととっても面倒見が良くていい人で...」

雫「はいー、沙理奈さんはすごく優しいですねー♪」

沙理奈「もうー、おだてたって何にも出ないわよ?」

聖來「とかなんとか言って嬉しいくせにー♪」

千枝「ふふっ、なんだか沙理奈さんって...」


千枝「今はお母さんみたいだなって思います」

雫「あー、私もそう思いますー♪」


沙理奈「お母さ...」ガーンッ!


雫「あれー?どうしたんですか沙理奈さーん?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:29:38.82 ID:B3yRCmox0

------


ゴクゴク...


沙理奈「ぷはぁーっ!」

聖來「ちょっと沙理奈、飲みすぎだよ?」

沙理奈「いいじゃないのよぉ、たまには...」

聖來「そんなにショックだったの?お母さんみたいだって言われたの、あれ褒めてたんだよ?」

沙理奈「わかってるわよぉ、千枝も雫も悪気があって言ったんじゃないってことくらい...」

沙理奈「...本当に心の底からそう思ったんでしょうね、きっと」

聖來「そうだよ、褒められて嫌なの?」

沙理奈「嫌じゃないけどぉ...」

沙理奈「でも、お母さんみたいって響きは...なんか所帯染みてる感じがするのよねぇ...」

沙理奈「アタシの目指してるセクシーな感じと真逆にあるっていうか...」

沙理奈「そう考えるとなんだか...」

聖來「気にしすぎだってば、沙理奈らしくらいよ?」

沙理奈「うーん...自分でもそう思うけど、ん~...」

沙理奈「あーもう!なんでアタシがこんな小さいことでグジグジ悩まないといけないのよぉ!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:30:07.05 ID:B3yRCmox0

聖來「ちょっ、沙理奈...落ち着いて...」

沙理奈「それもこれも、全部Pさんのせいよ!Pさんが悪い!」

聖來「沙理奈...やっぱ飲みすぎだって...」

沙理奈「むぅぅ...電話してやるぅ...」

聖來「ダメだってば、きっとお仕事してるから...」

沙理奈「関係ないわよぉ...」


沙理奈「もしもし?アタシよ、今聖來と飲んでるの」

沙理奈「酔ってないわよぉ、全然ヨユー!」

沙理奈「そんなことより、Pさんも来なさいよ!」

沙理奈「ダーメ、来るったら来るのぉ!お仕事とアタシとどっちが大事なのぉ?」

沙理奈「じゃあ待ってるからね」ピッ


聖來「もう、沙理奈ってば...」

沙理奈「いいのよ、最近全然付き合ってくれないんだから、これくらい...」

沙理奈「それよりおかわり頼んで!」

聖來「はいはい...」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:31:35.14 ID:B3yRCmox0

------



P「おっ、いたいた」


沙理奈「むぅぅ...やっと来たわねぇ...」

聖來「あっ、ゴメンねPさん、沙理奈が呼び出しちゃって...」

P「いやいいよ、それより飲みすぎだぞ沙理奈」

沙理奈「ほっといてよ、もう...」

P「ほっとけるわけないだろうが」

沙理奈「...どうせもうアタシに興味ないんでしょ?」

P「はぁ?」


沙理奈「だーかーら!アタシの身体に飽きちゃったんでしょってこと!」


P「こ、こらバカ!大声でなんてこと言うんだ!」

沙理奈「ふーんだ、どうせアタシはおかんで所帯染みてますよーだ...」

P「...なにかあったのか?」

聖來「ちょっとね、ただの気にしすぎだと思うんだけど...」

沙理奈「...聖來、アンタ先に帰ってていいわよ」

聖來「えっ、なんで?」

沙理奈「アタシはPさんの家でもう少し飲んでいくからぁ...」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:32:20.73 ID:B3yRCmox0

聖來「えぇっ!?ダメだよ、Pさんに迷惑かかるし...」

P「いや、大丈夫だ」

聖來「いいの?」

P「ああ、心配するな聖來、面倒かけてゴメンな」

聖來「ううん、アタシは別にいいよ、それじゃ沙理奈のことPさんにお願いしてもいい?」

P「おう、酔っ払いの世話は任せとけ」

沙理奈「誰が酔っ払いよぉ...」

P「わかったわかった、それじゃ聖來、また明日な」

聖來「うん、おやすみ、沙理奈もPさん困らせたらダメだよ?」

沙理奈「はぁーい...」

聖來「じゃあね、また明日♪」

P「じゃあな、ほら沙理奈、行くぞ?」

沙理奈「うん...」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:32:54.16 ID:B3yRCmox0

------



カタカタカタ...



P「うーん...」


ギュッ


P「おっと...」

沙理奈「なにしてるの?」

P「寝てていいぞ」

沙理奈「帰ってからも仕事してるの?」

P「ちょっとだけだよ、少し手直ししたいところあったから...」

沙理奈「ふーん...」

P「どうしたんだよ、元気ないな?」

沙理奈「...ねえPさん」

P「なんだ?」

沙理奈「アタシってセクシー?」

P「ああ、もちろん」

沙理奈「...本当に?」

P「なんだよ、自信無くなったのか?」

沙理奈「だって...Pさん全然ドキドキしてくれないじゃない」

P「えっ?」

沙理奈「千枝にも雫にもお母さんみたいだって言われちゃったから...」

沙理奈「アタシ、自分で知らない間にセクシーじゃなくなってるのかなって思っちゃって...」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:33:48.99 ID:B3yRCmox0

P「...沙理奈」

沙理奈「なあに?」

P「お前意外と抜けてるんだな」

沙理奈「な、なによそれ!どういう意味!?」

P「はぁ...ようするに俺がお前にくっつかれてもドキドキしなくなったのが不安だってことだろ?」

沙理奈「...うん、まあ」

P「それは確かにそうだ」

沙理奈「そ、そうなの?」

P「そしてその理由もはっきりしてる」

沙理奈「なにそれ?」

P「慣れだ」

沙理奈「慣れぇ?」

P「そうだ、そりゃ最初のころは耐性ないからあわててたけど、毎回毎回くっつかれたらそのうち慣れるに決まってるだろ」

沙理奈「うーん、それはそうかもしれないけど...」

P「それにだいたい...」

沙理奈「なに?」



P「...さんざん裸でくっつきあってるだろ、俺たち」

沙理奈「そ、それはそうだけどぉ...」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:37:26.38 ID:B3yRCmox0

P「今さら胸押しつけられたくらいじゃ慌てないよ」

沙理奈「なによぉ!アタシの胸ってそんなものってこと?」

P「そんなわけないだろ、沙理奈のおっぱいは最高だよ、お腹もお尻も脚も全部だ」

沙理奈「むぅぅ...」


沙理奈「...そっか」

沙理奈「...よかったぁ」


P「まったく...考えすぎにもほどがあるぞ」

沙理奈「なーによぉ、こう見えてアタシ繊細なんだからね?」

P「はいはい、ソウデスネー」

沙理奈「あっ、バカにしてる!むぅぅ...えいっ!」ガバッ!

P「うわっと!」

沙理奈「ウフフ♪ほらほら、ここが弱いんでしょ?知ってるんだから!」

P「ちょっ...お前そこは...あ、あはははは!」

沙理奈「うりうり~、ここもやっちゃうわよんっ♪」

P「この...おりゃっ!」

沙理奈「あんっ♪」

P「はぁ...はぁ...まったく...」

沙理奈「ウフフフフ♪」


チュッ


沙理奈「んっ...んんっ...♡」

P「安心しろ沙理奈、お前はセクシーで最高だ」

沙理奈「...うん、ありがとね♡」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:38:03.25 ID:B3yRCmox0

P「でもお母さんみたいだって言われたのがそんなに嫌だったのか?」

沙理奈「嫌だったっていうか、お母さんっぽいって言われるとどうしても所帯染みてるような感じで...」

沙理奈「アタシの目指してるところと離れて行ってるんじゃないかなって考えちゃったの」

P「なんだ、沙理奈はおっぱいは柔らかいのに意外と頭が硬いな」

沙理奈「むぅぅ...なによそれ」

P「確かに所帯染みってのとセクシーってのは反比例するかもな」

沙理奈「でしょ?」

P「だけどちょっとお母さんっぽいってのは言い換えれば母性にあふれてるとも言えるだろ?」

沙理奈「...そうね、言われてみれば」

P「ようするに、セクシーな上に母性も持ち合わせてる、ってことじゃないか」

沙理奈「母性に...」

P「沙理奈はただセクシーなだけじゃなくて、気が利いて甘えさせてくれるような母性にあふれてるってことだ、どうだ?」

沙理奈「...そうね、それ、なんかいいかもね」

P「ほらな、言葉を替えただけでマイナスイメージじゃなくなっただろ」

沙理奈「ウフフ♪そうね、さっすがPさん!口が上手いわ♪」

P「まあな、でなきゃプロデューサーは務まらないよ」

沙理奈「それもそうね♪」


P「だろ、それにセクシーな母親ってのもアリだと思うぞ?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:38:48.39 ID:B3yRCmox0

沙理奈「えっ...?」

P「んっ、どうした?」

沙理奈「......」

P「沙理奈?」

沙理奈「フフ...ウフフフフ♪」

P「な、なんだよ?」

沙理奈「Pさん、今のセリフってもしかしてぇ、プロポーズ?」

P「...えっ?」

沙理奈「アタシに母親になって欲しいってコト?」

P「あっ、いやそういうわけじゃ...」

沙理奈「もうーっ、Pさんってばダイタン♪」

P「ち、ちがうっての!」

沙理奈「ウフフフ...えいっ!」

P「おわっ!」


ドサッ!


P「さり...んむっ...」

沙理奈「ちゅっ...ちゅっ...んっ...♡」

沙理奈「ありがとね、Pさん」

沙理奈「アナタのおかげで...スッキリしたわ」

P「...そっか、まあ悩みを聞くのもプロデューサーの仕事だからな」

沙理奈「ふふっ、そうね」

P「なんでも遠慮せずに言えよ、お前変なところでマジメだから悩むことも多そうだしな」

沙理奈「そうよ、アタシこう見えて結構マジメなんだから」

P「だな、まあ話を聞くくらいならいつでもしてやるからな」

沙理奈「そうね、じゃあ早速なんだけど...」

P「なんだ?」

沙理奈「...もう一回しましょ?」

P「おいおい...さっきしたばっか...」

沙理奈「ダーメ、したいの♪」



沙理奈「今度は...アタシがスッキリさせて、ア・ゲ・ル♡」




----

-------


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:39:29.98 ID:B3yRCmox0

---翌日---



ガチャッ


沙理奈「お疲れ様~♪」

聖來「あっ、お疲れ沙理奈、お仕事どうだった?」

沙理奈「バッチリよ、トーゼンでしょ!」

聖來「なんか元気だね、ツヤツヤしてるし」

沙理奈「まあね」

聖來「あっ、Pさんに悩み聞いてもらったんでしょ?だから元気なんだ」

沙理奈「そうね...夜通し聞いてもらってたかしら」

聖來「夜通し?ダメだよ無理させたら」

沙理奈「ダイジョーブよ、Pさんも喜んでたし♪」

聖來「喜ぶ?それどういう...」


ガチャッ


千枝「お疲れ様です、戻りました」

雫「ましたー♪」

聖來「あっ、お帰り二人とも」

P「ふぅ...戻りました」

沙理奈「Pさんもお疲れ様♪」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 18:40:17.21 ID:B3yRCmox0

P「ああ、お疲れ、さてと...あとは企画書の仕上げを...」

沙理奈「相変わらず大変ねぇ...あっ、Pさんちょっといい?」

P「んっ、なんだ?」


キュッ


沙理奈「ほら、ネクタイ曲がってるわ」

P「あ、あぁ...サンキュー」

沙理奈「ふふっ、いいのよこれくらい♪」

P「お、おう...」

沙理奈「よし、これでいいわよ、ア・ナ・タ♡」

P「っ!!」

沙理奈「なーんちゃって...あれ、どうかした?」

P「い、いやなんでも...」

沙理奈「あっ、もしかしてドキッとした?ねえ、したでしょ?」

P「し、してない!してないぞ!」

沙理奈「ふぅーん...なるほど、Pさんはこういうのに弱いのねぇ♪」

P「ち。違うっての!」

沙理奈「そっかそっか、ストレートに行くんじゃなくて、こんな感じで攻めるって手もあるのねぇ」

沙理奈「ねえ、今度お弁当でも作ってきてあげよっか?そうしたらPさんもっとドキドキするんじゃない?」

P「い、いいよそんなの!」

沙理奈「あはっ、もう照れてるの~?可愛い♡」

P「ちーがーう!」



雫「プロデューサーさんと沙理奈さん、仲良しですねー♪」

千枝「...千枝もプロデューサーにお弁当作ってあげようかな」

聖來「もうー、沙理奈ってば元気になりすぎだよぉ...」



沙理奈「ほーら、逃げないでア・ナ・タ♡」

P「や、やめろー!なんか調子狂うだろうがー!」



おわり


転載元:沙理奈「マズイわね...」聖來「どうしたの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444356033/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し松本さん
    • 2019年05月09日 14:25
    • セクシーサンキュー
    • 2 名無し春香さん
    • 2019年05月09日 19:34
    • >>聖來「気にしすぎだってば、沙理奈らしくらいよ?」
      打ち間違いのなのは分かっているけど、一瞬聖來さんも酔ってんのか?って思った。
    • 3 名無し春香さん
    • 2019年05月09日 22:36
    • これはセクシーをデリバリーしてますわ
    • 4 名無し春香さん
    • 2019年05月10日 02:46
    • 今年躍進するといいなあ
    • 5 名無し春香さん
    • 2019年05月14日 07:43
    • 駄文さんっぽいな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。