スポンサーリンク

トップページシャニマス > 黛冬優子『世界が滅びる前日だって煩悩は平常運転です』

1: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:29:43.85 ID:unVTGox1O


これはシャニマスssです




2: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:30:37.22 ID:unVTGox1O



P「なぁ冬優子」

冬優子「んー、なに?」

P「もしさ、明日地球が滅びるとしたらどうする?」

冬優子「……なによ、いきなり」

P「なんとなーく、冬優子ならどうするか気になってさ」

冬優子「……さぁ、その時になってみないと分からないわ」

P「ま、そうだよなぁ」

冬優子「気に入らない返答だったかしら?」

P「いや、そういう訳じゃないさ」

スポンサーリンク


3: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:31:06.48 ID:unVTGox1O




冬優子「……でも、きっと……その時になっても、今みたいにあんたと下らない話ししてると思うわ」

P「下ら……まぁ、そうかもな。俺もそんな気がするよ」

冬優子「…………あんたねぇ」

P「…………悪い」

冬優子「……現実逃避はそろそろ終わりにしなさい」

P「……あぁ、そうだな。なにが『もしさ、明日地球が滅びるとしたらどうする?』だよ……」

冬優子「……ねぇ、あんた……」

P「……なぁ、冬優子……」


4: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:31:38.48 ID:unVTGox1O




P・冬優子「「……なんで一緒にラブホで寝てるの?!?!!」」



5: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:32:07.02 ID:unVTGox1O



P「いやいやいやいや! マジで記憶ないんだけど! えっ、俺が冬優子に?! いや有り得ないだろ! 大丈夫か俺!」

冬優子「はぁぁぁ?! ふゆに魅力がないって言いたいの? ならこっちだってあんたみたいな男は願い下げよ!!」

P「いや冬優子はすっごく魅力的だけどさ! 俺たちの立場!」

冬優子「……そ、なら良いわ」

P「良くないんだよなぁ」

冬優子「そうよ良くないわよ!!」

P「ってか落ち着け? 本当に行為に至ってるか? 終電逃して普通に寝てただけの可能性も」

冬優子「……腰痛い」

P「はい」


6: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:32:33.48 ID:unVTGox1O



P「……昨夜、何あった?」

冬優子「うぅん……何も思い出せないわ」

P「思い出せないって事は飲んでたんじゃないか?」

冬優子「あ、そうよ。昨日はふゆの成人祝いにって二人で飲みに行ったんだったわ」

P「あ、誕生日おめでとう。冬優子も大人になったんだな」

冬優子「あんたに大人にされたのよ」

P「そうだったな、HAHAHA」

冬優子「殺すわよ」

P「ごめん」


7: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:33:01.21 ID:unVTGox1O



P「……取り敢えずシャワー浴びて帰るか」

冬優子「そうね……今回の事はお互い忘れるのが一番よ」

P「だなぁ……」

冬優子「……なによあんた、本当に忘れるつもり?」

P「いや、責任の取り方は少し考えさせてくれ」

冬優子「よっしゃあ!」

P「あー、今日休みで良かった。もう12時だぞ」

冬優子「げ、ふゆ何か予定あった気がするのよね」

P「……俺も何かあったような……」


8: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:33:27.09 ID:unVTGox1O



P・冬優子「「あっ」」

P「事務所で冬優子の誕生日パーティじゃねぇか!」

冬優子「どうすんのよ! 時間は?!」

P「13時からだった急げば筈だからまだギリ間に合う!」

冬優子「シャワー浴びる時間ある?」

P「俺か冬優子片方だけなら」

冬優子「バレたら大変ね……今回限り許可するから一緒に浴びるわよ」

P「ひゅーひゅー!」

冬優子「警察」

P「ごめん」


9: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:33:54.33 ID:unVTGox1O



バタンッ!

P「おはようございます! っふぅ……セーフ、間に合った……」

冬優子「すぅー……ふふっ、おはようございますっ♡」

はづき「おはようございます~」

P「あ、今更だけどさ」

冬優子「何よ」

P「俺たち今多分同じ匂いするぞ」

冬優子「一旦事務所出るわよ」


10: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:34:21.34 ID:unVTGox1O

バタンッ

冬優子「もっと早く言いなさいよバカ」

P「急いでたんだからしょうがないだろ」

冬優子「あんたちょっとゴミ浴びて来なさい」

P「嫌に決まってんだろ。冬優子お前なんかきっつい香水とかないのか?」

冬優子「……仕方ないわね。コンビニでファブリーズ買うわよ」

P「俺リセッシュ派」

冬優子「飲ますわよ」

P「ワガママ言って悪かった」


11: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:35:06.19 ID:unVTGox1O



シュッ、シュッ

冬優子「他にバレる要因になりそうなものは無いかしら?」

P「大丈夫……な筈。最悪上手く誤魔化そう。俺たちなら上手く誤魔化せるだろ」

冬優子「そうね……行くわよ」

P「おう」

ガチャ

P・冬優子「「おはようございまーす!」」

「わ゛ぁ゛、同伴出勤ですぅ゛ー!!」

P・冬優子「「だれがコイツなんかと!!」

冬優子「……ごほんっ、おはようございますっ♡」


12: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:35:47.08 ID:unVTGox1O



千雪「……プロデューサーさん、ご帰宅なさってないんですか……? 昨日とシャツが同じで……」

結華「おつかれPたん、なんか寝不足っぽい?」

あさひ「あれ? 冬優子ちゃんも昨日と服が同じっす!」

愛依「二人とも帰ってないとか、もしかしちゃう系~?」

P・冬優子「「…………っな訳無いだろ(でしょ)!」」

皆さま((((((…………あっ))))))


13: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:36:14.61 ID:unVTGox1O



千雪「…………プロデューサーさん?」

結華「うっそでしょPたん」

あさひ「冬優子ちゃん何かあったっすか?」

はづき「プロデューサーさ~ん?」

冬優子「ふ、ふゆは……あーもう良いわ、あんた上手く誤魔化して」

P「…………なぁ、みんな!!」


14: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:36:42.08 ID:unVTGox1O


P「えっと……もしさ、明日地球が滅びるとしたらどうする?」

冬優子「誤魔化すの下手か」


15: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:37:50.53 ID:unVTGox1O

以上です
お付き合い、ありがとうございました

最近書いたものです、よろしければ是非
黛冬優子の逃避行
黛冬優子『十八歳未満は購入する事が出来ません』
黛冬優子『秘密の共有は信頼の証とも言い換えられます』


転載元:黛冬優子『世界が滅びる前日だって煩悩は平常運転です』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559730583/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2019年06月07日 13:00
    • なるほどこの作者は徹底的に落差で殴るタイプか
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。