スポンサーリンク

トップページシャニマス > 【シャニマス】千雪「やだー! もっとのみたいー!」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:10:10.29 ID:aYtpEvQ20

P「千雪、そう言わずに……」

千雪「まだおさけのむのー!」

P「飲みすぎだって。ほら、手に持ってるのテーブルに置いて」

千雪「やだ」

P「置きなさい!」

千雪「やだもん、これちゆきのだもん」グビッ

P「あっ……」

千雪「えへへー♪」

P(なんてこった……こんなことになるなら、ほどほどのところで止めておくべきだった……)

P(最近仕事を頑張ってるご褒美に、新しくできたオシャレな居酒屋に連れてきた、まではよかったけど……)

千雪「ここのおさけ、なん杯でものめちゃう」スッ

P「ま、待て。もういい加減に…」

グビグビ

千雪「ぷはぁ♡」

P「……」

P(仕事の話、ユニットの話、アイドル仲間の話、オフの話。色んな話に花を咲かせて、酒のツマミにしたのがマズかった)

P(気がついたら、千雪の酒を飲むペースがどんどん上がっていて……こんな状態に……)

千雪「つぎは、これをたのもーっと。てんいんさーん」

P「もうダメだって! すみません、注文は無しでお願いします。この娘かなり酔ってて」

千雪「よってないもん」

P「酔ってる奴は大体そう言うんだよ。ほら、飲むだけじゃなく食べよう。俺のアボカドあげるから」

千雪「あぼかどだー! いただきます!」

P(はぁ……これ食べたら店を出よう。家に送っていかないと)

スポンサーリンク



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:12:36.69 ID:aYtpEvQ20


~~~~~~

千雪「おいしかったです、また来まーす」

P「1人で歩けるか?」

千雪「あるけますよー」

P「よかった……って危ない!」グイッ

千雪「ふぇ?」

P「ふらふらじゃないか。肩を貸すよ」

千雪「あるけるからだいじょーぶ!」

P「大丈夫そうには見えないぞ」

千雪「だいじょーぶ! ほら、みて? こんなにまっすぐすすんでますよ?」フラフラ

P「どこがだ、蛇行してるじゃないか。あっ! 千雪、前!」

千雪「きゃっ」ゴンッ

千雪「あう……ごめんなさい。ぶつかっちゃった」

P「怪我はないか?」

千雪「ちゆきはだいじょうぶです。でも、このひとが」

P「人じゃなくて電柱だよ」

千雪「でんちゅうさん? おしりあい? はじめまして、くわやまちゆきです」

P「……とにかく、怪我はないみたいだな。ほら、向こうのタクシー乗り場まで行こう」

千雪「えー……ちゆき、あるきたい」

P「こんな姿、多くの人に見せるわけにはいかないよ。この辺は人通り少ないからまだいいけど」

千雪「あるきたい」

P「わかったよ……。タクシーで家のそばまで行くから、そこから少し歩こう」

千雪「やったー♪」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:16:10.52 ID:aYtpEvQ20


~~~~~~

千雪「ともだちたくさんー! うれし! い! なー!」

P「そんなに手を振ったらバッグが飛んでいくよ」

千雪「あ、こうえんだ」スタタタッ

P(自由奔放)

千雪「ぷろでゅーさーさん、ぶらんこ! せなかをおしてください!」

P「もう遅い時間だし、ここで遊ぶのはまたにしよう。家も近いだろ?」

千雪「……」プクー

P「わかった、少しだけな」

千雪「わーい」

P(千雪は酔いすぎると子供っぽくなるんだな)グイッ

スイー

千雪「ぷろでゅーさーさん、もっとおしてください」

P「よし」グイッ

千雪「かぜがきもちいい」

P「……」グイッ

スイー

千雪「♪」

P「……」グイッ

千雪「それっ」ポーイ

P「あっ」

千雪「えへへ。さんだる、すっごくとびました」

P「はは……どこにいった?」

千雪「すべりだいのほう」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:18:03.18 ID:aYtpEvQ20

P「とって来るよ。ブランコを楽しんでて」

千雪「はーい」

P(えっと滑り台のほう……あった、あれか)

P(まったく、本当に子供みたいなことをするな。靴に傷はついてないかな)

P(……大丈夫みたいだ)

千雪「ぷろでゅーさーさん」

P「ん?」

千雪「えいっ、しょっ」ピョンピョン

P(片足だけでこっちに。いつの間にブランコを降りたんだ)

P「気をつけないと転ぶぞ」

千雪「けんけんぱっ、けんけんっ……わっ、ととっ」

ガシッ

P「言わんこっちゃない……」

千雪「うふふー……ぷろでゅーさーさんが、たすけてくれるっておもったから」ギュー

P「ち、千雪、くっつきすぎだよ。ほら、自分でしっかり立って」

千雪「……」

P「千雪?」

千雪「ねむくなってきちゃった」

P「そうか。じゃあ帰ろうか」

千雪「おやすみなさい」

P「ちょっと待て、ここで寝るつもりか」

千雪「……」

P「まぶたを閉じないでくれ。ほら、もう少しで家に着くから、頑張って歩こう」

~~~~~~

P(結局おぶって運ぶことになった)

千雪「zzz」

P(記憶、明日起きた時に残ってないといいけど。もし覚えてたら、恥ずかしさで顔を合わせてもらえそうにないし)

P(あれだけ飲んだから大丈夫かな)


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:21:03.46 ID:aYtpEvQ20

P「千雪、家の前に着いたぞ」

千雪「zzz」

P「千雪」

千雪「んー……むにゃぁ……」

P「頼むから起きてくれ。このままだと俺が鍵を使って部屋に送り届けることになるぞ。男を入れていいのか?」

千雪「どうぞー……」スッ

P(鍵を差し出してきた)

P「……仕方ない……」

~~~~~~

P(部屋、綺麗だな。さすが千雪……と、じっくり観察するのはよそう)

P「ベッドまで来たぞ。降ろすからな」

千雪「べっど……」

P「そう、ベッドだよ。ゆっくり寝かせるぞ」

千雪「ふかふかべっどー……」

P「よっと……」

ギュー

P「ち、千雪? 手を離してくれないか」

千雪「……」

P(がっちりホールドされてる。無理やり脱出するか)

千雪「……ん……」

P(静かに、騒がないように)

ムニュン

P「むぶっ」

P(胸に顔が埋まる。ごめん千雪、これは不可抗力だ。早く抜け出すから……)

千雪「んんー……」ムギュウ

P「ふぐっ!?」

P(頭を抱きしめられて……!)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:22:14.82 ID:aYtpEvQ20

P(息ができない!)ジタバタ

千雪「すぅ……すぅ……」

P(お、落ち着け。ゆっくり解くんだ。頭を押さえてる腕を掴んで……)

グイグイ

P(びくともしない! 苦しい……! な、なんとかしないと……!)フガフガ

P(こうなれば力づくで!)グイグイ

~~~~~~

P「はぁ……はぁ……」

P(なんとか抜け出せた)

千雪「zzz」

P(気持ちよさそうに寝てるな)

P「それじゃあ千雪、また明後日に」

千雪「ぷろでゅーさーさん」

P「!」

千雪「だいすき、です」

P「え……」

千雪「ふふ……あまなちゃんも、てんかちゃんも……だーいすき……」

P(ビックリした。寝言か)

P(あ……鍵どうしよう。外から施錠して、ポストに入れておくか? 千雪にはラインで伝えればいいし)

千雪「zzz」

P「今度こそ。千雪、また明後日に事務所でな」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:24:58.68 ID:aYtpEvQ20


~~~~~~

P「……」カタカタカタ

千雪「おはようございます」ガチャ

P「千雪、おはよう」

千雪「!!」

千雪「あ……あの、プロデューサーさん……!」カァァ

P「スマホでもやりとりしたけど、勝手に部屋に入ってごめん」

千雪「い、いえ! というか、私のほうこそ色々とすみませんでした!」ペコリ

千雪「プロデューサーさんに好き勝手して……ぐびぐびお酒を飲んだり、公園でブランコに付き合ってもらったり……」

P「全部覚えてるのか」

千雪「はい……私のマンションの前まで来たところまでは……」

P「そうか……」

千雪「私、他にも失礼しませんでした?」

P「してないよ」

千雪「本当ですか? 例えば、プロデューサーさんに暴力を振ったり」

P「してないしてない」

千雪「よかった……」ホッ

千雪「あの、これお詫びといってはなんですけど、クッキーを焼いてきたので」スッ

P「え? そんな、別にいいのに」

千雪「ご迷惑をおかけしましたし」

P「迷惑だなんて思ってないよ」

千雪「私の気が収まらないんです。もらってください」

P「……まあ、千雪がそう言うなら。ありがたくいただくよ」

千雪「はい」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:27:28.19 ID:aYtpEvQ20

千雪「……プロデューサーさん……」

P「?」

千雪「本当に、何も失礼しませんでした?」

P「うん」

千雪「本当にですか?」

P「本当だよ」

千雪「で、でも……酔っぱらった翌日、お昼近くに起きたんですけど……服、何も着ていなくて……。それで、その……」モジモジ

P「……」

千雪「ひょっとしたら、えっと……」

P「……あ」

P「いやいや!! 絶対に何も起きてないよ! 嘘偽りない真実だから!」

千雪「そうなんですね……ということは、私が勝手に脱いだだけで……」

千雪「……私、酔っぱらうと子供っぽくなる上に、脱ぎ癖がつくんですね……」シュン

P「そんな落ち込まなくても。酒を飲みすぎなければいいだけだし」


恋鐘「……」ジー

恋鐘(なるほど!! お酒で酔えば、プロデューサーに急接近確実やね!!)


~~~~~~

P(ふぅ、千雪はまだ落ち込んでるみたいだな。酒の失敗は誰でもあるものなのに)

P(いや……元はと言えば、俺がきりのいいところで止めるべきだったんだ。もし次に飲む機会があれば、必ず……)

恋鐘「プロデューサー!」

P「ん? 恋鐘?」

恋鐘「あんね、あんね! うちが20歳になったら、2人きりでお酒ば飲みに行きたか!」

P「酒か」

恋鐘「よかと?」

P「ああ、いいよ。だたし……」

P「恋鐘も俺も、酔わない程度に飲もうな」

恋鐘「!?」


おわり


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:29:56.17 ID:aYtpEvQ20

読んでいただきありがとうございます

千雪さん、酔ったら実際どんなふうになるんでしょうね

これを読んだ方に限定千雪さんが来ますように


転載元:【シャニマス】千雪「やだー! もっとのみたいー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565003254/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2019年08月06日 13:23
    • しかも、恋鐘ちゃんは九州女だから酒に強そうだ
    • 2 名無し春香さん
    • 2019年08月06日 16:06
    • 100連して、二枚お迎えできたわ
      ありがとうございます。
    • 3 名無し春香さん
    • 2019年08月06日 18:10
    • 無限にありがとう素晴らしい
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。