スポンサーリンク

トップページモバマス > 二宮飛鳥「ツインテール同盟VSエクステ同盟」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/09/09(月) 01:29:40.29 ID:YzRcyqYf0

【ツインテール同盟】


ある日の事務所



梨沙「ハートさんの髪ってふわふわよね。毎朝どのくらいセットに時間かかってるの?」
mtbrs29

心「んー、そんなにかかってないかな? はぁと、器用だからちょちょいのチョイよ♪」
stsn26

莉嘉「すごーい! アタシもふわふわツインテールにしてみたいなー!」
jgskrk34

心「ふふん、おねーさんが優しく教えてあげるぞ☆」

蘭子「不破の両翼……美しいわ」
knzkrnk29

心「蘭子ちゃんもやる?」

蘭子「うむっ!」

梨沙「蘭子のツインテールもすごいわよねー。アタシも一回ライブで似たような感じにしたことあるけど、あれを毎朝やるのは大変そう」

心「梨沙ちゃんも莉嘉ちゃんも自分で髪結ってるんでしょ? その歳でそれだけ綺麗にできれば立派立派☆」

莉嘉「えへへー、かわいい髪型にしたい!っていっぱい練習したんだ☆」

梨沙「はじめはママに手伝ってもらってたけど、今はひとりでヨユーだし!」

莉嘉・梨沙「ねっ!」

心「うんうん♪ それでこそツインテール同盟の一員だぞ☆」

蘭子「ツインテール同盟?」

心「あ、ウチの事務所、ポニーテール同盟があるでしょ? ツインテにもそれ欲しいなーって、今作った♪」

莉嘉「いいじゃん、ツインテール同盟!」

梨沙「メアリーとか千佳とか、仲間はいっぱいいるわよね」

蘭子「同盟……」ワクワク

心「よーし☆ じゃあ早速版図拡大に向けて仲間を増やしちゃおうぜ♪」



ガチャ


飛鳥「ただいま」

莉嘉「あ、エクステ同盟の飛鳥ちゃんだ」

梨沙「構成員ひとりしかいなくない?」

飛鳥「なんだその珍妙なワードは」

スポンサーリンク



2: ◆C2VTzcV58A 2019/09/09(月) 01:31:55.28 ID:YzRcyqYf0

【エクステ同盟】

蘭子「闇に飲まれよ!」

飛鳥「やみのま、蘭子。それで、これはどういう状況なんだ」

蘭子「我が国はポニテ、ツインテ、エクステの3つに分かれ、混沌を極めていた――」

飛鳥「エクステの領地が狭すぎないか?」

心「軍門に下るなら今のうちだぞ☆ ちょーっとそのエクステを弄らせてもらうだけだから!」

梨沙「覚悟しておくことね!」

飛鳥「……やれやれ。いつの時代も、ボクはマイノリティということか。だが、簡単に屈するつもりはないよ」フッ

蘭子(あれ? あっちのほうがかっこいい?)

莉嘉「がおー☆ 4対1だぞー、しかももっと増えるんだぞー!」

飛鳥「……どうかな。確かにボクは孤立している……が、孤独ではない」

飛鳥「そうだろう、蘭子」

蘭子「!?」ビクッ

莉嘉「蘭子ちゃん!?」

梨沙「どういうこと? まさか……裏切るつもり?」

心「その明らかに一番セットに時間がかかっていそうなツインテールは飾りじゃないよね?」

蘭子「も、勿論よ。私はツインテール同盟・不破の堕天使!」

飛鳥「勘違いしないでもらいたいな、蘭子。ボクはなにも、ツインテールを否定するつもりじゃない。こちらに来たとしても、それを解けなんて言いはしないよ」

蘭子「え?」

飛鳥「なあ蘭子。以前から思っていたが、キミの美しい銀色の髪に、新たな彩を加えてみる気はないか? キミがエクステをつければ、きっと新たな可能性の扉が開くはずだ」

蘭子「か、可能性の扉……で、でもできないっ。私の使命は、ツインテール同盟を守ること……!」

飛鳥「違うよ。キミの使命は、エクステ同盟に入り叛逆の翼を広げることさ」

蘭子「………」

心「……蘭子ちゃん?」

蘭子「………」クルッ


蘭子「闇に飲まれよ!(お世話になりました!)」

梨沙「あっ! 引き抜かれた!」

心「寝取られたー!」

莉嘉「ネトラレ?」

飛鳥「フッ。同盟はいずれ破れる。歴史が証明していることさ」

梨沙「にしても5分は早すぎでしょーが! どうするのよハートさん」

心「むむむ……」


ガチャ


P「ただいまー。いやー、急に雨に降られて大変だった」


心「これ以上戦力をとられてたまるか! ものどもかかれー☆」

P「うわっ! なんですか心さんいきなりむごごっ、髪引っ張らないで! 抜ける!」

心「お前もツインテールになるんだよ☆」


莉嘉「Pくんが襲われてる!」

蘭子「猛獣の捕食……」ブルブル

梨沙「……ねえ、飛鳥。アタシもそっち行っていい?」

飛鳥「盛者必衰……儚いな」


3: ◆C2VTzcV58A 2019/09/09(月) 01:33:22.63 ID:YzRcyqYf0

【夏の忘れ形見】


梨沙「ねー飛鳥。前から気になってたんだけど、冷蔵庫に一個だけ残ってるアイス、誰かのだったりするわけ? ずっと同じとこにあるけど」

飛鳥「いや。確かあれはPがまとめて買ってきた中のひとつのはずだ。ひとつだけ取り残されたせいで、みんな手を出しづらくなってしまったんだろう」

梨沙「このままじゃ夏が終わっても残っちゃいそうね」

飛鳥「夏の忘れ形見か……」

梨沙「ねえ、アタシ達で半分こしない? あのまま放っておいてもしょうがないし、食べちゃいましょ」

飛鳥「いいのかい、全部食べなくて」

梨沙「半分くらい食べたい気分なのよ♪」

飛鳥「そうか。なら、いただこうか」

梨沙「決まりね! アイスとスプーン持ってくるわ!」





梨沙「今日暑いし、アイスが身体に染みわたるわね~」シャリシャリ

飛鳥「………」

梨沙「なにボーっとしてんのよ。ほら、アンタも食べる」ズイ

飛鳥「あぁ、ありがとう」パク

飛鳥「………」

飛鳥「夏が忘れていったアイスひとつ」

飛鳥「……これを食べ終えれば、夏の終わりが訪れる。なんてね、少し感傷的すぎるか」

梨沙「ねえ、飛鳥」

飛鳥「……なんだい?」

梨沙「なんかこれ、ユリエイギョーみたいね!」ニカッ

飛鳥「耳を塞いでいれば少しは風情が残ったかもしれない」


4: ◆C2VTzcV58A 2019/09/09(月) 01:34:58.41 ID:YzRcyqYf0

【あの子が欲しい】


心「夏休みが終わって学校が始まったことを嘆いている子達を見ると、なんだか少し嬉しくなってしまう。あると思います」

P「いやにブラックな発言ですね」

心「疲れた夜は心も疲れちゃうんだよねー」

P「気持ちはわからなくもないですけど、そういう方向に思考が向かう前に帰って休んだらどうですか」

心「はぁとにはこの台本を覚える仕事があるの。つか、休めって言ったらプロデューサーもだろ。いつ帰るつもり?」

P「もうちょっとしたら帰ります」

心「じゃあはぁとももうちょっと頑張るー」

P「……無理しすぎないようにしてくださいよ」

心「わかってるわかってる♪ あ、そうだ。プロデューサー、コーヒーいる?」

P「いただきます」

心「おし、じゃあ淹れて……あれ、そういえば昨日コーヒー切れちゃってたんだっけ」

P「それなら今日、ネネが補充してくれてました。いつの間にか」

心「あー、ネネちゃん。いいよねーネネちゃん、細かいところに気がつくし、甲斐甲斐しいし」

P「ですね。本当に助かってます」

心「ああいう子が世話してくれたら、酔いつぶれて家に帰ってもぐっすり眠れるんだろうなぁ」

P「ですねぇ」

心「はぁ~、ネネちゃんと同棲したい☆」

P「したいですね」

心「プロデューサーも? じゃあいっそ3人で住むか☆」←半分深夜テンション

P「いいですねーそれ」←半分深夜テンション


翌朝


ネネ「え、あの……私、妹をはじめとして家族がいるので……いきなり他の人と一緒に暮らすのはちょっと」
krhrnn20

梨沙「そんなマジになって答えなくてもいいのに」

P「ということは、3人暮らしからネネが抜けて」

心「プロデューサーと、ふたりきりで同棲……?」

飛鳥「何故ふたりして頬を染めているんだ」


5: ◆C2VTzcV58A 2019/09/09(月) 01:35:59.87 ID:YzRcyqYf0

【鼻歌】


心「………」

ネネ「………」


梨沙「あれ、何してるのふたりとも。というか中入れないんだけど」

心「しーっ」

梨沙「え?」

ネネ「中、見てみてください」





飛鳥「~~~♪」




梨沙「飛鳥が鼻歌うたってる?」

心「結構レアシーンじゃない? だから心のカメラにしっかり記録しておこうと思って」

梨沙「それでのぞき見ねぇ……こういうのにネネが混ざってるのは珍しいわね」

ネネ「あはは……飛鳥ちゃんのああいう穏やかな顔を見るのが好きで、つい」

梨沙「まあ、確かにあんまり見ないわよね。難しい顔してる時のほうが多いイメージ」

心「しかも今は鼻歌つき♪ ……まあ、あんまりずっと見てるのもシュミ悪いし、そろそろ入ろっかな――」




飛鳥「………」

飛鳥「みんな、まだかな」ボソッ

飛鳥「……なんて。ボクもいつからか、人肌恋しくなりがちになったものだ――」



心「ただいまとば~~~!!」ギューッ

飛鳥「うわっ!? し、心さん! なんだ急に」

心「帰ってきたぞ~~☆ すりすり~~☆」

飛鳥「ほ、ほっぺすりすりは暑苦しいからやめてくれっ」


梨沙「……まあ、さっきの独り言はちょっとかわいかったわね」


梨沙「……って、なに今のアイサツ!?」

ネネ「『ただいま』と『的場』をかけたんじゃないですかね?」

梨沙「的場はアタシだけど! 許可取ってからにしなさいよね」

ネネ「……おかえりはら~」

梨沙「ネネ?」

ネネ「な、なんでもないです」

梨沙「今のは『おかえり』と『栗原』をかけた」

ネネ「わーっ、解説しないで~~!」


6: ◆C2VTzcV58A 2019/09/09(月) 01:42:10.46 ID:YzRcyqYf0

【祝え!】
飛鳥「しかし、こうして見るとなかなか興味深い構図だな」ズルズル

ネネ「私だって、カップ麺を食べることくらいありますよ?」ズルズル

飛鳥「理解ってはいるさ。ただ、健康志向のアナタが、と思うとね。今度、ハンバーガーでも食べに行くかい」

ネネ「いいですね! 私、あんまり大きいのは食べられませんけど、行きたいです」

飛鳥「安心してくれ、ボクも口を大きく開けるのは苦手だ」

ネネ「ふふっ」

飛鳥「カップ麺にハンバーガー。実に栄養が偏りそうだ」

ネネ「そのぶん、他の食事で栄養を賄えば問題ないですから。ね?」

飛鳥「……ひょっとしなくても、ボクも対象に入っている?」

ネネ「食後に野菜ジュース、飲みます?」

飛鳥「……いただきます」

ネネ「はい♪」

飛鳥「相変わらず、ネネさんに言われると断れないな……っと、そうだ。野菜ジュースといえば……忘れないうちに」

ネネ「はい?」

飛鳥「これ、誕生日プレゼントだ。おめでとう」

ネネ「……これ、ミキサーですか? こんないいもの、もらっちゃっていいんですか?」

飛鳥「ネネさんには、いつも助けられているからね。日頃の感謝も込めている」

ネネ「飛鳥ちゃん……ありがとうございます! どんどん野菜ジュース、作っちゃいますねっ」

飛鳥「あぁ、是非そうしてくれ。ただ、苦いものは少なめで頼む」

ネネ「頑張って作りますねっ!」

飛鳥「微妙に会話が噛み合ってないような気がするな……まあ、誕生日だから流そう」


ガチャ

心「ネネちゃん♪」

梨沙「誕生日おめでと! お祝いに来たわ!」

ネネ「心さんに梨沙ちゃんも……ありがとうございます。嬉しいです」

飛鳥「今、ちょうどボクからのプレゼントを渡したところだ」

梨沙「あ、そうなんだ。じゃあアタシ達もさっさと渡しちゃいましょ♪ はいこれ、ネネに似合いそうなリボンよ」

ネネ「わあ、綺麗な青……早速つけてもいいですか?」

梨沙「もっちろん!」

心「はぁとからはこれ!」

ネネ「これは……」

心「エクステ同盟として、エクステをプレゼントだぞ☆」

梨沙「寝返ってる!」

飛鳥「栄枯盛衰……」

心「ふふっ、今は獅子身中の虫として、牙を研ぐ時期……あ、そのエクステは本気でネネちゃんに似合うと思って選んだからね?」

梨沙「なんか物騒」

飛鳥「いつの世も争いは絶えないな……だが」


ネネ「えへへ……こんなにたくさんいただいちゃって、どうしようかなぁ」

飛鳥「今はただ、皆で祝おう。彼女の生誕の日を」

梨沙「うまく締まったわね♪」

心「ラブ&ピースならぬラブ&ヘルスだな☆」

おしまい


7: ◆C2VTzcV58A 2019/09/09(月) 01:43:08.67 ID:YzRcyqYf0

おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
ネネさん誕生日おめでとう


転載元:二宮飛鳥「ツインテール同盟VSエクステ同盟」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567960180/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2019年09月10日 00:14
    • レズ
    • 2 名無し春香さん
    • 2019年09月12日 03:32
    • ラブ&ヘルスって
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。