スポンサーリンク

トップページシャニマス > 【シャニマス】P「樹里は可愛いな」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/06(日) 23:52:48.31 ID:7V4h0pnV0

樹里「は?」

P「すごく可愛いよ」

樹里「なんだ急に? なに言ってんだ?」

P「特に深い意味は無い。ただ、樹里は可愛いということだけ言いたかった」

樹里「どうしたんだよ、熱でもあんじゃねーの」

P「平熱だよ。ああ、しかしこうして改めて見ると本当に可愛いな。可愛すぎる」

樹里「うっ……! おい、アタシをからかってんのか!?」

P「からかう? バカ言え、真剣に決まってるだろ」

樹里「絶対ウソだ! アンタが面と向かって、かっ……かわいい……とか連呼するはずねーだろ!」

P「そうやって言い淀んだりするとこが可愛いんだよ樹里」

樹里「いい加減にしろよ!?」グイッ

P「胸倉を掴まれても怖くない。むしろ可愛い顔が間近で見られて幸せだ」

樹里「ぐう……このぉっ……! それ以上可愛いって言ってみろ、マジでブン殴る!」カァァ

P「可愛い」

樹里「よし覚悟しろ!!」

ガチャ

夏葉「あら? 2人とも、何をしているの?」

樹里「!」

P「おはようみんな」

果穂「おはようございます!」

スポンサーリンク


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/06(日) 23:55:44.92 ID:7V4h0pnV0

智代子「じゅ、樹里ちゃん? 何があったのか知らないけど暴力はダメだよ?」

凛世「振りかざした手を……お下げください……」

樹里「止めるな! 悪いのはプロデューサーなんだ! アタシを可愛いって言うから……!」

智代子「可愛い?」

樹里「ああ。可愛いって何度も何度も言ってきて……そんなことするヤツじゃねーだろ? からかってるに決まってる! だから一発殴る!」

智代子「でも、樹里ちゃんが可愛いのは確かだよね?」

樹里「えっ」

果穂「はいっ! 樹里ちゃんはとっても可愛いですっ!」

夏葉「そうね。疑いようがないわ」

凛世「誠に、愛らしい方でございます……」

樹里「なあっ……!?」

P「だよな? みんなもそう思うよな?」

夏葉「確認をとるまでもないでしょう。周知の事実だもの」

果穂「可愛い一等賞です!」

樹里「や、やめろ」

智代子「可愛すぎるよね」

凛世「世界一と言っても、過言ではありません……」

樹里「やめろぉぉぉ!! そうか、てめーらグルか!! みんなしてアタシを馬鹿にしやがって!!」

P「馬鹿になんてするか!!」

樹里「!?」ビクッ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/06(日) 23:59:30.37 ID:7V4h0pnV0

P「さっき言っただろう! 俺は真剣に、本気で、樹里のことを可愛いと思ってるんだよ!」

樹里「へ……?」

智代子「私たちも、心の底から樹里ちゃんを可愛いって思ってるよ!」

凛世「世辞ではなく、真実……」

果穂「樹里ちゃんが可愛いのは真実です!」

夏葉「世の理ね」

樹里「そうやって大げさにされると胡散臭くなるな。ま、まあ……本当の言葉なら、嬉しいと思わなくもないけど……」カァァ

P「ぐはっ!!」

樹里「!?」

智代子「プロデューサーさん、大丈夫ですか!」

P「ああ……樹里の照れ顔が眩しすぎて、ちょっと吐血しただけだ……」

樹里「んなバカなことあるか!!」

夏葉「わかるわプロデューサー。今の照れ顔はとてつもなく可愛かった」

果穂「キュートでした!」

凛世「すさまじい、破壊力です……」

樹里「なあ、やっぱアタシのことからかってるよな? からかってるだろ?」

P「本気だと言ってるだろ。それより樹里、そろそろオーディションの時間だ。送っていくよ」

樹里「うわっ、本当だ。早く事務所を出ねーとな」

果穂「がんばってください、樹里ちゃんっ」グッ

智代子「樹里ちゃんの可愛さなら即合格だよっ」グッ

樹里「もうそれはいいっての!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/07(月) 00:01:48.26 ID:9PdVuqdo0


~~~~~~

P「もうすぐだな」

樹里「ああ。このオーディションって、炭酸飲料ブァンタのCMガールを決めるやつだっけ?」

P「樹里にぴったりな役柄だと思う。精一杯アピールしてこい」

樹里「おう、任せとけ!」

社員A「次の方どうぞ」

樹里「失礼します」ガチャ

社員A・B・C「!!」

樹里「283プロ所属、アイドルユニット・放課後クライマックスガールズの西城樹里です。よろしくおねが…」

社員B「なんて可愛いんだ!!!」

樹里「!?」

社員C「可愛い!! 可愛すぎる!!」

社員A「こんな可愛い娘は見たことない!!」

樹里「え? は?」

社員A「合格ですね」

社員C「ええ、合格にしなければもったいない」

樹里「ちょ、ちょっと待ってください! 合格って、まだオーディションやってな…」

P「一発合格とは、さすがの可愛さだな樹里」スッ

樹里「プロデューサー!?」

社員A「あなたは283プロの!」

P「どうですか、うちの西城樹里は。可愛いでしょう」

社員C「すばらしいですよ! こんな可愛いアイドルが所属しているとは!」

社員B「ぜひこれから打ち合わせをお願いしたい!」

P「可愛すぎて興奮するお気持ちはわかりますが、打ち合わせはまた後日に」

社員A「そ、そうですね。申し訳ありません」

P「いえ。採用していただきありがとうございます」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/07(月) 00:05:43.79 ID:9PdVuqdo0

樹里「おい」

P「お、樹里。よかったな合格だぞ」

樹里「合格だぞ、じゃねー!! これドッキリか何かだろ!!」

P「ドッキリ?」

樹里「でなきゃありえねーよ! 審査する人からも、こんなに可愛いって言われるなんて……!」

P「可愛いんだから仕方ないだろ。ほら、次の仕事に行こう」

樹里「待て待て! こんなの納得いくか! このオーディションは本当にあるやつなのか!?」

P「本当にあるやつだよ。さあ、放クラのみんなが待ってるぞ」

~~~~~~


「果穂ちゃーん!」

「凛世ちゃーん!」


樹里(オーディションの後にミニライブって、なんか予定おかしくねーか)

智代子「よし! みんな準備はいい?」

凛世「はい……」

夏葉「オーケーよ!」

果穂「いきますよ! 放課後ー!」

「「「クライマックスガールズ!!」」」

樹里(ま、いいや。ライブをやる以上、全力でパフォーマンスするだけだ!)


「樹里ちゃあぁぁぁぁぁん!!」

「可愛いぃぃぃぃぃぃ!!」


樹里「!?」

樹里(ここでも可愛いって……いや、ライブでは割と言われるけど。それにしても、いつもより熱がすげーような)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/07(月) 00:14:48.45 ID:9PdVuqdo0

果穂「夢咲After school いきますよー!!」

「うおおおおおおおお!!」


Viva After school Yeah Yeah♪


「Hi Hi Hi チーズ!」


Viva After school Yeah Yeah♪


「樹里 樹里 樹里 キュート!」


樹里(樹里キュート!?)


~~~~~~


果穂「みなさん、お疲れさまです!」

智代子「お疲れー! 楽しかったね!」

樹里「……なあ」

夏葉「どうしたの樹里? 浮かない顔ね」

樹里「いや……お客さんのコールがさ。なんかおかしくなかったか?」

凛世「……?」

樹里「ほら、1曲ごとに『樹里キュート』だの『樹里かわ』だの、アタシの名前が……」

智代子「ああ、うん。そだね」

樹里「そだねじゃねーだろ。あれどういうことなんだ」

凛世「樹里さんへの想いが、つい出てしまったのかと……」

果穂「樹里ちゃん可愛いですから!」

樹里「いやいや、今まではあんなコールなかっただろ!?」

夏葉「みんな我慢していたんじゃないかしら。それが今回、堪えきれずに一気に出てしまったのよ」

樹里「コールにするほど思われてねーだろ!」

智代子「そんなことないよ? 樹里ちゃんだもん」

果穂「樹里ちゃんですから!」

樹里「アタシだからって……もうわけわかんねえ……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/07(月) 00:17:59.07 ID:9PdVuqdo0

樹里(アタシってそんなに可愛いと思われてたのか? 周りの人からも、世間からも)

樹里(でもこんなに可愛いって言われまくるの、生まれてから今日が初めてだぞ)


P「いたいた、樹里!」

樹里「!」


果穂「プロデューサさん!」

P「みんな、お疲れ様」

智代子「お疲れ様です! って、なんですかその小箱」

P「これか? これはな……」

P「樹里に渡すためのものさ」パカッ

樹里「え」

夏葉「これって……」

P「指輪だよ」

智代子「ウソ、まさか!」

P「そのまさかだ。樹里、俺と結婚してくれないか?」

樹里「は? ……はあああああ!?」

P「樹里の可愛さを毎日見ていて、我慢できなくなったんだ。結婚してくれ!」

果穂「ぷろぽーず、ですか!」

凛世「樹里さんは、とても愛らしい方……当然です……」

樹里「いやいやいやいや!! ありえねーって!! 冗談だろ!?」

P「俺はいつだって本気だ」


パパパパーン♪ パパパパーン♪


樹里(あれ? なんだ!? 景色が急に変わって……ここ、結婚式場か!?)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/07(月) 00:21:50.71 ID:9PdVuqdo0

智代子「樹里ちゃんおめでとー! あと可愛いー!」

樹里(この声は、チョコ!?)

凛世「おめでとうございます……大変、愛らしいお姿です……」

果穂「可愛いすぎです! 幸せになってください!」

夏葉「ウエディングドレス、可愛くて素敵よ!」

樹里(それに他のみんなも! 可愛いって言いすぎだろ!)

樹里(ん? ウエディングドレス? ア、アタシ……ウエディングドレス着てる!? ステージ衣装はどこいった!?)

P「樹里」

樹里「!!」

P「健やかなるときも、病めるときも、樹里が可愛いときも、俺と共に助け合い、共に歩んでくれるか?」

樹里(ぷ、プロデューサー……スーツじゃなくて、結婚式に新郎が着るような服を……)

P「まあ樹里が可愛くないときなんて無いけどな」ハハハ

樹里「ま、待ってくれ! アタシはまだ結婚するつもりはない!」

神父「では新郎新婦、誓いの口づけを」

樹里「おい!! 勝手に話を進めるな!!」

P「樹里」グイッ

樹里「待てって! もう何が何だかわかんねーんだよ!」

P「まあまあ、とりあえず誓っとこう」

樹里「そんな軽いノリでするもんじゃねーだろ!?」

P「大丈夫、俺に任せてくれ。樹里は隣で微笑んでいてくれれば、それでいいんだ」

樹里「っ……」

P「俺の隣で、可愛い姿を見せてくれ。この先ずっと」

樹里「……」

樹里「……絶対……」

P「?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/07(月) 00:24:20.20 ID:9PdVuqdo0

樹里「絶対……幸せにしろよ……っ」

P「もちろんだよ」

樹里(あれ、アタシなに言って……結婚とかする覚悟もないのに。ってか高校生だし、今後の生活とかどうするんだよ)

樹里(アイドル続けられんのか? 無理だよな……学校もやめないと行けないのか?)

樹里(そう考えたら、やっぱり……!)

~~~~~~

樹里「プロデューサー!! やっぱり結婚は……!!」ガバッ

樹里「……?」

樹里(ここは……事務所? なんで……あー、そっか。レッスン終わったから、ここで放クラのみんなを待ってたんだ)

樹里(ってことは、さっきのは夢。そうだよな。考えてみればめちゃくちゃな内容だったし)

樹里(……なんでプロデューサーと……いや、まあ夢だしな。深くは考えないようにしとこう)


凛世「結婚……」

樹里「!!」ドキッ


樹里「な、なんだ凛世、いたのか」

凛世「はい……つい先ほど、事務所に到着しました……」

樹里「起こしてくれればよかったのに」

凛世「気持ちよさそうに眠っておられたので……」

凛世「……それで、結婚とは……?」

樹里「えっ」

凛世「目覚める瞬間……『プロデューサー、やっぱり結婚は』とおっしゃっていました……」

凛世「樹里さん……どのような夢を……?」

樹里「ああ、すごい変な夢でさ。話すほどのもんでもねーよ」

凛世「……」

凛世「…………」ゴゴゴゴゴ

樹里「そのオーラは何なんだ!?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/07(月) 00:25:18.02 ID:9PdVuqdo0

凛世「いえ……お気になさらず……」ゴゴゴ…

樹里「気になって仕方ねーよ! 言っとくけど、凛世が思ってるようなことは一切ないからな!」

凛世「では、夢の内容をお教えください……」

樹里「う、それは……恥ずかしいから……」

凛世「……」ゴゴゴゴゴゴゴ

樹里「オーラの強弱で意思表示するな!! わかったよ、言うから!」

樹里「といっても夢だから、うろ覚えだけどな。えっと……」


おわり


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/07(月) 00:26:27.71 ID:9PdVuqdo0

樹里ちゃんは可愛いし283プロのアイドルは全員可愛い

読んでくださった方、ありがとうございます


転載元:【シャニマス】P「樹里は可愛いな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570373568/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。