スポンサーリンク

トップページシャニマス > 【シャニマス】月岡恋鐘「うちばい!!!!!!!」

1: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:24:31.55 ID:cskBVXlq0



  ―― 事務所


テレビ『それでは次はこのアイドル! 神秘的な雰囲気が光る、◯◯ちゃんでーす!』

 ワーワー キャーキャー ブオオー


P「他社さんも攻めたアイドルを送り出してくるなぁ」

恋鐘「そうやね~」

P「個性的なアイドルを見てると勉強になるよ。プロデュース方針というかな。負けてられないって思うわ」

恋鐘「な~ん! うちとプロデューサーのコンビは最強ばい! アンティーカのみんなもおったら、怖いもんなか!」

P「ははは、頼もしいな」

P「ま、でも色んな方向性を学んでおくに越したことはないさ。それがお前たちのプロデュースに繋がるわけだし」



スポンサーリンク




2: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:25:35.38 ID:cskBVXlq0



テレビ『お次はこちら! 熊本生まれのピュアなアイドル、◯◯ちゃん!』

  ヒュー チュッチュワーッ ポコポーン


P「おっ、この子もかわいいなぁ」

P「へー、こんな方向性の子も……」

P「おお、クールな路線の子もいるんだなぁ。いいねいいね」


恋鐘「……。ねえ、プロデューサー?」

P「ん?」

恋鐘「プロデューサーは、その……どげん女ん子ば、好いとーと?」

P「どうしたんだ、藪から棒に」

恋鐘「あっ……け、研究たい! うちも色んな方向性ば学ばんばな~て!」


3: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:26:20.68 ID:cskBVXlq0


P「研究ったって……俺個人の好みを聞いても、何か参考になることあるか?」

恋鐘「そげん難しく考えんと、ぱぱ~っと思い付いたとば言えばよかよぉ」

恋鐘「やけん、えと……協力してくれんね?」

P「んー、そうだなぁ……」

恋鐘「どきどき」

P「俺の好みは……」

恋鐘「はらはら」


P「おしとやかで落ち着いた雰囲気の、深窓の令嬢……。つまり、お嬢様かな」バーン


恋鐘「おじょうさま!!」ババーン


4: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:26:48.83 ID:cskBVXlq0


P「そう。落ち着いたな。参考になったか?」

恋鐘「う、うん……そうやね……ありがとぉ……」トボトボ


   パタン


P(ふぅ……咄嗟に、恋鐘のイメージとは逆のことを言ってしまった……)

P(俺も馬鹿じゃない。恋鐘のいじらし控えめアプローチにはなんとなく気付いている)

P(油断すると……好きになってしまう!!)


P(そうなってはいけないので、ここは突き放してしまった。許してくれ、恋鐘……お前はアイドルなんだ……)


5: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:27:41.14 ID:cskBVXlq0


   〇


恋鐘(おしとやかで落ち着いた雰囲気の、お嬢様……)

恋鐘(そうね……プロデューサーはそげん子ば好いとうったい……)


恋鐘「…………いや、それってうちのことばい!!!」ガーンッ


恋鐘「おしとやかさではうちの右に出る者はおらんけんね! そろそろハタチやけ、気持ちも落ち着いとーたい!」

恋鐘「それに、昔っから近所のおじちゃんおばちゃんに『恋鐘ちゃんはまるでお嬢様んごと可愛かね~』て言われて育ったうち!! どげん考えても、まっぽしお嬢様!!」

(※まっぽし…真正面から。モロに。)

恋鐘「どどど、どげんしよぉ! ちょっと探るだけのつもりが、うち名指しされてしもたんやなかとっ!?」ヤンヤン


咲耶「やぁ、路上で何を悶えているんだい恋鐘」

恋鐘「あっ咲耶ぁ! ちょぉ聞いてくれんね~!?」


6: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:28:54.42 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆

  ―― 近くのカフェ


咲耶「……なるほどね。そんなことが」

恋鐘「こ、こ、こ、こいはもう、遠回しなぷろ、ぷ、ぷろろ、プロポ……や、なかかなぁ……?」

咲耶「………………」ウーム

咲耶「……ああっ、そうだねっ」

恋鐘「今ちょっと間が開かんやった?」

咲耶「そんなことはないさ。プロデューサーも隅に置けないね」

恋鐘「やっぱりそうなんやろか!?」カーッ

咲耶「ふふっ。可愛らしい頬が、りんごのように真っ赤だよ」

恋鐘「も、もお! からかわんでよぉ!!」


7: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:29:48.33 ID:cskBVXlq0



恋鐘「うちも、その…………ゃけど、アイドルもまだまだやりたか……」

恋鐘「プロデューサーの気持ちは、ばり……ば~り、嬉しか! ばってん! まだ、アイドルとプロデューサーでいたか……っ」

咲耶「おや?」

恋鐘「う……うち、決めたばい。プロデューサーにちゃんとうちの気持ち伝えるけん」

咲耶「おやおや?」

恋鐘「そいで、でもまだ待って欲しかって伝える! そいがうちの答えばい!!」ガタッ

咲耶「まあまあ恋鐘、まあまあまあ」

咲耶「プロデューサーの気持ちはわかったけれど、ここは気付かないふりをしてあげるのはどうかな?」

恋鐘「??? なしてぇ?」

咲耶「二人が両思いなら、真摯なプロデューサーのことだ、直接その想いを伝えると思うんだ」

咲耶「なのに遠回しな言い方をしたということは……今は気付かないで欲しい、というメッセージなんじゃないのかな?」


8: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:30:22.27 ID:cskBVXlq0



恋鐘「はっ!!」

咲耶「アイドルとプロデューサーという立場……二人の想い……彼もその二つを天秤にかけたのさ」

咲耶「つまり、まだはっきりとは言えない。だがいつだって恋鐘のことを想っているよ……と言っているんじゃあないかな?」

恋鐘「な…………なるほど!!」

恋鐘「うち、プロデューサーん考えも知らんと思い詰めて……恥ずかしかぁ……」

咲耶「無理もないさ。私たちはプロデューサーの判断を尊重しつつ、彼を全力で支えよう」

恋鐘「わかったばい! うち、きばるけんねっ!」フンス!


恋鐘「ふんふんふ~ん♪ りあら~いず♪ りあら~いず♪」


咲耶「うーむ」


9: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:31:01.53 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆

  ―― 事務所


結華「ってことをさくやんが言ってました」

P「ポジティブの化身か?」

結華「いちおー三峰も話は聞かせてもらってるけど、こればっかりはフォローしづらいよ? ほぼ墓穴だし」

P「うーむ。一度言った以上、やっぱナシとも言えない……」

P「しかし遠ざけるつもりが真逆に取られたということは、恋鐘はより積極的になる可能性もなきにしもあらず……」

P「今でさえギリギリなのに…………これでは好きになってしまう…………!!!」


10: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:31:57.12 ID:cskBVXlq0



結華「あっ閃いた。はいせんせー! 三峰閃きました!」

P「おっ!? はい三峰くん!」

結華「もっと好みのタイプがあった、っていうのはどうでしょーか!?」

P「ふむん? もうちょっと詳しく頼む」

結華「だからね、こないだ言ったのは実は二番、または三番以下の好みだったってこと」

結華「実は上があったんだよーみたいな。これだったらまあ、いい感じに辻褄合わない?」

P「そうか……なるほど! それなら恋鐘にもブレーキが利くかもな!」

結華「そうそう♪ 三峰さんの機転に感謝したまえよ~♪」

P「えらい! すごい! メガネ!」

結華「うんうん♪ メガネあんま関係ありませんけど?」

P「しかし、となるとどんな好みにするかだな。より上にとなれば適当なことは言えんし……」


11: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:33:10.50 ID:cskBVXlq0




摩美々「だったら、もっと具体的なこと言えばいいんじゃないのー」ヒョイ


結華「まみみん!」

摩美々「要はー、なんかフワッとしたこと言うからそうなるんでしょー?」

摩美々「それならぁ、具体的に『それってあいつじゃーん』みたいなの言えばいいんじゃないかなーって」

P「……それ、大丈夫か? 逆に話が拗れちゃうような気もするんだが」

摩美々「だいじょーぶでしょー。フォローなんていくらでもできるしー」

P「うーん……荒療治かもしれんが、それくらいしないといけないのかもなぁ」

P「となれば、例は誰がいいだろう。こないだ見た番組の子らを参考にしてみるかな」

摩美々「……まみみとかぁ」

P「えっ」


12: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:33:58.99 ID:cskBVXlq0



結華「でもそれ、こがたんが気にしてぎくしゃくしちゃうんじゃない?」

摩美々「別に名前出してるんじゃないんだしー。私ならうまいこと誤魔化せるんでー」

P「かもしれないな。試してみるか」

P「摩美々のことを言うなら……いたずらっ子でお洒落で、髪がもふもふで、本当は努力家のとってもいい子とかかな」

摩美々「……まー、色々個人の解釈ってコトにしといてあげますけどー……」

摩美々「………………今のもーいっかい言ってくださーい」

P「いたずらっ子でお洒落で、髪がもふもふで、本当は努力家のとってもいい子が俺の好みのタイプ」

摩美々「へーぇ~~~~」ニヤニヤ

P「な、なんだよ」

結華(まみみん……! 何気に差し込んでくるね……!!)


P「……よし、決まりだ! 今度恋鐘に言ってみるぞ!」


13: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:34:50.72 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆

  ~ 言った ~


恋鐘「……プロデューサー……」トボトボ


恋鐘(なんね、勘違いやった……プロデューサーの好みは違ったんやね……)

恋鐘(いたずらっ子でお洒落で……髪がもふもふで……ほんとは努力家の、ばりよか子、なんやね……)

恋鐘(確かに、そげん子がおったらほっとけんよ……)


恋鐘「…………いや、やっぱりうちばい!!!!」コガーーンッ



14: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:35:50.81 ID:cskBVXlq0



恋鐘「うち髪のもふもふ度には自信があるけん! 子供ん時から褒められとうし!」

恋鐘「しかも、お洒落とゆーたらうち! うちとゆーたらお洒落て風潮もあるくらいよ!!」

恋鐘「更に更に! 摩美々に教わって、ばりすごかイタズラもやったばっかやけんね!!!」

(※恋鐘のイタズラ:差し入れのお弁当に桜でんぶでハートマーク書いた)

恋鐘「そいで、努力家て! か~っ!! うちが毎日頑張っとうとこ、プロデューサーはちゃ~んとわかっとっとやね~! もぉ~!!」ヤンヤン

恋鐘「ばってん、咲耶も結華も、摩美々も霧子も、みぃ~んなばーりよか子やっ! うちだけよか子やなんて、そげんことなかよぉっ!!」

恋鐘「もぉ~……っ! ごまかしとぉつもりで、ぜ~んぜん隠せとらんがね……っ」

恋鐘「うち、どげんすればよかと……? わからんごつなってきたよぉ……っ」ヤンヤンヤン


霧子「あ……恋鐘ちゃん。どうしたの……? 郵便ポストさんの陰で悶えて……?」

恋鐘「あっ、霧子ぉ! ちょぉ聞いて聞いてぇ~!」


15: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:36:38.60 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆

  ―― 近くのカフェ


霧子「………………そっか。そうだねっ」

恋鐘「今ちょっと間が開かんやった?」

霧子「そ、そんなことないよっ」

恋鐘「咲耶が言うとったけど、うちはなんもせんでプロデューサーを支えればよかって……」

恋鐘「けど、ここまではっきり言われてしもた以上、うちも応えんば女の廃る気がすると……っ!」フンス

恋鐘「霧子っ! うち腹ばくくるけん! うちがどげんなっても、アンティーカは不滅ばいっ!!」ガタッ

霧子「まあまあ恋鐘ちゃん……まあまあまあ……」

霧子「もう少し、待ってみても……いいんじゃないかな……?」

恋鐘「??? なしてっ!?」


16: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:37:27.24 ID:cskBVXlq0



霧子「お花さんの中にはね……枝や根の中に養分を溜めるものがあるの」

霧子「それで、寒い冬を乗り越えて……春に咲かせる花は、とっても綺麗なんだよ……っ」

恋鐘「おお~! よかねぇ! 健気なお花さんや~♪」

恋鐘「……ん? なしてお花の話になったとやっけ?」

霧子「ぷ、プロデューサーさんと恋鐘ちゃんの関係も、同じなんじゃないかな……」

霧子「今はまだ花を咲かせないで……二人の間で、想いをたくわえて……温め合うの……」

霧子「そうして育てた想いを咲かせる時って、きっととても素敵だと思う……!」

恋鐘「き、霧子ぉ~……!」

恋鐘「そうやね、うち焦ってしもとった! 霧子の言う通り、二人ん想いばゆっくり育てんばんね……っ!」

霧子「うん……きっと、それがいいよ……!」

恋鐘「そいしてん、霧子はよか話ば知っとぉねー! うち、きゅんきゅんきたばい! まっこてよか子や~♪」ナデナデワシャワシャモフモフスリスリ

霧子「うふふっ……くすぐったいよ、恋鐘ちゃん……っ♪」


恋鐘「ふんふんふ~ん♪ らびり~んす♪ れ~じ~すた~んす♪」


霧子「…………」っっっ


17: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:38:08.61 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆


結華「きりりん曰く、そーゆーことです」

P「好意的解釈の鬼か??」

摩美々「なんかめんどーになってきたかもー」

P「そう言わないでくれ摩美々。ひょっとするとこれはかなりギリギリの瀬戸際なんだ」

P「一歩間違えたら……結婚まっしぐらになってしまう!!!」

結華「う~ん……こうなると、最後の手段を取らなきゃかなぁ」

P「最後の手段? 教えてくれ結華、どんな作戦なんだ?」


結華「ずばり……絶対にありえない相手を好みのタイプにする!!」ババーン

P「絶対にありえない相手!!?」ドデーン


18: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:39:03.87 ID:cskBVXlq0



結華「まあだから、どう考えても誰も当てはまらないようなエキセントリックな例を出すというか」

P「それ俺の性癖が疑われるような事態にならんか?」

結華「いやいや、そのくらいじゃなきゃ絶対もう逃げられないでしょ」

結華「ていうかストレートな性癖の持ち主でこがたんみたいな女の子を好きにならないで済むことある?」

P「無い(無い)」

結華「ね?」

P「う~~む……しかし……どうすれば……」

摩美々「あ、じゃあ私ネタあるんでー」

結華「三峰もあるよー。いっそファンタジーもりもりでいっちゃおーよ!」

P「君ら楽しんでない?」

摩美々「さぁー? どうでしょーねー」

結華「人聞きが悪いなー? Pたんの危機回避に尽力してるだけだよー♪」


19: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:39:41.06 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆

 ~ 言った ~


恋鐘「まさか、そげんことがあるやなんて……」

恋鐘「プロデューサーのほんとの好み……ば~りすごかぁ……」


恋鐘「『身長3メートル以上で、目からビームが出て、常に空を飛び地球を侵略する宇宙人』……!!」



恋鐘「…………完全にうちのことばい!!!!!」コガターーーンッ



20: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:40:49.70 ID:cskBVXlq0



恋鐘「オーラんある人間てもんは、ほんとの身長よりふとく見られるもんやけんね! つまりうちは3メートルくらいに見えるごたオーラんあると!!」

恋鐘「目からビーム!? か~~っ! うちの目力がそげんすごかっち言うとっと~!? 確かに自信はあるばってん、恥ずかしかぁ~!!」

恋鐘「空ば飛んで、地球ば侵略する……もぉぉ~~~~っ!! 買いかぶりすぎば~~い!! うちんことば、どがん信頼しとっと~~!? そげなん全世界レベルのアイドルば~~い! マイケルとかぁ、フレディくらいのレベルやなかね~~! もぉ~~~~~~っ!!!」


恋鐘「もう疑いん余地はなか!! 全部の要素がうちばい!! なんやかんやでばっちりうちのことやけん!!」

恋鐘「んもぉ~っ、プロデューサーはほんなこて! ほんなこてぇ~!!」

恋鐘「そげん信頼ば寄せてくるっとよね……!! うち、ばりばり、ば~りがんばらんばっ!!」

恋鐘「ばってん、こげんうちんこつば好いとーって言うてくるっけん……うちも、やっぱりちゃぁんと応えんばいけん……っ!!」


恋鐘「……決めたばい」

恋鐘「アンティーカがトップば極めたら、結婚ばしよーて! 長崎で一緒に食堂やるけん!! 指きりげんまんで約束するばーいっ!!!」ダダダーッ


21: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:41:48.15 ID:cskBVXlq0



咲耶「まあまあ恋鐘まあまあまあ」ガッシ

霧子「まあまあ恋鐘ちゃん……まあまあまあ……」グイー


恋鐘「咲耶!? 霧子!? どげんしたと!?」

咲耶「実は昨日、パンケーキのおいしいカフェを見つけてね。是非恋鐘にも紹介してあげたいんだ」グググ

恋鐘「けどうち、プロデューサーに……」

霧子「わ、私も、恋鐘ちゃんとお茶したいなっ。一緒に行こう……?」ググググ

恋鐘「……」

恋鐘「もぉ~しょんなかねぇ~♪ 二人とも甘えんぼさんや~♪」コロッ

咲耶「はは、恋鐘の包容力にはついつい甘えてしまうよ」

霧子「恋鐘ちゃんと一緒だと、幸せになれるから……♪」っっっ


22: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:43:24.88 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆


結華「以上きりりん&さくやん情報です」

P「もしかして俺はもう駄目なのか???」

摩美々「もう観念した方がいーんじゃないですかー」

結華「まあこうなったら、いつものヤツいくしかないかなー……」

摩美々「ああ、いつものお茶濁すヤツねー……」

P「え、何? なんなの? それに頼るしかないんだが……?」

結華「難しいことじゃないよー。つまりねー……」


23: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:44:11.35 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆

  ~ 言った ~


恋鐘「プロデューサー……」

恋鐘「こないだまで言うとったこつは、『好きな女の子のタイプじゃない』って……」

恋鐘「『アイドルとして、プロデュースしたいと思える好み』っち意味やったとね……」

恋鐘「うち恥ずかしかぁ~……! 勘違いしとったば~い……!」


恋鐘「でも、結局ぜーんぶうちのことやったけんねっ!!」フンスッ

恋鐘「こいはつまり、うちこそプロデューサーにとってプロデュースんしたか完璧なアイドルっちことやけん!!」

恋鐘「やることは変わらんもんねっ! うちとプロデューサーとアンティーカのみんなで、アイドルのてっぺんば取るとーっ!!」


恋鐘「よーっし!! やったるばーい!!!」オーッ!


24: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:44:58.16 ID:cskBVXlq0


  ◆◆◆◆


P「なんとか丸く収めることができたよ……ありがとうな、みんな」

咲耶「フフッ。慌てるアナタを見られるのは、なかなか興味深いことではあったけれどね」

摩美々「ひっかきまわしちゃってもよかったんですケドー。ここで恩を売っておくのもいいかなーって」

P「いや何をお返しさせる気なんだよ……」

霧子「恋鐘ちゃんは、ちょっとかわいそうだったけど……」

結華「まあ、ここで特急ゴールインされちゃうと色々大変だもんねー。いい落としどころだったんじゃなーい?」


結華「……ところでPたんってホントはどんな子がタイプなの?」

P「え? う~ん……」


25: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:46:06.09 ID:cskBVXlq0



P「明るくて優しくてポジティブで人懐っこくておっぱいと包容力が特盛りで料理がうまくて自信に溢れてて一緒にいるだけで元気を貰えて本人も努力も怠らない光属性の塊みたいな子かな」


結華「はいはい解散かいさーん」

摩美々「犬も食わないってやつじゃないのー」

霧子「コデマリさんに、お水あげなきゃ……♪」

咲耶「この賑やかで素敵な日常が愛おしいよ、フフッ」


P「え? あれ!? なんでそんなゾロゾロ散るの!? なんか俺変なこと言ったっけ!?」


26: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:47:06.91 ID:cskBVXlq0


   〇


恋鐘「へぷちっ。ぐしゅ、ぐしゅ……くしゃみ出てしもた。最近ば~り寒なってきたけんね~」

恋鐘「けど、こげんこつもあろうかと、今日はとーっておきのもんば用意しとるばい……!」


恋鐘「プロデューサー! おべんと持ってきたばーい!」ガチャッ

恋鐘「スープジャーにぬっか豚汁も入れとーけん、これでぽかぽかよ~♪」


P(いややっぱ好きだわ」

恋鐘「??? よー聞こえんかったけど、なんてぇ?」

P「なんでもない」


結華・摩美々・咲耶・霧子(早くくっつけばいいのに……)



 ~おわり~


27: ◆DAC.3Z2hLk 2019/12/23(月) 00:48:15.66 ID:cskBVXlq0

以上となります。お付き合いありがとうございました。


転載元:【シャニマス】月岡恋鐘「うちばい!!!!!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577028271/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2019年12月23日 22:49
    • 卑しカラス「かーっ!!」
    • 2 名無し春香さん
    • 2020年01月07日 16:16
    • かわいか〜
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。