スポンサーリンク

トップページモバマス > 忍「つかさちゃん!プレゼント選び手伝って!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:11:41.18 ID:qxY1uZea0

※工藤忍と桐生つかさのクリスマスプレゼントが「シンプルなデザインのアクセサリー」だったということで浮かんだネタです。


忍「つかさちゃんっ!どーか!お願いしますっ!」
kdsnb32

つかさ「クリスマスプレゼントって…….誰に上げる予定なんだ?」
krytks25

忍「Pさんっ!」

つかさ「………マジか。つーっと……クリスマスに?二人?」

忍「えっと……そういうことに……ナリマス……」

つかさ「なるほどな、世話になってるプロデューサーにプレゼント、と」

忍「そうそう!でもアタシそういうプレゼントに向いたお店知らなくて……」

つかさ「アタシを頼ったわけか?そういうのならフリスクの3人に頼めばいいんじゃね?」

スポンサーリンク


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:12:44.77 ID:qxY1uZea0

忍「3人に話したら揶揄われそうで……プレゼント選びも遊びの延長で終わっちゃいそう……」

つかさ「まぁ、仲良すぎるとそうなりがちだよな。わかった、今日のレッスン後。オッケー?」

忍「えっ!?そんな急にいいの?」

つかさ「タイミング合ってただけ。それに行くとこも決めてあるから」

忍「さ、さすが都会人……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:13:26.40 ID:qxY1uZea0

〜レッスン終わって〜

つかさ「っし、着いた」

忍「えっと……つかさちゃん?ここってもしかして……」

つかさ「そう、アタシのブランドの店」

忍「そういえば社長だったねつかさちゃん……」

つかさ「そういえばってなんだよ、こっちはバリバリ現役で社長アイドルのイメージ売ってるんだよ」

忍「ごめんごめん、なんかこう目の当たりにするとびっくりしちゃって」

つかさ「まぁ今日はアタシにつきあえよ、リサーチは済んでるから」

忍「えっ?アタシのプレゼントの話じゃないの!?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:15:02.53 ID:qxY1uZea0

つかさ「とりあえずコレと、コレと……コレ」

忍「わぁっすごく綺麗……でもこれ女性用だよね?」

つかさ「おーい、この前の新作、スタンバっといて」

店員「は、はいっ!」

つかさ「ビシッと決めんだろ?それなら忍用のアクセも必要」

忍「えっ!?い、いやいやいや。アタシは自分で用意するからっ!」

つかさ「何言ってんだ、年一の決め時なんだから協力くらいさせろって。あ、さすがにレンタルだけど」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:16:45.79 ID:qxY1uZea0

つかさ「あと、写真撮影と…コレ、ちひろさんに渡しておくから」

忍「待って、これお仕事?もしかしてモデルになれって言われてる?」

つかさ「ウチのブランドで完っ璧にキメて一番にプロデューサーに見せてやれば、インパクトはあんだろ?」

忍「一番はつかさちゃんか店員さんじゃない?」

つかさ「…あー、一番最初の男、な。店員も女性スタッフ呼んでくるから」

忍「えっと…………もう、わかった!あたしも覚悟決めたよっ!」

つかさ「よし、そんじゃ着せ替え人形になってもらうからな?」

忍「すっごいいい笑顔だねつかさちゃん!?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:18:05.40 ID:qxY1uZea0

つかさ「このアクセとかどうよ?カラーリング的に浮くか?」

忍「うーん、デザインがちょっと……っていいの?」

つかさ「本人が嫌がるもんつけたって仕方ないだろ?この中だとどれがいい?」

忍「えっと……これかな。あずきちゃんっぽい」

つかさ「……そんなら柚子の意匠の……ってそんなんあったっけ?」

店員「えっと確かキーホルダーなら……これも」

忍「……ぴにゃこら太?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:19:27.48 ID:qxY1uZea0

つかさ「こんなんいつの間に……って前に連絡あったか」

忍「じゃあこれ、後で買っていいかな?」

つかさ「フリスクのメンバーに渡す感じにする?それなら別包装で……」

忍「いや、自分の寮室の鍵につけておこうかなって。勇気もらえそう!」

つかさ「なるほど。んじゃとりあえずそのアクセに合いそうなのは……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:21:26.77 ID:qxY1uZea0

つかさ「こんなもんだろ。あとはちょっとヘアアレ加えて…その辺は当日にアタシがやるから……」

忍「ありがと、……で、Pさんのプレゼントは?」

つかさ「ん、その辺はもう用意済み。持ってきてくれるか?」

店員「えっと、この前の新商品ですね?」(パンフ手渡し

つかさ「準備が早いのはいい。忍、これ見とけ」

忍「えっ?あ、プレゼント用のやつね?えっと…….」

つかさ「フォーマルかつ使いやすく。お洒落でシンプルなデザインって感じにしてみた」

忍「確かにこれならPさんがお仕事してる時もつけられそう……」

つかさ「だろ?そういう客層を考えてプロデュースしたからな」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:23:17.97 ID:qxY1uZea0

忍「そうなんだっ!すごいねつかさちゃん……」

店員「社内でも『社長にしては珍しい』って話題になってて…」

つかさ「おい、忍は一応客だからな?そういう内輪のネタは話さなくていいんだよ」

店員「す、すみません……」

忍「そうなんだー……これアタシも使いたいな、カッコイイし」

つかさ「さすがにペアルックはオススメしねーけど?」

忍「そ、そういうつもりで言ったんじゃないよ!?でもプレゼントとは!別に!デザイン似たやつ欲しいなって!」

つかさ「はいはい、そういうことにしておく」

忍「違うってばー!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:24:19.60 ID:qxY1uZea0

忍「………つかさちゃん、どれがいいかな?」

つかさ「ノーコメント」

忍「えっ?そこで相談乗ってくれないの?」

つかさ「忍のプレゼントってことなんだから自分で決めねーと意味ないだろ?それとも、アタシがPに渡すか?」

忍「そう、だよね。Pさんにはお世話になってるし……アタシが決めなきゃだめだよね」

つかさ「ま、デザインの方向性とか、どういう時につけて欲しいとか、使用のシチュエーションの相談なら受け付けるけど」

忍「ほんとっ!それなら…これと……これなんだけど。事務所とかで……」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:25:38.84 ID:qxY1uZea0

忍「そしたら、コレ、かな。プレゼント」

つかさ「ん、やっぱ最後に選ぶのは自分でだよな」

忍「すっごい悩んだけどね!やっぱり都会の人の意見って参考になる!」

つかさ「ならよかった。こっちもそういうイメージでプロデュースした商品だし、お眼鏡に叶ってくれなきゃ企画倒れだから」

忍「そんなっ!アタシ1人の意見じゃ変わるわけないって」

つかさ「ナマの意見ってのはそんだけ大事ってことだよ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:26:29.38 ID:qxY1uZea0

忍「……ありがとうつかさちゃん。アタシ一人だと上手く探せなかったかもしれないから」

つかさ「……アタシこそ、色々話せてよかった。プレゼント包装は……」

店員「はいっ、クリスマス包装ならどのカラーがいいですか?」

忍「あ、これでお願いします!……ってどうしたのつかさちゃん?」

つかさ「いや、終わった風にしてるからな。次の準備してこねーとって」

忍「次?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:30:58.30 ID:qxY1uZea0

つかさ「せっかくだし、この後はデートコースまでプロデュースさせろよ。オススメの店も知ってる」

忍「えっ?デ、デートとかじゃないよっ!?事務所でプレゼント渡すくらいで……」

つかさ「それで解散だったらプロデューサーの尻蹴っ飛ばすって。食事も込み込みだろ?」

忍「ま、まぁ少しは……期待したいけど……」

つかさ「ちょっと待ってろ、下調べした紙持ってくるから」

忍「……わかった!そしたらとことんお願いね、つかさちゃん!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:34:51.91 ID:qxY1uZea0

つかさ「待たせた。んじゃ行くか」

忍「よろしくっ!……つかさちゃんはこの後大丈夫なの?」

つかさ「アタシの心配しなくていいっての、それよりもシミュレーションしとけよ?」

忍「シミュレーション?」

つかさ「こっから行くとこ、Pと行くんだから話す内容考えてレポっておいた方いいだろ?」

忍「うん、そうだねっ!そしたらつかさちゃんと今日は目一杯楽しまなきゃ!」

つかさ「……ん?それはなんか違わねーか?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:35:49.66 ID:qxY1uZea0



忍「そんなことないよ?どこがいいとか美味しいとか、綺麗だとか、楽しいとか。全部Pさんと共有したいから!」



忍「それならつかさちゃんと全部知らないと、本番で話せないって!」

つかさ「……なるほど、そりゃそうだ。それなら遠慮はいらないハードスケジュールでいくか」

忍「……お手柔らかに?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:38:04.78 ID:qxY1uZea0



〜クリスマス当日〜

モバP(以下P)「プレゼント?……なんか悪いな忍」

忍「ううん、いつもお世話になってるから!……開けてみて!」

P「……おぉ、アクセサリーか?」

忍「スーツに合いそうなやつ、買ってみたんだ。付けてくれると嬉しい」

P「あぁ、ありがとう。……っとこれでいいか?」

忍「うん、似合ってる!よかった、渡せて。後でお礼言わなきゃ」

P「お礼?誰かと買ったのか?」

忍「うん、つかさちゃんとね。色々相談に乗ってもらったんだ」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:39:24.02 ID:qxY1uZea0

P「そうか……それなら俺も後で言っておかないとな。…ってことは」

忍「あはは、この服とかアクセとかつかさちゃんプロデュースだったりして……」

P「……益々頭が上がらないな。……でも綺麗だと思う」

忍「ほんとっ?よかったぁ、そしたらこの後は……っとえっと……」

P「………忍、別にそこまで緊張しなくても……」

忍「……やっぱPさんにはバレてるよね……」(クリスマスセリフに続く


おわり


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:41:29.92 ID:qxY1uZea0




つかさ「………バレてなかった、か」

つかさ「……プレゼント用に……プロデュースしたんだけどな」

つかさ「それがうまく当たって軌道に乗ってんだ、喜べよアタシ」

つかさ「大したことじゃないだろ。年一のことくらい」

つかさ「リサーチだって、いつもしてること……だろ?」

つかさ「それが正しいことに、プレゼントに……いい結果に結びつくなら、万々歳でオールハッピーだろ?」

つかさ「忍も、アクセも、全部成功して、何が不満だって話なんだよ」




つかさ「…………いや、わかってんだよな。そりゃ。わかってる」

つかさ「わかってるけど……どうしようもないのも、わかってるんだよ……」



ほんとの終わり



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 20:44:38.00 ID:qxY1uZea0

というわけでクリスマスプレゼントの内容から浮かんだネタでした。

忍ちゃんがつかさ社長に相談、とかしてたりしたらいいよね、から始まりこうなりました。
同じデザインで同じプレゼントだったとしても、プロデューサーが用意できるクリスマスの招待状は1枚きり、ですからね。
つかさ社長は応援しちゃうし、認めてしまいそうですね。

依頼出してきます。


転載元:忍「つかさちゃん!プレゼント選び手伝って!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577272300/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。