スポンサーリンク

トップページグリマス > 【ミリマス】j10年目のガールズトーク 【のり子】【桃子】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:25:47.88 ID:TGJ4oYjR0

10年目のある日の桃子とのり子
※独自設定注意



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:34:27.30 ID:TGJ4oYjR0


   「いらっしゃいませ。」

のり子「桃子遅いから先に飲ませてもらってるよ~。」

桃子 「ごめんなさいのり子さん。ちょっとレッスンが長引いて。」

のり子「まあまあいいよ。今日はどしたの桃子?」

桃子 「ちょっと久しぶりにお酒が飲みたいなーって思って。」

のり子「ふーん。久しぶりなんだしお酒が美味くなる話題だといいんだけど。」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:35:19.53 ID:TGJ4oYjR0


桃子 「ご注文は?」

桃子 「スクリュードライバー。」

のり子「アタシはキールおかわりで。」

のり子「まあ久しぶりなんだし最近のシアターの様子でも教えてよ。」

桃子 「のり子さんだってシアターに顔出してるでしょ。」

のり子「まあそうなんだけど、裏方だしね。前新しく来た子とかはどう?」

桃子 「あの子?緊張しいだけど元気だよ。前なんか・・・」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:37:16.27 ID:TGJ4oYjR0



桃子 「のり子さんは相変わらずカクテル傾ける姿が様になってるよね。」

のり子「何?羨ましい?」

桃子 「…少し。」

のり子「10年くらいの付き合いだけど、そういう背伸びなとこは変わらないね」

桃子 「もう。20のレディを子ども扱いしないでよね!」

のり子「あははっこのみさんみたいだね。」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:38:36.62 ID:TGJ4oYjR0


桃子 「ふふっ。似てるでしょ。」

のり子「…で、桃子は最近悩みは無いの?」

桃子 「悩み事っていうか、のり子さんに聞いてみたいことはあるかな。」

のり子「なになに?聞いてしんぜよう。」

桃子 「えっと、のり子さんはどんなきっかけで今の仕事をしているのかなって。」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:40:26.26 ID:TGJ4oYjR0



のり子「…むう。」

桃子 「のり子さん新しいシアターでトレーナーする以外に時々タレントもしてるでしょ。…何でかなーと思って。」

のり子「桃子もとうとうそんな時期になったかー。」

桃子 「うん。ちょっと先のこと考えきゃいけないかなって。」

のり子「シアター卒業した先ねえ。参考になるかなあ。」

桃子 「だめかな?」

のり子「まあ話してもいいんだけどさあ。...その前に桃子に質問。」

桃子 「何?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:43:44.11 ID:TGJ4oYjR0


のり子「桃子は自分プロデューサーさんのことって好き?」

桃子 「え、何急に?」

のり子「いいから教えてよ。」

桃子 「…好き。だよ。」

のり子「そうなんだぁ。ずっとだよね?」

桃子 「ずっとだよ。昔はこんなこと言えなかったけど。」

のり子「ホント大人になったよね。アタシと大違いだ。」

桃子 「のり子さんはどうなの?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:45:55.58 ID:TGJ4oYjR0



のり子「…アタシはさ、実はアイドルやってた時プロデューサーが好きーってわけじゃなかったんだよね。」

桃子 「意外。あんなに仲良かったのに。」

のり子「いや、仕事のパートナーとしては信頼してたし、好きだったよ。でも恋愛的には違うって思ってた。」

桃子 「そうなんだ。」

のり子「美奈子も琴葉も自分のプロデューサーに恋してたでしょ?アタシはそれをすごいなーって思って見てただけ。」

桃子 「それが今の仕事にどう繋がるの?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:47:38.45 ID:TGJ4oYjR0


のり子「まあ聞いてよ。」

桃子 「ごめん。続けて。」

のり子「アタシさ、シアターを引退してから1年くらい旅に出てたでしょ?」

桃子 「そうだね。落ち着いたころだったけど急だったよね。びっくりしたよ。」

のり子「でさ、まあなんやかんやあって1年振りくらいにシアターに顔を出したらさ、律子さんに自分のプロデューサーに顔出してあげなって言われたの。待ってるからって。」

のり子「まあ不思議だったね。アタシの居場所なんてとっくになくなってたと思ってたし。Pさんも卒業してから全然連絡なんて寄こさなかったし!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:49:12.42 ID:TGJ4oYjR0


桃子 「それで会ったらなんて?」 

のり子「なんもない風にああ、お帰りって。」

桃子 「あっさりだね。」

のり子「そう。けど面白いのがさ、いつ帰って来るかもわからないアタシの為の仕事の資料がデスクに揃えてあったの。」

のり子「それなのにそっけない振りしてるから笑っちゃって。…そしたらあの人も照れた風に笑いながら。」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:50:22.92 ID:TGJ4oYjR0



のり子「「待ってた。」って。」

桃子 「へぇ。」

のり子「なんかさ、その時の笑顔を見たときにこの人の為に、この人のそばで生きたいなーって思っちゃったんだ。」

のり子「きっかけはそれかな。」

桃子 「…それでダンスのトレーナーだけじゃなくタレント活動もしてるの?」

のり子「...そうだよ。」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:51:10.68 ID:TGJ4oYjR0


桃子 「繋がりが欲しかったんだ。意外と健気だね。のり子さん。」

のり子「ナマイキ。」

桃子 「私がナマイキなのは昔からだよ。」

のり子「昔は可愛いかったよ。桃子は。」

桃子 「のり子さんは今が一番可愛いいかな。」

のり子「ウルサイ。」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:51:37.07 ID:TGJ4oYjR0


桃子 「机に突っ伏しても耳まで真っ赤なの見えてるよ。かわいいなあ。」

のり子「くそーお酒が美味しくなる話にしてって言ったのに。」

桃子 「わたしのお酒は美味しかったよ。」

のり子「...どういたしまして!」

桃子 「それにしても、なんか数年越しの一目惚れだったんだね。」

のり子「だからもういいって!・・・」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:52:06.06 ID:TGJ4oYjR0


   「もうすぐ閉店になりますが。」

桃子 「もうこんな時間。ありがとうのり子さん。今日は色々参考になったよ。」

のり子「今度は桃子の話を聞かせてよね!」

   「お帰りですか?」

桃子 「うん。ありがとね。瑞希さん。」

のり子「瑞希!今日のアタシの話は忘れてよね!」


瑞希 「また来てもらえるなら忘れます。…ではまたのご来店を。」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/04(土) 22:53:38.68 ID:TGJ4oYjR0

10年目のガールズトーク 
終わり
複数P設定の短編でした。


転載元:【ミリマス】j10年目のガールズトーク 【のり子】【桃子】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1578144347/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。