スポンサーリンク

トップページモバマス > 【デレマス】朋「フォーチュン・ドリーマーズの」日菜子「お仕事」

1: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:10:39.32 ID:nUTcaGp20


藤居朋「ちょっとあんた、大変よ!」
fjitm23

P  「どうした?フォーチュン・ドリーマーズの出番はもうすぐだぞ」

朋  「だから問題なのよ!ライブ直前になってこんなこと…とにかく楽屋に来て!」

P  「あ、ああ」


~楽屋~

喜多日菜子「むふふ…白馬の王子様、まだかな…」
kthnk28

P  「お疲れ、日菜子」

日菜子「お仕事中に…あんな…むふふ…。あっ、プロデューサーさん」

P  「相変わらずだな。本番直前まで妄想か」

日菜子「っは!げ、現実に引き戻されました…。いいところだったのにぃ…」

P  「ははっ、すまんすまん」

朋  「呑気に会話してるけど、あんた何か気付かない?」

P  「何かって、別段おかしいところは…。普段通りの日菜子にしか見えない」

日菜子「ふたりの頑張りで、プロデューサーさんをビックリさせましょう♪」

P  「お、気合入ってるな。朋も何か言ってやれよ」

朋  「無駄よ。今の日菜子ちゃんとは会話が成立しないわ」

P  「何だ?すぐ妄想スイッチが入って会話どころじゃなくなるからか?」

日菜子「プロデューサーさんに、からかわれるのもいいものですね~♪」

P  「悪かった悪かった」

朋  「本当に気付いてないわね。とにかく日菜子ちゃんの言う内容をよく聞いて」

日菜子「今日はノンストップむふふですよー!止めても、止まりません~」

P  「ライブ前の日菜子の日常にしか」

日菜子「観覧車といえば、やっぱり一番高いところでの告白が定番ですよねぇ」

P  「観覧車?」

日菜子「はい、制服です♪今日は、学校からそのまま来ちゃいました~」

P  「え?今日は学校無い日じゃなかったのか?」

日菜子「日菜子も、茄子さんみたいな大人っぽいスタイルに憧れます~♪むふ~♪」

P  「茄子?何言ってんだ、今日はいないぞ?」

日菜子「おはようございます…妄想してたら電柱にぶつかって…」

P  「!?こ、これはまさか!」

朋  「そう、そのまさかよ」

日菜子「お昼です…だめですよぉ、まだ明るいんですから…むふふ♪」

P  「さっきからどこかで聞き覚えがある言い回しばかりだと思ったが」

日菜子「遅くまでお疲れ様ですぅ。そ、それでこの後は…むふ、むふふ♪」

朋  「デレステのカード台詞しかしゃべれなくなってるわ」

P  「なんじゃそりゃ!!!!?」

スポンサーリンク




2: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:12:46.40 ID:nUTcaGp20

P  「いやいや歌は!?歌はまともに歌えるのか!?」

朋  「それはさっきあたしが確認したら大丈夫だった。でも、MCの時間までこの感じじゃまずいわね」

日菜子「きりっ!かっこ良い日菜子も、魅せられるようにならなきゃ…きりっ」

P  「これはかっこ悪いところを見せることになりそうだな」

日菜子「まゆさんもイメージイラストを描きましょう。むふふを解き放って!」

朋  「あんた何かわからない?」

日菜子「プロデューサーさんには、何色が似合うと思います?まゆさん~♪」

P  「わかるヤツがいるほうがおかしいこんな珍バグ」

日菜子「まゆさんと腕を組んで…ほら、ふたりは仲良しプリンセス姉妹ですよぉ♪」

朋  「もういっそまゆちゃん呼んできてよ」ハァ

P  「やる気なくさないで!朋が忘れられてるわけじゃないから!多分!」

スタッフ「フォーチュンドリーマーズのお二人、スタンバイお願いします!」

P  「うっ…トークはかなり軽めに切り上げていいから、朋がうまく返してくれ!頼むぞ!」

朋  「そんな!何か案を考えてくれないの!?」

P  「しかしなぁ」

日菜子「何考えてるんですか?ぼうっとしてちゃ危ないですよ~」

P  「お前のせいだよ!!と、とにかく時間だから行くしかない!」

朋  「行くの!?」

日菜子「八王子とか」

P  「行かねえよ!」

日菜子「ベルギーの街の香り…」

朋  「海外逃亡!?」

P  「とにかく舞台袖に!」

朋  「もう~~!!」


3: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:14:43.90 ID:nUTcaGp20

P  「曲のパフォーマンスは問題なかった…さてここから、一度だけどはいえMC…」


朋  「みんな、ここまで聴いてくれてありがとうね!フォーチュン・ドリーマーズです!」

日菜子「はぁ……♪みなさんの熱気で、日菜子も熱くなってきました。この熱さの中に王子様がいるかもしれないと思うと……。ああっ、もう妄想ぱわーもおーばーひーとです~!」

朋  「ふふっ、さすが日菜子ちゃんね」

日菜子「日菜子の歌声、きっと王子様にも届きましたね。むふっ」

朋  「(案外ずっとこのノリでしゃべってくれれば何とかなるかもしれないわね)ここまで歌ってみて、どうだった?」

日菜子「あぁ、なんて素晴らしいのでしょう……まるで星座を描くみたいに、みんなの心がつながって、夜空よりも美しい景色が、ここに広がっていますっ!」

朋  「詩的ねぇ。ラブソングが多かったからかしら?」

日菜子「恋をする人の心が、星の光に変わって…世界中のみんなに、その優しい光を届けて……そして日菜子プリンセスは、そっとつぶやくんです」

朋  「あら、何て言うのか気になるわね」

日菜子「現実は甘くないんですね…残念です」

朋  「どうして冷めちゃったの!?」


4: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:15:12.15 ID:nUTcaGp20

日菜子「すごい歓声…むふっ」

朋  「いやちょっとお客さん引いちゃってるから。あ、あたしはとっても楽しかったわよ!やっぱりファンのみんなが応援してくれるここが一番のパワースポットね!」

日菜子「それだけなんですか?」

朋  「え?えっと、みんなからはあたしが元気をもらっちゃってるから、次の曲からあたしがみんなに歌で運気をどんどんあげるわ!」

日菜子「どうしても、それだけだって思えなくて」

朋  「追いつめてくるわね!?ええっと、あとね、えっと」

日菜子「Are you ready?」

朋  「煽らないでよ!えっとね、あたしは本当にみんなのことが大好きよ!こうやってわざわざお金と時間を使って足を運んで、あたし達の歌を聴きにきてくれる。感謝してもしきれないわ。
    昔のあたしは、占いを気にし過ぎてた。アンラッキーなことがあったら、ああ今日は運勢のせいで何もうまくいかないんだって。でもね、気付いたの。
    大事なのは運勢そのものじゃなくて、そこからどうするかなんだって。心がけ次第で、運勢が悪くたって物事は好転させられるわ。
    それがわかるようになったのは、アイドルになってみんなに出会えたから。こんな幸運なことって無いわ!
    これからもみんなにパワーを送れるように頑張るから、みんなもずっとあたし達を見守ってよね!!あたしもみんなも、今日この会場にいる人、全員特大吉よ!!」

日菜子「ちょっと長すぎな気もしますけど……」

朋  「やらせといてそれ!?さっきのあたしの話にどんな感想持ったのよ」

日菜子「いやらしいような…」

朋  「どこが!?舞台でアイドルがいやらしい話したらスキャンダル一直線じゃない」

日菜子「スキャンダルも、もしかしたら背徳的で…それはそれで…むふぅ…」

朋  「まんざらでもないんかい」

日菜子「おしまいですね」

朋  「そうならないようにして。正直日菜子ちゃんの妄想は結構すごそうよね」

日菜子「リボンヘアバンドで…プレゼントはひ・な・こ」

朋  「あ~定番ね」

日菜子「リボンを解くなんて…だ、だめ!」

朋  「ど、どうなってるのかしら」

日菜子「脱いじゃいました~」

朋  「やめい!直接的!」

日菜子「破れたストッキングを」

朋  「いやそれもなんかなんだかね」

日菜子「ふたりの秘密の授業…むふ♪」

朋  「もうヤバい意味にしか聞こえないわね」

日菜子「はーい、このマイクに向かって~妄想聞かせてくださ~い♪」

朋  「もうMC終わらせたい!妄想というか願望ね!それじゃあもう次の曲行くわよ!音楽お願いします!!」

日菜子「おやすみなさい。むふふないい夢を♪」

朋  「寝るなァ!!」


5: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:15:59.26 ID:nUTcaGp20

P  「昨日は大変だった…」

P  「今日の二人の仕事は、テレビショッピングの収録か。まああれから日菜子の口調も元にもどったし、大丈夫なはず…」

日菜子「ちょっとプロデューサーさん、大変です!」

P  「どうした?収録の時間はもうすぐだぞ」

日菜子「だから問題なんですよぉ!本番直前になってこんなこと…とにかく楽屋に来てください!」

P  「あ、ああ」


~楽屋~

朋  「事務所のみんな、全員の手相を見るまで…あれ、あと何人だったかしら?」

P  「お疲れ、朋」

朋  「プロデューサーとの相性は…わっ、いつからそこに?」

P  「相変わらずだな。本番直前まで占いか」

朋  「プロデューサーの運、分けてほしいわ。強運だもんね」

P  「ははっ、俺なんかのでよければいくらでもわけてやるぞ」

日菜子「普通に会話してますけど、何か気付きませんか?」

P  「何かって、別段おかしいところは…。普段通りの朋にしか見えない」

朋  「お仕事ひとつひとつの出会いの縁、大事にしていかないとね!」

P  「お、気合入ってるな。日菜子も何か言ってやれよ」

日菜子「いいえ、今の朋さんとは会話が成立しません」

P  「何だ?すぐ運勢のことで思い悩むからか?」

朋  「そうだ!プロデューサーも悩みがあるなら、あたしが聞くからね」

P  「頼もしいな」

日菜子「本当に気付いてないんですねぇ。とにかく朋さんの言う内容をよく聞いてくださいよ~」

朋  「今日の占いはまぁまぁだし…きっと大丈夫…!」

P  「仕事前の朋の日常にしか」

朋  「想い石…なでなで…。ん?これ、恋愛成就の石じゃない!?」

P  「想い石?」

朋  「占い番組に出るって夢を叶える瞬間…しっかり見ててほしいな!」

P  「え?今日は占いじゃなくてテレビショッピングの仕事だぞ?」

朋  「デザインが気になるみたい。海ちゃんに、服貸してって言われちゃった」

P  「海?何言ってんだ、今日はいないぞ?」

朋  「おはよう!今日の運勢、占おうか?」

P  「!?こ、これはまさか!」

日菜子「そう、そのまさかです」

朋  「今日のお昼ごはんはラッキーフードの…あ、お弁当ね」

P  「さっきからなんかデジャブだと思ったが」

朋  「遅くまでお疲れさん!あたしのパワー分けてあげるわ!」

日菜子「デレステのカード台詞しかしゃべれなくなってますね」

P  「また!!!!?」


6: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:16:43.53 ID:nUTcaGp20

P  「もう勘弁してほしい」

朋  「キメ台詞があればかっこいいよね。最高にかっこいいの考えるから!」

日菜子「そんな場合じゃないんですよねぇ」

朋  「あたしのスペシャルパフォーマンスで、みんなハッピーにしちゃうよ♪」

P  「今日は無理だろ」

朋  「なんかここ…いるだけで体がポカポカするような…」

P  「奇遇だな、俺も体温上昇と動悸を感じる」

朋  「バッグの中身は…今日のラッキーアイテムでしょ。魔除けに雑誌…」

日菜子「むしろ魔を引き寄せたりしてないですよねぇそれ?」

スタッフ「フォーチュンドリーマーズのお二人、スタンバイお願いします!」

P  「うっ…トークは相槌や賑やかしでいいから、日菜子がうまく返してくれ!頼むぞ!」

日菜子「そんなぁ!何か対策はないんですか!?」

P  「しかしなぁ」

朋  「このブレスはパワーストーン…他にも色々持ってるの」

P  「対策にならないよ!!と、とにかく時間だから行くしかない!」

日菜子「行くんですか!?」

朋  「山奥のラッキースポットに」

P  「行かねえよ!」

朋  「ザ・ワールド!」

P  「時間止めたいのはこっちだよ!とにかくスタジオに!」

日菜子「ええ~~!!」


7: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:18:24.26 ID:nUTcaGp20

司会者「さあ始まりました!本日は可愛いアイドルのお二人に来てもらってますよ!」

日菜子「よろしくお願いします~」

朋  「あたしのみなぎるやる気、ばっちり見せちゃうんだから!」

司会者「ありがとうございます」

朋  「収録前のイメトレは完ぺき♪あとは、本番を迎えるだけね」

日菜子「(今本番ですよ!?)」

司会者「あまりこういう番組に出ることはないかと思いますが、今日はよく出演していただけました」

朋  「せっかくだから」

日菜子「オファーとっても嬉しかったです!!」

朋  「最初はドッキリだと思ってたわ」

日菜子「そんなに疑ってました!?」

朋  「ん、ツッコミ?あたしボケてないよ!」

日菜子「それが問題なんですよぉ!序盤から飛ばしますね!?」


8: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:19:18.73 ID:nUTcaGp20

司会者「本日紹介するのはこの包丁です!二人は料理とかします?」

朋  「えっ、占いトーク以外!?どうしよう、全然考えてなかった!」

日菜子「占い番組じゃないって言ってるじゃないですか!?ええっと、日菜子はお料理勉強してますよ!王子様においしい手料理をふるまいたいですからね~」

司会者「さすがですねえ。でも、硬い食材を切るのって大変じゃないです?」

日菜子「そうなんですよ~日菜子あんまり力が無くて。何でも簡単にできる調理器具があればいいんですけど」

朋  「甘えてるだけじゃダメね」

日菜子「厳しいですね!?」

司会者「いいんですよ!今日は料理がぐっと楽になる包丁を用意したんです!それじゃあ日菜子ちゃん、こちらに来て、食材を切ってみてください」

日菜子「わかりました~。用意されてるのは、生の根菜…硬そうなのばっかりですねぇ」

司会者「でもね、この包丁を使ったらびっくりしますよ」

日菜子「わぁ、立派な見た目の割には軽いですね。それじゃあ早速・・・うわ、すごいです!」

司会者「切れ味はどうですか?」

日菜子「ほんの少し力を入れるだけで、切りにくい食材もすいすいいけちゃいます!むふ、妄想みたいに上手にできちゃいます~」

朋  「演技派…」

日菜子「やめてもらえませんかぁ!?ほら、ニンジンさんだって、簡単にモミジの形にできました」

朋  「ちょっと地味かもね…」

日菜子「厳しい」


9: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:20:55.35 ID:nUTcaGp20

司会者「朋ちゃんも体験してみましょう」

朋  「大丈夫よ。怪しいものには近づかないようにしてるから」

日菜子「何てこと言うんです!?」

朋  「頼らないで」

日菜子「今日何しに来てるんですか」

朋  「どこにも書いてなかったわよ!?」

日菜子「台本の話ですか!?書いてありましたよ」

朋  「よしっ、台本の確認はOK!」

日菜子「今!?」

朋  「今日はね、星の巡りがいいの。運勢最高のあたしに任せなさい!」

司会者「朋ちゃんがそういうなら大丈夫ですね」

朋  「今日のあたしは歩くパワースポット。拝んでいいよ?ほらほら」

日菜子「急に自信満々ですね」

朋  「今日は、ラッキーカラーづくしの最強コーデ!絶対上手くいくよ!」

日菜子「包丁の性能で上手くいきますから!」

司会者「それでは朋ちゃんにはこの魚を捌いてもらいましょう」

日菜子「あれ?朋さん、お魚さんを揉み揉みして、どうしたんです?それで捌きやすくなったりするんですか?」

朋  「すっごく肌触りがいいの!ほらほら、触ってみよ♪」

日菜子「嫌ですよ!いいから切り身にしてくださいよぉ!」


10: ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/01(金) 06:21:31.67 ID:nUTcaGp20

朋  「…ごくり。安全だってわかってるけど」

司会者「お、そう言いながらも朋ちゃん順調ですねえ。しかも、この包丁のすごいところは切りやすさだけじゃないんです」

日菜子「というと?」

司会者「もっとすごいことができるんですよ」

日菜子「へえ、何ですか?」

朋  「呪ったりはできないし…」

日菜子「刃物を何だと思ってるんですか」

朋  「髪型を変える…とか?」

日菜子「包丁で髪を切る人は日菜子見たことがないですねえ」

司会者「今青魚を捌きましたよね。なのに、こうしてさっと水洗いするだけで…ちょっと嗅いでみてください」

日菜子「あっ、全然魚臭さが残ってないです」

朋  「今日はついてるんじゃない?」

日菜子「たまたまみたいに言わないでください!」

司会者「さあこの包丁の気になるお値段ですが、何と、こちらの特別価格でご奉仕させていただきます!」

日菜子「おお~!」

朋  「この高さはちょっと…」

日菜子「朋さん!?安いです、安いですから!」

朋  「まだ勉強が必要だけどね」

司会者「なるほど、それなら更に勉強させていただきましょう」

日菜子「えっまだ何かあるんですか!」

司会者「この切りやすく、臭いも残らないこの包丁が!」

日菜子「包丁が!」

司会者「先ほどの特別ご奉仕価格な上に!」

日菜子「上に!」

司会者「なんと!」

日菜子「なんと!」

司会者「さらに!」

日菜子「さらに!」

朋  「引っ張ったらダメ…」

日菜子「こういうときの定番じゃないですか~!!」

朋  「あまり効果なくて……」

日菜子「誰のせいで流れがおかしくなってるんですか」

朋  「あたしじゃないっ!」

日菜子「言い切った」

日菜子「(ちょっとちょっと朋さん、どれだけ大変なことになってるかわかってます?)」

朋  「(化石がラッキーアイテムだったことがあって…あのときは大変だったわ)」

日菜子「(そんな比じゃありません~!!)」


転載元:【デレマス】朋「フォーチュン・ドリーマーズの」日菜子「お仕事」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1588281039/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。