スポンサーリンク

トップページモバマス > P「もう我慢できん。愛海可愛い」愛海「えっ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:01:41.08 ID:DVmbgBzf0


愛海「ちょ、ちょっとプロデューサー、何言ってるのさー。いきなりそんなこと言っても私はお山の探検をやめないよ!」
mnktatm30

P「いや、別にやめなくていいけど……最近はそういう奇行で隠れてたけど、やっぱ愛海って普通に可愛いよな」

愛海「……もー、そんなこといって、どうせ黙ってればとか言い出すんでしょ!」

P「いや、その性格・容姿・山に対する信念もろもろふくめてかわいいなと」

P「というか好きだ」

愛海「……え、え?」

P「困惑する愛海かわいい、胸もんでいい?」

愛海「えっ、だ、駄目だよ!」サッ

P「残念」

スポンサーリンク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:03:06.22 ID:DVmbgBzf0



P「あ、ちひろさん」

ちひろ「あ、プロデューサーさん、お疲れ様です。スタドリですか?それともエナドリですか?」

P「どっちもまだ大丈夫です。それはそれとしてちひろさん。俺この間ですね、愛海に告白したんですよ」

ちひろ「……えっと、耳が遠くなったみたいで、すいませんもう一度」

P「俺、愛海のこと愛してるんですよ。一生揉みしだきたいぐらいに」

ちひろ「聞き直さなければよかったです。えと、その……それが本当として成功したんですか?」

P「いえ、その後逃げられ答えははぐらかされました」

ちひろ「思いのほかポジティブですね……フられたとは考えないんですか」

P「答えを聞くまでは……それにもう……我慢しなくてもいいかなって俺思っちゃって……」

ちひろ「そこはプロデューサーとして我慢しなきゃいけないところなんじゃないんですか」

P「いや、もう、あの本能全開の愛海見てたら……俺も警察とマスコミにばれなきゃ、この愛海への思いの本能を全開にしていいんじゃないかなって……愛海に怒られない程度に」

ちひろ「警察に連絡したくなるようなこと言うのやめてくださいよ……あと、とりあえずですね」


愛海「……くぅう……///」


ちひろ「当人がいる場所でそんな会話するのもどうかって私思うんですよ」

P「ふひひ、さーせん」

愛海「……ちひろさん、お山揉んでいい? というかもう駄目恥ずか死ぬから揉ませてちひろさん!!///」ガバッ


ちひろ「ちょ、どうして私が!」

P「赤面するあつみんマジ天使」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:03:48.40 ID:DVmbgBzf0



愛海「ふひひ、うづきんの普通パイは最高だなぁ……!」モミモミ

卯月「やっ、ちょ、愛海ちゃん…//」

P「ほどほどにしとけよー愛海ー」カタカタ

ちひろ「……さすがですね、プロデューサーさん。あんな百合現場を見ても眉一つ動かさないなんて」

P「正確には愛海の緩み切った表情でテンションMAXですけどね、あの状況でいきなり背後から胸わしづかみにしてびっくりさせたい」

ちひろ「ゲスが……」

うづきん「うー……えいっ!仕返しです!」パイタッチ

愛海「うぇ!ちょ、駄目だようづきん私の胸は駄目だって反則だよー!って、やぁっ……//」ポニュ

P「すいませんちひろさん、俺ちょっとトイレに」

ちひろ「最低かあんた」

P「最低なんかじゃない! 愛海が可愛すぎるのがいけないんだろうが!」

ちひろ「えぇ……キレないでくださいよ……びっくりしますよ……」


愛海「……うぅ、聞こえてるんだってプロデューサー……//」

卯月「? 愛海ちゃん、顔が赤いですよ?」
smmruzk26



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:05:28.23 ID:DVmbgBzf0



P「……最近、愛海を見ると俺の中のリビドーが我慢できなくなるんですよ」

ちひろ「あっはい」

愛海「うひひ……普通パイのあとには魔乳……とみせかけてここはさらにちっぱい!どころか無乳を狙う邪の道!藍子ちゃんにアタック―!」

藍子「や、もう、愛海ちゃん。だ、駄目ですよー//」
tkmraik37

愛海「うひひ、この感覚もまたいいもんじゃ……やっぱり女の子のお山は最高だぜ……!」

P「……やっぱ愛海天使だわ。結婚したい」

ちひろ「あんまりこういうこというのもあれかなと思うんですけどプロデューサーさん頭おかしいんじゃないですか? もしくは変質者が好きなんですか?」

P「いや、別に変質者が好きってわけじゃ……愛海が好きってだけです」

ちひろ「そうですか」

P「愛海愛してるのレベルですかね……」

ちひろ「あ、もういいです」

P「……愛のその上って……なんですかね……?」

ちひろ「もういいっていってんだろ」



藍子「……あの、手が止まってるよ?その、揉んでほしいわけじゃないけど……」

愛海「……はっ、べ、別にプロデューサーの声を聞いてたわけじゃ……!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:06:02.35 ID:DVmbgBzf0



愛海「うー、最近のプロデューサーおかしい……」

愛海「まさか、本気、なのかな……どこがいいんだろ、こんな私の。胸だってそんなないし……」モミ…

愛海「…………」モミモミ…



P「どこかで、自分の胸をもみながら悩む愛海がいるような気がする!」ガタッ

ちひろ「座れ、仕事しろ。次変質者発言したら早苗さん呼びますから」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:10:18.06 ID:DVmbgBzf0



愛海「プロデューサー!!」

P「おー、愛海どうした?」

愛海「私は考えた!考えた末にプロデューサーは勘違いしている!」

P「ほう、というと」

愛海「だって、こんなにかわいい子がたくさんいる事務所で、私だけが好きなんてありえないもん!」

P「いや、そんなことは全くないが……」

愛海「あるの!だって早苗さんやかな子や雫さんみたいなわきわきが止まらない素敵なお山を持つ人たちがいるなかで、私を選ぶ理由なんて……」

P「……つまり何を言いたいんだ?俺が愛海の好きな理由を永遠と言い続ければいいのか……?」

愛海「い、いや、それはいい……// えと、だから、その……プロデューサー!恥ずかしいけど、私の胸、揉んでもいいよ!!」

P「……なん……だと……?」ガタッ

愛海「そしたら、私の胸に魅力がないってはっきりわかるはずだから!そしたらプロデューサーも、わ……私が好きとか、そんな馬鹿な事言わないでしょ?」カァァ

P「絶対にそんなことはないんだがここはちひろさんが出てくる前に行動しなければならない。俺のゴーストがそうささやいている。ってことで行くぞ愛海、俺は自分に正直なんだ」モミ

愛海「ひゃ……//」

P「…………」モミ

愛海「んっ……//」

P「……そうか……」

P「今、ようやくわかりました……」

P「ここが、全て遠き理想郷だったんですね……」モミモミ

早苗「残念、地獄だ」

P「……そうだ、理想郷はいつだって遠くなくっちゃいけない。でも俺は今日の希望を忘れない。希望は前に進むん」ゴキッ

ちひろ「次は呼ぶって言いましたよね。はい愛海ちゃん避難避難」

愛海「う、うう……は、恥ずかしいけどあの様子だとまだプロデューサーは勘違いを……やっぱり一回じゃ駄目だったのかな……私の胸なんて揉んでもなにも面白くないはずなのに……」

P「早苗ぇ!俺は何度だってよみがえるぞ。この素晴らしい世界に、何度でもな!」

ちひろ「もうほっといたほうがいい気がしてきた」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:10:47.03 ID:DVmbgBzf0



愛海「幸子ちゃんのかわいいおっ○いをどーん!」

幸子「ひあぁあ!い、いきなりなにをするんですかー! いくら僕が可愛いからってその……//」
ksmzsck34

愛海「ここで照れてる間に一揉み」

幸子「ひあぁああ……// そ、それ以上は、だ、駄目ですよぉ……//」ウルウル

P「もう我慢できないです。抵抗できない幸子のためにもちょっと愛海の胸後ろからわしづかみにしてきます」

ちひろ「私は止めないですよ」

P「それはなによりです。わっほいバスト73の愛海の胸最高だ」ダキッ

愛海「ひぁああああ!//」

ちひろ「本当に実行する……だと……?」

愛海「も、もうプロデューサー……いきなりは駄目だって……//」

ちひろ「まんざらでも……ない……!?」

早苗「でも許されないことだからしっかりシメるね」グイッ
ktgrsne35

P「なに、早苗さんどこかグェェ」モミモミ

愛海「や、やぁ。そんな強く揉んだらプロデューサー///」モミモミ

幸子「ひあぁあああああ///」

ちひろ「早苗→P→愛海→幸子……うーんこの」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:13:51.97 ID:DVmbgBzf0



P「愛海。散々誤魔化されてきたけど真面目に好きです。幸せにします。トップアイドルになったら結婚を前提に結婚してください」

愛海「う、うぇえ!?/// ちょ、プロデューサー、事務所でいきなり……」

P「いや、なんだかんだこう、好意を口にするだけでも満足してたんだけどな、なまじ胸とか触っちゃったからもう我慢できないんだ。答えが知りたい」

愛海「う……でも、プロデューサーも揉んだならわかったはずでしょ?私の胸なんて触ったってあまり面白くないし、それに私正直ちょっと変わってるところあると思うし、そんな私よりたぶん……もっとプロデューサーにお似合いの人が……」

P「そういう方面の自信がないあつみん可愛い……じゃなかった。……駄目だっていうんならはっきりそう言ってくれ。お前がそんな返事をする限りそんなことはないって俺は否定し続けるだけだぞ」

愛海「……う、その……私は……」




愛海「……プロデューサーは、本当に私でいいの?」










P「よっしゃ勝ち確演出やったぜ!」


ちひろ「おい最後で台無しにしましたよあの人」

早苗「もうほっといていいんじゃないかな?」

ちひろ「……私も、そう思い始めました。もうR18展開になったらプロデューサーの首もげばいいですね」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:14:35.44 ID:DVmbgBzf0



愛海「あ、プロデューサーおはよー」

P「おう、おはよう。今日もかわいいな愛海は」ナデナデ

愛海「うっ……// もう、朝からやめてよプロデューサー、恥ずかしい」

P「はっはっは、今日も愛海のお団子はかわいいなぁ」ツンツン

愛海「や、もう!折角セットしたのにくずれちゃったらどうするのプロデューサー!」

ちひろ「……愛海ちゃん、プロデューサーさんからされて嫌なことされたら、ちゃんと私たちに行ってくださいね?しっかりと教育しますから」

愛海「え? あ、うん……その、ちひろさん」

ちひろ「?」

愛海「……その、なんでかプロデューサーさんにされることは、正直なんでもあんまり嫌じゃなかったり……だから心配しなくても大丈夫だよ」ニコッ

P「愛海、愛してる」ダキッ

愛海「んっ、もう、力強いよ。こういうときはお山を触るみたいにもっと優しく抱きしめなきゃ……//」

ちひろ「あ、駄目です。プロデューサーが幸せそうなのを見るとイライラします」

早苗「完全同意」グイッ

P「グェェ」ギュウ

愛海「んっ……でも、強く抱きしめられるのも悪くないかも…// 今度うづきんの触るときはこのぐらいで……」

早苗「……これぐらいでいいかな……」ギュッギュッ

P「グェッグェッ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:15:22.76 ID:DVmbgBzf0



ちひろ「プロデューサーさん、この件なんですか」

P「あ、はい。そちらの仕事方面の書類も連絡も全部終わっています。後はこの企画書のチェックだけですので大丈夫です。さて、次のユニットはどの子たちで……うん、やっぱニュージェネかな」

ちひろ「……仕事の時【だけ】はこんなに真面目なんですけどねぇ……」

P「失礼な。俺は常に真面目ですよ」

ちひろ「いや、それはないです」

P「ははは、手厳しい」

ちひろ「……プロデューサーさんって、本当に愛海ちゃん以外に興味ないんですか?」

P「Exactly(そのとおりでございます)」

ちひろ「でも愛海ちゃん、胸あんまりないですよ?」

P「そこを含めてとってもかわいいから……」

ちひろ「……何だったら、私のを揉んでもいいですよ?」

P「ノーセンキュー。愛海 is GOD」

ちひろ「ちょっと、そんなきっぱり言わなくても……」

P「いや、本当愛海以外の胸とか興味もないんで……というか愛海以外の女性に興味も……」

ちひろ「それはプロデューサーとしてどうなんですか」

P「愛海以外の女性に性的興味を」

ちひろ「聞き直しといてなんですが最低ですね……」

P「愛海 is my sweet angel」

ちひろ「……まぁ、安心できるようなできないような。まぁ本気ってのが再確認できました。なんにせよ問題起こさないようにしてくださいね」

P「我が心と行動に一点の曇りなし……全てが『正義(愛海)』だ」

ちひろ「もうやだこの人」


転載元:P「もう我慢できん。愛海可愛い」愛海「えっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432576891/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。