スポンサーリンク

トップページモバマス > 【モバマス】千夜「ここに来てから、もう6年です」

1: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:33:51 ID:qAq

P「…」カタカタカタ…

千夜「お疲れ様です」ガチャ
srykcy

P「お、千夜。お疲れ様」カタカタカタ

千夜「お疲れ様です」

P「撮影、どうだった?」カタカタカタ

千夜「特に問題もなく、首尾よく終わりました」

P「そうか。…っと、これで終わり!」ッターン

千夜「お疲れ様でした。コーヒーでも煎れましょうか」

P「んー…いや、いいや」

千夜「そうですか。わかりました」


関連SS
【モバマス】千夜「ここに来てから、もう6年です」
【モバマス】黒埼ちとせ「んー…どうなんだろ」

スポンサーリンク




2: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:34:13 ID:qAq

P「千夜」

千夜「何でしょうか」

P「昼飯、食いにいかないか?」

千夜「…私は、構いませんが…」

P「決まりだな。何か食べたいものとかあるか?」スクッ

千夜「そうですね…さっぱりしたものが食べたいです」

P「んー…了解。じゃ、行くか」

千夜「待ってください。先に、水分補給を」

P「む、それもそうだな。こう暑いと、途中で体調を崩しかねない」

千夜「そこで座っていてください。持ってきます」スタスタ

P「ありがとう。恩に着る」

―――――


3: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:34:33 ID:qAq

―――――

カッ!

P「あっ…ぢぃ~…」

千夜「今日は32度まで上がるそうです」

P「うせやろ!?そんなん聞いてへんわ…」

千夜「お前、関西弁になっています」

P「しゃあないやん…まだ6月やぞ…」

千夜「確信はありませんが…」

P「ん?」

千夜「今年の夏は、過去に類を見ないほどに気温が上がるような気がします」

P「…テレワークとか、させてくれないかな…」


4: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:34:48 ID:qAq

千夜「事務員の方々は出来ても、お前は無理でしょう。仕事柄、機密文書が多いわけですし」

P「だよなぁ…っと見えたぞ」

千夜「これは…蕎麦?」

P「うどんだよ。個人経営の店だけど、ここのうどんはコシがしっかりしてて旨いんだ」

千夜「事務所の近くにうどん屋があったとは…蕎麦屋は多い印象だったのですが…」

P「うどん専門ってのも、こっちじゃ珍しいよな」ガラッ

店員「いらっしゃい。何名様ですか?」

P「二名です」

店員「そこのテーブル席へどうぞー」


5: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:35:31 ID:qAq

P「さ、座って座って」

千夜「はい。…っと」

P「さて、何にしようかな」

千夜「お前、おすすめはありますか?」

P「いつもなら鴨汁うどんかかけうどんなんだが…今日は暑いからな…ざるか、おろし醤油か、釜玉かって所か」

千夜「意外とメニューも充実しているのですね…」ペラッ

P「俺はざるにしようかな。千夜は?」

千夜「私もざるでお願いします」

P「了解。すいませーん!」


6: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:35:51 ID:qAq

店員「はい!ご注文、承ります」

P「ざるの大と中をお願いします」

千夜「すみません。この店の大は、どのくらいの大きさですか?」

店員「そうですね…だいたい小の二倍、うどん2玉分ですね」

千夜「では、ざるうどん大を2つでお願いします」

店員「ざるの大をお2つでよろしいですか?」

P「はい、お願いします」

店員「ありがとうございます。少々お待ちください。お冷やの方はセルフサービスとなっておりますので、レジ横の給水機をお使いください」

千夜「はい」

店員「ごゆっくりどうぞー」


7: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:36:10 ID:qAq

P「…良かったのか?大で」

千夜「余裕です」

P「そうか…それならいいんだが」

千夜「お冷やを取ってきます」ガタッ

P「いや、俺が行くよ」ガタッ

千夜「…お願いします」

P「あいよ」スタッスタッ

千夜「ふぅ…」

千夜(今年の夏も日差しが強い)

千夜(アイドルになってから、七年目の夏)

千夜(皆に様々なことを教わり、人生に色がついた、この七年間)

千夜(ここからどうなっていくのかは、皆目見当もつかない)

千夜(このまま、平穏で充実した日々が…)


8: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:36:30 ID:qAq

千夜「…」

P「どうした千夜、考え事か?」コトッ

千夜「…えぇ。このまま、平穏な日々が続けばいいと、そう考えていました」

P「平穏な日々ね…」ガタッ

P「…このまま、何事もなく平穏な日々が続くことはない」

千夜「…」ズズ

P「多かれ少なかれ、荒波や理不尽にぶつかることにはなると思う」

P「けど、それを何とかするのが、俺の仕事だ」

千夜「…」

P「だからまぁ…何だ。心配するな」


9: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:36:44 ID:qAq

千夜「…随分と、キザなことを言うのですね」

P「言うな…自分でもちょっと恥ずかしいんだから」

千夜「お嬢さまに聞かせるために録音するべきでした」

P「それやられると俺の理性が消し飛ぶからやめなさい」

千夜「それとも動画…?」

P「やめんか」

千夜「冗談です」

P「タチが悪すぎるわ…」


10: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:37:05 ID:qAq

店員「お待たせしました。ざる大2つです。」ゴトッ

P「おっ、来たな」

千夜「っ…」

店員「ごゆっくりどうぞー」

P「どうした?怯んでるのか?」

千夜「まさか。食べ応えがありそうで、食欲を押さえきれません」

P「そうか。じゃあ…」

「「いただきます」」

P「…」カチャ

千夜「…」ズズッ

P「うん、うまい」


11: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:37:23 ID:qAq

千夜「このつゆ…煮干から取っているのですか」

P「手間はかかるけど、その分昆布やかつおよりも旨くなるって店主が言ってたな」

千夜「確かに、これは…」ツルッ

P「わさび…はまだ早いな。ネギを…」ズッ

P「やはり旨い。暑い季節にぴったりだ」

千夜「麺も主張が出来ていて、つゆの味に負けていません。薬味のねぎも合わさって、食が進みます」ズッ

P「ここのは食べきったあとの蕎麦湯もいいんだ」


12: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:37:42 ID:qAq

千夜「煮干つゆで蕎麦湯?」

P「あぁ。ちょうどいい塩梅でな。食後にぴったりだぞ」

千夜「それは楽しみです」ズズッ

P「とまぁ、それは置いておいて。まずは目の前のご馳走だな」

千夜「んっ…」ツルッ

P「はふっ…うまい」ズズッ

―――――


13: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:38:02 ID:qAq

―――――

ガラッ

店員「ありがとうございましたー」

P「あっ…ぢぃー…」

千夜「先程も同じ事を言っていました」

P「しょうがないだろ…暑いものは暑いんだし…」

千夜「…あのうどん屋、他のメニューも美味しそうでした」

P「あそこは鴨汁うどんも旨くてな…秋口の脂が乗った鴨にうどんとネギを絡めて食べるんだ」

千夜「っ…」ゴクッ


14: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:38:22 ID:qAq

P「まぁ、それはまた今度にしよう。千夜、午後は雑誌の取材じゃなかったか?」

千夜「はい。お嬢さまは先に現場へ向かわれているはずですので、私もここで失礼します」

P「分かった。おっ、そうだ」

千夜「どうかしましたか」

P「これやるよ」ポイッ

千夜「これは…缶の麦茶?」

P「会計の時にあそこの店主がくれてな。移動の時にでも飲んでくれ」

千夜「…ありがとうわございます」

P「ん、じゃあな。取材終わったら直帰でいいぞ」

千夜「いえ、一度事務所に戻ります。置いたままの荷物がありますので」

P「了解。じゃあ、また後で」

千夜「お疲れ様です」


15: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)23:38:56 ID:qAq

以上です
夏場のざるうどんは
いいぞ


転載元:【モバマス】千夜「ここに来てから、もう6年です」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1583425095/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2020年06月13日 06:12
    • ただし栄養バランスは死んでるから他の食事で賄おうね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。