スポンサーリンク

トップページモバマス > 【モバマス】P「あっ…やっちまった」

1: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:27:22 ID:5B3

P「あっ…やっちまった」

ちひろ「どうしました?」モグモグ

P「弁当忘れちゃいました。せっかく作ってくれたのに…」

ちひろ「例の彼女さんですか?」

P「えぇ。…っと、電話だ」ピッ

P「はい。うん、うん」

ちひろ(彼女ねぇ…)モグモグ

P「いや、ほんとごめん。うっかりしてた」

ちひろ(Pさん、仕事三昧なのにどこで出会ったんだろ)モグモグ

スポンサーリンク




2: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:27:49 ID:5B3

P「え!?いいよいいよ」

ちひろ(そもそも私、彼女さんが誰なのか知らないのよね)モグモグ

P「いや、うーん…じゃあ、お願いします」

ちひろ(誰だろう…アイドルの皆さんは流石に無いだろうし…昔の同級生とか?)

P「はい、ありがとう。じゃあ、また後で」ピッ

ちひろ(うーん、全然見当がつかないわね…)モグモグ

P「彼女が弁当を持ってきてくれるらしいです」

ちひろ「あら、良かったじゃないですか」

P「元は俺の不注意ですからね…今度焼き肉でも誘ってみようかな…」

ちひろ「焼き肉ですか?もっとこう、ディナーとか…」


3: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:28:11 ID:5B3

P「彼女、ディナーは落ち着かないらしくて。がっつり食べるのが好きみたいなんです」

ちひろ「へぇー…ん?今からお弁当持って来てもらったら、昼休み終わっちゃいませんか?」

P「それが、家出る時に気づいて職場に持って来てくれてたみたいで。多分そろそろ来てくれるかなと」

ちひろ「随分と近いんですね。職場、この辺りなんですか?」モグモグ

P「この辺りと言うか、なんというか…」

ガチャ

ちひろ「彼女さんですか?」

P「多分そうですね」

ちひろ(Pさんの彼女さん…綺麗な人なのかな)


4: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:28:35 ID:5B3

マストレ(以下麗)「失礼するぞ」

ちひろ「あれ、麗さん?」

麗「む、食事中だったか」

ちひろ「いえ、大丈夫です。何かありましたか?」

麗「何、忘れ物を届けに来ただけさ」スッ

ちひろ「忘れ物って…え?」

麗「ほら、忘れ物だ」

P「ありがとう。助かったよ」

麗「まったく…次は気を付けてくれよ?」


5: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:29:02 ID:5B3

P「あぁ。お詫びといってはなんだけど、今夜食事にでもいかないか?勿論、俺の奢りで」

麗「食事はいいが…奢りは了承しかねるぞ」

P「ま、いいじゃないか。俺の不注意なんだし、俺から誘ったんだし」

麗「む…なら、遠慮なくご馳走になろうか」

P「決まりだな。じゃあ、お弁当はおいしく頂くよ」

麗「あぁ。今日は生姜焼きを作ってみたんだ」

P「どれどれ…おぉ、これは旨そうだ」


6: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:29:26 ID:5B3

ちひろ「ちょっちょちょっと待ってください!」

P「どうしました?」

麗「何かあったか?」

ちひろ「どうもこうも!どうもこうもないでしょうが!」

ちひろ「Pさん!彼女さんって麗さんだったんですか!?」

P「ええ、まぁ」

ちひろ「社内恋愛じゃないですか!うち一応禁止ですよ禁止!」

P「そんなこと言っても、ねぇ?」

麗「だな」

ちひろ「何が!」


7: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:29:46 ID:5B3

P「専務公認だし、別に問題はないかなと」

ちひろ「え?専務?専務公認???規則は????」

麗「専務曰く、『実務に影響がないのなら問題ない』そうだ」

ちひろ「あの野郎!!!!!!」

美城専務「呼んだか」ガチャ

P「あ、専務」

ちひろ「呼んでません!!!!!!!!」

専務「そうか。失礼した」ガチャ

P「何しに来たんだあの人」


8: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:30:11 ID:5B3

ちひろ「…ふぅ」

麗「落ち着いたか?」

ちひろ「えぇ、何とか…」

P「ん、うまい」モグモグ

麗「だろう?」

P「ご飯と合うなぁ…いくらでも食べられるよ」

麗「妹たちに教えてもらいながら作ったんだ。ちょっと手間取ったが、仕上がりには自信があるぞ」

ちひろ「イチャイチャしてくれちゃって…」ハァ

麗「すまないな。すぐ仕事に戻る」


9: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:30:34 ID:5B3

P「昼ごはんはどうしたんだ?」

麗「早めに食べた。今日はこの後打ち合わせがあるからな」

P「そうか。後で感想を伝えさせてくれ」

麗「勿論だとも。それじゃあ私は行くよ」

ちひろ「お疲れさまでーす…」

P「また後でな」

麗「あぁ。お疲れ」

ガチャ


10: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:30:59 ID:5B3

ちひろ「…さて、Pさん」

P「何です?」モグモグ

ちひろ「色々と聞きたいことがあるんですけど」

P「答えられる範疇なら、答えますよ」モグモグ

ちひろ「では最初に。 麗さんとは、どこで知り合ったんですか?」

P「そうですねぇ…どこから話せばいいのか…」モグモグ

ちひろ「社畜のくせにどこであんな美人と接点を持ったんですか」

P「急に毒舌になりましたね?」モグモグ

ちひろ「毒も吐きますよそりゃあ」


11: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:31:18 ID:5B3

P「…まぁいいか。彼女と最初に出会ったのは、高校時代です」モグモグ

ちひろ「同級生だったんですか?」

P「そうですね。高校…1年生の秋でしたか。クラスは同じだったんですが、如何せん接点が無かったものでして」モグモグ

P「俺の母校では、毎年秋に運動場を貸しきって、全校生徒総出で体育祭をやってるんです」

P「そこで行われた部活対抗仮装リレーが、接点を持ったきっかけでしたね」モグモグ

ちひろ「部活対抗リレーですか?」

P「えぇ。俺はいわゆる文化部の一部員で、麗はバレー部一年組のエースでした」


12: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:31:44 ID:5B3

P「うちの部員はみんな動けない奴らばっかりでしてね。リレーも負けることは目に見えてたので、せめて最初だけでもと、まだ動ける方だった俺がトップバッターになりました」モグモグ

P「いざスタートラインに立つと、隣に筋肉質の気合いが入った人が目に入りました」ゴクッゴクッ

ちひろ「それが麗さんだったと」

P「そうです。当時彼女は部活で使ってるユニフォームで、俺は制服でした」モグモグ

P「レースがスタートして、俺と麗は全力で走り出しました」モグモグ

P「俺の方が内側のコースだったんですが、直ぐに彼女に追い付かれてしまいまして」モグモグ

ちひろ「片やユニフォーム、片や制服ですものね」


13: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:32:05 ID:5B3

P「当然のように抜かされかけたんですが、そこで何を思ったか、俺はそこで加速をかけたんです」モグモグ

ちひろ「制服ですよね?」

P「えぇ。加速が功を奏して追い抜かれはせず、バトンタッチ直前まで並走しました」モグモグ

ちひろ「制服で…」

P「バトンタッチ直前、気が抜けたのか、俺の方が盛大に転びました」

ちひろ「大丈夫だったんですか?」

P「大丈夫じゃないです。2回転しました」

P「体を引きずって何とかバトンは渡せたんですけど、他の部活は遥か先です」

P「レース後、当然のように俺は男子連中のおもちゃになりました」


14: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:32:34 ID:5B3

P「俺はその後も重い体を引き摺って競技に出続け、体育祭は終わりを告げました」

P「帰りに友人とラーメンを食べて帰り、泥のように眠ろうとしたその時、彼女からメールが来ました」

ちひろ「連絡先は交換してたんですか?」

P「まさか。後で聞いたら、俺の友人から伝ってきたらしいです」

P「内容は、体は大丈夫か、どこか痛まないかといった感じでしたね」

P「当時の俺は女性と話すことすら希でしたから、舞い上がっちゃいまして。そこから、俺と彼女のメール交換が始まりました」

ちひろ「何だか、時代を感じますね」


15: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:32:54 ID:5B3

P「今はLINEがありますからね。そこからメールを交換し続けて…12月だったかな?話の弾みで、一緒にランニングをすることになりました」ゴチソウサマデシタ

P「最初こそ彼女に付いていくだけで精一杯だったんですが、段々と体力がついてきて、学年が上がる頃には彼女と同じスピードで走れるようになりました」

P「ランニングは学年が上がってからも続いて、最終的には卒業まで続きました」

ちひろ「青春ですねー…」

P「ランニングの他にも、学校帰りに買い食いをしたり、ゲーセンに立ち寄ったり…メールも続きました」

ちひろ「その時点で男女の関係だったと?」

P「いえ、当時はまだ付き合ってはいませんでした。仲のいい友人止まりでしたね」


16: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:33:28 ID:5B3

ちひろ「それだけやってるのにですか?」

P「えぇ」

ちひろ「ほんとに高校生ですか…?」

P「高校生だからですよ。二人とも、交際経験なんてありませんでしたし」

P「二人とも大学は別々のところへ進んだので、徐々に疎遠になっていって…そのうち、メールもしなくなりました」

P「大学も卒業して、ここに就職して、念願のプロデューサー業についた頃に、彼女と再会しました」

ちひろ「何だか、ロマンチックですね」

P「こっちは驚きでロマンチックなんて言ってる暇無かったですよ」


17: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:34:02 ID:5B3

P「そこから何やかんやあって、付き合うことになって、今に至ります」

ちひろ「その何やかんやが知りたいんですけど」

P「ここから先を話しちゃうと、麗に怒られちゃいますから」

ちひろ「むぅ…なら、潔く諦めます」

P「聞きたいなら、麗本人に聞いてみてください。ちなみにですけど、彼女…下戸ですよ」

ちひろ「…それはつまり?」

P「そういうことです。じゃ、仕事に戻りましょうか」

ちひろ「気になって仕事どころじゃありませんよ…やらなきゃならないんですけど」

P「ちひろさん、この案件なんですけど…」

ちひろ「それは一度専務に回して…」

―――――


18: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:34:25 ID:5B3

―――――

P「んー…やっと終わった…」

ちひろ「お疲れ様です」

麗「失礼する。Pはいるか?」ガチャ

P「ん、いるよ」

ちひろ「お疲れ様です、麗さん。Pさんから色々とお話は伺いました」

麗「…P、どこまで話した?」

P「出会いと経過、あとは再会かな」

麗「…なら良し」


19: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:34:51 ID:5B3

ちひろ「あのー…他の部分も良ければ…」

麗「すまないが、それはダメだ」

ちひろ「なぜです?」

麗「それはー…そのー…」

P「正直に言った方がいいんじゃないか?」ニヤニヤ

麗「こいつ…そうだ、私が恥ずかしいからだ!」

ちひろ「そこまではっきりと言われてしまっては、どうしようもありませんね」

麗「全く…覚悟しておけよ?」

P「お手柔らかにに頼む」


20: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:35:25 ID:5B3

ちひろ「では、お疲れ様でーす」ガタッ

P「あ、はいお疲れ様です」

麗「お疲れ」

ちひろ「そうだ、麗さん」

麗「何だい?」

ちひろ「今度、飲みに行きませんか?」

麗「うっ…飲みに…呑みにか…」

ちひろ「是非」

麗「むぅ…」

P「いいじゃないか。たまには、羽を伸ばしてきたらいいんじゃないか?」


21: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:35:54 ID:5B3

麗「うーむ…分かった。こちらも予定を合わせておくよ」

ちひろ「ありがとうございます♪では、お先に失礼しまーす♪」ガチャ

麗「…喋ったな?」

P「どうせいつかはバレると思って」

麗「このやろう!」グリッ

P「あっやめろやめてそれマジで頭いだだだだだ!!!」グリグリ

麗「全く…で、どうする?」

P「いたた…そうだな…今夜は開いてる?」

麗「あぁ。妹たちにも晩御飯はいらないと連絡済みだ」


22: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:36:13 ID:5B3

P「なら、行くか。焼き肉」

麗「行こう。今日の私は飢えているんだ」ギラッ

P「奇遇だな、俺もだ」ギラッ

麗「どこに向かう?」

P「そうだなぁ…俺の家近くに評判の焼肉屋があるんだが…」

麗「決まりだな」

P「…わかった。じゃ、行こうか」ガチャ

麗「あぁ。覚悟しておけよ?」

P「お手柔らかに、頼むよ」ガチャ

―――――


23: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:36:32 ID:5B3

―――――

ちひろ「…」

ちひろ(二人とも、昨日はどうしたんだろ)

ちひろ(焼肉屋、行ったのかしら)

ちひろ(そしてそのあと…は、ないわよね)

ちひろ「でも、もしかしたら…」

P「お早うございます」ガチャ

ちひろ「お早うございます。昨日はおたのしみでしたか?」


24: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:36:59 ID:5B3

P「えぇ。焼肉、おいしかったです。財布は軽くなりましたがね」

ちひろ「それはようござんした。じゃ、仕事に移りましょうか」

P「なんか冷たいですね…まぁいいか」

加蓮「おはよーございまーす」ガチャ

凛「おはようございます」

奈緒「おはようございまーす」

P「ん、おはよう」

ちひろ「おはよう、加蓮ちゃん」

凛「ん?んー…」クンクン

P「どうした?」


25: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:37:21 ID:5B3

凛「Pから焼肉の臭いが…」

P「えっマジかごめん。臭い消したはずなんだが…」

凛「多分、バッグだね。臭いが移っちゃったんじゃないかな」

P「んー…ほんとだ。後でフ○ブリーズかけとくよ」

加蓮「!」

加蓮「奈緒…」コソコソ

奈緒「…何だよ」コソコソ

加蓮「Pさんの首もと…」コソコソ

奈緒「?…!?キッキキキキスマークぅ!?////」


26: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:37:58 ID:5B3

P「っ!」サッ

ちひろ「あっ、ふーん…」

凛「…P、手どかして」

P「いやー…ちょっとそれは…」

凛「早く」

P「はい…」ソッ

凛「…キスマークだね」

P「あの野郎…」

凛「誰の?」

P「えーとそれは…社外秘と言いますか、個人情報と言いますか…」

麗「失礼する。Pは…何事だ?」ガチャ

凛「麗さん、Pのコレ、何か知らない?」

麗「コレ?どれ…あー…」カァァァ…

凛「…そういうことね」


27: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:38:24 ID:5B3

P「アァ…!オワッタ…!」

凛「とりあえずこの話は議会に出させてもらうから」

P「議会?何の?俺の知らないところで自治国家出来てるの?」

凛「先に撮影行ってくるよ。明日を楽しみにしてて。じゃ」ガチャ

加蓮「失礼…」ガチャ

奈緒「しましたー…///」ガチャ

麗「…ごめん」

P「いや、いいよ…どうせ遠からずバレてただろうし…」


28: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:38:42 ID:5B3

ちひろ「御愁傷様です♪」

P「楽しそうですね…」

ちひろ「そんなことないですよ♪」

P「絶対嘘だ…」

麗「…どうする?」

P「…凛にバレてしまった以上、他のアイドルにも話は回るだろうし…下手しなくても、麗にも質問はいくだろうな」

麗「…ちひろさん。今夜、一杯付き合ってくれるか?」

ちひろ「えぇ、もちろん!」


29: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:38:56 ID:5B3

以上です
マストレさんいいよね


30: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:39:46 ID:5B3

マスタートレーナー(青木 麗)
mstr

mstr2


転載元:【モバマス】P「あっ…やっちまった」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1592051242/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2020年06月14日 04:04
    • 4姉妹すき☺️
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。