スポンサーリンク

トップページCu > キャンディアイランドのひときわ毒にも薬にもならないおしゃべり

1: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:05:06 ID:mXt


・「アイドルマスター シンデレラガールズ」のSSです
・概ねアニメ寄りの世界線ですが、その他のコンテンツの要素や独自の解釈を含むことがあります


-----事務所-----

ガチャ
かな子「それでね、それでね! やっぱり私は、パンケーキの上に山盛りで乗せちゃうのがいいと思うのっ」
mmrknk31

智絵里「な、なるほど……?」
ogtcer32

杏「わかった、わかったから」
ftbanz35



2: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:06:05 ID:mXt

かな子「他にもいろいろ考えたんだよ? そのままうんと冷やして、シロップをかけてかき氷風にしたりとか……」

かな子「でもね、やっぱりあのふわふわな感じを味わうなら、そのままトッピングするのがいいかなって♪」

智絵里「か、かな子ちゃん……なんだか、今日は元気だね……?」

杏「『雲の美味しい食べ方』っていう話題だけで、よくもまぁそんなに延々と語り続けられるね……」

かな子「だって、想像しだしたらもう止まらなくって~! むふふふ~……♪」

智絵里「想像というか……妄想?」

杏「それ日菜子ちゃんの持ちネタなんだから、盗らないであげなよ」

智絵里「持ちネタ、なのかなぁ?」

スポンサーリンク



3: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:06:57 ID:mXt

かな子「そうだっ! ねぇ、知ってる? 日本橋のホテルにあるお店に、雲の形をしたケーキがあって、それもとっても可愛くて美味しいの! 一度だけ食べたことがあるんだけど……」

杏「あーもう、これでも舐めて、ちょっと落ち着きなって」ズイッ

かな子「むぐぅ……これって……飴?」コロコロ

杏「そうだけど」

智絵里「杏ちゃんが飴をもらってるところはよく見るけど、逆は珍しいね」

杏「まー、かな子ちゃんにはいつも美味しいお菓子貰ってるからね。たまにはお返ししなきゃ」

かな子「ふふっ。ありがとう、杏ちゃん♪」

智絵里「わっ、私も……! 今度、何かプレゼント、するねっ」

かな子「あわわ、智絵里ちゃん! 気持ちは嬉しいけど、気にしないでいいよ? お菓子作りは、私が好きでやってることだから……」

智絵里「でも……」


4: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:07:47 ID:mXt

杏「かな子ちゃんがいらないなら、杏が貰いまーす」ハーイ

智絵里「え、えぇっ……!?」

杏「杏、貰えるものはなんでも貰う主義なので」キリッ

かな子「あはは、欲張りさんだ」

杏「それが有給とか不労所得なら、言うことナシなんだけどねー」

智絵里「ゆ、有給とかは、私にはちょっとあげられないかなぁ……」

かな子「えっと……不労所得は無理でも、ガトーショコラなら……!」

杏「いや若干響きは似てるけどさ」

かな子「ちょっぴりビターなガトーショコラに、雲みたいに甘くてふわふわの生クリームをたっぷり乗せて……♪」ウットリ

智絵里「また雲の話に戻っちゃった……」

かな子「あっ、つい……えへへ」

杏「ブレなさすぎでしょ、かな子ちゃん……」


5: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:08:55 ID:mXt

かな子「で、でも! 二人だってちょっとくらい、考えたことあるよね!? 空の雲を見て、美味しそうだなぁって!」

智絵里「え……えっと、一度くらいは……ある……かも?」

杏「そもそも普段引きこもってるから、空を見上げる機会すらあんまり……」

かな子「そんなぁ……」

智絵里「あっ。私、雲が美味しそうっていうよりは、形が何かに似てるなぁって想像することのほうが多いかな」

智絵里「うさぎさんだったり、クローバーだったり……」

かな子「あー、それもわかる!」

杏「二人とも、想像力豊かだねぇ」

かな子「そう? 普通だと思うけどなぁ」

智絵里「それなら、試しに……」スマホポチー

かな子「智絵里ちゃん? どうしたの?」

智絵里「……あった! あの、これ。この前藍子ちゃんと公園に行った時に撮ってもらった写真なんですけど……」

智絵里「この後ろに写ってる雲、杏ちゃんなら、何に見えますか?」


6: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:10:19 ID:mXt

杏「えー? どれどれ……」ジー

杏「…………妖精、かなぁ」

智絵里「妖精さん、ですか?」

杏「そ。四つ葉のクローバーの妖精」

智絵里「四つ葉の……? ……って、まさかですけど、雲じゃなくて私のことじゃないですよね……!?」

杏「む、バレたか」

かな子「でもこの写真の智絵里ちゃん、ピンクのワンピースがとっても似合ってて、本当に妖精みたい♪」

智絵里「そ、そう? えへへ……実は、このワンピース、最近買ったお気に入りで……」テレテレ

智絵里「……って、かな子ちゃんまで……! もうっ、なんでやねんっ!」ビシビシィ

かな子「きゃぁっ」
杏「いて」

かな子「あはは……智絵里ちゃんに、なんでやねんされちゃった」

杏「なんでちょっと嬉しそうなのさ、かな子ちゃん」


7: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:11:33 ID:mXt

智絵里「もう……あんまりからかわないでください……」プクー

かな子「ごめんね、智絵里ちゃん」

杏「ま、かな子ちゃんもこう言ってるワケだし、ここは杏に免じて大目に見てあげてよ」

智絵里「……最初に言いだしたのは、杏ちゃんだったよね……?」

かな子「ところで、藍子ちゃんとピクニックに行ってたんだ? いいなぁ、お天気も良いし、気持ちよさそうっ」

智絵里「えっと、ピクニックっていうほどじゃなくて。二人で一緒にお仕事の日が合って、それが思ってたより早く終わって……」

智絵里「折角だからって、少しお散歩して……あと、カフェでお茶したりして」

杏「……なんだか、ものっすごく平和でゆるふわな空間になってるのが目に浮かぶなぁ」

かな子「ねー♪ 私も一緒に行きたかったなぁ」

智絵里「じゃあ、今度また予定を合わせて、みんなで行きましょうっ」

かな子「それいいねっ。大賛成だよ~!」


8: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:12:43 ID:mXt

杏「みんなって、杏も?」

かな子「もちろん! 私、公園で食べられるように、いっぱいお菓子作ってくるから♪」

智絵里「迷惑じゃなかったら、ですけど……でもやっぱり、杏ちゃんも一緒がいいな」

杏「……ま、たまにはそういうのもアリかぁ」

かな子「ふふっ。やったぁ」

杏「だらだらするだけなら、公園でもできなくはないし。……そこに着くまでが面倒だけど」

智絵里「かな子ちゃんがお菓子を用意してくれるなら、私はお弁当、作ってみようかな……?」ボソッ

かな子「えっ、智絵里ちゃんの手作りのお弁当!? うわぁ、楽しみっ!」

杏「確かに。ちょっとモチベーション上がったよ、杏」

智絵里「えぇっ!? そ、その、あんまり期待は、しないでくださいね……?」

智絵里「お料理は、まだまだ勉強中だし、あんまり凝ったことはできないと思うから……」モジモジ


9: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:14:14 ID:mXt

杏「いやいや、智絵里ちゃんの手作りってとこに価値があるんだよ」

かな子「うんうん! そんなに気負わなくても大丈夫だよ~」

杏「同じ冷凍食品でも、智絵里ちゃんが電子レンジのボタン押したってだけで、きっと倍くらいは美味しくなるから」

智絵里「そ、それはさすがに言い過ぎだよ……!」

かな子「それなら、私もこれからオーブンのボタンを押す時は智絵里ちゃんにお願いしなきゃ……!」

智絵里「な、なんでやねーん!」ビシィ

かな子「きゃぁっ」

杏「お、本日二発目」

かな子「つい楽しくなって、また乗っかっちゃった」テヘ

智絵里「あのっ! 電子レンジは、誰がボタンを押しても同じように調理ができるから、便利なんですよっ」

杏「確かにね。杏、電子レンジが無かったら、たぶん生きてけないよ」

かな子「そ、そんなに……?」


10: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:15:44 ID:mXt

杏「かな子ちゃんも一人暮らししたら分かるって」

かな子「あ、そっか。私だけだもんね。実家暮らしなの……」

智絵里「私は女子寮だから、一人暮らしっていう感じはあんまりしないかな? すぐにアイドルのみんなに会えるし」

かな子「それでも偉いよ~。二人とも、遠くから上京してるのに……。私、もし東京を出て一人暮らしすることになったら、ちゃんとできるかなぁ……?」

智絵里「かな子ちゃんなら、しっかりしてるから心配ないと思うけど……」

杏「好きなだけお菓子作りできるようになった挙句、食事が三食全部スイーツになったりしてね」

かな子「そ、そこまでじゃないよぅ……たぶん……」

智絵里「かな子ちゃん……お野菜とかもちゃんと摂ってね?」

かな子「大丈夫っ。栄養管理、大事だもんね! サラダとか、スムージーとかも作るよ!」フンス

杏「スムージーって果物も一緒に使うだろうし、半分スイーツなのでは……」

智絵里「でも、健康には良さそうだし……」

かな子「スムージーかぁ……イチゴとかバナナとか、あとはハチミツも混ぜたりして……」

杏「ほらもうレシピがデザートのそれだもん」

智絵里「あ、あはは……」


11: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:17:08 ID:mXt

杏「けど、スムージーなら簡単に作れていいよね。材料切ってミキサーに入れて混ぜるだけでしょ? それくらいなら、杏でもできそうだよ」

かな子「杏ちゃんも、手料理に興味出てきた?」

杏「いや、そういうわけじゃないけど……あれって、手料理って呼んでいいの?」

智絵里「うーん……ああいう飲み物のことを『料理』とは、あんまり言わないような……?」

かな子「せめて汁物……スープとか、お味噌汁……かな?」

杏「ミキサーで味噌汁は……さすがに無理か。豆腐も油揚げも、原形留めずに四散するよね」

杏「あーあ、やっぱり杏に料理は無理だよ。もう、智絵里ちゃんに養ってもらおうかなぁ」

智絵里「えぇっ……? お、お味噌汁なら一応、前に作ったことはあるけど……?」

杏「ホント?」


12: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:17:40 ID:mXt




ガチャ
卯月「お疲れ様ですっ!」
smmruzk01



杏「それならさ、これから毎朝飲ませてよー。智絵里ちゃんの手作り味噌汁」

卯月「ぅぇぇえっ!? ぷぷぷ、プロポーズですかぁ!?」



おわり


13: 名無しさん@おーぷん 20/07/09(木)11:19:19 ID:mXt


以上、お付き合いありがとうございました。

(数え間違えてなければ)今回で毒薬シリーズは46作目なのですが、いつも脊髄反射で書いているせいか、何度も似たようなやり取りを繰り返してしまっている気がします……。
電子レンジの話なんて、もはや前回にも触れたばかりですしね。書いた後に気付きました。

ただ、こういうのは現実でもよくある話だと思うので、あまり気にしないでおくことにします。


前回の毒薬
キャンディアイランドの見事に毒にも薬にもならないおしゃべり

最近書いたの
緒方智絵里「遠く、遠く」ライラ「いつか、きっと」
依田芳乃「さんしゃいん……」

こちらもよろしければどうぞ。


転載元:キャンディアイランドのひときわ毒にも薬にもならないおしゃべり
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1594260306/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2020年07月13日 17:16
    • 安定すぎて読み飛ばしがないかわからん(笑)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。