スポンサーリンク

トップページCu > 【モバマス安価】幸子「Pさんに構ってあげます!」1日目~3日目

1: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:20:42.29 ID:oCrDqzJY0


幸子「....」
ksmzsck34

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....Pさん)」

幸子「....」

幸子「(最近ボクの現場に全然着いてきてくれません)」



2: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:21:06.87 ID:oCrDqzJY0

幸子「(それどころか、あまりお話もできていませんし....)」

幸子「....」

幸子「(こんなにカワイイボクが目の前にいるのにどうして仕事に集中できるんでしょうか!!!)」

幸子「(どうかしていますよ!まったく!)」

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」


3: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:22:03.55 ID:oCrDqzJY0

幸子「....」

幸子「(....仕方ないですねえ)」

幸子「(シャイで恥ずかしがり屋のPさんのために)」

幸子「(ボクの方から構ってあげることにしましょう!)」

幸子「(そもそも)」

幸子「(Pさんの方から担当アイドルであるボクに手を出すことはできませんからね!)」

幸子「(ここはボクが一肌脱ぐとしましょう!)」フフーン

何をする? >>4


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 20:23:36.59 ID:APWbl6cyo

靴下を脱ぐ

スポンサーリンク


5: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:26:56.04 ID:oCrDqzJY0

幸子「(さて....)」

幸子「....」ヌギ

幸子「....」ヌギ

幸子「(....まずは手始めにこの靴下を)」クンクン

幸子「(....カワイイ香りですね)」ニッコリ

幸子「(これを....)」

どうする? >>6


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 20:30:15.16 ID:fma87f+yo

小銭を詰めてブラックジャックにする


8: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:36:22.63 ID:oCrDqzJY0

幸子「(小銭を詰めてブラックジャックにしましょう!)」

幸子「(小銭小銭♪)」ガサゴソ

スッカラカン

幸子「(ちょ、ちょっとこれじゃ足りませんね....)」

幸子「(....でも靴下をブラックジャックにできないとPさんに構ってあげることが出来ません!)」

幸子「(こうなったら、誰かに小銭を貸してもらわないと....)」

幸子「(でも誰に借りたら....)」

誰に借りる? >>9


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 20:37:58.48 ID:AEWjx1Lk0

ありす


11: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:55:16.16 ID:oCrDqzJY0

ガチャリ

ありす「お疲れ様です」
tcbnars30

幸子「あ、ありすさん」

ありす「?」

ありす「なんですか?幸子さん」

幸子「お金を貸してくれませんか?」

ありす「え゛っ!?」

幸子「お金を貸してほしいんです!」フフーン

ありす「....」


12: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:56:04.18 ID:oCrDqzJY0

ありす「....あの」

ありす「アイドル同士でそういうのはよくないと思います」

幸子「え?」

ありす「私も幸子さんもまだ未成年なんです」

ありす「お金の貸し借りという時点であまり褒められたものではありませんが」

ありす「せめて自分で責任のとれる立場になってからそういうことはすべきです」

幸子「あ、はい....すみません....」シュン

ありす「....」


13: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:56:30.90 ID:oCrDqzJY0

ありす「....はぁ」

ありす「一応事情だけ、教えてもらえますか?」

幸子「....」

幸子「靴下に小銭を詰めてブラックジャックにしようかと....」

ありす「....」

ありす「....」

ありす「....?」


14: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:56:58.91 ID:oCrDqzJY0

ありす「あの、もう一度説明してもらってもいいですか?」

幸子「靴下に小銭を詰めてブラックジャックにしようかと....」

ありす「....」

ありす「ブラックジャックとは、あのトランプゲームのことですか?」

幸子「違います」

ありす「え?違うんですか?」

ありす「それじゃあ、漫画の神様が描いた医療漫画の金字塔的作品のことですか?」

幸子「違います」

ありす「????」


15: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:57:43.75 ID:oCrDqzJY0

幸子「ブラックジャックというのは」

幸子「円筒形の布にコインを詰めて、棒状にした棍棒の一種です!」

ありす「なるほど....」ポチポチ

幸子「今回はこの、ボクの靴下に小銭を詰めようかと思っていまして」

ありす「こんなものがあるんですね....」ポチポチ

ありす「....」

ありす「?」


16: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:58:19.14 ID:oCrDqzJY0

ありす「....えーっと」

ありす「これを作るのに小銭が必要なのは分かりました」

幸子「じゃあ!」

ありす「それで、これは何に使うんですか?」

幸子「Pさんに使います!」ビシッ

ありす「Pさんに使う!?」

ありす「これ棍棒ですよね!?」

幸子「?」

幸子「はい!」

ありす「」


17: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:59:00.53 ID:oCrDqzJY0

ありす「棍棒をPさんに使うってまさか....!?」

幸子「その通りです!」ニッコリ

ありす「(おおおお落ち着かないと....)」

ありす「(今幸子さんを刺激したら、何をするかわかりません!)」

ありす「さ、幸子さん、なぜそのようなことを....?」

幸子「Pさんが最近忙しそうだからです!」

ありす「(忙しそうだから楽にしてあげようと!?)」

ありす「ら、楽にする方向性間違ってませんか....?」

幸子「楽に....?」


18: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:01:40.63 ID:oCrDqzJY0

幸子「ボクはただ、Pさんに構ってあげようかと思っただけで」

ありす「(構う=暴行なんですか!?)」

ありす「(幸子さん、いつからそんな半グレのような思考に....)」

ありす「....」

ありす「....幸子さん、もう一度よく考えてみましょう」

幸子「考える....」

幸子「(ありすさん、もしかして)」

幸子「(Pさんに構ってあげる他のいい作戦でもあるんでしょうか!)」

ありす「一度深呼吸をして、少し休憩しましょう」

幸子「は、はぁ....」


19: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:05:09.60 ID:oCrDqzJY0

幸子「すー」

幸子「はー」

ありす「落ち着きましたか」

幸子「落ち着くも何もボクは最初から十分に落ち着いていますけど」

ありす「....座りましょうか」

幸子「?」

幸子「....」ポス

ありす「....」ポス


20: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:06:58.49 ID:oCrDqzJY0

ありす「....」ジー

ありす「....Pさんにも、家族がいます」

ありす「ご両親、ご兄弟、恋人、はわかりませんが....」

ありす「それに、血のつながりはありませんが」

ありす「この事務所の皆さんだって、Pさんのことを大切に思っているはずです」

幸子「そうですね」

ありす「....」

幸子「....つまり」

幸子「家族も巻き込むということですか?」

ありす「全然違いますよ!!!」

ありす「私の話聞いてました!?」


21: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:17:53.58 ID:oCrDqzJY0

ありす「幸子さんは心が痛まないんですか!?」

幸子「....」

幸子「どうして心が痛むんですか?」ニッコリ

ありす「(そんな....)」

ありす「(幸子さんの心はもう完全に....)」

幸子「むしろボクが直々に構ってあげるんです!」

幸子「感謝して欲しいくらいですよ!」

ありす「(壊れてしまっている....)」

ありす「....」ブルッ


22: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:20:38.12 ID:oCrDqzJY0

ありす「....早く、呼ばないと」ブルブル

幸子「?」

幸子「急にスマホを取り出してどうしたんですか?」

幸子「ボクの写真でも撮ります?」

ありす「早く....早く....」ブルブル

ズルッ

ありす「あっ!」

カシャン

シュー


23: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:24:07.42 ID:oCrDqzJY0

コツン

幸子「....」ジー

ありす「」

幸子「....」

幸子「....落としましたよ」ニコ

ありす「」チョロチョロ

幸子「大丈夫ですか?」

ありす「すみません....すみません....」ガクガク

幸子「?」チラ


24: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:26:00.42 ID:oCrDqzJY0

幸子「一体どう110番!?」

ありす「(終わった....)」

幸子「ちょ、ちょっとありすさん!どうして警察に電話をかけようとしているんですか!?」

ありす「....」ガクガク

ありす「っ....」ゴクリ

ありす「(こうなったら最期くらい....)」

幸子「ありすさん?」

ありす「さ、幸子さんっ!」

幸子「はい!?」

ありす「人を殺めるのは、間違っています!」バーン

幸子「へ?」


25: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:29:45.02 ID:oCrDqzJY0

幸子「というわけなんですよ」

ありす「」

幸子「誤解を招くような言い方をしてしまって、すみません」

ありす「....本っ当ですよ!」

ありす「大体なんなんですか!」

ありす「なぜPさんに構うために、棍棒を作るという発想に至るんですか!!!」

ありす「それを作ったところで、どう使うつもりだったんですか!!!!!」バンバン

幸子「そ、それは....」

どう使う? >>26


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 21:30:12.51 ID:NyBWVPYqo

肩たたき


29: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:05:32.12 ID:oCrDqzJY0

幸子「そんなの決まってるじゃないですか」

幸子「叩くんですよ!」

ありす「やっぱり暴力しか頭にない半グレかサイコパスだったんですね!」

幸子「肩を叩くんです!」フフーン

ありす「か、肩....?」

幸子「ええ、Pさんに構ってあげたいのはやまやまですが今はお仕事中ですからね」

幸子「肩たたきくらいならPさんの負担にもなりませんし」

幸子「日頃の疲れも癒せるかもしれません!」

ありす「....」


30: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:06:03.32 ID:oCrDqzJY0

ありす「....どうぞ」

ありす「私の10円玉貯金です」

幸子「ありすさん!」

ありす「用が済んだらすぐに返してください」

幸子「もちろんですよ!大切に使わせてもらいます!」

ありす「....」

ありす「....が、頑張ってください」

幸子「!」

ありす「それでは私はレッスンがあるので」タッ

幸子「ありがとうございます!」ペコ


31: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:07:02.78 ID:oCrDqzJY0

幸子「さて....」ジャラ

幸子「....」ジャラジャラ

幸子「....」ジャララ

幸子「....」ジャランラ

幸子「....」ジャミラ

幸子「....」ジャコビ

幸子「んっ....」ギュッ

幸子「できました!ブラックジャック!」ババーン

幸子「よいしょ」ズル

幸子「よいしょ」ズル


32: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:07:29.06 ID:oCrDqzJY0

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」ジー

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「....Pーさん!」

P「ん?」

幸子「肩たたきしてあげます!」フフーン

P「どうしたんだ突然?」

幸子「まあまあ、遠慮しないでください」

P「....」


33: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:08:07.42 ID:oCrDqzJY0

P「せっかくだし、やってもらおうかな」

幸子「さすがですPさん、これの価値を誰よりも分かっていますね!」

幸子「ボクの肩たたきなんて超プレミアものですよ!」

P「確かになぁ、ファンなら金を払ってでもしてもらいたいだろうな」

幸子「そうですそうです!」

幸子「(あれ、ファンならって、Pさん自身はボクのファンじゃないってことでしょうか)」

P「幸子ー?」

幸子「あぁすみません!それじゃあ行きますよ!」

P「よろしくー」

幸子「せーの!」ブン


34: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:09:04.07 ID:oCrDqzJY0

ミシッ

P「ん゛き゛っ゛」

幸子「どんどん行きますよ!」ブン

P「ちょっと幸子!タンマっ!」

メキメキッ

P「っ゛っ゛っ゛」

P「ヤバい!幸子!これダメなやつ!」

幸子「まだまだ!」ブン

P「や

グシャァ

P「」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 22:11:56.13 ID:h0Pa8fLT0

やっぱりサイコパスだったじゃないか


36: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:12:34.54 ID:oCrDqzJY0

ちひろ「もうこんなことしたらダメですよ!」

幸子「すみません....」ショボン

P「ちひろさん、そのくらいで」

P「幸子も悪気があったわけじゃないんです」

ちひろ「そういう問題じゃありませんよ....」

ちひろ「鎖骨も肩甲骨もグシャグシャで外科手術が必要なレベルだったんですよ?」

ちひろ「骨が粉砕されていたせいで、肩の位置がおへその高さくらいまで落ちてたじゃないですか!」

P「肩を落とすってああいうことなんですね」アハハ

ちひろ「スタドリを飲まなかったらどうなっていたか....」

P「俺はこの通り!元気になりましたから!」グルングルン


37: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:13:24.42 ID:oCrDqzJY0

ちひろ「もう....スタドリ代は来月のお給料から天引きですからね!」

P「はいはい」

ちひろ「幸子ちゃんも気を付けてください」

ちひろ「Pさんが防御力に極振りしてなかったら」

ちひろ「スタドリがあっても、肩の位置は乳頭の高さくらいまでしか戻らなかったかもしれないんですよ?」

幸子「はい....」ショボン

P「ちひろさん、後は俺から言っときますから」

ちひろ「....」


39: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:14:04.26 ID:oCrDqzJY0

幸子「すみませんでした....」ペコ

P「いやいや、別にいいんだよ」

幸子「でも、Pさんが痛い思いを....」

P「アイドルの全てを受け止めるのが俺の仕事だ」

P「それに」

P「幸子が俺を思ってしてくれたこと」

P「確かに、身体は少しだけ痛かったけど」

P「逆に心は元気になったよ」ナデナデ

幸子「Pさん....////」

P「あ、でも、今度肩たたきするときは普通のでいいからな」クスリ

幸子「そうします!」


40: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:15:23.65 ID:oCrDqzJY0

幸子「....」

幸子「(ボクとしたことが、失敗してしまいました....)」

幸子「(Pさんに構ってあげるということばかり考えていたせいで)」

幸子「(周りが見えなくなっていたのかもしれません....)」

幸子「....」

幸子「(....でも!)」

幸子「(ここで止まっても仕方ありません!)」

幸子「(今回の失敗を活かして)」

幸子「(次の成功に繋げましょう!!!)」バーン

2日目に続く


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 22:16:39.30 ID:drs+wiZC0

しかし防に振ってるモバPって普段イベントちゃんとこなせてるのかな…


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 22:27:03.47 ID:h0Pa8fLT0

モバP「衣装盗られるのは嫌なので守備コストに極振りしたいと思います」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 23:30:59.17 ID:yReSt51+o

ちっひ鬼畜すぎない?


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 23:46:17.66 ID:b7MmIpBr0

ありす以外やばい奴しかいないことはわかった


49: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 21:52:09.00 ID:jVQ+8iPX0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....昨日は失敗してしまって)」

幸子「(Pさんにも迷惑をかけてしまいました....)」

幸子「....」

幸子「(....つまり)」

幸子「(昨日の借りを今日返します!)」

幸子「(待っててくださいPさん!)」バーン

P「....!」ゾク

何をする? >>50


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/21(木) 21:53:19.52 ID:TdLnpEKV0

(輿水だけに)腰を揉む


51: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:06:00.46 ID:jVQ+8iPX0

幸子「(昨日は肩を叩いて失敗しましたから)」

幸子「(今日は腰を揉みましょう!)」

幸子「....」

楓「輿水だけに腰を揉む、ふふ」
tkgkked29

幸子「!?」

幸子「楓さん!突然現れたと思ったら思考を読まないでください!」

楓「この辺りからギャグの波動を感じたので」

楓「仕事を早く切り上げて、急いで帰ってきたんです」

幸子「そんなことしなくていいんですよ....」


52: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:06:30.08 ID:jVQ+8iPX0

楓「それで、幸子ちゃんはプロデューサーの腰を揉むんですよね?」

幸子「そうするつもりですけど」

楓「でもあれを見てください」

幸子「?」

P「....」カタカタ

楓「今のプロデューサー、座っています」

幸子「ハッ!?」

幸子「これじゃあ腰が揉めません!」

楓「腰が揉めない幸子ちゃんは」

楓「プロデューサーの座っている椅子にシット」

楓「してしまいますね♪」ウフフ

幸子「....」

どうする? >>53


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/21(木) 22:07:13.58 ID:Ag6yL2JIo

加蓮直伝の幽体離脱からユッコ直伝のサイキックで揉む


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/21(木) 22:08:15.25 ID:7QzdwbC6O

なんだそのコンボ技


57: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:17:17.12 ID:jVQ+8iPX0

幸子「....こうなったら」

幸子「あの技を使うしかありませんね....」

楓「あの技....?」

幸子「....」スタスタ

幸子「....」ゴロン

楓「幸子ちゃん、どうして横になるんですか?」

幸子「楓さん、ボクの身体を見張っていてください」

楓「身体を?」

幸子「....」

幸子「....あれは、数日前のこと」

楓「回想シーンですか」

楓「シーンと聞いておきます」


58: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:31:14.10 ID:jVQ+8iPX0

~数日前~

小梅『あ、加蓮さん』
srskkum30

幸子『?』

幸子『どこにいるんですか?』

小梅『幸子ちゃんの真上だよ』

幸子『....』チラ

幸子『一応見てみましたけど、こんなところにいるわけないじゃないですか』

幸子『そもそもボクの真上は空中ですよ?』

小梅『うん』

幸子『うんって....』


59: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:32:05.44 ID:jVQ+8iPX0

幸子『小梅さんは何を言っているんですか....』

小梅『うん、うん、わかった』

幸子『も、もう、そうやって脅かそうったって』

小梅『幸子ちゃん、今日のパンツは大人っぽいって言ってる』

小梅『不埒感あるって』

幸子『!!?!?!??!??』

幸子『ふふふふふ不埒感ってなんなんですか!?』ダラダラ

幸子『そんな適当な言葉じゃボクは騙されませんよ!』

小梅『....』


60: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:32:45.10 ID:jVQ+8iPX0

小梅『うんうん』

幸子『なんですか』

小梅『○○○の○に○○○○が○○てて』

幸子『ストップ!ボクが悪かったです!!!』

小梅『....』

小梅『幸子ちゃん、意外と大胆、だね....////』

幸子『そ、その話はもういいじゃないですか....』

幸子『....』


61: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:33:15.51 ID:jVQ+8iPX0

幸子『....ちょ、ちょっと待ってください』

幸子『それじゃまさか、加蓮さんは....』

小梅『幽霊になってる』クスクス

幸子『いやいやいやいや笑ってる場合じゃないですよ!?』

小梅『大丈夫、これ大丈夫な幽霊だから』

幸子『幽霊における大丈夫って悪霊じゃないってだけですよね!?』

小梅『ううん、さっきの加蓮さんは生霊だよ』

幸子『い、生霊?』


62: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:33:44.16 ID:jVQ+8iPX0


加蓮『ハロー』
hjkrn35

幸子『うわぁっ!?』

幸子『小梅さんのせいでボクにも見えるようになっちゃったんですけど!?』

加蓮『いや、アタシ実物、リアルだから』

幸子『へ?』

小梅『幸子ちゃんのパンツをまじまじと見た後、すぐに体に戻ってこっちに来たんだね』

加蓮『そゆこと♪』

幸子『ボクにはもう何が何だか....』


63: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:34:47.90 ID:jVQ+8iPX0

加蓮『アタシ、幽体離脱ができるの』

幸子『幽体離脱?』

加蓮『昔ね、入院中に何度か魂が抜けかけることがあったんだけど』

加蓮『気が付いたら、魂の出し入れを自由に操れるようになってたんだよね~』

幸子『本来出し入れするものじゃないですよ....』

小梅『....』


64: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:35:20.63 ID:jVQ+8iPX0

小梅『....幸子ちゃんも、実はできたりしないの』

幸子『いやできるわけないですよ....』

加蓮『うーん....』ムムム

加蓮『....可能性はあるかも』

幸子『えぇ....』


65: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:35:58.73 ID:jVQ+8iPX0

加蓮『幸子ちゃん、過酷な企画やロケの連発で何度か魂抜けかけてるんじゃない?』

幸子『まあそれはそうですけど』

小梅『幸子ちゃんのロケはAED必須....』

加蓮『それなら幽体離脱のポテンシャル高いよ!』

幸子『はぁ』

加蓮『まずはね、目を閉じるの』

加蓮『そして、魂が抜けかけた時の光景を瞼の裏に映して』

幸子『....』グッ

加蓮『そしたら次に、既に亡くなっている大切な人を思いだして....』

幸子『....』ググッ


66: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:52:25.48 ID:jVQ+8iPX0

幸子「ということがありまして」

楓「面白そうなことをやっているんですね」フフ

幸子「加蓮さん直伝の幽体離脱を、ボクも会得したんです!」フフーン

楓「おぉ~」

幸子「なのでボクは幽体離脱をしてPさんの腰を揉んできます!」

楓「....あのー」

幸子「なんですか?」


67: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:55:19.81 ID:jVQ+8iPX0

楓「幽体離脱した時って、物体に触れることはできるの?」

幸子「フフーン、良い質問ですね」

楓「あら、この質問は想定通り?」

幸子「もちろんです」

幸子「楓さんの言うように」

幸子「幽体の弱点は、物理的な干渉が不可能なこと」

幸子「加蓮さん自身もそう言っていました」

幸子「しかしボクは!」

幸子「それすらも克服してしまったんです!」


68: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:55:48.75 ID:jVQ+8iPX0

楓「あ、これってもしかして」

幸子「いえ、回想にはいきません」

幸子「あれはとても、人様に明かすような内容ではありませんから....」フイッ

楓「(哀しい目....)」

楓「(一体幸子ちゃんに何があったというの....)」

幸子「まあ紆余曲折ありまして」

幸子「ボクは、裕子さん直伝のサイキックを会得したんです!」


69: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:56:20.43 ID:jVQ+8iPX0

楓「サイキック....」

楓「(裕子ちゃんが教えられるサイキックなんてあるのかしら)」

幸子「作戦はこうです!」

幸子「幽体離脱で体を抜け出したボクは、Pさんに気付かれることなく背後に回り込みます」

幸子「そして!」

幸子「全神経を集中、サイキックパワーの最大出力をもって」

幸子「Pさんのガチガチの腰を全力で揉みます!!!」

楓「なるほど....」


70: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:57:06.29 ID:jVQ+8iPX0

楓「よくわからないけど、頑張って!」グッ

幸子「任せてください!」

幸子「それでは....」スッ

幸子「」カクン

楓「私は幸子ちゃんの身体を見張っておけばいいのね」

幸子「お願いします!」

楓「....」

幸子「あ、聞こえないんでした」


71: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:11:27.25 ID:jVQ+8iPX0

幸子「それでは早速」

P「....」カタカタ

幸子「むむ....」ググッ

P「....」ピタ

P「なんだ....?」

P「腰の辺りに違和感が....」

楓「(まさか本当にサイキックが....?)」

幸子「フフーン、効いていますね!」

幸子「....集中」

幸子「....」ムムム

幸子「....これがボクの」

幸子「全力です!!!」ムムーンッ


72: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:12:33.48 ID:jVQ+8iPX0

バキベキボキィッッッ

P「?」

P「あれ?」

P「いきなり景色が逆さまに」バタン

ちひろ「Pさん!?」

ちひろ「どうしていきなり身体が二つ折りになっているんですか!?」

楓「あらあら」

幸子「あわわわわわわわわわわ」


73: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:13:03.95 ID:jVQ+8iPX0

ちひろ「もう!」

ちひろ「事務所内での幽体離脱とサイキックの使用は禁止します!」

幸子「すみません....」ショボン

加蓮「アタシは覗きくらいしか使ってないのに....」ブーブー

裕子「私なんてサイキックが成功したこともほとんどないんですが....」
hryk34

ちひろ「教えたあなたたちも同罪です!」

加蓮・裕子「「そんな~....」」

P「ちひろさん、そのくらいで」


74: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:13:54.11 ID:jVQ+8iPX0

P「幸子も悪気があったわけじゃないんです」

ちひろ「二つ折りの状態で言われても....」

楓「頭って、かかとにつけることが可能なんですね~」

ちひろ「Pさんは特殊な訓練を受けているんです」

ちひろ「普通の人は真似しちゃダメですよ」

ちひろ「スタドリを飲まなかったらどうなっていたか....」

P「俺はこの通り!元気ですから!」

ちひろ「元気なのがおかしいんですよ....」

ちひろ「もう....スタドリ代は来月のお給料から天引きですからね!」

P「福利厚生の一環でなんとかなりませんか?」

ちひろ「福利厚生の一環で定価の1%引きでの販売になっています」

P「しょっぺぇなぁ....」


75: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:16:05.14 ID:jVQ+8iPX0

ちひろ「3人とも気を付けてくださいよ?」

ちひろ「Pさんが防御力に極振りしてなかったら」

ちひろ「スタドリがあっても、魂がそのまま戻ってこなかったかもしれないんですよ?」

幸子「はい....」ショボン

加蓮「はーい」

裕子「はいぃ....」

P「ちひろさん、後は俺から言っときますから」

ちひろ「....Pさんは甘すぎますよ」

P「まあまあ」

ちひろ「....もう」


76: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:21:57.82 ID:jVQ+8iPX0

幸子「すみませんでした....」

P「いいんだよ」

P「昨日も言ったじゃないか」

P「幸子が俺のためにやってくれたことなんだから、謝る必要なんてないって」

幸子「でも....」

P「....」

P「幸子、お前の武器はなんだ」

幸子「カワイイところです」

P「いや、まあそれもなんだが」


77: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:22:24.19 ID:jVQ+8iPX0

P「お前のもう一つの武器は」

P「どんな企画でもこなしてみせる、その強い心だ」

幸子「心....」

P「お前自身が考え、俺にぶつけてきてくれるなら」

P「俺は何でも受け止めてやる!」

幸子「!!!」

P「だからお前は」

P「何度でもチャレンジしてみろ!!!」バーン

幸子「Pさん!!!」

P「....」

P「待ってるぞ」ニカッ

幸子「////」


78: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:24:02.17 ID:jVQ+8iPX0

幸子「(今日もPさんの恩に報いることが出来ませんでした....)」

幸子「....」

幸子「(でもPさんは、ボクを一切責めず)」

幸子「(あんな風に言ってくれます....)」

幸子「....」

幸子「(明日こそ、明日こそは....)」

幸子「(Pさんに上手く構ってあげましょう!)」

3日目に続く


80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/21(木) 23:25:31.15 ID:aRA5PCrNO

プロデューサーって凄い


84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/22(金) 03:06:45.70 ID:Tps6K8/d0

毎回Pが死に掛けないと一日が終わらないのか


85: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 22:41:46.24 ID:HwkqT6Ri0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....一昨日に続いて昨日もPさんにも迷惑をかけてしまいました....)」

幸子「....」

幸子「(....つまり)」

幸子「(三倍返ししかありませんね!)」フフーン

幸子「(待っててくださいPさん!)」バーン

P「....!」ゾクゾク

何をする? >>86


86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/22(金) 22:41:58.69 ID:plDbE5NN0

Pの血を吸う


87: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:01:06.86 ID:HwkqT6Ri0

幸子「(....今日はお詫びを込めて)」

幸子「(血を吸うしかありませんね!!!)」バーン

幸子「(さちこの『ち』は『血』の『ち』とも一部では言われているように)」

幸子「(ボクは血が大好きなんです!)」

幸子「....」

幸子「(そんなわけないじゃないですか!?)」

幸子「(血を見るのもあまり好ましくありませんが)」

幸子「(さらにそれを飲むなんて、さすがのボクでもやったことがありませんよ!)」

幸子「(でも、ボクはボクの直感に従わないと....)」

幸子「(どうしましょう....)」


88: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:01:38.54 ID:HwkqT6Ri0

幸子「....」

幸子「(とにかくPさんの血を貰ってから考えましょう!)」

幸子「....」トテトテ

幸子「Pさん!」

P「お、幸子どうした」

幸子「お願いがあるんです」

P「今日は何をしてくれるのかな?」


89: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:02:11.08 ID:HwkqT6Ri0

幸子「これで」ゴトン

P「え、何この器具は....」

幸子「この管の先に付いている太い針をPさんの腕に刺します」

幸子「そして管が繋がっているこのガラス管の上の部分を引くことで」

幸子「血を抜くことができるんです」

P「あぁ、やっぱり....」

P「....えーっと」

P「俺はなんで血を抜かれなきゃいけないんだ?」

幸子「ボクのためです」

P「....」


90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/22(金) 23:03:07.00 ID:DG6MRyr6o

ヒェ


91: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:03:47.02 ID:HwkqT6Ri0

P「まったく、幸子はおねだり上手だなぁ」

P「そんなカワイイ顔でお願いされたら断れるわけないだろ?」

幸子「ボクがカワイイせいで....すみません」

P「で、どのくらい必要なんだ?」

幸子「ボクもよくわからないんですけど」

幸子「とある漫画で2000ccほど抜かれていましたね」

P「じゃあ倍プッシュでいくか!」

幸子「ありがとうございます!」

P「いいってことよ!」

幸子「それでは....」

P「っ....」ゴクリ

幸子「採血...!」


92: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:11:50.72 ID:HwkqT6Ri0

幸子「....」グッ

P「....」

幸子「....」ググッ

P「....」

幸子「....」グググッ

P「....」

P「今どのくらいだ?」

幸子「ちょっと待ってくださいね....」チラ

幸子「50ccくらいです!」

P「これをあと80回繰り返すのか....」

幸子「なかなか時間のかかる作業なんですね~」

P「献血するときは自動だからなぁ」

P「手動だとこんなもんじゃないか?」

幸子「それもそうですね」


93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/22(金) 23:14:35.31 ID:Tps6K8/d0

危険な上に立派な犯罪ですよ……


94: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:14:48.19 ID:HwkqT6Ri0

~数十分後~

幸子「はぁ....はぁ....」

P「....」グッタリ

P「....今どれくらいだ?」

幸子「今....」チラ

幸子「1800ccくらいです....」

P「あぁ、もうそんなところまでいってるのか....」

P「よし、ちょっとストップしてくれるか?」

幸子「へ?」


95: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:15:15.06 ID:HwkqT6Ri0

幸子「でもまだ目標の半分にも到達してませんよ?」

P「その目標を達成するためにちょっとやらなきゃいけないことがあってな」

P「何分かあれば済むからちょっと一旦止めてくれ」

幸子「わ、わかりました」ピタ

P「ふぅ....」

P「集中するから待っててな」フー

P「....」

P「....」

P「....」

P「....」

P「....」

幸子「....」

幸子「....?」


96: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:15:44.45 ID:HwkqT6Ri0

P「....」カッ

幸子「ぴ、Pさん....?」

P「....」

P「....」

P「....」

P「ばぶ」

幸子「!?」


97: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:16:11.88 ID:HwkqT6Ri0

P「ばぶばぶ」

幸子「え、突然どうしたんですか?」

P「....」

P「....」ウルッ

P「んぁっ!んぁっ!」ポロポロ

幸子「!!??!?!!?!???」

幸子「なんで突然号泣し始めるんですか!?」

幸子「赤ちゃんプレイする時間帯じゃありませんよ!?」

P「んんぁっ!!!んぁぁぁぁっ!!!!」ピエン


99: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:22:02.36 ID:HwkqT6Ri0

P「んぁっ!んぁっ!」

幸子「なんなんですかこれ....」

幸子「まるで本物の赤ちゃんになってしまったみたいです....」

幸子「おっ○いでもあげればいいんでしょうか....」

幸子「....」

幸子「....////」

P「ハッ!」

P「....危なかった」

幸子「Pさん!元に戻ったんですか!?」

P「あぁ、もう大丈夫だ」


100: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:22:50.43 ID:HwkqT6Ri0

P「採血を続けてくれ」

幸子「いやいや!その前に今の奇妙な行動の説明をして欲しいんですけど!?」

P「....」

P「....血の成分のほとんどは骨髄で作られるんだが」

P「大人は、胸骨や肋骨なんかの限られた場所の骨髄でしか作られないんだ」

幸子「は、はぁ....」

P「だが」

P「新生児だけは別で」

P「全身の骨髄で作ることが出来るんだよ」

幸子「....」


101: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:24:28.76 ID:HwkqT6Ri0

幸子「では....」

P「あぁ、心を新生児に戻すことで」

P「全身の骨髄での血液の生産を促したんだ」

P「だがこれは諸刃の剣でな」

P「あまり深く新生児に入り込み過ぎると....」

幸子「どうなるんですか?」

P「....」

P「心が戻ってこられなくなって」

P「見た目は大人、心は新生児っていう新種のクリーチャーが誕生する」

幸子「怖すぎますよ....」ゾッ


103: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:25:22.50 ID:HwkqT6Ri0

幸子「Pさんは一体何者なんですか....」

P「俺はただのプロデューサーさ」ニコ

幸子「えぇ....」

P「幸子、早く採血を続行してくれ」

P「今の俺は、血液が生産され過ぎている」

P「このままじゃ、水を入れ過ぎた水風船のように」

P「じき身体が弾け飛ぶ」

幸子「ボクのためとはいえPさんは無茶をし過ぎでは....」

P「このくらい安いもんさ」アハハ


105: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:27:43.39 ID:HwkqT6Ri0

幸子「これが4000cc分のPさんの血液....」

P「いやー400ml献血10回分って考えたら、結構頑張ったな俺」

幸子「結構なんてものじゃないですけどね!」

P「それもそうだ!」

幸子「じゃ、ありがとうございました!」

P「おう!」

幸子「助かりました!」トテトテ

P「....」

P「....」

P「結局、俺の血液を何に使うんだろ」

P「....ま、いっか」


106: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:40:03.42 ID:HwkqT6Ri0

幸子「これで第一の目標は達成できました!」

幸子「あとはこれをどうやって飲むか、ですね....」

幸子「....」

幸子「ゲテモノは食べ慣れてますし」

幸子「動物の血液を使った料理も何度か食べました」

幸子「さすがに人、しかも見知った人の血液をそのまま飲むのは抵抗が....」

まゆ「いい香り」
skmmy38

幸子「!?!?!?!?!?!??」


107: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:40:29.19 ID:HwkqT6Ri0

幸子「まゆさん!?」

まゆ「呼びましたかぁ?」

幸子「まったく!これっぽっちも呼んでませんよ!!」

まゆ「....」

まゆ「....」ジー

幸子「....な、なんですか」

まゆ「それ、いいですねぇ」ニコニコ

幸子「....」


108: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:41:10.99 ID:HwkqT6Ri0

幸子「まゆさんは、人の血を飲んだことってあったり....」

幸子「ってそんなわけないですよね!」

幸子「すみません変なこと聞いちゃって」チラ

ピチャ

ピチャ

幸子「....まままままままままままゆさん?」ビクビク

まゆ「....」ピタ

まゆ「....」

まゆ「....」ピチャピチャ

幸子「そのまま飲み続けるんですか....」アキレ


109: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:42:14.80 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ♪」ツヤツヤ

まゆ「やっぱり新鮮なものに限りますねぇ」

幸子「結構飲みましたね....」

幸子「まあたくさんあったのでこのくらいはいいんですけど....」

幸子「....あの、まゆさんって吸血鬼か何かなんですか?」

まゆ「同じ事務所に2人も吸血鬼がいるはずないじゃないですかぁ」ニコ

幸子「え、じゃあなんで飲んだんですか?」

まゆ「....」

まゆ「....」ニコォ


110: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:45:39.18 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「....幸子ちゃんは」

まゆ「好きな人、いますか」

幸子「え゛っ!?」

幸子「いきなり恋バナですか!?」

まゆ「....」

まゆ「その人と、結ばれればいいなって」

まゆ「思いますか?」

幸子「それはそうじゃないですか?」

幸子「結ばれたくないのに恋をする人なんていませんよ」


111: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:47:33.97 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「結ばれるためには」

まゆ「運命の赤い糸が」

まゆ「必要なんです」

幸子「は、はぁ」

まゆ「....この、Pさんの真っ赤な血液」

まゆ「これは」

まゆ「運命の赤い糸に他ならないわけです」

幸子「?????」


112: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:48:36.30 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「目の前に赤い糸があったら」

まゆ「どうしますか?」

幸子「え」

まゆ「その糸を、ゆっくり、ゆっくり」

まゆ「手繰り寄せますよね」

まゆ「そのつもりで」

まゆ「啜りました」ニコォ

幸子「??????????」


113: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:49:03.79 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「素敵なものをプレゼントしてくれた幸子ちゃんに」

まゆ「お礼をしないといけませんね」ウフフ

幸子「え、いやいや、そんなの別にいいですよ」アタフタ

まゆ「この血を扱うのに、適した人を教えてあげます♪」

幸子「血を?」

幸子「そんな人がいるんですか?」

まゆ「はい」ニッコリ


117: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:05:13.04 ID:zO6oBY+W0


響子「それで私のところに....」
igrskyk33

幸子「すみません、こんな謎の用事で....」

響子「....」

響子「ちょっと、その血液というのを見せてもらえますか?」

幸子「わかりました」スッ

幸子「これです」

響子「....」ジー


118: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:05:38.80 ID:zO6oBY+W0

響子「....これが、Pさんの血液」

響子「....」

幸子「....どうでしょうか」

響子「....」

響子「....少し味見を」ペロ

響子「....」クチュ

響子「....」クチュクチュ

響子「....」ゴクン

響子「....」

幸子「どうでしょうか....?」

響子「....」


119: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:06:13.63 ID:zO6oBY+W0

響子「そのままで大丈夫です!」

幸子「」

幸子「あの響子さん、ボクはそのままに抵抗があるからここに来たんですけど!」

響子「Pさんを想う気持ちがあるなら」

響子「むしろそのままで飲まなきゃダメですよ!」

響子「Pさんに失礼です!」

幸子「いやボクはPさん狂信者でも妄信者でもないので

響子「はい?」ニッコリ

幸子「....」

幸子「....」

幸子「....」


120: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:06:40.20 ID:zO6oBY+W0

幸子「....じゃああの」

幸子「....」

幸子「....1口だけ」

響子「はい♪」ニッコリ

幸子「....」

幸子「っ....」クピ

幸子「....」ゴクッ

幸子「....ぅぇ」


122: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:07:10.26 ID:zO6oBY+W0

響子「素材の味を楽しんだところで」

響子「次は料理にしていきましょうか」

幸子「ボクが飲んだ意味とは....」

響子「といっても、人の血液を使った料理なんてないので」

響子「本来は動物の血を使う料理を、Pさんの血液で作っていきましょう!」

幸子「大変なことになりそうですね....」

響子「ブーダン・ノワール、猪紅、ディヌグァン、イリチー....」

響子「血液料理のフルコースです!」

幸子「ひぇぇ....」


123: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:20:54.22 ID:zO6oBY+W0

響子「美味しかったですね♪」

幸子「」

響子「....」

幸子「」

響子「....幸子ちゃんもいつか、これを美味しいと思える日が来るんでしょうね」

幸子「....たぶん永遠に来ないと思います」

響子「....」

響子「....そんなことないよ」ニコ

幸子「綺麗な笑顔で言われても無理なものは無理ですよ」


124: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:21:31.26 ID:zO6oBY+W0

響子「ちなみに」

響子「私たちは愛があるので人の血液を飲んだり食べたりしても大丈夫ですけど」

響子「皆さんはそんなことしたらダメですよ?」

響子「病気になっちゃいますからね!」

幸子「突然在らぬ方向の虚空に向かって喋りはじめてどうしたんですか?」

響子「必要なことです!」

幸子「あ、はい」

幸子「(....誰も真似しないと思いますけど)」


125: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:22:58.08 ID:zO6oBY+W0


清良「それともう1つ」
yngkyr25

幸子「!!?!?!?」

清良「採血は医療行為です」

清良「医療行為を行うには医師や看護師、臨床検査技師等の免許が必要なので」

清良「免許のない一般の方はやってはいけませんよ」

幸子「じゃあご家庭で麻雀をする時に血液を賭けるのは....」

清良「絶対ダメ」

幸子「ですよねー」


126: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:24:44.37 ID:zO6oBY+W0

幸子「(今日は酷い目に遭いました....)」

幸子「....」

幸子「(まあ自業自得なんですけど....)」

幸子「....」

幸子「(ただ、今日はPさんにあまり迷惑をかけなかったのはよかったです!)」

幸子「(この調子で明日からは、もっと上手に構ってあげましょう!)」

4日目に続く


転載元:【モバマス安価】幸子「Pさんに構ってあげます!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1589973642/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。