スポンサーリンク

トップページCu > P「もう仕事やりたくないめんどくさい」杏「えっ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 02:51:06.92 ID:ua9Iwdjx0


杏「ど、どうしちゃったのプロデューサー・・・?急にそんなこと言うなんて・・・」
ftbanz33

P「もうさー・・・プロデューサー業疲れちゃったんだよね・・・杏あと適当にやっといてくれる?」

杏「えー・・・いや、私的には嬉しいんだけどさ・・・いいのそれで?」

P「杏もいつもめんどくさいーって言ってるじゃないか」

杏「そ、そうだけどさ・・・とりあえず・・・飴食べて元気だしな?」

P「うん・・・(杏が俺に飴あげるなんてよっぽど心配してるんだな・・・)」


スポンサーリンク


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 02:55:12.50 ID:ua9Iwdjx0

P「とりあえず今日の営業一人で行って来てくれる?」

杏「えぇ~?アタシが言うのもなんだけどさ、そういうことはちゃんとしないとアレなんじゃないの?」

P「えーめんどくさいなぁ」

杏「めんどくさいとかいってないでいくぞー、大体プロデューサーがいないと私が楽できないじゃないか!」

P「しょうがないなー(よし!うまくいった!)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 02:56:52.66 ID:ua9Iwdjx0

杏「今日の営業って雑誌の取材だっけ?めんどくさいなー」

P「じゃあもう帰ろっか」

杏「ちょ!ダメでしょ帰っちゃ!と、とにかく帰らないでよね、ちゃちゃっと終わらせてくるから・・・」

P「わかったよぅ」

P(杏はそのあといつもとは比べ物にならないようなハキハキした喋り方で取材を受け、記者に好評を博したようだ)

                     パーフェクトコミュニケーション!


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 02:59:21.27 ID:ua9Iwdjx0

―事務所―

P「あ゛-疲れたー」

杏「何もしてないじゃんプロデューサー・・・」

P「外に出るだけで疲れるんだよー。あーアイス食べたい」

杏「アタシもう帰るけど」

P「おう、俺はまだ仕事あるから。めんどくさいなぁ」

杏「じゃ、お疲れ」

杏「・・・・・・」

杏「今日のプロデューサー変だったなぁ」

杏「これからもあんな調子だったら困るなー(ニヤニヤ」

杏「ずっとプロデューサーの面倒見なくちゃいけないのかな?めんどくさいなー(テレテレ」

杏「あっ、ゲーム忘れた。事務所取りいこ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 03:00:43.37 ID:ua9Iwdjx0

杏「ん?話し声が聞こえる」

モバP「んで、今日の杏はすごかったんですよー!まるで別人のように仕事こなして!」

ちひろ「それさっき聞きましたから・・・はぁ」

モバP「あっ言ってました?言っちゃってましたっけ?いやー俺としたことが杏のことになると夢中になっちゃって!」

杏(プロデューサー?なんか元気になってるような・・・)

モバP「いやーしかし、俺の作戦は見事に成功してますよね!俺がめんどくさがりになったら逆に杏はしっかりするんじゃないかという俺の目論見は見事に当たったんですよ!」

杏(!!)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 03:03:55.78 ID:ua9Iwdjx0

P「このままいけば杏は見事トップアイドルになってあわよくば俺の仕事も減って・・・」

杏「そうはさせるかああぁぁ!!(ガチャッ!」

P「あ!杏!聞いてたのか!?」

杏「まったく!どうやら小賢しいことを考えおって!言っとくけどアタシには無駄だから!!」

P「えっでも今日は素直に」

杏「無駄だから!!!!」

P「はい」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 03:05:43.35 ID:ua9Iwdjx0

杏「ふん!アタシもう帰る」

モバP「うん」

杏「帰るから!」

モバP「・・・送らせていただきます」

杏「それでいいのよ」

ちひろ「おつかれさまですプロデューサーさん」

モバP「うぅ~ちひろさーん(泣」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 03:08:45.05 ID:ua9Iwdjx0

―モバPの車の中―

杏「まったく!今度したら事務所やめるからな!」

モバP「勘弁してください」

杏「だいたい・・・」

モバP「うん?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 03:11:40.32 ID:ua9Iwdjx0

杏「アタシは・・・そんなことしなくてもちゃんとやるから・・・」

モバP「ホントかよ」

杏「ホ、ホントだし!だってアンタが・・・」

杏「馬車馬のように働いて、アタシに印税生活させてくれるんでしょ・・・(テレ」

モバP「・・・へへ、そうだな!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 03:13:47.11 ID:ua9Iwdjx0

杏「そうだ!それまでアタシを楽してアイドルにさせてくれよ」

モバP「それは杏次第かな」

杏「こういうときははいって言っとけばいいの!」

モバP「はいはい」

                    ~fin~


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。