スポンサーリンク

トップページグリマス > 【ミリマスSS】美奈子「ほら、襟が曲がってますよ」琴葉「むむっ」

1: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:06:47.25 ID:sGvyrzAB0

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
琴葉さんが今日も可愛いです。




2: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:07:26.26 ID:sGvyrzAB0

 
P「よーしじゃあ出発するぞー」

美奈子「あ、ちょっと待ってくださいプロデューサーさん」
stkmnk27

P「ん?」

美奈子「動かないでくださいね」グイッ

P「お、おぉ…」

美奈子「ほら、襟が曲がってますよ。しっかりしてくださいね」

P「あぁ、ありがとうな美奈子」

美奈子「…あっ」

美奈子「今のやり取り、お嫁さんみたいじゃないですか!?」

P「そうだなぁ。美奈子の旦那さんは幸せ者だろうなぁ」

美奈子「も、もうー!やめてくださいよー!」バシバシ

P「痛い痛い」


琴葉「むむっ」
tnkkth36

 

スポンサーリンク



3: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:08:09.36 ID:sGvyrzAB0

 
次の日

琴葉「……」ジー

P「なんでしょう琴葉さん」

琴葉「なんでもありません。気にしないでください」ジー

P「気になる…」
 


4: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:08:37.77 ID:sGvyrzAB0

 
琴葉「ハッ!」

琴葉「プロデューサー、ネクタイが緩んでますよ!」

P「え、あぁ本当だ」

琴葉「私が結び直してあげますね!」

P「いや自分で」

琴葉「結び直してあげますね!」

P「はい」
 


5: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:09:26.84 ID:sGvyrzAB0

 
琴葉「あれ、普段と逆だから、こうして…」

琴葉「形が崩れちゃった。こっちをもっと、こう…」

P(顔が近い…)

琴葉「うぅん、上手くいかない…」

琴葉「すみません、後ろから失礼しますね」

P「えっ」

琴葉「やっぱりこっちの方がやりやすいですね」

P「あの、あまりよろしくない体勢ですが」

ガチャ

百合子「失礼しま、あ」
nnoyrk26

P「あ」

百合子「ししししし失礼しましたーーーー!!!!お幸せにーーー!!!」バターーーーン

P「あぁぁぁぁ百合子ぉぉぉぉ!!誤解なんですぅうぅ!!!」

琴葉「また崩れちゃった…、はぁ…」
 


6: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:10:04.40 ID:sGvyrzAB0

 
別の日

千鶴「プロデューサー、またコンビニのおにぎりですの?」
nkidczr20

P「安くて早くて美味しいんですもん」

千鶴「まったく…、私の横に立つ者として、体調管理くらいはキチンとしていただかないと…」

P「かたじけない」

千鶴「冷蔵庫にうちの総菜…、じゃなくておべんと…、じゃなくてシェフのデリバリーが入ってますので、お野菜も食べてくださいまし」

P「え!いいの!やったー!千鶴さんが持ってくる料理って帰省して実家で食べるご飯みたいで好きなんですよね!」

千鶴「か、家庭料理はセレブの嗜みですから!」


琴葉「むむっ」
 


7: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:10:34.47 ID:sGvyrzAB0

 
次の日

琴葉「プロデューサー、そろそろお昼ですか?」

P「ん、あぁもうそんな時間か。またコンビニのおにぎりと千鶴さんの総菜を…」

琴葉「ご、御一緒にシジミ汁はいかがですか?」

P「シジミ汁?」

琴葉「じ、実は昨日シジミ汁を作りすぎてしまって…」

P「そんなことある?」

琴葉「ど、どうぞ!」ガラガラ

P「わぁ美味しそう」
 


8: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:11:08.15 ID:sGvyrzAB0

 
P「琴葉ってシジミの身って食べる?」

琴葉「私は食べますね。栄養が沢山詰まってますから」

琴葉「あっ、すみません。殻付きだと面倒ですよね。私、外します。殻入れと別のお箸を持ってきますね」

P「いやいやそんな大丈夫だよ」

琴葉「わ、私が好きでやってることですから!」

P(琴葉ってシジミの身を解すのが好きだったのか…?)
 


9: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:11:47.64 ID:sGvyrzAB0

 
琴葉「……」

カラン

琴葉「……」

カラン

P(なにこの空間)

美咲(なに見せられてるんだろう私)

琴葉「……」

カラン

琴葉「……」

カラン
 


10: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:12:24.38 ID:sGvyrzAB0

 
琴葉「は、はいっ!全部解れましたよ!どうぞ!」

P「ありがとう」

美咲「なんだかプロデューサーさんと琴葉ちゃん仲良しですねぇ。妬けちゃうなぁ」

P「ハハハやめてください」

美咲「えー、私も琴葉ちゃんみたいな可愛いお嫁さんが欲しいですー」

P「ハハハ。琴葉は渡しませんよ」

琴葉「え、えっと、その…」

P「琴葉さん?」

琴葉「ふ、不束者ですが…」

P「琴葉さん!?」
 


11: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:12:52.55 ID:sGvyrzAB0

 
別の日

P「あれ」

恵美「ん、どしたの?」
tkrmgm22

P「袖のボタンが取れかけてる。今度直してもらお」

恵美「あちゃーホントだ。プロデューサー着替えあるよね?ちょっと着替えてきてよ」

恵美「ねーねー美咲ぃー。この色の糸ちょーだーい」

P「なんか悪いな」

恵美「いーのいーの。こういう細々とした作業って楽しいし」

P「恵美は家庭的だなぁ」

恵美「にゃはは、褒めてもなんも出ないよ」


琴葉「むむっ」
 


12: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:13:28.24 ID:sGvyrzAB0

  
次の日

琴葉「プロデューサー」

P「はいなんでしょう」

琴葉「えっと。…これ、差し上げます!」


P「ハンカチだ。ありがたいけど何かもらうようなことあったっけ」

琴葉「と、突然刺繍をしたくなって…」

P「あ、ほんとだ俺のイニシャルが刺繍してある。すごい」

琴葉「刺繍って没頭できて楽しいんですよね」

P「そうなんだぁありがとう」

琴葉「じゃあ私は向こうで勉強をしてますので」

P「琴葉は偉いなぁ」
 


13: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:14:11.49 ID:sGvyrzAB0

 
琴葉「……」

琴葉「……」

P「琴葉」

琴葉「……」

琴葉「……」

P「琴葉ー?」

琴葉「……」

P「琴葉!」ツンツン

琴葉「ハッ!」

琴葉「す、すみません私ったら、こんなところで…」

P「昨日何時に寝たの?」

琴葉「刺繍が思ったより難しくて…あっ」

P「嬉しいけど無理しちゃダメだよ」

琴葉「すみません…」
 


14: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:14:51.30 ID:sGvyrzAB0

 
別の日

エレナ「プロデューサー!」ドーン
smbrern22

P「うわぁ!」

エレナ「エヘヘ~、ビックリした?」

P「後ろから飛びつくのは危ないから!」

エレナ「エ~。じゃあ正面からなら良いの?」

P「ダメです」

エレナ「なんで?危なくないヨ?」

P「とにかくダメです」

エレナ「エーイ隙ありー!」ドーン

P「こらこら」


琴葉「むむっ」
 


15: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:15:21.98 ID:sGvyrzAB0

 
次の日

琴葉「プロデューサー、ちょっと後ろを向いてもらえますか?」

P「ん?こう?」

琴葉「……」

P「どうした?背中になんかついてた?」

琴葉「……」

P「え、本当にどうした?」

琴葉「こ、こっち見ちゃダメです!」

P「え?え?」

琴葉「……」

琴葉「ど」

P「ど?」

琴葉「……」

琴葉「なんでもないです…」

P「なんだったんだ…」
 


16: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:15:47.45 ID:sGvyrzAB0

 
別の日

未来「プロデューサーさんプロデューサーさん!」
ksgmri25

P「今日も未来は元気だなぁ」

未来「見て下さい!私今日の英語の単語テスト満点だったんですよ!」

P「おぉ~偉い偉い」ワシャワシャ

未来「でへへ~」

P「偉いぞ~未来~。たくさん勉強したんだな~」ワシャワシャ

未来「それがですね~、前の時間に同じテストやった子とたまたま体育で一緒で~」

P「ん?それって」

未来「あ」

P「ちょっとその問題もう一回解いてみようか?」

未来「あ~!私、用事思い出しました!行ってきま~す!」

P「あ!こら未来!」


琴葉「むむっ」
 


17: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:16:22.51 ID:sGvyrzAB0

 
次の日

琴葉「プロデューサー」

P「どうした琴葉」

琴葉「今日、学校で数学の小テストがあったんですけど」

P「うんうん」

琴葉「一問、間違えてしまって…」

P「一問だけなんてすごいじゃん」

琴葉「で、でも…すごく単純な計算ミスで、そこさえ合ってれば満点だったのに…!」

P「よくあるよくある」
 


18: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:17:00.95 ID:sGvyrzAB0

 
琴葉「私もプロデューサーに褒めてもらいたかったのに…」

P「ん?」

琴葉「こんなしょうもないミスをしてしまうなんて…」

P「琴葉?」

琴葉「だからプロデューサー、私を叱ってください」

P「え?」

琴葉「『こんな問題も解けないなんて、琴葉は駄目な子だな』って言ってください」

P「え?え?」

琴葉「あぁっ、でもこれも私が望んだものだとしたら、その言葉でさえ…!」

P「え?え?え?」

琴葉「すみませんプロデューサー。満点を取るまで、この事務室には入らないようにします」

P「落ち着いて琴葉さん」

※次の日ちゃんと英語の小テストで満点取った
 


19: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:17:35.29 ID:sGvyrzAB0

 
別の日

P「あ、そういえば」

美咲「今日の演出さんとの打ち合わせの話ですか? 資料は一通り刷ってそこにあります」

P「ありがとう美咲ちゃん。あの人ってさ、ほら、あの」

美咲「粒あんでしたっけ」

P「そうそう。冷蔵庫に入れておいたからさ」

美咲「あれ、でもどっちでしたっけ」

P「コーヒー派だったよ確か」

美咲「あぁっ、コーヒーといえば!」

P「予備なら戸棚の右に入ってたハズだよ」

美咲「本当ですか?良かったぁ~」


琴葉「むむっ」
 


20: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:18:30.19 ID:sGvyrzAB0

 
琴葉「……」ジー

P「……」カタカタ

P「んー…」ノビー

琴葉「お茶です」サッ

P「んん、ありがとう琴葉」

P「そういえばさー、この前のあの」

琴葉「えっと…?」

美咲「あー、外のロケって良かったですよねー」

P「だよねー」

琴葉「……かっ」

琴葉「肩でもお揉みしましょうか」

P「えぇ!? いやいやそんな悪いよ」

琴葉「そ、そう言わずに!」モミモミ

P「あぁ~気持ち良い~」

美咲「いいなぁプロデューサーさん」
 


21: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:19:29.44 ID:sGvyrzAB0

 
P「美咲ちゃん疲れてるみたいだから、折角だから美咲ちゃんの肩も揉んであげて」

琴葉「は、はいっ!失礼します!」モミモミ

美咲「はわぁ~!気持ちいい~」

美咲「なんだかアレを思い出しますね~」

琴葉「アレですか…?」

P「ダイビング?」

美咲「そうそう~それです~、はわぁ~」

琴葉「……」

美咲「あ、ありがとね琴葉ちゃん。気持ちよかったよ」

琴葉「わ、私は…」ポロポロ

美咲「えぇっ!?琴葉ちゃんどうして泣いてるの!?」

琴葉「うぅ……プロデューサー、美咲さん…」

琴葉「お、お幸せに…!!」ダッ

P「琴葉!? おーい琴葉ー!?」
 


22: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:20:17.53 ID:sGvyrzAB0


P「うーん、なんだか最近琴葉が変だなぁ」

美咲「そうですねぇ。目の前で見せつけられてる私の身にもなって欲しいですよ」

P「え?」

美咲「なんですか?」


おわり
 


23: ◆ivbWs9E0to 2020/08/11(火) 10:20:51.93 ID:sGvyrzAB0

おわりです。HTML依頼出してきます。
オチは無いですが琴葉が可愛いのでOKです。


転載元:【ミリマスSS】美奈子「ほら、襟が曲がってますよ」琴葉「むむっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1597108006/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。