スポンサーリンク

トップページモバマス > 淫魔沙理奈「さて…次の標的はと」ぷちなかの「かおす…!」

53: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:50:19 ID:Mee

投下します。

タイトル

淫魔沙理奈「さて…次の標的はと」ぷちなかの「かおす…!」

今回のお話は

ユミラウネ、誕生秘話。
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11337843

加蓮「歌おう、ぷちかれ!」ぷちかれ「ウタオ カレン!」
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10732182

これらの設定を踏まえています。


54: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:50:51 ID:Mee

~屋上~  

ぷちなかの「おいっちに おすおす」グイグイ

ぷちなかの「さーんしー おすおす」グイグイ

ズァオオウ…… 

ぷちなかの「おす?」

千枝「ふうっ…な、何とか空間を繋げることができました…」
sskce29

沙理奈「ふうん……ここが人間界……食べごろのオトコはいるかしら…楽しみね」
mtmtsrn20

ぷちなかの「かおす……!」

千枝「あっ、見てください沙理奈さん、何だか小さい子がいます、使い魔の一種でしょうか……」

沙理奈「んー…? その割には魔力も何も感じないけれどねぇ……」


55: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:51:12 ID:Mee

ぷちなかの「はったおす!」ブンッ

沙理奈「ごめんね、今日は侵略に来たわけじゃないの……【拘束】」

ぷちなかの「うおお!?」ジタバタ

※魔力の鎖で両手両足を縛られるぷちなかの。

これでは動けません。

沙理奈「それにしても……ルシファー様も面倒な頼みを持ってくるわよね…実働部隊の身にもなってほしいったら……」テクテク

千枝「それにしても、肝心な方々は見当たりませんね…」

シリーズスレ
ぷちシリーズ

中野有香「可愛さ十段…二人なら…!」ぷちなかの「おふこおす!」
ぷちみほ「コヒェア……」加蓮「流石にコーヒーは苦かったね…」
ぷちなかの「おとおし!」モバP「居酒屋かここは」
ぷちなかの「ぼおず!」有香「かのちゃんっ!!」

スポンサーリンク


56: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:51:35 ID:Mee

~事務室~

P「グオー…… グガー……」

沙理奈「…丁度いいわ、あのニンゲンに訊いてみましょ、ちょうど小腹も減ってきたところだし♪」

千枝「悪い癖ですよ、沙理奈さん、人間界に来るたび精力を吸い取って……たまに絞り尽くして殺しちゃうじゃないですか」


沙理奈「カタイ事はいいっこなしなし、それに殺す相手くらいちゃんと選んでるってば」

千枝「ホントですよね…毎回後始末大変なんですからね、私の分の分け前少ないですし…」

沙理奈「さ・て・と…ホントは極悪人とかの方が歪んだ欲を持ってたりするから美味しいんだけど……」アーン…

「……そこまでにしておく事ね」スチャッ

沙理奈「…っ」ゾクッ

千枝「さ、沙理奈さん、後ろ……」


57: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:52:01 ID:Mee

奏「…厄介事の匂いに誘われて来てみれば……まさか淫魔が2匹とはね…」

沙理奈「まさかはこっちこそよ…どうしてこんな所に死神さんがいるのかしら…」タラー

沙理奈(いつの間に背後に……?)

奏「生憎、その人の魂は楔になっているの…例え精力の一口だろうと、奪わせるわけにはいかない……」
hymknd28

※奏は三日月型の短刀を構えている…

沙理奈「楔……ね… 何の話か知らないけど、つまり吸われたら困る、そういう事よね」ピトッ

※沙理奈は片手で精力を奪おうとしている……

千枝「え、えっと、あの、私は……どうしましょう」オロオロ

沙理奈「貴女は任務に戻って アイヴィーローズ様を捜索、はい、急ぐ」

千枝「は、はいっ」パタパタパタ

奏「アイヴィーローズ……随分大層な名前ね、何かの暗号かしら…」

沙理奈「…動いたら一瞬で吸い尽くすわ」


58: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:52:15 ID:Mee

奏「そちらが吸う動きを見せたら私はその口を塞ぐまで……一生を棒に振りたくなければやめておきなさい」

沙理奈「口さえ塞げば多くは吸えないとでも?甘いわね、私くらいになれば片手でも一瞬で……」

P(…………)

P(やべえ)

※起きてますね。

P(そりゃあんだけギャースカ騒げば起きるわ)


59: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:52:36 ID:Mee

P(しかし参ったな……話は何となくわかったが……要するにアレだろ、前にチラッと志保から聞いた……アイヴィーローズってのは……何だっけな……)

※時期的に志保はアイヴィーローズを知りませんからね。

P(というか面倒だな……隙があれば……)

奏「………」

沙理奈「……」

P(ないな)


60: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:52:51 ID:Mee

バァン!!!

奏「きゃっ……!?」ビクッ !

沙理奈「なっ、何!?」

ぷちなかの「うおおす!!」バーン

沙理奈(そんな、【拘束】の魔道を自力で……? 上級悪魔でも解くのに3日はかかるのよ…?)

奏「はっ……び、びっくり……いえ、驚いた……じゃなくて」ビクビクドキドキ

沙理奈「仕方ない、纏めて……」スッ

P「はい、そこまで!」ガシッ グイ!

沙理奈「なっ、あたたたた!?」

P「折れない程度に加減して腕締めてんだ、ぷちなかの、縄!」

ぷちなかの「ほおす」ハイッ

P「ホースじゃねえよ縄縄!!」


61: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:53:03 ID:Mee

奏「【拘束】!」バチッ

沙理奈「ぐっ」バチーン

P「あ」

ぷちなかの「おおー」パチパチ

奏「全く…」


62: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:53:18 ID:Mee

~そして夜が明けて~

P「なんやかんやあって今日からアイドルになった沙理奈と千枝だ、よろしく」

沙理奈「よ、よろしく~……何でこうなるのよ、アイヴィーローズ様は」

千枝「いえ、それがその…茨で縛られてしまって……てへ?」コツン

P「というかアイヴィーローズがまさかユミラウネとはな」

ユミラウネ「アイバユミダヨッ?」

ちひろ「いやー、それにしても揃って尋ねて来てくれるなんて、こちらから行く手間が省けましたね」ズズー

沙理奈「まさかちひろ様が……魔王の副官がこんなところで事務員だなんて……」

P「ちひろさん見るなり縮み上がりましたからね、おー怖」


63: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:53:35 ID:Mee

ちひろ「別に、私は何もしていないんですけどねー…ちょーっと前にルシファー様を裏切ってこっちに来ただけで…羊羹おいしっ」モグモグ

沙理奈「魔王様が全治1ヶ月ですよ…大謀叛人ですよ……」ガタブル

奏「確か、志保が食べてたスイーツが気になって、こっそり買いに行ったら全部魔王に食べられた…でしたっけね」

P「何か…ろくなもんじゃないな魔界も……で、人間界側に戦力が傾くのを恐れたルシファーさんはユミラウネを連れ戻すよう指示を出し……結果的には戦力を二人も失った、か」

ちひろ「いやー、食べ物の恨みって怖いですねえ♪」モグモグ

P「満面の笑みでは」


64: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:53:50 ID:Mee

ガチャッ

加蓮「ま、それはさておき、さ」
hjkrn37


P「加蓮、来てたのか」

加蓮「朝から騒がしいから入り口の向こうにいたの。あと奏から大体はね」

奏「まぁ、Pさんがやられちゃうと魂がリンクしてるこの子も一緒に召されちゃうものね、多分ぷちかれちゃん達も一緒に」

加蓮「お礼はきちんと…ね」

P「まぁな…」


65: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:54:06 ID:Mee

~魔界~

魔王ルシファー「うーむ…これは予想外の展開だ……」

側近「ど、どうしましょう魔王様、よくよく調べればあの事務所、死神の他にも海神の娘や転生した勇者や世界レベルまでいます…」

魔王ルシファー「まさか全員では来るまいが…………とりあえずねみい、寝るか……」

側近「魔王様~!!」



※相変わらずふて寝を決め込む大魔王。
哀れな魔王の話の続きはまたいずれ。

次回からはまたいつもの短編です。

おわれ。


66: ◆6RLd267PvQ 20/09/12(土)13:54:59 ID:Mee

思えばぷち以外にも人外勢揃いな事務所です。
はてさてどうなりますことやら……

では、お目汚し、失礼をば。


転載元:淫魔沙理奈「さて…次の標的はと」ぷちなかの「かおす…!」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1579137963/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。