スポンサーリンク

トップページモバマス > 【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」12話

671: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 16:50:47.48 ID:SbvYUOOb0

P「....さて」

P「ちとせの症状も改善したことだし」

P「今日もバンバンこなしていくか!」

本日の依頼者 >>672


672: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 17:07:09.63 ID:znH8X9aV0

ありさ先生


673: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 17:17:41.45 ID:SbvYUOOb0

P「亜里沙か」

P「俺に頼ってくるなんて何があったんだ?」

依頼内容 >>674


674: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 17:19:20.81 ID:EsAF82QeO

部屋に盗聴器が仕掛けられていた


676: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 17:38:56.48 ID:SbvYUOOb0

~亜里沙宅~

P「亜里沙、家に来てほしいというのはどういうことなんだ?」

亜里沙「実は....」
mcdars16

亜里沙「先日、この部屋に盗聴器が仕掛けられていることがわかったんです....」

P「と、盗聴器!?」

亜里沙「うん....」


前スレ
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」2話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」 3話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」4話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」5話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」6話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」7話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」8話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」9話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」10話
【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」11話

スポンサーリンク


677: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 17:39:23.62 ID:SbvYUOOb0

P「いつから仕掛けられてたんだ?」

亜里沙「それがわからなくて....」

亜里沙「ここに刺さっていた電源タップが盗聴器だったみたいなんですけど」

亜里沙「そんなものを買った覚えはないの....」

P「誰かがこっそり部屋に紛れ込ませていたということですか....?」

亜里沙「たぶん....」

P「それを亜里沙は気づかず使っていたと....」

亜里沙「うん....」


678: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 17:39:57.50 ID:SbvYUOOb0

P「....」

P「そこまでするということは」

P「犯人は誰でもいいというわけじゃなく」

P「間違いなく亜里沙をターゲットにしていると思う」

亜里沙「....」

P「盗聴器の存在に気付いてからいろいろ考えただろうけど」

P「何か手掛かりはなかったか?」

亜里沙「全く....心当たりがなくて....」

P「困ったな....」


679: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 17:40:48.07 ID:SbvYUOOb0

P「亜里沙の依頼は、その犯人を見つけて欲しいってことでいいのか?」

亜里沙「....」コクリ

P「部屋に盗聴器が仕掛けられた直後ならまだ証拠があったかもしれないが」

P「時間が経っているどころかいつから仕掛けられているかもわからないと....」

P「俺なんかで解決できるか....?」

亜里沙「....」ウツムキ

P「いや、亜里沙のためにも俺が解決しないとダメだ....!」


680: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 17:41:24.35 ID:SbvYUOOb0

P「まず簡単なところから詰めていこう」

P「この電源タップが盗聴器であることに気付いていなかった以上」

P「もしかしたら前の部屋から持ってきた可能性もあるが」

P「一応ここにはいつから住んでいるか聞いてもいいか?」

今の部屋にいつから住んでいるか >>681


681: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 17:42:10.02 ID:fZWgXs3m0

半月前から


682: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 17:51:56.31 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「ここに引っ越してきたのは半月前くらい?」

P「かなり最近だな....」

P「引っ越しの時にこれは?」

亜里沙「あんまりこういうのは使わないから、あったら気付くのかなって思うけど」

亜里沙「絶対になかったとは言えないかなぁ」

P「うーん....」


683: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 17:52:24.78 ID:SbvYUOOb0

P「とりあえず暫定的に、仕掛けられたのは引っ越してきてからってことにしよう」

P「ここに引っ越してきてから誰か家に入れたことはあったか?」

亜里沙「え?」

P「もちろん亜里沙がいない時に忍び込んでってこともあるかもしれないが」

P「亜里沙が自分から誰かを入れた時なら、犯人にとってはそっちの方がリスクは低いからな」

亜里沙「えーっと....」

亜里沙が部屋に入れた人は いた or いない >>684


684: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 18:12:15.79 ID:7eH4NLgEO

いない


686: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:10:12.03 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「うん、いない」

亜里沙「この部屋に入った他の人は」

亜里沙「プロデューサーくんが初めてだよ」

P「ふむ....」

P「やっぱりそう簡単にはいかないか....」

他の亜里沙への質問 >>687


687: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 21:10:41.05 ID:GQe31ZR90

早苗さんあたりには相談したのか?


688: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:14:17.31 ID:SbvYUOOb0

P「この話、警察には相談したのか?」

P「それがし辛いって話なら早苗さんでもいいし」

亜里沙の回答 >>689


689: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 21:27:49.02 ID:gFWvA1NbO

早苗さんに相談したら晶葉ちゃんに頼んで盗聴機解析してもらえばって言われました


690: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:41:13.71 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「早苗さんに相談したら」

亜里沙「晶葉ちゃんに頼んで盗聴器を解析してもらえばって言われました」

P「おお、いいじゃないか」

P「あいつならどうにかなるだろたぶん!」

亜里沙「そうだと思ったんだけど....」

P「?」


691: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:41:57.12 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「その盗聴器、晶葉ちゃんが作ったものだったらしいの」

P「はぁ!?」

P「それじゃ晶葉が犯人ってことか!?」

亜里沙「ううん、誰かが晶葉ちゃんのところから勝手に持ち出してたみたい」

P「あいつのところから....?」

P「....」


692: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:42:22.72 ID:SbvYUOOb0

P「今時、盗聴器なんていくらでも入手する方法はあるのに」

P「なぜわざわざあんな魔窟から手に入れようと思ったんだ....?」

亜里沙「たしかに....」

ガチャリ

??「ただいま~」


693: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:42:55.38 ID:SbvYUOOb0

P「!?」

亜里沙「おかえり~」

P「え?亜里沙お前誰も入れたことないって言ってなかった?」

亜里沙「家族は入れてるよ?」

P「あ、家族か....」ホッ


694: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:43:29.98 ID:SbvYUOOb0

P「親御さんは長野だから、姉妹とかか?」

亜里沙「ううん」

ウサコ「亜里沙ただいまウサ~」

P「!!?!?!?!??!??!?!?!??!?」

ウサコ「あれ?お客さんウサー?」

亜里沙「うん、プロデューサーくんに相談に乗ってもらってたの」

ウサコ「ふーん」


695: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:44:36.85 ID:SbvYUOOb0

ウサコ「こんにちは、ウサコですウサー」

P「いや知ってるけど!」

P「知ってるけどお前は知らんわ!」

ウサコ「?」

P「ウ、ウサコってあの、亜里沙が右手にはめてる人形だよな?」

亜里沙「うん、そうだよ」

P「なんかデカくない!?」


696: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:45:24.97 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「そうかな?」

ウサコ「普通ウサ」

P「いやいやいやいや!」

P「俺の知ってるウサコって右手にはまるサイズだぞ!?」

P「このウサコ俺と同じくらいデケエじゃねえか!」

亜里沙「耳まで含めると1m70cmあるよ」

ウサコ「成長期ウサー!」

P「怖いわ!いくらなんでもデカすぎるだろ!」


697: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:45:58.21 ID:SbvYUOOb0

P「というかウサコは人形であって」

P「巨大化して自我を持って生活してるってどうなってんだよ!」

亜里沙「この間家に帰ってきたらね」

亜里沙「ウサコがこの姿になって部屋で待っててくれたんだ~」

ウサコ「愛が通じたウサー」

P「....」


698: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:49:01.74 ID:SbvYUOOb0

P「....なぜ盗聴器の入手方法が晶葉だったのか」

P「....なぜ誰も入れていないはずの」

P「引っ越したばかりの部屋に」

P「盗聴器が仕掛けられていたのか」

亜里沙「それを今考えてたところだよね?」

P「....」

P「....なぜ巨大化した、ちょうど人間大のウサコが現れたのか」

ウサコ「....」

ウサコ「愛ウサ」

P「....」


699: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:50:42.97 ID:SbvYUOOb0

P「お前、ちょっと後ろ向け」

ウサコ「ウサ?」クルリ

P「なんだこのチャックは」

ウサコ「....」

ウサコ「刺青ウサー」

P「随分とリアルな刺青だなぁ!」

P「リアル過ぎてチャックが飛び出して見えるぞ!」ジジジッ

ウサコ「あっ!!!」

中身 >>700


700: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 21:51:14.14 ID:H9aNuOil0

穂乃香


701: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 21:59:58.40 ID:SbvYUOOb0


穂乃香「....」
ayshnk32

P「....」

P「なんでお前がこんなところにいるんだ?」

穂乃香「私は亜里沙さんの右手ウサ」

P「それは厳しい」

穂乃香「すみませんでした....」

亜里沙「ううん、盗聴器の犯人が穂乃香ちゃんなら安心だよ」

穂乃香「亜里沙さん....!」


702: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:00:43.44 ID:SbvYUOOb0

P「亜里沙、騙されちゃダメだ」

亜里沙「?」

P「いくら穂乃香が身内だからといって」

P「盗聴器を仕掛けたり、ウサコのフリをして同居したり」

P「相当にヤベー」

P「身内だからといってヤバさが薄れるわけじゃない」

穂乃香「....」


703: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:01:33.64 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「....そうだね」

亜里沙「穂乃香ちゃん、どうしてこんなことしたの?」

穂乃香「....」

亜里沙「怒らないから、おねえさんに言ってみて?」

穂乃香「....」

P「これは怒るべきだと思う」

穂乃香の動機 >>704


704: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 22:02:20.18 ID:GQe31ZR90

亜里沙さんの子供になりたかったから


706: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:16:25.95 ID:SbvYUOOb0

穂乃香「....私」

穂乃香「亜里沙さんの子供になりたいんです」

P「おおっと?」

亜里沙「子供に?」

穂乃香「はい」


707: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:17:15.07 ID:SbvYUOOb0

穂乃香「亜里沙さんは21歳ですが」

穂乃香「その年齢の女性では世界でナンバーワンの母性を持っています」

亜里沙「そ、そうかな....?」

P「まあ世界でナンバーワンかはさておき母性はすごい」

穂乃香「それは事務所でも遺憾なく発揮されています」

P「事務所には小さい子も多いからな」


708: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:17:51.31 ID:SbvYUOOb0

P「そういう環境だと、自ずと亜里沙の役割もそういうところに落ち着くんだろう」

亜里沙「みんな可愛い子たちですから」ニコニコ

穂乃香「でも私は!」

穂乃香「亜里沙さんの母性には永遠にありつけないんです!」

P「なんで?」

穂乃香「私はもう....」

穂乃香「17歳なんです!!!」ババーン


709: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:18:20.69 ID:SbvYUOOb0

穂乃香「17歳は子供と大人、どちらかといえばどちらですか?」

P「うーん....大人?」

穂乃香「そう!大人なんです!」

穂乃香「私は事務所で、小さな子たちが亜里沙さんの母性を独占している状況を目の当たりにしてきました」

穂乃香「....」

穂乃香「ズルいですよ!」

亜里沙「....」

P「いや、子供ってそういうもんだから....」


710: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:19:46.45 ID:SbvYUOOb0

穂乃香「だから私は亜里沙さんの部屋に盗聴器を仕掛けることにしました」

P「突然話飛んだな」

穂乃香「それを行っている最中に亜里沙さんが帰ってきてしまったんです」

穂乃香「たまたまウサコちゃんきぐるみを着て来ていたので」

P「たまたまの概念破壊するな」

穂乃香「なんとか誤魔化そうとしたら....」

穂乃香「なぜか同居することになってしまって....」

亜里沙「そう、だったんだ....」

P「持ち前の表現力をそんなところで活かすんじゃないよ....」


711: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:20:19.16 ID:SbvYUOOb0

P「つまり同居をするつもりはなくて、目的は盗聴だけだったと」

穂乃香「....はい」

P「現在の法律で盗聴器の設置も、盗聴という行為自体も犯罪ではない」

P「だが不法侵入は犯罪なんだぞ?」

穂乃香「....ごめんなさい」

P「ごめんで済んだら警察は

亜里沙「プロデューサーくん」

P「?」


712: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:21:21.35 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「穂乃香ちゃんは悪くないの」

亜里沙「全ては、穂乃香ちゃんに母性を与えられなかった」

亜里沙「ありさ先生が悪いの....」

P「そうはならないと思うんだが....」

亜里沙「だから!」

P「!?」

亜里沙の提案 >>713


713: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/27(木) 22:24:08.93 ID:H9aNuOil0

ユニットを組みましょう!


714: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:30:44.14 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「ユニットを組みましょう!」

P「へぇっ!?」

穂乃香「!!!」

亜里沙「穂乃香ちゃん、寂しい思いをさせてごめんなさい」

亜里沙「だからこれからは」

亜里沙「同じユニットで活動して、穂乃香ちゃんにも精一杯の母性を注ぎます!」

穂乃香「で、でも私、亜里沙さんに酷いことを....」

亜里沙「....」


715: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:31:17.95 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「....」ギュッ

穂乃香「あ、亜里沙さん!?」

亜里沙「そんなのお互いさまだよ」ギュッ

穂乃香「....」

穂乃香「....いいんですか」

亜里沙「うん、いいよ」

P「わけわからん」


716: ◆bL5b7ovQmQ 2020/08/27(木) 22:31:50.80 ID:SbvYUOOb0

亜里沙「母性を求めて同じユニットになるなら....」

亜里沙「はいこれ」スッ

穂乃香「これは?」

亜里沙「養子縁組届だよ」

亜里沙「私の娘になってもらうね」ニコ

穂乃香「!」

穂乃香「はい!」

亜里沙「実の親や親戚とは一切の縁を切るんだよ」ニコ

穂乃香「はい!」

P「....」

P「本日の依頼完了!」

本日の依頼完了!



転載元:【モバマス安価】P「プロデューサーレンタル(社内向け)始めました」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1595744205/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2020年10月15日 14:15
    • わけわからんw
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。