スポンサーリンク

トップページモバマス > 輝子「美玲が本当はオオカミだった」

2: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:17:26.27 ID:vYdRXLo90


輝子「今日は十五夜だな…」
hsshok32

美玲「そうだな」
hyskmri27

輝子「ここからも月が見えるぞ…おっきくてまん丸で綺麗…」

美玲「そっか…」

輝子「雲もかかってないし…」

美玲「…」

輝子「美玲、さっきからフード被ってうつむいてるけど…どうした?」

美玲「べ、別になにも…」

美玲「なあ、早く帰らないか…ウチ、レッスンで疲れたんだ」

スポンサーリンク



3: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:18:31.66 ID:vYdRXLo90

輝子「フヒ、帰る前に…コレ見せたくて」

美玲「き、キノコ?なんか光ってるけど…」

輝子「ツキヨダケっていうキノコ…だいぶ育ってきた…」

輝子「レッスン長引いて、暗くなったから…」

輝子「わ、私のツキヨダケと月…どっちがキレイ?」

美玲「どっちでもいいだろッ!」

美玲「それより早く…早く帰ろうよ、輝子」

輝子「丹精こめて育てたキノコ…美玲にも見てほしい…」

美玲「明日でいいだろッ、明日じっくり見るからさ」

美玲「それより、ウチは早く帰りたいんだッ!」


4: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:19:53.38 ID:vYdRXLo90

輝子「わ、私の育てたキノコ…そんなに見たくないのか…」

美玲「だ、だからそういう訳じゃなくて…」

輝子「フヒ」スッ

パサッ

美玲「あっ!」

輝子「フード、隙ありだぜぇ…」

輝子「美玲、ちょっと元気ない…な、何かあったか?」

美玲「だ、だめ…」

輝子「だめ?」

美玲「後ろ…」

輝子「後ろ…?うん、言っただろ…月が綺麗だって」


5: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:20:38.41 ID:vYdRXLo90

美玲「ッ!」ドンッ

輝子「わっ!?」ドテッ

輝子「み、美玲?」

美玲「ううっ、だ、ダメだ!今は…!」

輝子「だ、大丈夫か美玲!?」

美玲「やだ…!うあっ、ああっ!?」

ピョコンピョコンピョコン

輝子「…」

美玲「…」


6: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:21:29.29 ID:vYdRXLo90

輝子「美玲…その…耳と尻尾?」

美玲「あ…」

輝子「あ、その…ごめん、変なこと言って…」

輝子「で、でも…急に生えてきた…ような…?」

美玲「…」

輝子「飾り…だよね?フヒ、生えてくるなんてそんなわけ…」


7: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:22:36.91 ID:vYdRXLo90

美玲「輝子…あのね…」

美玲「これ、本物なんだ…」

輝子「ほ、本物…」

輝子「さ、さっきの…見間違いじゃ…」

美玲「うん、ホントに生えてきたんだ」

美玲「隠してたけどウチ…実は狼なんだ」

輝子「お、おおかみ…動物の、だよね?」

美玲「…うん」

輝子「え、えと…じゃあ…」

輝子「狩りをしたり、すごく速く走ったり…?」

美玲「まぁ、一応な…」


9: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:23:35.73 ID:vYdRXLo90

輝子「そ、それじゃあ…」

輝子「ウルフェンに乗ってフォックスとドッグファイトしたり」

輝子「サンを乗せて森を侵す人間と戦ったり」

輝子「卒業試験にヤゴロボと組んでドラえもんズと学校を目指したり」

輝子「SBホークスでピッチャーしたり」

輝子「…するのか?美玲も…」

美玲「…」

美玲「そうだ」


10: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:25:50.16 ID:vYdRXLo90

輝子「す、すごいじゃないか…」

美玲「ウチは嫌だッ!こんな…狼なんて!」

輝子「み、美玲…?」

美玲「恰好は同じだけど…でもやっぱり、本当の人間じゃないんだ」

美玲「ウチじゃどうしようもなくて、それがすごく寂しいんだ…」

美玲「輝子だって嫌だろ?ウチはみんなと違うんだから…」

輝子「わ、私は別に…」

輝子「それに、耳と尻尾が出ただけで…いつもの美玲と変わらないんだけど…」

美玲「うぅ、そんな慰めの言葉なんて要らないッ!」


11: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:27:00.14 ID:vYdRXLo90

輝子「美玲も苦労してるんだな…」

美玲「ち、近寄るなッ!」

輝子「だ、大丈夫だ…怖くないぞ」スッ

ナデナデ

美玲「あう…」

輝子「確かに本物だな…」

美玲「輝子、このことは…」

輝子「わかってる…誰にも言わない」


13: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:27:34.10 ID:vYdRXLo90

輝子「でも、狼だって隠すの…結構大変なんじゃないか?」

美玲「多少はな…この姿でいた方がやっぱり楽だし」

輝子「わ、私の前ではこの姿でいいから…」

輝子「それに…美玲のために、出来ることは何でもするから…」

美玲「輝子…」

輝子「フヒ、友達だからな…」

美玲「あ、ありがと…へへッ、気持ちだけでもすごく嬉しいぞッ!」

――――
――


14: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:28:34.29 ID:vYdRXLo90

輝子「美玲、ツメ伸びてないか…?」

美玲「ツメ?別に普通だけど」

輝子「伸びてきたら、私が切ってあげる…」

美玲「なんだそれ、それくらい自分でやるよ」

輝子「や、やっぱり足先は触られるの苦手なんだな…」

美玲「何の話だ?」

~~~~


15: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:29:17.11 ID:vYdRXLo90

輝子「は、ハミガキの時間だぞ…」

美玲「なんだよ、急に子ども扱いして」

輝子「上あごの門歯が歯周病になりやすいらしい…」

輝子「い、嫌なら指サック型の歯ブラシもあるぞ…」

美玲「自分で出来るってば!」

~~~~


16: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:30:09.41 ID:vYdRXLo90

輝子「フヒ、本読んであげる…」

美玲「だから子ども扱いするなって!」

輝子「よ、読み聞かせは、動物学的にも情緒安定にいいらしいんだ…」

美玲「お前がイライラさせてるんだろうがッ!」

輝子「"二ひきは、 あらしの よるに まっくらな こやで であい
   あいてが だれだか わからないまま かたりあった。"」

美玲「あ、それウチの好きなヤツだ…」

~~~~


18: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:30:54.00 ID:vYdRXLo90

輝子「美玲、逃げちゃダメだ…」

美玲「に、逃げるに決まってるだろッ!何なんださっきからペタペタ触って!」

輝子「マッサージだ…ちゃんと効果があるらしいぞ…」

輝子「えーと…背筋、耳、首、口周り、お腹…」

美玲「ひゃあ!?や、やだぁ…!」

~~~~


19: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:31:35.15 ID:vYdRXLo90

輝子「シャンプーするぞ…お湯、熱くないか?」

美玲「ん、ちょうどいいぞッ」

美玲「へへッ、誰かに髪洗ってもらうのも気持ちいいな♪」

輝子「うん、ノミは付いてなさそうだ…」

美玲「…」

~~~~


21: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:32:14.63 ID:vYdRXLo90

輝子「さ、散歩に行かないか…?」

美玲「散歩?」

輝子「川原のそばに、いい散歩コースがあるんだ…」

美玲「へぇ、よさそうじゃん!」

輝子「飲み物も持ったし…念のためにビニールぶくr」

美玲「シッ!」ガリッ

輝子「フヒィィィぃぃ!!?!」

美玲「フンッ!」

――――
――


22: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:33:37.32 ID:vYdRXLo90

後日

輝子「美玲、ブラッシングしてあげる…」

美玲「いいよそんなの!ウチに近づくなッ!」

美玲「大体お前がやってるの、全部あの本に書いてあることだろッ!」

輝子「うん…い、犬の気持ち…」

美玲「それだよ!お前ウチをペット扱いしてるだろ!」

輝子「そ、そんなつもりは…犬科だから、同じなのかなって…」

美玲「この姿で暮らしてるんだから、犬のケアはいらないんだよッ!」

輝子「あっ、ご、ごめん…」


24: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:36:27.84 ID:vYdRXLo90

輝子「美玲の役に立とうと思って…迷惑だよね…」

美玲「あ、いや…そんなに落ち込まなくてもいいだろッ」

美玲「気持ちは嬉しいけど、やり過ぎってだけで…そういうのはたまにでいいから」

輝子「そ、そうか…分かった」

輝子「とりあえず、今日はあごの下を撫でるだけで…」

美玲「分かったって言っただろさっき!」ガリッ

輝子「ヒイィィ!?」

美玲「ウチ帰るッ!」バタン


25: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:37:21.70 ID:vYdRXLo90

輝子「い、痛い…」

乃々「最近どうしたんですか、仲が良いような悪いような…」
mrkbnn34

輝子「な、なんでもない…」

乃々「それならいいですけど…平和に過ごしたいので」

輝子「あ、そうだ…乃々、コレあげる」

乃々「え、なんですか?」


27: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:38:27.93 ID:vYdRXLo90

輝子「ドングリだ…ほら」

乃々「ど、ドングリ!!?」

輝子「しいたけの原木を買ったら、一緒に混ざってたんだ…」

輝子「原木はドングリ木をよく使うから…コナラとかクヌギとか」

輝子「乃々、この前リスの格好してたし…フヒ、なんとなく持ってきt」

乃々「だ、だめです!ドングリは…!」

輝子「へ?の、乃々…?」


28: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:39:28.83 ID:vYdRXLo90

乃々「い、嫌!輝子さん見ないで!」

輝子「ど、どうしたんだ乃々…!」

乃々「ひぅ!?んんっ!だ、ダメ!」

ピョコンピョコンピョコン

輝子「…」

乃々「…」

輝子「乃々…その…耳と尻尾?」

乃々「あぅ…」

輝子「も、もしかして…乃々も?」

乃々「輝子さん、このことは誰にも…」

――――
――


29: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:40:40.15 ID:vYdRXLo90

輝子「乃々、尻尾の感じはどうだ…?」

乃々「尻尾ですか?…いつもと変わりはないみたいです」

輝子「見てあげるから、こっち来て…」

乃々「そんなに気にしなくても大丈夫ですけど」

輝子「トレードマークなんだから、大事にしなきゃだめだぞ…」


30: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:41:46.73 ID:vYdRXLo90

輝子「かゆいところ、ないか…?」モフモフ

乃々「はい、特に…」

輝子「自分で噛んじゃったりしてないか…?」モフモフ

乃々「そ、そんなことしませんから…」

輝子「いっぱい毛が抜けたりとか、してないか?」モフモフ

乃々「そ、そういうことも特に…んぅ」

乃々「…あの、輝子さん…尻尾はあんまり触られると、その…」

輝子「だ、大丈夫だ…尾抜けしないように優しく触ってるから…」

乃々「そういうことじゃ…ひゃっ、んんっ…!」


31: ◆5LP4sJiv/Q 2014/09/28(日) 16:42:58.89 ID:vYdRXLo90

美玲「…」ジトッ

輝子「どうした、美玲…?」

美玲「…別に」プイッ

乃々「私ばっかり悪いですから、今度は美玲さんのお手入れも…」

輝子「美玲は…たまにぐらいが好きらしいんだ…」

美玲「あぅ…」

おわり


転載元:輝子「美玲が本当はオオカミだった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411888548/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。