スポンサーリンク

トップページCo > 泰葉「李衣菜、ギター上手になったね」加蓮「そう?」

1: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:09:58 ID:OHY



―――事務所


李衣菜「~~~♪」ジャラランジャラジャラコ
tdrn33


泰葉「あれ、加蓮はそう思わない?」
okzkysh36

加蓮「うん、全然。『リーナロックってジャンルを作る!』って言うなら、もっともっと頑張んなきゃ」
hjkrn37

泰葉「ふふっ、厳しいね。こんなに練習しててもまだ足りないんだ」

加蓮「単に練習するだけじゃね~。こう……なんて言うの、自分だけの……何か! みたいなのがないとねっ」フンス

泰葉「うーん、まったく具体性がないけど……」


シリーズスレ
だりやすかれん


スポンサーリンク



2: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:11:37 ID:OHY

加蓮「泰葉も何か考えてよ、李衣菜がロックになれる方法っ」

泰葉「え~。李衣菜は今のままでも十分素敵だと思うな」

加蓮「今のままなんてぜっっったいダメだよ! 李衣菜はこれからもっと素敵になるんだから!」

泰葉「ど、どうどう。あんまり大声出すと李衣菜に迷惑だよ?」


李衣菜「~~♪ ……うーんブツブツ…」ジャランジャララン…


加蓮「ほら聞こえてないよ、集中してるもん」

泰葉「だとしても、だよ。……ふふふ、真剣な顔してるね」


3: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:13:15 ID:OHY

加蓮「んん、じゃあ少し小声でね。……で、李衣菜のああいう顔好きなんだよね、私」

泰葉「うん、私も好き。真剣だけど楽しそうで……ずっと見てられるよね」

加蓮「うんうん。……実は内緒だけど、あの横顔はかなりロックだと思ってるわけ」

泰葉「私も内緒だったけど、すごく分かる」


李衣菜「~~、っあ」ジャラン…ビィンッ


加蓮「……ミスったっぽいけどロックでいいよね?」

泰葉「うん、ロックだよ。きっと」クスッ


4: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:14:27 ID:OHY


李衣菜「う~~~ん……」ペラペラペラ…


泰葉「見て、教本ももうボロボロ」

加蓮「ほんとだ。新品だったときが懐かしいね」

泰葉「ね。『いっぱい練習するぞ!』って言ってた」

加蓮「ま、1週間は放置されてたけど」

泰葉「うふっ。ギターの手入ればっかりしてたもんね♪」


李衣菜「――お、いい感じ♪」ジャラランジャランゴジャラララン


5: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:15:32 ID:OHY

加蓮「あれから随分上手になっちゃって……」

泰葉「うん、そうだね……。それだけ時間が経ったってこと、かな」

加蓮「泰葉もますます真ん丸になったし」

泰葉「加蓮は狂犬からすっかり牙が抜けちゃって」

加蓮「あっはっは。その節はどーも♪」

泰葉「あはは、私も丸くしてもらっちゃったね……♪」


6: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:16:37 ID:OHY


李衣菜「――ふふふーん、らはははーん……♪」ジャララァン、ジャラララーン…


加蓮「やば、ついにギター弾きながら口ずさめるようになってる……!」

泰葉「李衣菜の成長が著しいね……!」

加蓮「負けてらんないよ泰葉、私たちも頑張んなきゃっ」

泰葉「加蓮を踏み台にしてもっと成長しなきゃっ」

加蓮「そこは一緒にでしょ!」

泰葉「芸能界は厳しいんだよ?」

加蓮「それはもう知ってるっての!」


7: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:17:53 ID:OHY

泰葉「ううん、あなたはまだ本当の芸能界の怖さを知らない……」

加蓮「なんで怖い話風なの……」

泰葉「聞く? ほんとにあった芸能界の怖い話」

加蓮「やめて許して」

泰葉「よし、今日のお泊まりはその話をしようね♪」

加蓮「ちょっとぉ!?」


李衣菜「んーんー……♪」ジャララララン、ジャララララン、ジャラララランラン、ジャララララン…


8: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:19:17 ID:OHY

加蓮「李衣菜ぁ! なんで世にも奇妙なBGM耳コピしてんのバカぁ!」


李衣菜「あっごめーん。2人が怖い話がなんとかって言ってたからつい……」


加蓮「ってこっちの話聞いてたんじゃん!?」

泰葉「やっぱり聞こえてたんだ。ごめんね、邪魔だったかな」


李衣菜「んーん、そんなことないよっ。2人の声はもう聞き馴染んでるからね、それこそBGMみたいなもんだよ♪」


加蓮「もーっ、せっかく気を遣ったのに意味なかった! そっち座っていい!?」

泰葉「あ、私も。近くで聴かせて、ギター♪」


李衣菜「いいよ~。おいでおいで♪」


9: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:20:19 ID:OHY

加蓮「よっ」ボフ

泰葉「んしょ」ポフン

李衣菜「……や、近くない?」

泰葉「ダメ?」

李衣菜「ダメじゃないけど……ギターぶつかるよ?」

加蓮「既に色んなところにぶつけてるでしょアンタ」

李衣菜「うぐぅ」グサッ

泰葉「お部屋でパフォーマンスの練習なんかするから……。近くで見ると傷だらけだよ?」

李衣菜「うぐぅうぐぅ!」グサグサッ


10: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:21:26 ID:OHY

泰葉「まぁ不問としましょう」

加蓮「頑張ってるのは知ってるし?」

李衣菜「あ、ありがたき幸せ……」

加蓮「はい、それじゃもっと聴かせて。李衣菜のギターを一番近くで聴けるのは私たちの特権♪」

泰葉「早くステージ上でも聴きたいけどね♪」

李衣菜「が、頑張るよっ。私だってステージで弾くの楽しみなんだ!」


11: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:22:55 ID:OHY

加蓮「ふーん、でも全然まだまだだからね?」

李衣菜「分かってるって。今はこうして座って落ち着いて弾くだけで精一杯だからね」

加蓮「分かってるならよろしい♪」

泰葉「ふふ、今でも様になってるよ。もっともっと似合うようになったら、きっと世界で一番かっこいいと思う♪」

李衣菜「い、言い過ぎだよ~~~♪♪」テレテレ

加蓮「ほんとに言い過ぎで笑っちゃう」ハァ

李衣菜「笑ってないじゃん呆れてるじゃん!?」


12: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:24:04 ID:OHY

加蓮「いい? 李衣菜はまだ全然ダメダメのダメなの! こんなんじゃ絶対にリーナロックなんて作れないんだから!」

李衣菜「い、いつかきっと作るよ! ダメダメのダメってそこまで言わなくても!」

加蓮「リーナロックの完成が100%だとしたら、今の李衣菜なんか0.3%くらいなんだからね!」

李衣菜「せめて小数点取ってよぉ!? いやそれでも少なすぎるけど!」

泰葉「まぁまぁ加蓮、そんなに言わなくても……」

加蓮「ううん言う! 私は李衣菜に期待してるの、中途半端は許さないんだから!」

李衣菜「それにしたってハードル高すぎるよ~!」

泰葉「あ、あーあー……。も~、加蓮たら本当めんどくさいんだから。ふふふっ♪」


13: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:25:18 ID:OHY


加蓮「ほら口答えする暇あったら練習する!」ビシッ

李衣菜「理不尽だぁ!」ジャランララン…


泰葉「ふう、よしっ……私は飲み物淹れよう。このままの速度でいいから、一歩一歩だよ。李衣菜っ」グッ




李衣菜「ひぃーん!」ジャララリラジャララン…

加蓮「ああ良い音♪ ……はっ。じゃなくてっ、もっともっとグルーヴィーに!」

李衣菜「意味不明だよ!?」


泰葉「~~♪ 李衣菜の出す音色、大好きだなぁ……♪」コポコポ…


―――

――



14: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:26:50 ID:OHY




P「ただいま戻りました。お、李衣菜、練習やってるな~」



ちひろ「戻りました~♪」



李衣菜「Pさーん! 私頑張ってますよね――!?」



加蓮「ちひろさん! 李衣菜まだまだ下手くそだよね! ねっ!」



泰葉「ふふ、今日も賑やか――♪」



ジャララン

ジャララランラ…

ジャラランガ―



おわり


15: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:27:12 ID:OHY

というお話だったのさ
良いお年を


16: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:27:46 ID:OHY



転載元:泰葉「李衣菜、ギター上手になったね」加蓮「そう?」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1609340998/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2021年01月04日 18:21
    • 世にも奇妙なBGM耳コピは草
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。