スポンサーリンク

トップページグリマス > 百合子「名誉14歳?」 瑞希「はい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:13:31.40 ID:8d9SCI3d0

ミリマスのSSです。

真壁瑞希ちゃん誕生日あわせですが内容的には誕生日関係ありません。
短めです。若干キャラ崩壊注意





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:16:12.65 ID:8d9SCI3d0

瑞希「七尾さん、ちょっといいでしょうか?」

百合子「瑞希さん? どうしたんですか?」

瑞希「実は七尾さんに教えてもらいたいことがあるのです」

百合子「またゴス口リの勉強会ですか! いいですよ」

瑞希「いえそういうわけではなく」

百合子「一概にゴス口リと言っても西洋とアジアでは展開が―――」

瑞希「話を聞いてもらえません。・・・・・・困ったぞ、瑞希」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:18:04.30 ID:8d9SCI3d0

杏奈「そういうときの百合子さん……話しかけても無駄……だよ?」

瑞希「望月さん。……ではどうすれば?」

杏奈「こーする」ムニー

百合子「いひゃいいひゃい! なんれ頬をひっぱるの! あんなひゃん!」

杏奈「瑞希さん……困ってる」

百合子「はっ!? すみません! つい夢中になってしまいました!」

瑞希「いえ。大丈夫です」

杏奈「瑞希さんの相談……杏奈も聞いていい? いない方がいい・・・・・・かな?」

瑞希「いえ。望月さんにも、後で聞こうと思っていましたので」

杏奈「杏奈も?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:20:07.11 ID:8d9SCI3d0


瑞希「七尾さんは巷(ちまた)で、名誉14歳と呼ばれていますよね」

杏奈「うん」

百合子「え、待ってください。私15歳ですよ!」

瑞希「それは……。七尾さん望月さんをはじめ、14歳のみなさんとすごく仲がいいと評判で」

杏奈「百合子さん・・・・・・・乙女ストームにも参加してる。それに中二病……。だから一部のファンからそう……呼ばれてます」

百合子「ちょっと待って! 中二病ってひどくない!?」ガーン

杏奈「百合子さん……。今、瑞希さんの……相談中」

百合子「そんな! そもそも乙女ストームには瑞希さんも参加していますよね!」

瑞希「そこです」

あんゆり「「そこ?」」

瑞希「なんで私だけ14歳扱いされずに仲間外れなのでしょうか。・・・・・・がっかりだぞ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:22:09.57 ID:8d9SCI3d0

瑞希「15歳ユニットと呼ばれるChrono-Lexicaにも参加、しています。なのに私は名誉15歳とも呼ばれません」

杏奈「瑞希さん……、頼りになるから。それに杏奈も……参加してるよ?」

百合子「杏奈ちゃん、もしかして私が頼りにならないって言ってない? ねえ、そういうことじゃないよね!」

杏奈「百合子さんは……黙ってて」

百合子「いろいろ納得は行きません!。ですがそういうことならみんなに聞きに行ったらどうでしょう?」

瑞希「そうですね。たしかエントランスで春日さんを見かけました。・・・・・・そこから行きましょう、おー」

杏奈「ん、わかりました」

百合子「じゃあ出発ですね! ってあれ?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:24:22.96 ID:8d9SCI3d0

昴「あ、百合子いたいた! って杏奈に瑞希じゃん。一緒にいたのか」

瑞希「永吉さん、こんにちは」

杏奈「昴さんこんにちは」

百合子「昴さん? 突然どうかしたんですか?」

昴「レッスンだよ! 時間になっても来ないから探してこいって律子が」

百合子「あ、ああああああああああ! すっかり忘れていました。どうしよう。律子さん怒っていますよね」

昴「ああもう。特別メニュー用意しておくってさ」

杏奈「じゃあ、百合子さんバイバイ」

瑞希「頑張ってください」

昴「ほら、行くぞ! 百合子」

百合子「待って、見捨てないで!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:26:24.17 ID:8d9SCI3d0

エントランス

瑞希「春日さん。・・・・・・おや、矢吹さんも。ちょうどよかったです」

未来「瑞希さんに杏奈?」

可奈「ちょうどいいって、どうかしたんですか?」

瑞希「実は」カクカクシカジカ

可奈「うーん。百合子ちゃんみたいにしてほしいって言われても瑞希さんは瑞希さんって感じですし」

未来「そうですよ! 百合子は同い年みたいな感じがありますし」

瑞希「やっぱり私は仲間外れなのでしょうか。・・・・・・くすん」

可奈「あわわわわ! そんなことないですよ! ただ、百合子ちゃんとはちょっと違うかなって」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:28:28.55 ID:8d9SCI3d0

未来「それに瑞希さんが14歳だと瑞希お姉ちゃんじゃなくなっちゃいますよ! 頼っていいって乙女ストーム!で言ってくれたじゃないですか!」

杏奈「瑞希お姉ちゃん……。すごく頼りになりました」

瑞希「はっ! そうでした。私は乙女ストーム!の最年長で、お姉さん」

可奈「いいなー! 私も瑞希さんにお姉さんになってもらいたいかな~♪」

未来「じゃあ、可奈も瑞希さんの妹になろうよ!」

可奈「瑞希さん。いいですか?」

瑞希「もちろんです」

可奈「やったやった! 瑞希さんは~♪ 優しく~頼りになる~♪ お姉ちゃーん~♪」

???「ちょっと待ったあああああ!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:30:26.01 ID:8d9SCI3d0

可奈「はれ? 美奈子さん?」

美奈子「ダメダメ。可奈ちゃんのお姉さんは私だから! スペースウォーズでは姉妹役だし育ちゃんと三人で姉妹のような田舎暮らし体験もしたんだもん!」

瑞希「なんと。これはどっちが矢吹さんのお姉さんかを賭けて勝負ですね。佐竹さん。ファイトだぞ、瑞希」

美奈子「瑞希クンと言えどもここは譲れないよ!」

可奈「あの、二人ともお姉さんじゃダメですか?  私二人とも大好きです!」

未来「あー。可奈だけずるい! 私も美奈子さんのお料理大好きだし瑞希さんだけじゃなくて美奈子さんもお姉さんだとうれしいです!」

杏奈「杏奈も……」

瑞希「これは」

美奈子「停戦するしかないね」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:32:35.52 ID:8d9SCI3d0

瑞希「ところで三人は何かお姉ちゃんに助けてほしいことはありますか?」

未来「実はもうすぐまたテストで」

可奈「私もそうなんです!」

杏奈「杏奈も・・・・・・。瑞希さんに教えて貰えるとうれしい、です」

瑞希「分かりました。勉強会を開きましょう。・・・・・・ファイトだぞ」

美奈子「わっほーい! じゃあ私はおいしいおやつ作るね!」

翼「あれ? みんな集まってどーしたの?」

未来「今度瑞希お姉ちゃんにテスト勉強教えてもらうんだ。美奈子さんも差し入れ作ってくれるって!」

翼「あ、ずるーい! 私も瑞希お姉ちゃんの妹だから参加したーい。だめぇ?」

瑞希「もちろんOKですよ」

美奈子「じゃあ翼ちゃんの分もたーくさんご飯つくるね」

杏奈「美奈子さん。おやつからご飯に・・・・・・レベルアップしてる」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:34:33.57 ID:8d9SCI3d0

翌日

瑞希「というわけでまたお姉ちゃんになりました。・・・・・・頑張るぞ」

百合子「あの、何も解決していないような気がするんですが」

瑞希「たしかに。でも、お姉ちゃんというのも悪くないです。これでいいのかもしれません」

百合子「瑞希さんがいいなら解決ですかね! じゃあ次は私が15歳としての汚名挽回を――」

瑞希「私はこの後みなさんの勉強を見る約束をしているので。・・・・・・がんばってください」

杏奈「杏奈も参加します。百合子さん、がんばって」

瑞希「ファイト、だぞ。後、汚名返上か名誉挽回です」

百合子「えええええええええ!」



おわり


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:36:12.35 ID:8d9SCI3d0

おまけ1

歌織「止めないで! 私の妹の杏奈ちゃんと生徒の可奈ちゃんが取られちゃう!」

このみ「杏奈ちゃんが妹なのはあくまで劇の役としてでしょ。可奈ちゃんだっていつも楽しそうに歌の勉強教わりに来てるし大丈夫よ」

歌織「でも! でも!」

風花「えっと、あのどうしましょう」

莉緒「こういうときは呑めばいいのよ。今日のレッスンも終わったしこれから飲み会ね!」

このみ「そうね。風花ちゃん、歌織ちゃんを連れていくわ。手伝って」

歌織「待って、ああ杏奈ちゃん! 可奈ちゃん!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/27(水) 03:38:36.75 ID:8d9SCI3d0

おまけ2

恵美「何こそこそ見てたのーって思ったらそんなことで悩んでたの?」

琴葉「だって私、未来や可奈と同じユニットなのに。二人がいなくなったら一人ユニットになっちゃう」

恵美「だいじょぶだって。二人とも琴葉のことすごく頼りにしてるし。それに万一そうなってもアタシたちがいるでしょ?」

琴葉「恵美・・・・・・」

エレナ「琴葉は何かしてほしいこととかある? なんでもしてあげるヨ!」

琴葉「じゃあ、えっとあの琴葉お姉ちゃんって」

恵美「んー? 何か言った、琴葉?」

エレナ「聞こえないヨー」

琴葉「な、なんでもないわよ」

恵美「なーんてね! 琴葉お姉ちゃん♪」

琴葉「な、聞こえてたんじゃない!」

恵美「お姉ちゃんって呼んで欲しかったんだー。それならそうと言えばいいのに」

エレナ「そーだヨ! 琴葉お姉ちゃん!」

琴葉「もう、やめてよ! 二人とも!」


転載元:百合子「名誉14歳?」 瑞希「はい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1611684811/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。