スポンサーリンク

トップページグリマス > 【ミリマス】最上静香「プロデューサーは未来を甘やかしすぎです!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/28(月) 00:25:14.17 ID:KskvDcoD0



未来「ありがとうございましたー!!」

―ワアアアアアアア!!!!!!




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/28(月) 00:26:44.60 ID:KskvDcoD0



P「お疲れ様、未来」

未来「プロデューサーさん!私、今日のライブ、いーっぱい頑張りましたよね!褒めてください!」

P「おおー!よくがんばったなー!それじゃあいつものやつだ」ワシャワシャ

未来「でへへ~♪ありがとうございます♪」

P「そうだ、控室の冷蔵庫に生クリームも入ってるからな」

未来「本当ですか!?やったあ!」

P「ははは。ちゃんと手洗ってから取ってくるんだぞ」

未来「はーい!」タッタッタッ

P「はは、やっぱり未来は可愛いなあ」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/28(月) 00:27:14.23 ID:KskvDcoD0



~~~~~~~~~~~~~~~~



未来「お疲れ様でーす!」

静香「お疲れ様です。プロデューサー」

P「二人とも、レッスンお疲れ様」

未来「聞いてください!今日のレッスン全然ミスしなかったんですよ!」

P「おお!それは頑張ったな。よしよし」ナデナデ

未来「でへへ~♪」

静香「ちょっと、何言ってるの未来。あそこのステップ間違えてたじゃない。忘れたとは言わさないわよ?」

未来「うっ……」

P「まあまあ、未来も頑張ってたみたいだしいいじゃないか。ほら、いつも通り冷蔵庫に入れてあるから取ってきなさい」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/28(月) 00:27:44.97 ID:KskvDcoD0


未来「本当ですか!?わーい!生クリーム~♪」ダッ

静香「……プロデューサー、ちょっと未来に甘すぎじゃないですか?」

P「そうか?」

静香「そうですよ!今も未来の頭を撫でたり生クリームを用意したり……」

P「だってなあ……静香もやってほしいのか?」

静香「ち、違います!そうじゃなくて、甘やかしすぎは未来にも悪影響が……」

未来「プロデューサーさん!生クリーム取ってきましたー!」

P「おおそうか!全部食べてもいいからな~!」

未来「でへへ~やったあ♪」

静香「ほらいったそばから……あーもう!未来!あまり甘いもの食べ過ぎちゃダメ、太るわよ!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/28(月) 00:29:15.36 ID:KskvDcoD0



~~~~~~~~~~~~~




未来「こ、こんにちは~……」

翼「お疲れ様でーす……。あー、ほんっとサイアク!」

P「こんにちは……ってどうしたんだ、ビショビショじゃないか!?」

翼「聞いてくださいよプロデューサーさん。大変だったんですよ!」

未来「劇場に来る途中に降りだして、今日傘持ってなかったんですよ~」

P「そんな状態じゃ風邪ひいちゃうぞ。待ってろ、今タオル持ってくるから」

未来「えへへ、ありがとうございます」

P「ほら、タオル」

未来「拭いてください~」

P「まったく、ほら」グシャグシャ

未来「でへへ~」

P「よし、もういいぞ」

未来「ありがとうございます♪」

翼「む~!未来ばっかりズルーい!プロデューサーさん、私にもやってえ~」

P「しょうがないな……こっちに来なさい」

翼「やった~♪ありがとうございまーす♪」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/28(月) 00:29:54.85 ID:KskvDcoD0




~~~~~~~~~~~~~~~~~



静香「もう!普段からちゃんとやってないからでしょ」

未来「うわ~ん!助けてよ~」

P「どうしたんだ!?」

静香「プロデューサー。聞いてください、未来ったら……」

未来「宿題が終わらなくって~、助けてください~!!」

P「そういうことか……。まったく、手伝うから宿題見せてみろ」

未来「わーい!ありがとうございます!」

静香「またそうやって甘やかす……」

P「仕方ないだろ?未来が困ってるんだから。ほら、この問題わかるか?」

未来「うーん、こうですか?」

P「正解!よくわかったな~偉いぞ~!」

未来「でへへ~」

静香「本当にこれでいいのかしら……」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/28(月) 00:30:25.84 ID:KskvDcoD0




~~~~~~~~~~~~~~~~



静香「プロデューサーは未来に甘すぎです!」

P「……まあ、それは俺もちょっと思い始めてきたよ」

静香「このままだとほんとに未来に悪影響がでますよ」

P「優しくすると未来が喜ぶからなあ……もうちょっと厳しくしたほうがいいかなあ」

静香「そうですよ。未来がワガママな子になったらどうするんですか」

P「オカンか……。でもそうだな。今度からもう少し厳しくするよ」

静香「言いましたからね?絶対ですよ?」

P「ああ……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/28(月) 00:31:01.14 ID:KskvDcoD0




~~~~~~~~~~~~~~~~



未来「お疲れ様です!」ガチャ

P「…………」

未来「あっ!プロデューサーさん!今日の私、いっぱいいーっぱい、頑張ったんですよ!褒めてください!」

P「……………」

未来「あの……プロデューサーさん?」

P「……風邪ひくからレッスン着、早く着替えてこい」

未来「……あっ!私、ご褒美は生クリームがいいなあ~」

P「この前も食べただろ?ライブ前だから我慢しろ」

未来「…あの……!私、なにかしましたか……?」

P「よく考えたら未来のことを今まで甘やかしすぎてたからな。静香に言われて気づいたんだ。だから、これからは厳しく行こうと思う」

未来「………」ショボン


9: 酉忘れてた  ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:31:48.16 ID:KskvDcoD0


P「だから、ライブまで生クリームは禁止!……ただし」

未来「……?」

P「ライブでしっかり頑張ればご褒美になんでもやるぞ」

未来「……!!本当ですか!?」パァッ

P「ああ。ただし、もちろんライブ頑張らなかったらご褒美はなしだからな」

未来「はい!それじゃあいーっぱい、がんばりますね!」


10: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:33:14.69 ID:KskvDcoD0




~~~~~~~~~~~~~~~~



静香「プロデューサー!いい加減にしてください!」

P「……何を?」

静香「未来このことです!いつも甘やかしてばっかり……!結局この前もライブ頑張ったからって甘やかしまくってたじゃないですか!」

P「未来も喜んでくれてるし、それでいいじゃないか」

静香「それがダメなんです!」

P「何がダメなんだ?」

静香「だから―!」

P「だって未来は叱られるのが嫌いだろ?そんなことしてしまうと未来が悲しんでしまう。俺は未来が喜んでくれるほうが嬉しいんだ」

静香「な、何を言って―」


11: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:33:47.84 ID:KskvDcoD0


P「そういえば、今日はいつもより劇場に来るのが遅いな。事故に遭ったりしてないと良いけど……こんどから学校終わりは迎えに行くか……?」

静香「っ!……もういいです!失礼します!」バタン

P「…………」

未来「あれ?プロデューサーさん。どうしたんですか?」

P「お、おお。お疲れ様、未来。なんでもないぞ」

未来「あっ!そうだ聞いてくださいプロデューサーさん!テストの点数、この前より上がってたんですよ!」

P「本当か!何点だったんだ?」

未来「でへへ~、それが5点上がって45点です!」

P「おお、赤点は回避したな!偉いぞ!」ナデナデ

未来「わ~い!」デヘヘ

P「それじゃあ、今度ご褒美を上げないとな。何がいい?」

未来「うーん……あっ!じゃあ今度お買い物に付き合ってください!」

P「それならお安い御用だ。なんでも買ってあげるからな~」


12: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:34:14.64 ID:KskvDcoD0





~~~~~~~~~~~~~~~~



未来「ごめんってばあ~」

静香「この前も同じこと言ってたでしょ!今日は許さないわよ」

未来「今日の静香ちゃん、いつもより厳しいよお~」

静香(プロデューサーが甘やかしてばっかりだから、私が未来に厳しくしてあげないと……!)

P「どうした未来!大丈夫か!」

未来「プロデューサーさん~……」

静香「プロデューサーは邪魔しないでください。私が未来と話をしてるんです」

P「未来がおびえてるじゃないか」

静香「プロデューサーが甘やかし続けるから私が代わりに厳しくしてるんです!…いい未来?だいたい―」

P「静香!!」

静香「っ!?」ビクッ


13: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:34:53.95 ID:KskvDcoD0





~~~~~~~~~~~~~~~~



未来「ごめんってばあ~」

静香「この前も同じこと言ってたでしょ!今日は許さないわよ」

未来「今日の静香ちゃん、いつもより厳しいよお~」

静香(プロデューサーが甘やかしてばっかりだから、私が未来に厳しくしてあげないと……!)

P「どうした未来!大丈夫か!」

未来「プロデューサーさん~……」

静香「プロデューサーは邪魔しないでください。私が未来と話をしてるんです」

P「未来がおびえてるじゃないか」

静香「プロデューサーが甘やかし続けるから私が代わりに厳しくしてるんです!…いい未来?だいたい―」

P「静香!!」

静香「っ!?」ビクッ

P「……もうそれくらいでいいだろ。未来が悲しんでる」

静香「わ、私は……未来のためを思って」

P「未来、大丈夫だったか?」ナデナデ

未来「で、でへへ……」テレテレ

P「さ、着替えてきなさい」

未来「はーい」テッテッテッテ

静香「……失礼します」バタン


14: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:35:25.45 ID:KskvDcoD0




~~~~~~~~~~~~~~~~




未来「……あれ、ここって?」

P「お、起きたか。おはよう未来」

未来「プロデューサーさん。ここってどこですか?」

P「今日から未来はここで暮らすんだよ」

未来「えっ?それってどういう―」

P「未来は俺がいないとダメだろ?だから俺が未来といつでも一緒にいられるように、ずっとここで暮らすんだ」

未来「あの、プロデューサーさん……?」

P「安心していいからな。俺もずっと一緒にいるから不都合はないはずだ。生クリームだっていつでも食べていいし、ほしいものややってほしいことがあったらなんでも言ってくれ。いつでも買ってきてあげるぞ。ご飯だっていつでも未来が好きなものを作ってあげるからな。」

未来「えっと……」

P「おれは未来が喜んでくれればそれでいいんだ。未来が泣いたり困ってる顔は見たくないし、そんな顔は絶対にさせない。そのためには何でもするし、未来に降りかかる障壁は全部排除する。俺は何があっても未来のことを絶対に悲しませない。大丈夫だ俺の負担なんか未来の喜ぶ姿を守るためなら安いもんさ。未来さえよければいいんだ。未来が喜んでくれればそれでいいんだ。だから未来はこれからずっと、俺に甘えてくれていいんだぞ」

未来「あの……あの……!!」

P「大丈夫だ。一生俺が未来のことを甘やかしてあげるからな。未来は何も心配しなくていいし何も不安に思わなくていいんだ。このままずっと―」


15: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:38:20.91 ID:KskvDcoD0




~~~~~~~~~~~~~~~~~~



『本日未明、都内に住む男が中学生の少女を監禁していた疑いで逮捕されました―』

『被害者の少女は先日から行方不明となっていた少女の情報と一致しており―』

『男は容疑を認めておらず、取り調べは難航する見通しで―』

『なお、監禁されていた少女は発見時昏睡状態で既に病院で保護され―』


16: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:38:55.26 ID:KskvDcoD0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「いい加減認めたらどうですか!あなたはあの子を監禁していたんでしょう!」

P「監禁なんてとんでもない。俺は未来のためを思ってしただけですよ」



「……どうですか?」

「ダメです。まったく話が通じん」

「ありゃあ、相当おかしくなってますよ。本人にはまったくその自覚がないんですから」


P「ところで、未来はいまどこですか?」

「あのねえ、この状況でそんなこと……」

P「未来は俺がいないと本当にダメなんですよ」

「何を馬鹿なことを―」

P「もう未来と離れてからかなりたってる……。早く未来のところに行ってあげないと!」ガタッ

「おい!すみません、応援をお願いします!」

P「離してください!はやく未来のところに行ってあげないと―!


17: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:39:23.21 ID:KskvDcoD0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~


未来「……うーん」

静香「未来!?」ガタッ

未来「あれ、静香ちゃん?」

静香「よかった……目を覚ましたのね……」ポロポロ

未来「どうしたの静香ちゃん?それにここって―」

静香「病院よ。未来、あなた覚えてないの?」

未来「うーん……なんだか怖い夢を見ていたような……確かプロデューサーさんと一緒に暮らしてて……あっ!そうだ、プロデューサーさんは?」

静香「未来、あんな男のことなんてもう―」

未来「だって私、プロデューサーさんがいないと何もできないんだもん」

静香「み、みらい……?」

未来「ねえ、静香ちゃん。プロデューサーさんはどこ?はやくプロデューサーさんに撫でてほしいなあ」

静香「未来……あなた……」

未来「そうだ!怖い夢を見たって言ったら慰めてくれるかなあ。」

静香「…そんな……嘘よね、未来……」


18: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:39:48.53 ID:KskvDcoD0



P「早く未来に会わせてください!今頃一人で寂しがってるからはやく慰めてあげないと……」

未来「えへへ~。はやくプロデューサーさん帰ってこないかなあ~。いっぱい、いーっぱい!撫でてほしいなあ」


19: ◆OtiAGlay2E 2021/06/28(月) 00:40:43.10 ID:KskvDcoD0

おわりです
未来ちゃ誕生日おめでとう
いっぱいいーっぱい甘やかしてあげるからね





転載元:【ミリマス】最上静香「プロデューサーは未来を甘やかしすぎです!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1624807513/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。