スポンサーリンク

トップページCo > 森久保乃々「似た者同士」P「ふたりぼっち」

1: ◆p5ehD0VSYq8T 2016/06/21(火) 06:50:03.82 ID:9dEPvvQmO



・もりくぼSSです。特に山もオチもありません。







2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:51:22.21 ID:9dEPvvQmO



・某日、事務所



乃々「……」

P「……えーと、インタビューがこっちで、9時からで……」カタカタ

乃々「……」

P「11時から……写真集の撮影が……」カタカタ

乃々「……」

P「移動時間ギリギリだなぁ……ごめん乃々さん、この日は午前は休みなしかもです」

乃々「はぁ……それは大丈夫ですけど……」

P「ん、ありがとう乃々さん……」

乃々「……」

乃々「あの、プロデューサーさん……」

P「はい?」

乃々「その……前々から思っていたんですけども……」



乃々「……机の下で仕事をするの、やめてほしいんですけど……」

P「えぇ……?なんでですか?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:51:58.91 ID:9dEPvvQmO



乃々「えっと、なんでもなにも、机の下に2人も入ると狭いですし……」

P「はぁ……それはたしかに……」

乃々「それに、体育座りだとどう考えても仕事しづらいと思います……」

P「そうでもないんですけど……」

乃々「そしてなにより、もりくぼは1人になりたいから机の下にいるんですけど……」

乃々「プロデューサーさんが入ってきたら台無しなんですけど……」

P「でも、いつもこうして仕事してますし……」

乃々「はい、知ってます……」

P「乃々さんをスカウトする前から……」

乃々「え……それは知らなかったんですけど……」

スポンサーリンク



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:52:32.03 ID:9dEPvvQmO



P「え?知らなかったんですか」

乃々「初耳なんですけど……それなりに長い付き合いなのに……」

P「入社1ヶ月後くらいからこうなんですけど……」

乃々「めっちゃ最初からじゃないですか……」

乃々「理由はなんですか?いぢめ?いぢめですか?」

P「まあ、はい……」

P「毎日のように飲みやキャバクラに誘ってくる先輩が当時いまして……」

乃々「その人から逃げるように机の下へ……」

P「そういうことです……」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:53:06.29 ID:9dEPvvQmO



乃々「プロデューサーさん、お酒苦手なんですか……?」

P「お酒とか……むーりぃー……」

乃々「真似しないでほしいんですけど……」

P「すみません、つい……」

乃々「まあ、初犯なので許します……」

P「それに、ああいうお店のテンションがあまり好きじゃなくて……」

乃々「ああ、その気持ちわかります……痛いほど……」

乃々「もりくぼも文化祭の打ち上げとかだと、隅っこで小さくなってますし……」

P「でも参加するんだから、乃々さんは偉いですね……」ナデナデ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:53:55.72 ID:9dEPvvQmO


乃々「え?プロデューサーさんは参加してなかったんですか……?」

P「……り、リア充の方々といっしょにボーリングとか……カラオケとか……食事とか……」

P「む、むーりぃー……」ガクガク

乃々「えぇ……震えるほど怖いんですか……」

P「震えるほど怖いんですよ……」

乃々「それと、また真似されました……」

乃々「2回目ですし……イエ口ーカードなんですけど……」

P「イエ口ーカードは1回目なんですけど……」

乃々「……」

乃々「し、知ってましたし……」

P「……」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:54:31.97 ID:9dEPvvQmO



P「まあ、乃々さんスポーツ興味なさそうですしね……しょうがないです」

乃々「そういうプロデューサーさんこそ、インドア臭がプンプンしてるんですけど……」

P「まあ……事実インドア派ですし……」

乃々「休日とか1日パジャマで過ごすタイプですか……?」

P「どうせ誰にも会いませんし……」

乃々「サボテン育ててたり……?」

P「写真見ます……?」

乃々「夜中にラジオを聞きながらポエム書いてそうですよね……」

P「それは乃々さんでしょ……」

乃々「まあ、これはもりくぼですけど……」

乃々「でも、プロデューサーさんも書いてますよね……?」

P「まあ、書いてますけど……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:55:34.49 ID:9dEPvvQmO



乃々「あ……」

P「どうかしました……?」

乃々「えっと、その……なんだか無性にポエムが書きたくなってきました……」

P「今ですか……?」

乃々「今ですけど……」

乃々「その……プロデューサーさんの隣で書くなんて、もりくぼは恥ずかしくてしんでしまいます……むーりぃー……」

P「そんな簡単にしぬなんて言っちゃダメです……」

乃々「なので……机の下から出ていってほしいんですけど……」

P「えぇ……まだ仕事中なのに……」

乃々「普通仕事は椅子に座ってするものなんですけど……」

P「でもこの椅子、まだ数えるほどしか座ったことありませんし……」

P「そんな椅子で仕事がちゃんとできるかどうかわからないですし……」

乃々「そこは職人さんを信じてあげてほしいんですけど……」

P「大量生産のやつだと思われるんですが……」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:56:01.39 ID:9dEPvvQmO



乃々「じゃあ、せめて目をつぶっていてほしいです……」

P「まあ、それなら……」

P「でも、あまり長く仕事を中断しておけませんし……急いで書いてくださいね……」ギュッ

乃々「りょうかいです……」カキカキ

P「……」

乃々「……」カキカキ

P「……」

乃々「……」ウーン

P「……」

乃々「……」カキカキ

P「……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:56:32.34 ID:9dEPvvQmO



P「……乃々さん乃々さん」

乃々「……どうかしましたか?」

P「緊急事態です」

乃々「……はぁ」

P「ポエムが書きたくなってきました」

乃々「……さようですか……」

P「さようです……」

P「ずっと目を閉じていると……世界が闇につつまれて……」

乃々「……」

P「変わらぬペースで時を刻む時計の音……外から聞こえる車の音、道行く人々の喋り声……」

P「そして、乃々さんが走らせる鉛筆の音……」

乃々「……」カキカキ

P「そういったものから、インスピレーションを得て……ポエムが頭の中を渦巻いているような……いないような……」

乃々「……」カキカキ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:57:21.30 ID:9dEPvvQmO



乃々「……プロデューサーさん、目、開けていいですよ」

P「え?」

乃々「いや、だから……ポエム、書き終わりましたから……」

P「ああ、そういえばそういう状況でしたね……」

乃々「えっと、では、お仕事の続きをどうぞ……」

乃々「もりくぼは漫画を読んでますから……」

P「りょうかいです……」




P「……」カタカタ

乃々「……」ペラッ

P「……」カタカタ

乃々「……」ペラッ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:58:15.24 ID:9dEPvvQmO




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



P「……ふー」

乃々「……お仕事、おしまいですか?」

P「……いや、あんまり終わってないですね……」

乃々「え、もう終業時間なんですけど……」

P「まあ、その、なんだ……あれです」

P「……むーりぃー……」

乃々「……」

P「……」

P「……有り体に言うと、残業ですね……」

乃々「……えっと、その、頑張ってくださいね、プロデューサーさん……」

P「はい……」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 06:59:44.18 ID:9dEPvvQmO



P「……このところ残業続きです……」

P「そのくせ乃々さんの仕事はあんまり増えてないですし……」

乃々「まあ……そうですね……」

P「……やっぱり、プロデューサー向いてないのかもしれません……」

乃々「……」

乃々「たしかに……そうかもしれないです……」

乃々「もりくぼなんかスカウトしちゃうくらいですし……」

乃々「お世辞にも有能プロデューサーとは言えないですよね……」


P「……」

P「いや、乃々さんはアイドルの資質あると思いますけど……」

P「トップアイドルを狙える逸材だと確信してるんですけど……」

乃々「……」

乃々「……なら、その資質を見いだしたプロデューサーさんも資質があることになりますし」

P「……」

P「……そうですね」

乃々「そうですよ……」

P「……よし、もうひと頑張りしますか」

乃々「もりくぼも最後まで付き合います……」

P「……ありがとう、乃々さん」

乃々「パートナーですし……当然なんですけど……」



おわり




転載元:森久保乃々「似た者同士」P「ふたりぼっち」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466459403/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。